「受け取る」を敬語にし、ビジネスメールで使う方法

言い換え「受領いたしました」

「受け取る」のポピュラーな言い換えが「受領する」。

「領」にはもともと、「受け取る」の意味が含まれています。同じように「領収・拝領」も「受け取る」ということになります。

ただしこれらの言葉が少し違うのは、「受け取るものがなにか?」で使いわけするのです。代金など金銭を受け取るときには「領収」を使い、なんでも使えるのが「受領」です。したがって、「メールを受け取る」としたいときには「受領」が好ましいということになります。

話はそれましたが「受領いたしました」は「する」の謙譲語「いたす」に丁寧語「ます」を使って敬語にしています。目上の人にもビジネスメールにも使える丁寧な敬語表現ですね。

念のため、「受領」を使ったビジネスメールの例文を以下にまとめます。

  • 例文「本日、カタログを受領いたしました。早々にご対応いただき、誠にありがとうございました」ビジネスメール返信
  • 例文「本日、履歴書を受領(受理)いたしました。取り急ぎ報告申し上げます」就活・転職メール
  • 例文「エントリーシートを確かに受領(受理)いたしました。これより1週間ほど書類選考に入り、結果については追って連絡いたします」就活・転職メール

もっとも丁寧な言い換えは「拝受いたしました」

「拝受(読み方:はいじゅ)」は「受け取る」の意味ですが、へりくだった表現になります。つまり、「受け取る」ときに自分のポジションを下げて(へりくだって)相手を立てる表現、ということ。

「拝受いたしました」は先ほどと同様に、「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」を使って敬語にしています。目上の人にもビジネスメールにも使える丁寧な敬語表現ですね。

就活や転職、ビジネスメールでここまで丁寧な表現にするべきか?「受領いたしました」で十分じゃないか?

と私は思いますが、本当に丁寧な対応を心がけたいときには、知っておいて損は無い表現ですね。

念のため、「受領」を使ったビジネスメールの例文を以下にまとめます。

  • 例文「本日、カタログを拝受いたしました。早々にご対応いただき、誠にありがとうございました」ビジネスメール返信
  • 例文「本日、履歴書を拝受いたしました。取り急ぎ報告申し上げます」就活・転職メール
  • 例文「エントリーシートを確かに拝受いたしました。これより1週間ほど書類選考に入り、結果については追って連絡いたします」就活・転職メール

その他の言い換え(受理・領収・査収)

「受理」はとくに、書類・届け・願い事などを受け付けるときに使う「受け取る」の類語表現。

「領収」はとくに、代金など金銭を「受け取る」ときに使う類語表現。

「査収」はとくに、(書類などの)中身をよく調べて「受け取る」ときに使う類語。

となります。何を受け取るか?に応じて使い分けることもできますが、使い分けがめんどくさければ「受領」「拝受」だけで99%は乗り切れます。

使うときには「○○いたしました」と謙譲語にしましょう。

「(相手が)受け取りましたか?」の尊敬語

これまでは「(自分がメールなどを)受け取る」の使い方をみてきました。「受け取る」は謙譲語にはできませんが、尊敬語にして「(相手が)受け取りましたか?」とすることはできます。

お受け取りになる

「受け取る」を尊敬語にすると「お受け取りになる」となりますね。これに丁寧語「です・ます」をつけ加えて疑問文に直すと、

「(相手が)お受け取りになりましたか?」

となり、目上の人に使ってもビジネスメールに使うのにも、すばらしく丁寧な敬語表現となります。このほかには「お手元に届きましたか?」「お手元にございますか?」などが同じように使われます。

念のため、「お受け取りになりましたか?」を使ったビジネスメールの例文を以下にまとめます。

  • 例文「たびたび失礼致します。先般、送付いたしました見積書はお受け取りになりましたか。お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご確認いただければ幸いです」催促メール
  • 例文「5月10日に履歴書を添付ファイルにて送付いたしましたが、お受け取りになりましたか。お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご確認くださいますようお願い申し上げます」催促メール

【例文】「受け取る」を使ったビジネスメール全文

これまで解説したとおり、「受け取る」はビジネスメールには使いません。そこで「受領」「拝受」に言い換えたメール例文をまとめておきます。-つづく-