目上の人に「お疲れ様・ご苦労様」は失礼?言い換えと正しい使い方

目上の人に「お疲れ様です・ご苦労様です」は失礼?まずは基本として「お疲れ様です/でした」は目上の人に使っても失礼ではありません。一方で「ご苦労様です/でした」は目上の人に使うと失礼にあたりますので、ご注意ください。

その理由と注意点、「お疲れ様・ご苦労様」の意味と言い換え表現を記事中にまとめます。

※繰り返しますが「お疲れ様です/でした」は目上の人に使っても失礼ではありません。取引先(社外・顧客)に使うことが失礼にあたります。

パッと読むための見出し

「お疲れ様」は目上の人に使える、「ご苦労様」は目上の人に使えない

まずは結論ですが「お疲れ様です/でした」は目上の人に使っても失礼ではありません。一方で「ご苦労様です」は目上の人に使うと失礼にあたりますので、ご注意ください。ですから「お疲れ様です/でした」は言い換える必要がありません。

それぞれ、なぜ使えるか、なぜ使えないのかを詳しく見ていきましょう。

意味①「お疲れ様・ご苦労様」の意味は「相手の苦労をねぎらう」

「お疲れ様です/でした」「ご苦労様です/でした」の意味を辞書で調べると、どちらも「相手の労苦をねぎらう意で用いる言葉」とあります。

意味②「お疲れ様」には挨拶の意味もある

くわえて「お疲れ様です/でした」には「職場で、先に帰る人へのあいさつにも使う。『ご苦労様』は目上の人から目下の人に使うのに対し、『お疲れ様』は同僚、目上の人に対して使う」という意味もあります。

▼▼▼▼▼▼

つまり辞書的には目上の人に「お疲れ様です/でした」を使い、「ご苦労様」は目上の人に使わないということになります。たとえば、あなたが上司よりも先に帰るとしましょう。その際に使う言葉として「ご苦労様です/でした」はおかしい。でも「お疲れ様です/でした」は使えます。

「お疲れ様・ご苦労様」の違いまとめ

「お疲れ様」「ご苦労様」は意味と使い方が違います。先ほども記しましたが、違いをまとめておきます。

違い①使い方

  • お疲れ様:仕事の帰りなどで目下 → 目上の人に使う。逆もOK。
  • ご苦労様:目上 → 目下の人のみに使う。
    ※どちらの表現も社内でしか使わない

違い②意味

  • お疲れ様:「ねぎらいの言葉」と「挨拶言葉」の両方の意味を持つ。
    たとえば社内メールの冒頭に「お疲れ様です」とくわえたり、社内電話の相手に「お疲れ様です」と挨拶する。
  • ご苦労様:「ねぎらい言葉」の意味が強い、挨拶としては使わない
    ※どちらの表現も社内でしか使わない

「お疲れ様です・でした」の目上の人への使い方(社内限定)

「お疲れ様です/でした」を社内で目上の人に使うときの使い方、ビジネスシーンを解説します。ちなみに社外に対しては「お疲れ様です/でした」ではなく、別の表現を使います。

使い方①社内メールの冒頭挨拶に使う

「お疲れ様です」の社内メールで目上の人への冒頭挨拶として使います。取引先など社外にビジネスメールをするときには冒頭に「お世話になっております」「平素よりお世話になります」を使いますが、社内メールではその代わりに「お疲れ様です」を使います。

たとえば上司にメールをするときなどが当てはまり、目上の人に使えるフレーズです。

社内メールの「お疲れ様です」
  • ◯◯さん
    お疲れ様です。就活部の就活です。
    〜〜
  • ◯◯部長
    お疲れ様です。
    さて首記の件、添付のとおりにご報告を申し上げます。ご査収のほど、何卒よろしくお願いいたします。
    〜〜

※社外メールでは「お世話になっております」などを使います。

使い方②帰宅時の挨拶に使う

これも社内での使い方です。上司や同僚が仕事場に残っていて、あなたが先に帰る場合に「お先に失礼します。お疲れ様です。」などと挨拶をして帰宅します。

帰宅時の「お疲れ様です」

あなた:お先に失礼します!お疲れ様です。

社内の上司・同僚:お疲れ様〜。

※社外では「お先に失礼します」だけを使います。

使い方③すれ違うときの挨拶に使う

「お疲れ様です」はたとえば、目上の人とすれ違ったときの挨拶にも使えます。「こんにちは」「おはようございます」のどちらも使えそうにないシーンで使うと良いでしょう。社外の人には「お世話になっております」を挨拶として使いますが、社内の人にこれを使うのはおかしい。

挨拶時の「お疲れ様です」

あなた:◯◯さん、こんにちは!お疲れ様です。

社内の上司:お疲れ様〜。

※社外では「こんにちは。お世話になっております」などを使います。

使い方④社内電話の挨拶に使う

「お疲れ様です」は社内からの電話を取ったときに挨拶として使います。

社内電話の「お疲れ様です」

あなた:はい、就活部(部署名)です。

社内の相手:転職部の転職です。お疲れ様です。

あなた:こんにちは、お疲れ様です。

社内の相手:◯◯部長はいらっしゃいますか?

使い方⑤本来のねぎらい言葉として使う

これまで見てきた「お疲れ様です」は挨拶としての役割を持っていましたが、本来の「労い言葉」としても使えます。

労いの「お疲れ様です」

あなた:◯◯部長、ご出張いかがでしたか?

