シェアしていただけると嬉しいです^ ^

理系の就職偏差値ランキング|製薬メーカーが自動車や化学素材より上位である4つの理由

スポンサーリンク

2chの理系就職偏差値理ランキングを見ると製薬会社(R&D部門)が上位にいますが、なぜでしょうか?

「化学」という分野においては製薬も化学素材も鉄鋼も大した違いはありません。ところが就職の人気度合いは全く違います。

理系男子・理系女子のために、就職活動・転職のちょっとした疑問を解決してみます。

スポンサーリンク

理由1;理系の職業では製薬業界の年収が高い

シンプルに給料が高い業界は人気も高くなります。

文系では総合商社が最も年収ランキングが高く、人気No.1。

理系では製薬業界が最も年収ランキングが高く、人気No.1。人間ですから給料の高い会社に入社したいと思うのは当たり前ですね。

理由2;学歴フィルターが厳しい

理系の場合、医薬業界の学歴フィルターは化学素材や自動車よりとてつもなく厳しいです。その上、TOEIC800点未満はすべて足きりという訳の分からない企業も存在。

製薬メーカーのようなドメスティック産業に英語なんていらないと思うのですが、学歴フィルターをかけてもまだ応募者を振るいにかける必要があるのですね。

高学歴を採用する=競争倍率が高い。就職難易度の高い企業は就職偏差値ランキングが上にきます。

理由3;将来性・安定性が抜群

これは会社によると思うのですが、一般的な見解として製薬業界は将来性や安定性に優れるため、人気が高くなります。グローバルでは大したことのない日本の大手製薬メーカー(武田薬品工業)も、国内では成長産業との位置づけ。

今後、化学素材メーカーがどんどん医薬・製薬業界に参入していき競争過多に陥るのでは?

と危惧していますが、今のところは大丈夫そうですね…

それでは最後に、仕事内容という面で見たときの製薬メーカーと他業界の比較をします。

理由4;仕事のやりがいが大きい。製薬メーカーには予算の制約がない

製薬メーカーの研究開発(R&D)というのは、理系の人にとって本当に楽しいでしょう。

なぜなら「制約が少ない」からです。他業界はR&Dといっても制約が多すぎて、せっかく画期的な発明をしても売れない場合が多いのです。

化学素材・自動車メーカーのR&Dにおける制約;

  • 予算の制約;R&Dに多くの人と費用をかけられない
  • 製造コストの制約;高すぎると売れない
  • 製造技術の制約;自社工場で作れなかったら売れない
  • 数量の制約;見込み数量が少なすぎると作る価値がない

などなど、メーカーのR&Dは自分の力ではどうしようもない問題に直面します。この中で最もつらいのは予算の制約。人もお金も潤沢に使った開発をできるのは、製薬メーカーだけでしょう。

私の所属する化学メーカーの場合、何も生み出していなければ5年も経たずに開発テーマ打ち切りになります。そしてたかだか1億円の設備投資をするのでも、あぁでもない、こうでもない…と悩みまくります。「ぐちゃぐちゃ悩まずにやればえぇやん!」といつも言うのですが、それは許されない。コストにはかなり厳しいのです。ちなみに、原料や投資コストが高すぎて製品にできずお蔵入りになる新規開発商品が多数あります。

一方の製薬業界のR&Dは何も生み出さなくて当たり前なので、0.00001%でも可能性のありそうな開発テーマには予算と人をちゃんと割り当てます。

予算がある・なしの差は、仕事のやりがいという面で大きいといえますね。

まとめ

以上、4つの理由でしたが化学も製薬業界も、やっていることの根本はそこまで変わりません。ただしR&Dの難易度は製薬業界のほうが遥かに難しく、化学素材メーカーは簡単です。それは、新しい商品が上市されるスピードを比較してみればすぐに分かることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません