「受け取る」を敬語にし、ビジネスメールで使う方法

「受け取る」を敬語にしてビジネスメールに使う方法を解説(もちろん例文つき)。

「メールを受け取ったことを伝えたいけど、どう返信する?」

「受け取る、の丁寧な言い換えは?」

「そもそも受け取るの尊敬語・謙譲語・丁寧語は?」

「(相手が)受け取ったか?を確認するには、どう尋ねる?」

という疑問を解消していきます。

まずは要点のまとめから。

●「(自分が)受け取りました」はビジネスメールで使わない

受け取るを単純に丁寧語「です・ます」を使って敬語にすると「受け取ります/受け取りました」となるが、これはビジネスメールには不適切。理由は、うまく当てはまる謙譲語がないから。ちなみに「受け取る」の謙譲語は「いただく」ではない(理由は本文中にて解説)。

●「(自分が)受け取る」と伝えたいときの言い換え

そこで「受け取る」を丁寧な表現に言い換えする必要がある。以下のような言い換えをするとよい。

  • 同僚・部下に使う丁寧レベル「受領しました」
  • 目上の人やビジネスメールに使う丁寧レベル「受領いたしました」
  • 丁寧レベルMax「拝受いたしました」
    → どれも似たような表現ですが、丁寧レベルが違います(くわしくは本文中にて)。

●「(相手が)受け取りましたか?」と確認したいときの敬語

このときは尊敬語「お受け取りになる」を使い、疑問形にして「お受け取りになりましたか?」とすればよい。これは別の表現に言い換えする必要なし。

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、

本文中にて例文を使いながら、「なぜ?」という部分を特にくわしく解説しています。

「(自分が)受け取る」はビジネスメールで使わない

まずは基本として、「(自分が)受け取る」「受け取りました」は目上の人やビジネスメールの返信には使いません。メール返信をするとき「確かに受け取りました」を使いたくなる気持ちも分かりますが…。

私の1日500通くるビジネスメールでは、一度たりとも見たことがありません。正直に申し上げると、「受け取る」を使わない理由を論理的に説明することは難しいのですが…次項よりなんとな~く考察していきます。

「受け取る」に”はまる謙譲語”が無い

ここからは私の勝手な考察。

ビジネスメールで使う敬語は、丁寧語「です・ます」ではなく謙譲語や尊敬語がメインとなります。ところが「受け取る」には「すっぽりとはまる謙譲語がない」のです。だからビジネスメールでは使わないのだと思われます。

【間違い】「受け取る」の謙譲語は「頂く」ではない!!

「受け取る」をの謙譲語は「頂く(いただく)」だ!と解説されているWEBサイトをよくみかけますが、これは100%間違いです。「頂く(いただく)」は本来、「もらう」の謙譲語です。こういうのを曲解といいます。

「受け取る」の謙譲語が「いただく」となるのであれば、以下例文のような「へんてこなビジネスメール」になってしまいます。

  • NG例文①「メールを確かにいただきました。ありがとうございます」
  • NG例文②「会議資料を確かにいただきました。ありがとうございます」
  • NG例文③「商品を確かにいただきました。ありがとうございます」

たしかに例文①②では「メール(会議資料)をもらう」ですから、意味としては通じます。ところが例文③は「商品を(タダで)もらった」という意味になります。

「商品を頂きました」で「商品を受け取った」の意味にはどう曲解しても、なり得ません。以上のことから、「受け取る」の謙譲語を「いただく」とするのは間違いだとわかります。

受け取りいたす??

「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「です・ます」を使えば、なんとな~く謙譲語になります。

たとえば「連絡いたします」「報告いたします」「対応いたします」などがビジネスメールでよく使われますね。で、これを「受け取る」にあてはめてみると「受け取りいたします」「受け取りいたしました」となります。

んんん~~~、これも一度もみたことのない表現ですね。ということでやはり「受け取る」を謙譲語にするのは難しいという結論になります。

※間違いやすい敬語には「お伺いいたします」があります。これは間違いであり「伺う」「伺います」が正しい謙譲語。

「(自分が)受け取る」の丁寧な言い換え

謙譲語がイマイチすっぽりとはまらない言葉であるために、ビジネスメールでは使わない、「(自分が)受け取る」。それでは「受け取る」をビジネスメールで使うには、どのように言い換えしたらよいでしょうか?みていきましょう。ーつづくー