上司:いや〜、12時間のフライトに疲れたよ…。

あなた:大変でしたねぇ、お疲れ様でした。何か私にお手伝いできることはありますでしょうか?

上司:今回、すべて丸く収まったから、とりあえず必要ないよ。

あなた:承知しました、何か必要事項がございましたらお申し付けください。

もう一つ例文、こちらは上司におごってもらったとき、お礼するために使います。

労いの「お疲れ様です」

あなた:◯◯部長、昨日はご馳走になり、ありがとうございました。お疲れ様でした。

上司:遅くまでお疲れ様でした。(遅くまでご苦労様でした)

「お疲れ様・ご苦労様」を使うときの注意点

注意①「お疲れ様・ご苦労様」は社外の相手には使わない

「お疲れ様」は社外の相手には使いません。というより、正しくは使う場面が思いつきません。先に挙げた「お疲れ様」を使うビジネスシーンはいずれも社内限定であり、社外でのビジネスシーンでは別の表現に言い換えることができるからです。

たとえばビジネスメールでしたら「お世話になっております」を使いますし、すれ違うときの挨拶も「こんにちは。お世話になります」などとします。また、先に帰宅する場面なんて社内だから発生するシーンですよね。

注意②「お疲れ様」は目上の人にも使えるが、嫌う人もいる

日本語の使い方として「お疲れ様です」は目上の人にも使えることがわかりました。ところが、日本語が難しいのは人によって感じ方が違う点。芸能界で子役が「お疲れ様です」を連呼することにキレた某おっさんのように、人の感覚によるのです。

ですから念のため、そういう“勘違いしたおっさん”に対しても「お疲れ様です」を使えるように、より丁寧な表現に言い換えしてみましょう。

目上の人に使える「お疲れ様・ご苦労様」の言い換え

「お疲れ様です」は目上の人に使っても何も失礼ではありません。ただし、これは社内(上司・同僚・先輩)に対しての話であり、社外(取引先・顧客)では使いません。

社内のコミュニケーションで「お疲れ様」を使うのに抵抗のある方は、言い換え表現を使いましょう。

言い換え①お先に失礼します!お疲れ様です。

これは上司より先に帰宅するときの鉄板フレーズですね。「お先に失礼します」の意味は「申し訳ありませんが先に帰ります」です。先に帰るけど許してね、という意味の謝罪が込められています。そして続けて「お疲れ様です」を使います。

帰社時に「お疲れ様です」単体を使うと、挨拶なのか、帰りたいのか、意味がよくわからなくなります。

言い換え②「こんにちは」などの挨拶言葉をくわえる

「お疲れ様です」単体だと、何となく事務的な感じになってしまいがち。そこで「こんにちは、お疲れ様です」などと、挨拶言葉をくわえて使ってみてはいかがでしょうか?

言い換え③お世話になります・お世話になっております

「お疲れ様です」はもともと、「お世話になります」の社内バージョンとして定着している挨拶言葉です。したがって「お世話になります」と言い換えることもできます。ただ、社内の人に「お世話になります」を使うのは一般的ではありません。社外の人にだけ使いましょう。

お疲れ様・ご苦労様はどっちが多く使われている?

社会人は「お疲れ様・ご苦労様」のどちらを使っているのか?暇な文部科学省が取ったデータを(国語に関する世論調査)から紹介します。

目上の人に使う場合(部下→上司など)

  • お疲れ様(でした):69%
  • ご苦労様(でした):15%

目下の人に使う場合(上司→部下など)

  • お疲れ様(でした):53%
  • ご苦労様(でした):36%

ということで、目上の人に使う場合も目下の人に使う場合も、「お疲れ様」が支持を得ていることがわかります。あ、目上の人に「ご苦労様」を使っている人が15%もいるようですが、これは論外でNG。気をつけましょう。

まとめ

ここからはまとめと、世間一般の勘違い、誤解を解くコラムになります。

①「お疲れ様」は社内で使える万能の挨拶言葉

これまでの例文で見てきたとおり「お疲れ様」は社内の挨拶言葉に使える、万能の表現となります。たとえば社内メールの冒頭挨拶、社内電話を取ったときの挨拶、すれ違いざまの挨拶、帰社時の挨拶…。他にもたくさん使える場面があります。

②「お疲れ様」を目上の人に使うと失礼だ!と主張する人は勘違いしている

「お疲れ様です」を目上の人には使えない!と主張する人は正直、かなり勘違いしています。「お疲れ様です」の意味を「ねぎらい言葉」としか考えていない“勘違いおっさん”ですね…。ですから、そのような“おっさん”は無視して構いません(最初と言っていることが違いますが…)。

あなたが目上の人に「お疲れ様です」を使って怒られたら、「お疲れ様」の意味を論理的に説明してあげましょう。

③帰社時に「お疲れ様です」だけを使うと何が言いたいのか分からない

「お疲れ様です」には「これから帰ります」というニュアンスも含まれているために、帰社時の挨拶として使われていますが…。一般的に帰社時に「お疲れ様です」だけでは、説明が足りていません。

学生でしたら部活の帰り、サークルの帰り、アルバイトの帰りに「お疲れ様です」だけでも済まされるでしょう。

ただ、社会人になったら「お先に失礼します、お疲れ様です」「先に帰ります。お疲れ様です」としましょう。「お疲れ様です」だけだと「帰宅すること」が伝わらない可能性があります。

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません