「お取り計らい」意味と目上の方への正しい使い方【例文あり】

「お取り計らい」の意味と目上の方への使い方、注意点について例文つきで誰よりも詳しく解説していく記事。

まずは基本として「お取り計らい」の使い方は、

「お取り計らいのほど宜しくお願い申し上げます」

「お取り計らいを頂き、ありがとうございました」

などのようにして使うと、目上の方やビジネスパートナーへの敬語として、とても素晴らしい表現になっています。理由については本文中で解説しています。

目上の方や取引先などへ、お礼やお願いをするビジネスシーン(ビジネスメール)で使われる「お取り計らい」ですので、この機会にマスターしておきましょう。

ちなみに、よく見かける「”お取り計らい”の意味=相手の気づかい」は完全に間違いですので、気をつけましょう。くわしくは本文中で解説しています。

※長文になりますので、時間の無い方は「パッと読むための見出し」より目的部分へどうぞ。

”お取り計らい”の意味

「お取り計らい」の読みは「おとりはからい」。

「お取り計らい」の辞書的な意味は「ものごとがうまく運ぶように考え、処理をすること」 。

ここで「お」は尊敬語であり、「取り計らう」を敬語にして目上の方へも使えるようにしています。決して「相手へ気づかい、配慮、心配りをすること」という意味ではありません。

”お取り計らい”の使い方・例文

ビジネスシーンにおいて「お取り計らい」は、相手に何かお願いごとをしたいときや、お礼をしたいときに使います。整理するとこんな感じ。

使い方①お取り計らいの程、よろしくお願い申し上げます

「お取り計らい」のひとつめの使い方は、お願いごとをするとき。

「お取り計らいの程、よろしくお願い申し上げます」の意味はくだけた表現にすると、

「ものごとがうまく進むように、やってくださいね。どうかお願いしますわ~」という意味。

実際には尊敬語「お」を使っている上に、「お願いする」の謙譲語「お願い申し上げます」を使っているため、とても丁寧な表現になっています。目上の方やビジネスパートナーに対して、丁寧にお願いをするには素晴らしい敬語表現です。

※謙譲語=自分の行為に対して使う敬語。自分をへりくだる(下げる)ことで、相手を敬っている。

使い方②お取り計らいを頂き、誠にありがとうございました

つづいて二つ目の使い方。「お取り計らい」はお礼をするときにも使います。

例文で使った「お取り計らいを頂き、誠にありがとうございました」の意味は、くだけた表現にすると

「ものごとをうまく進めてくれて、ありがとう!!感謝やでぇ!」という意味。

実際には「取り計らう」に尊敬語「お」を使っている上に、

「もらう」の謙譲語「いただく」を使い、

さらに、お礼の一言まで添えているため。とても丁寧な表現になっています。目上の方やビジネスパートナーに対し、お礼をするには素晴らしい敬語表現です。

”お取り計らい”を使った例文【全文】

つづいて「お取り計らい」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。目上の方や取引先に使える文章にしていますので、ご参考にどうぞ。

例文①面接日程調整メール返信

 Re: 面接日程調整のお願い

◯◯株式会社
採用担当者 様

お世話になっております。
関西大学の関西太郎です。

この度は、次回面接のご案内をいただき、誠にありがとうございます。

さて面接日程の件、こちらでは特に希望する時間はございませんので、ご担当者様のご都合のよろしい日時をご指定いただければ幸いです。

お忙しい中、誠に恐れ入りますがご査収の上、
お取り計らいのほど何卒よろしくお願い申し上げます。

メール署名

例文②お願い・依頼メール

 件名:新入社員研修・講師派遣のお願い

営業部
○○ 部長

お疲れ様です。
人事部の佐藤です。

さて首記の件、○月○日から今年度の新入社員研修を行います。
その際、各部署より講師として1名ずつ派遣していただき新入社員へ向け、
それぞれのテーマでお話いただけないかと考えております。

営業部におきましては「営業の心得」をテーマに
部署内メンバーをご都合いただけないでしょうか?

○月○日までに、佐藤までお返事いただければ幸いです。

お忙しい中、恐縮ではございますがご査収の上、
お取り計らいのほど宜しくお願いいたします。

メール署名

例文にしたように「お取り計らい」を使うビジネスシーンは、何か依頼やお願い事をしたい時ですね。他には感謝の意を示す時「お取り計らいをいただき、誠にありがとうございました」などとして、メール冒頭に使えます。

”お取り計らい”の類語・言い換え表現

つづいて「お取り計らい」の類語・言い換え表現について。

いろいろと考えを巡らせてはみたものの、しっくりとくる言い換えが思いつきませんでした。「うまく進めてください」では丁寧じゃないし、「解決できるようご協力お願い申し上げます」でも何だか変…。

”お力添え”・”ご尽力”が最も近い類語

「お力添え」「ご尽力」が最も近いような気がしますね。そこで、少しだけ例文を出して解説しておきます。

「お力添え」はビジネスメールや商談などで感謝・お願いをしたいときに使います。主にビジネスメールの文頭の挨拶、締めくくり(文末・結び)に使います。

「お力添え」を使った例文:

  • お力添えをいただき、誠にありがとうございます。(お礼)
  • お力添えをいただき、心からお礼申し上げます。(お礼)
  • お力添えを賜り、誠にありがとうございました。(お礼)
  • お力添えいただきますよう、何卒宜しくお願いいたします。 (メール締め)
  • △△の件につき、○○様のお力添えをいただきたく存じます。(お願い)

「ご尽力」はビジネスメールや商談などで感謝の気持ちを述べるときに使います。主にビジネスメールの文頭の挨拶に使います。

「ご尽力」を使った例文:

  • ご尽力をいただき、誠にありがとうございます。(お礼)
  • ご尽力をいただき、心からお礼申し上げます。(お礼)
  • ご尽力賜り、感謝申し上げます。(お礼)

詳しくは別の記事にしていますので、以下のリンクよりご確認ください。

”お取り計らい”の間違った意味

ところで「お取り計らい」の意味について、誤った解説しているWEBサイトが多いため訂正します。

×お取り計らい ≠ 相手の気づかい

「お取り計らい」の意味を「相手からの気づかい、心遣い、思いやり、気配り」と解説している人がいますが、残念ながら間違いです。

この意味で考えてしまうと「使い方②感謝」のシーンでは使えても、「使い方①お願い」のシーンでは意味不明になります。

具体的には「お取り計らいの程、よろしくお願い申し上げます」の意味を、間違った意味「相手の気づかい」を使って考えてみましょう。

するとこんな意味になります。

「気づかいしてくださいね。どうかお願いしますわ~」

なんか意味不明な文章になりますよね(汗)。ということで「お取り計らい」は「相手の気づかい」を意味するのではなく、先に示したとおり辞書的な意味「ものごとがうまく運ぶように考え、処理をすること」が正しい、ということになります。

まとめ

これでもかというくらい「お取り計らい」について語ってみました。これはとても便利な表現で、どんな「お願い・お礼」をするシーンであれば、目上の方や取引先に万能に使える表現です。とくにメールの締めくくりに使うと、グッとメールが引き締まります。

「お取り計らい」に慣れないうちは、使うのがちょっと気持ち悪く感じますが、慣れると便利すぎてどんどん使っちゃいます。ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。ではでは~~。