シェアしていただけると嬉しいです^ ^

「感銘」「感服」「敬服」「感心」の意味と違い、敬語での使い方

「感銘/感服/敬服/感心」の意味と違い、敬語での使い方について、例文つきで誰よりも詳しく解説していく記事。普段のビジネスシーンでも「感動」の代わりによく使われる「感銘/感服/敬服/感心」ですので、マスターしておきましょう。

※長文になりますので、時間の無い方は見出しより目的部分へどうぞ。

「感銘」の意味と使い方・敬語

「感銘」の読み方は「かんめい」。

意味は「深く感動し、心に残ること」。

一つずつ単語を分解してみると、

  1. 「心が動く」という意味の「感ずる」。
    → 使用例は「感情」など
  2. 「心に深く刻んで忘れない」という意味の「銘」。
    → 使用例は「座右の銘」など

の二つの単語からなります。これらを併せると「心が動き、なおかつ、それを心に深く刻んで忘れない」という意味になります。くだけた言い方にすると「忘れられないほど感動した!」ということですね。

「感銘」の使い方・敬語

「感銘を受ける」として、目上の方へ使います。

ただ、目上の方へ使うときには丁寧語「です・ます調」にして、

  • 例文)部長のお心配りに感銘を受けました!
  • ×NG例)感銘を受けました!(自分の行為に尊敬語「ご」はつけない)

などと敬語にしましょう。注意点は、自分が「感銘を受ける」ので、尊敬語「ご」は必要ありません。「ご感銘」としないように気をつけましょう!

※「ご」は謙譲語としても解釈できるのですが、ここでは使いません。

「敬服」の意味と使い方・敬語

読み方は「けいふく」。

意味は「心から敬う(うやまう)こと、尊敬すること」です。

一つずつ単語を分解してみると、

  1. 「(目上の人を)敬う、尊敬する」という意味の「敬」。
    → 使用例は「敬う(うやまう)」など
  2. 「心の底から、本心」という意味の「服(胆/はら)」。
    → 使用例は「胆(腹)のうちを探る」など

の二つの単語からなります。これらを併せると「本心で敬うこと、心の底から尊敬すること」という意味になります。くだけた言い方にすると「本当にすばらしい!」ということですね。

「敬服」の使い方・敬語

「敬服する」として、目上の方へ使います。

ただ、目上の方へ使うときには「する」の謙譲語「いたします」「おります」を使い、

  • 例文)部長の行動力に敬服いたします
  • 例文)部長にはいつも敬服しております
  • ×NG例)敬服いたします(自分の行為に尊敬語「ご」はつけない)

※ただし社内の上司などに対して使う場合は「敬服する」でも十分に丁寧です。

などと敬語にしましょう。自分が「敬服する」ので、尊敬語「ご」は必要ありません。「ご敬服」としないように気をつけましょう!!

※「ご」は謙譲語としても解釈できるのですが、ここでは使いません。

「感服」の意味と使い方・敬語

読み方は「かんぷく」。

意味は「本心から心が動くこと、感動すること」です。

一つずつ単語を分解してみると、

  1. 「心が動く」という意味の「感ずる」。
  2. 「心の底から、本心」という意味の「服(胆/はら)」。

の二つの単語からなります。これらを併せると「本心から心が動くこと」という意味になります。くだけた言い方にすると「めっちゃ感動した!」ということですね。語彙が少なくてすみません…。

「感服」の使い方・敬語

「感服する」として目上の方へ使います。

ただ、目上の方へ使うときには「する」の謙譲語「いたします」「おります」を使い、

  • 例文)部長の営業スキルには、いつも感服しております
  • 例文)部長の心温まるお言葉に、感服いたしました
  • ×NG例)感服しております(自分の行為に尊敬語「ご」はつけない)

※ただし社内の上司などに対して使う場合は「感服する」でも十分に丁寧です。

などと敬語にしましょう。注意点は、自分が「感服する」ので、尊敬語「ご」は必要ありません。「ご感服」としないように気をつけましょう!!

※「ご」は謙譲語としても解釈できるのですが、ここでは使いません。

「感心」の意味と使い方・敬語

「感心」の意味は「何かに素晴らしく感服すること、感動すること」です。

「感心」は「心」に「感じる」と書きます。したがって本来の意味を考えると「心に感じる様子 ≒ 感動」を表している言えます。

「感心」の使い方・敬語

「感心する」「感心させられる」として目上の方へ使います。※ただし使わないほうが無難です(理由は後述しています)。

ただ、目上の方へ使うときには「する」の謙譲語「いたします」「おります」を使い、

  • 例文)部長のお心配りに、いつも感心しております。
  • 例文)大谷選手のピッチングに感心いたしました。
  • ×NG例)感心を受けました!(自分の行為に尊敬語「ご」はつけない)

※ただし社内の上司などに対して使う場合は「感心する」でも十分に丁寧です。

などと敬語にしましょう。何度もくどいですが、自分が「感心する」ので、尊敬語「ご」は必要ありません。「ご感心」としないように気をつけましょう!!

※「ご」は謙譲語としても解釈できるのですが、ここでは使いません。

感銘・感服・敬服・感心の違い、使い分け

正直なところ、この4つの言葉の違いを論理立てて説明しろ!と言われてもできません。

私は国語学者でも何でもなく、普通の営業マンなものですから…。

また、類語辞書を読むと「感銘・感服・敬服」の違いが細かく説明されています。

しかし辞書の説明というのは実用的でなく、しかも意味不明です。したがって、ビジネスシーンにおける使い分けについて、なんとな~くですが、まとめておきます(汗)。

感銘・感服;どんなビジネスシーンでも「素晴らしい!」の代わりに使える

「感銘」「感服」という言葉は「感動」の意味が強いため、どんなビジネスシーンでも万能に使えます。

イイね!素晴らしい!の堅苦しい敬語バージョンだと認識しておいてください。

敬服;相手を敬う意味が強い

「敬服」は他の言葉とは少し違って、感動というよりも「相手を敬う、尊敬する」意味で使われます。

部長ってマジで凄いな~!の堅苦しい敬語バージョンだと認識しておいてください。

感心には「感動」以外の意味もある!

そして、最もややこしいのが「感心」です。

実は感心には「①感動すること」以外に2つ別の意味があり、使い方によっては目上の人に失礼となります。具体的には「②行動や行為が褒められるべきさま」「③暗に批判する、バカにする」という意味です。

たとえば、上司が部下の行為を褒めるとき「月100時間も残業するなんて、キミは感心だねぇ」という表現。部下が上司には使いません。

また、皮肉っぽく使うとき「先輩のゴマすり根性には感心するねぇ」といった使い方も目上の人に使うと失礼に当たります。

詳しくはこちらの記事(「感心する」が目上の人にNGなんて嘘!正しい意味と敬語・使い方 )で解説していますので、ご参考にどうぞ。

感心は目上の人に使わないほうが無難

「感心」の本来の意味は「何かに素晴らしく感服すること、感動すること」ですから、目上の人に使っても全く失礼じゃない、すばらしい表現です。

ところが、ゴミメディアのせいで「感心する・感心させられる=目上の人に失礼」みたいになっちゃってるのです。

だから、使わないほうが無難です。

確かに「感心する・感心させられる」は使い方によっては目上の人に失礼となります。理由は先ほど示した別の2つの意味があるから。

だからといって、「感心=失礼」みたいに曲解してしまうのはどうかと思うのですが…。

ただ、言葉というのは「本来の意味で使われなくなったら、意味自体が変わる」という気持ち悪いルールがあります。

たとえば「全然OK」という言葉。もともと「全然」はネガティブな意味で「全然ダメ」といった言葉で使われていました。ところが時代は変わり「全然OK」みたいな使われ方も普通になりました。

したがって「感心」も目上 → 目下の人に使う言葉だ!

と認識されれば、それが事実となります。それを決めるのは、言葉を使うあなた次第ですね!

参考記事

参考 → 「感心する」が目上の人にNGなんて嘘!正しい意味と敬語・使い方

参考 → 「感心」の類語ランキングTOP10【ビジネス敬語】

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません