「お忙しいとは思いますが」意味と敬語での正しい使い方

「お忙しいとは思いますが」について、意味と敬語での正しい使い方、メールへの返信方法をビジネスメールの例文つきで誰よりもくわしく解説していく記事。

まずは結論として、

「お忙しいとは思いますが」の意味は文字通り「忙しいとは思うけど・・・」ですが、このままでは丁寧レベルは低く、社内で上司や先輩に使えるていどの敬語です。

これをもっと丁寧な敬語にすると「お忙しいとは存じますが」となり、目上の人(上司・先輩)に対してはもちろん、社外のビジネスメール(就活・転職メールも含む)にも使える、すばらしい表現になります。

使い方としては例えば、

  • 例文「お忙しいとは思いますが(存じますが)、何卒よろしくお願い致します」
  • 例文「お忙しいとは思いますが(存じますが)、ご対応のほどお願い申し上げます」
  • 例文「お忙しいとは思いますが(存じますが)、お取り計らいのほどお願い申し上げます」

※「お忙しいとは」の部分は「お忙しいかと」「お忙しいことと」で言い換えできます。

などがあり、ビジネスメールではシーンを問わず活躍する表現です。本来の「忙しい」の意味とはニュアンスがことなり、相手が忙しいとかそうでないとかを関係なく、相手への気づかい言葉として使えます。

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、くわしくは本文中にて解説していきます。

※長文になりますので、時間の無い方は「パッと読むための見出し」より目的部分へどうぞ。

「お忙しいとは思いますが」を敬語にして目上の人に使う

「お忙しいとは思いますが」をみていくと、「お忙しいとは思うが」+丁寧語「ます」を使っていますので、いちおうは敬語として成り立ちます。

したがって、社内で部下が上司に使う敬語としては許容範囲。※ただし上司によっては「失礼だ」と思われてしまいます。

ところが、社外の人へおくるビジネスメールに使うには丁寧だと言えません。丁寧語ではなく謙譲語をつかうほうが、より丁寧な表現になります。

※謙譲語は自分の行為を下にして(へりくだって)相手をたてる敬語のこと(本当はもっとややこしい)。

「思いますが」の謙譲語「存じます」

問題部分の「思いますが」を謙譲語にしましょう。

「思う」の謙譲語は「存じる」であり、さらに丁寧語「ます」をくみあわせます。すると「思いますが」の謙譲語+丁寧語で「存じます」という敬語ができあがります。

「お忙しいとは存じますが」とすれば敬語完成!

全文になおすと「お忙しいとは存じますが」となり、すばらしく丁寧な敬語表現となります。

こうすると社内の目上の人(上司など)にはもちろん、社外にたいするビジネスメールにも使える、とても丁寧な表現になります。

【シーン別】「お忙しいとは存じますが」の使い方

「お忙しいとは思いますが(存じますが)」が使えるのは、相手に気づかいすることが必要なシーン。「忙しいとは思うのですけど…」という申し訳なく思う気持ちをふくむ言葉ですので、

とくに「お願いメール」「問い合わせメール」のビジネスメール文末に、締めくくりとして使います。これはほんの一例であり、実際にはありとあらゆるビジネスメールに使ってOK。

とにかく相手を気づかいたいと思うときであれば、どんなシーンでも構いません。

それでは例文でみていきましょう。

【使い方】お願いメール・問い合わせメール

「お願いメール」のなかには、アポイントをお願いする、面接日程調整をお願いする、企業に問い合わせをする・・・などがあります。

このようなビジネスメール(就活・転職メールふくむ)では、文末の締めくくりに「お忙しいとは存じますが、~」としてお願いをすると、相手への配慮が感じられて好感がもてます。

◎「お忙しいとは存じますが」例文:

  • 例文「お忙しいとは存じますが、ご対応のほど何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 例文「お忙しいとは存じますが、ご調整いただければ幸いです」
  • 例文「お忙しいとは存じますが、ご連絡のほど何卒よろしくお願い致します」

※メール文末の結びに使うことを想定しています。

【使い方】昇進お祝いメールなどの社交メール

お祝いメールの中には、昇進のお祝い、栄転のお祝いなどがあります。

そんなとき「お忙しいとは存じますが」「お忙しいことと存じますが」を使うときがあり、相手の健康に配慮する意味で使われます。

「忙しい」って実はよい意味も含まれていて、「仕事が忙しい=商売繁盛している」「昇進=よい意味で仕事が忙しくなる」との解釈ができます。だからこそ、昇進お祝いメールでよく使われる表現になります。

※ただし結婚・出産などのシーンでは忌み言葉をふくむ「忙しい」は使えません。

◎「お忙しいとは存じますが」例文:

  • 例文「以前にもましてお忙しいことと存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ。新地でのご活躍をお祈り申し上げます(栄転のお祝いメール)」
  • 例文「お忙しいかと存じますが、くれぐれもお大事にお過ごしください」

【使い方】商談・電話(ビジネス会話)

ところで「お忙しいとは存じますが、~」は電話対応や商談にも使えます。ビジネスメールならではの表現、「ご査収ください」といった言葉とは違いますね。

使い方は同じように、申し訳なく思う気持ちをしめしたいシーンで使うと丁寧です。

◎「お忙しいとは存じますが」電話対応例:

~前略(問い合わせ電話)~

取引先:

承知いたしました、それではご依頼のサンプルを手配いたします。
お届けには1週間ほどいただいておりますが、あらかじめご了承ください。

あなた:

お忙しいとは存じますが、どうぞよろしくお願いします!失礼いたします。

取引先:

失礼いたします。

【注意点】「お忙しいとは存じますが」はこう使う

つづいて「お忙しいとは存じますが、~」を使うときの注意点を解説します。

【注意】「お忙しいとは存じますが」はヒマな相手にも使える

「お忙しいとは存じますが、~」は本来の意味とは違い、相手への配慮をしめす言葉として使われます。

したがって実際にはヒマな相手にメールするときに使ってもOK。

この採用担当者はヒマそうだから「お忙しいとは存じますが~」はメールに使えないよなぁ…。この取引先は忙しそうだから「お忙しいとは存じますが」をメールで絶対に使うべきだ!。

とか、そういう使い分けは必要ありません。

ビジネスメールでは、相手が誰であろうと「お忙しいとは存じますが」を等しく使えますのでご安心ください。「お忙しいとは存じますが」は相手を気づかうときに使う表現=社交辞令です。

【注意】ビジネスでは何かと「お願い」ばかり。だから「お忙しいとは存じますが」をよく使う

ビジネスは一人では成り立ちません。私たちは、社内の先輩や上司、社外のパートナーなど、まわりの人々にいつも助けてもらいながら仕事をしているのです。

そういう意味で、ビジネスメールでは「お願い」ばかりすることになります。

そんなお願いをするときのちょっとした気づかい、心くばりに「お忙しいとは存じますが」とすると好感がもてます。

たとえば、相手にアポイントをとるときには「○月○日に貴社へ伺いたく存じますが、ご都合いかがでしょうか。~中略~ お忙しいとは存じますが、ご検討のほど何卒よろしくお願い申し上げます」とします。

【注意】「忙」は忌み言葉だけどビジネスメールで使える

ビジネスマナーを教えるサイトで「お忙しいとは存じますが」「ご多忙」という表現は、ビジネスメールに使わないように。としている人が結構います。

たしかに「忙」という字には「亡くなる」という文字がふくまれるため、縁起の悪い言葉として考えられます。※これを「忌み言葉」といいます。

でもビジネスシーンでは「忙しい」「ご多忙」を使っても何ら問題はありません。なぜなら、「忙しい」「ご多忙」にはよい意味もあるから。

「忙しい・ご多忙」という言葉のニュアンスには2つあり、相手への配慮の他に「ビジネスが上手くいっているからこそ忙しい = よい意味」もふくみます。

したがってビジネスメールで「忙しい」を使うのは、しごく当たり前のことなのです。

※ただし、お見舞い・結婚・出産のシーンでは「忙」を使ってはいけません。

参考になる記事:

【丁寧度UP】「お忙しいとは存じますが」より丁寧な敬語

「お忙しいとは存じますが、~」はこれだけで、相手を気づかうための素晴らしい表現ですが、もっと丁寧に言い換えることもできます。

もっと丁寧な敬語にはたとえば、

  • 例文「お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 例文「お忙しいところ恐縮ですが、ご対応いただければ幸いです」
  • 例文「お忙しいところお手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します」
  • 例文「お忙しいところ申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します」

などがあります。

「恐れ入ります・恐縮です」は「①ありがたく思う気持ち、②申し訳なく思う気持ち」のどちらも表しますが、ここでは②申し訳なく思う気持ちを表現しています。

この言葉を使うことによって、より申し訳なく思う気持ちを表すことができます。「忙しいと存じますが」だけでは、申し訳なく思う気持ちがあまり表現できていません。

他にも、いろいろな使える敬語表現について別の記事にしていますので、以下をご参考にどうぞ。

参考になる記事:

【言い換えOK】「お忙しいとは存じますが」の類語例

つづいて「お忙しいとは存じますが」の類語を例文でまとめます。ビジネスメールでは、これらの表現に言い換えすることもできますので、お好みの表現を用いてください。

もちろん目上の人(上司・先輩)にも使えます。

  • 言い換え「ご多用中(ご多忙中)、恐れ入りますが~」
  • 言い換え「ご多用のところ(ご多忙のところ)、恐れ入りますが~」
  • 言い換え「お忙しいかと存じますが、~」
  • 言い換え「ご多忙の折(ご多用の折)、恐れ入りますが~」
  • 言い換え「お忙しい中、恐れ入りますが~」

※「ご多用」「ご多忙」はほとんど同じ意味で使われる。

※※「恐れ入りますが」をより畏まった言い方にするには「大変恐れ入りますが」「誠に恐れ入りますが」とする。

参考になる記事:

【例文】「お忙しいとは存じますが」ビジネスメール全文

つづいて「お忙しいとは存じますが」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。どんなメールであれ、文末の締めくくりとして使える、とても便利な表現です。

目上の方(上司・先輩)や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。

【例文】昇進のお祝いメール(ビジネス・社外)

メール件名:ご昇進のお祝い

転職株式会社
転職 様

平素よりお世話になっております。
株式会社就活・営業部の就活です。

このたびは人事部長にご就任されたとのこと拝承し、
心よりお喜び申し上げます。

転職様積み重ねてこられた実績が評価された結果であり、
私どもの社員も心から喜んでおります。

弊社といたしましても、できる限りのお手伝いを
させていただきたいと考えております。

何かとお忙しいことと存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ。

なお、別便にて心ばかりのお祝いの品をお送りいたしました。
ご笑納いただければ幸いです。

はなはだ略儀ではございますが、
まずはメールにてお祝い申し上げます。

メール署名

【例文】OB訪問お願いメール(就活メール)

メール件名:OB訪問のお願い(就活大学・就活)

転職株式会社
転職 様

突然の連絡にて、大変失礼いたします。

就活大学・就活学部の□□と申します。
大学のキャリアセンターからの紹介で連絡いたしました。

さて、私は現在、◯◯業界を中心に企業研究をしており貴社に大変興味を持っております。そこで是非、現場でご活躍されている△△様のお話を伺いたく存じます。

よろしければ下記日程のいずれかで伺いたく存じますが、
ご都合のほどいかがでしょうか。

・x月xx日〜x月xx日 13:00-19:00
・x月xx日〜x月xx日 11:00-16:00

△△様のご都合のよろしい日時・場所をご指定頂ければ幸いです。

お忙しいとは存じますが、
ご検討のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

メール署名

参考になる記事:

【例文】資料取り寄せのお願いメール(ビジネス・社外)

メール件名:資料送付のお願い

転職株式会社
転職 様

突然のご連絡、大変失礼いたします。
株式会社就活・営業担当の就活と申します。

このたび、御社ホームページを拝見し掲載されている「iPad Pro」に関して、
スペック・データ等の詳細を確認いたしたく存じます。

つきまして、大変お手数ではございますが
カタログなどがございましたら下記宛に2部、送付いただいてもよろしいでしょうか。

送付先:
〒123-4567 東京都港区品川1-1
株式会社就活
就活一郎 あて

お忙しいとは存じますが、
お取り計らいのほど何卒よろしくお願いいたします。

メール署名

▼▼▼▼▼▼

う〜ん…無理やり例文にはしてみたものの、やはりビジネスメールにおいては言い換え敬語の方が丁寧ですね。「お忙しいところ恐れ入りますが〜」とした方が、申し訳ない気持ちが表れていて好感がもてますね。

社外の相手には目上・目下にかかわらず、常に下手(したて)にでるのが基本。そう考えると、先に記した「お忙しいとは存じますが」の言い換え敬語のほうが無難です。

まとめ

今回は「お忙しいとは存じますが」の意味と使い方、注意点について、これでもかというくらい語ってみました。

この表現はとても便利で、ビジネスメールでは万能に活躍します。

ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。ではでは~~。

関連する敬語