シェアしていただけると嬉しいです^ ^

年収ランキングにだまされるな!隠れ高収入の化学素材メーカー総合職

スポンサーリンク

平均年収ランキングをみて、高い企業から志望度を上げていく就職活動生や転職者へ。ちょっと待った!隠れ高年収の企業を探してみては如何でしょうか?

年収ランキング上位の企業は激務なので年収が高いのは当たり前。ただ少し視野を広げてみるだけで、高年収で激務じゃない企業・業界を発掘することができます。

そこで今回は化学メーカー総合職って実は高年収・高待遇の業界じゃないか?という仮説を立てて検証してみました。
※2016年8月更新: 各社の年収事例を追記。
※2016年9月更新: 旭硝子の年収を最新情報に更新。日東電工、日本碍子、日本特殊陶業、三菱樹脂を追加。
※2016年10月更新:DIC追記

スポンサーリンク

平均年収が高い企業ランキングによると…

「就職四季報2017年版ー東洋経済」の記事によると、最新の年収が高い企業ランキングのトップ10は以下のようになっていました。当然、われらの大手化学メーカーがランキング入りするわけがないですね。

全体 社名 業種 平均年収 平均年齢
1 キーエンス 電機・事務機器 1,648 35.6
2 朝日放送 テレビ 1,518 41.9
3 伊藤忠商事 商社 1,395 41.5
4 三菱商事 商社 1,376 42.6
5 三井物産 商社 1,361 42.5
6 毎日放送 テレビ 1,326 43.4
7 丸紅 商社 1,306 41.5
8 住友商事 商社 1,300 42.8
9 ファナック 機械 1,277 43.7
10 電通 広告 1,272 39.5

出典:東洋経済ONLINE

まぁ、誰もが知る有名企業ばかり。5大総合商社が全てトップ10に入っているのが驚きではありますが、2015年までの資源高で業績が良かったからでしょうね。

おそらく総合商社マンの年収は2016年以降、業績悪化でボーナスが減る影響で下がっていくでしょう。

大手化学メーカー総合職の年収ランキングは?

ところで、「就職四季報2017年版ー東洋経済」を使うメリットは総合職だけの平均年収が集計されているところです。

工場の一般職を平均年収の集計に含めてしまうと、一般職の年収に限りなく近づいてしまい、総合職として就職や転職を希望するかたには全く意味のないランキングになりますからね。

上記の年収ランキングで調べていくと、化学メーカーで一番最初に出てきたのが全体ランキング25位の旭硝子

続いて全体順位55位の積水化学工業。業績のイマイチな旧財閥系は思ったより下のほうにいますね…

全体社名年収年齢業種職種
25旭硝子1,07341.0ガラス土石
55積水化学工業95943.1化学平均
74住友化学91339.5化学
77日本ガイシ90940.3ガラス土石
84旭化成グループ90241.2化学
102昭和電工87741.6化学
104日産化学工業87540.7化学
108日本パーカライジング87342.5化学
121三菱化学86442.6化学
123クラレ86040.9化学
133花王85342.2化学
134日油85241.9化学
138富士フィルム85041.9化学平均
164信越化学工業83642.5化学平均
178大陽日酸82442.5化学
186三井化学81940.0化学
191東レ81639.8化学
219帝人80442.5化学
226日本ペイントH80041.2化学
236DIC79741.7化学
240日立化成79642.2化学
257住友ベークライト78943.8化学
257東亞合成78946.8化学

*総=総合職
*出典:東洋経済ONLINE

このランキングだけみると、化学メーカーは大手であろうと下位のほうに位置していて惨敗という結果に…ところが実際は違うのですよ!!

化学素材メーカー総合職の年収; 実態はどうなの?

先ほどまで、東洋経済の出版する「就職四季報2017年版」データに基づいて解説しましたが、上記の平均年収は結構適当…

平均年齢が仮に40歳だとすると業績のよい化学メーカー総合職は確実に年収1,000万円越えします。その根拠を3つ示しましょう。

  1. 三菱ケミカルHDの公開年収:総合職主体のホールディングス会社で平均年収1,000万円を超えている
  2. 富士フィルムHDの公開年収総合職主体のホールディングス会社で平均年収1,000万円を超えている
  3. 同クラス年収の会社は三菱ケミカル、富士フィルムの他にもいくつかある。この2社が特別年収の高い会社というわけではない。

また私の給与明細を証拠として載せたいのですが会社をクビになるので控えます。代わりに化学業界の年収特徴と、代表的な化学メーカーの管理職年収を紹介しますね。

化学業界の年収特徴

  • 20代はゴミみたいな給料。大学の同窓会でバカにされるレベル。
  • 30歳ちょうどで年収600万円。月30時間残業して700万円越えるくらい。それでもなお大学の同窓会でバカにされる。
  • 30代中盤で年収800万円前後。残業おおい人は30代中盤でも年収1,000万円超える。この辺りで大手金融・証券・保険業界・メーカー業界の負け組を抜くが総合商社には到底およばない。
  • 30代中盤~30代後半で給料高いメーカーは年収1,000万円を超える。低学歴組だと同級生を完全に越える。高学歴組だとまぁ、中の上くらいかな…
  • 30代後半~は運と実力次第。管理職からの降格は一切なしだがぺいぺい管理職から出世しないと年収は頭打ち。
  • 生涯年収では大手銀行マン(9割の負け組限定)を大きく上回るが総合商社には全く及ばない。ただし時給換算すると三菱商事と同じくらいの給料だという意見もある。
  • 楽な仕事で高い給料が欲しい人むき

【追記①】ほとんどの会社は独身寮or社宅or家賃補助あり(基本給と別カウント)。上記に概ね100万円/年を加算した額が本当の年収。ただし管理職以降は住宅手当が出ない会社多い。
【追記②】管理職までの出世は年功序列。形式上の試験はあるがほぼ自動的。
【追記③】残業代はちゃんと支給されサービス残業は(部署によるが)少ない。
【追記④】会社によっては30歳前後で裁量労働制に移行する。係長〜主任クラスで裁量労働制を推進する会社はサービス残業が多くなりがち(富士フィルムがそれに当たる)。重要なので個別に確認しておくべき。
【追記⑤】50代中盤~後半で課長以下ポジションだと役職定年。年収2〜3割カット。

代表的な化学メーカー管理職の年収例

一応ランキング形式。上に位置するほど年収期待値が高くなります。

  • 旭化成管理職36歳以降で年収1,000万円(業績好調のためもっと上がる?)
  • JSR:管理職36歳以降で年収1,000-1,200万円超(昇格むずかしい。万年主任クラスなら40歳すぎ年収1,000万円弱が限界、そのまま定年を迎える)
  • 積水化学工業管理職37歳以降で年収1,000万円(最速35歳で課長)
  • 富士フィルム管理職37歳以降で年収1,000万円(最速35歳で課長、昇格むずかしい。万年主任クラスなら40歳すぎ年収1,000万円弱、その後リストラ候補)
  • 旭硝子管理職34歳で年収800-900万円。管理職中級クラス38歳以降で年収1,000万円超(業績悪化で下落傾向)
  • 日本ゼオン:管理職38歳以降で年収1,000万円
  • 信越化学工業管理職38歳以降で年収1,000万円
  • 東ソー:管理職38歳以降で年収1,000万円
  • 三菱瓦斯化学:管理職38歳以降で年収1,000万円
  • 帝人:管理職38歳以降で年収1,000万円
  • 三井化学:管理職グレード③38歳以降で年収1,000万円
  • 日東電工:管理職38歳以降で年収900-1,000万円(課長で1,000-1,200万円)
  • DIC:管理職40歳で年収1,000万円前後
  • 日本碍子:管理職中級クラス42歳前後で年収1,000万円超
  • 日本特殊陶業:管理職中級クラス42歳前後で年収1,000万円超
  • 住友化学管理職38歳以降で年収900万円(課長で1,000万円超→1/3程度の難易度)
  • カネカ:管理職38歳以降で年収900万円(課長で1,000万円超→1/3程度の難易度)
  • クラレ:管理職38歳以降で年収900万円(課長で1,000万円超→1/3程度の難易度)
  • 三菱化学管理職38歳以降で年収800-900万円(課長で900-1,000万円→1/3程度の難易度)
  • 東レ管理職40歳前後で年収900万円(管理職・中級クラスで1,000万円超→1/3程度の難易度)
  • 大陽日酸:管理職38歳以降で年収800-900万円(課長で1,000万円→1/3程度の難易度)
  • 日立化成:管理職38歳以降で年収800-900万円(課長で1,000万円→狭き門)
  • 花王:管理職40代前半以降で年収1,000万円超(昇格難しい。万年主任クラスなら年収800-900万円、定年まで頭打ち)
  • 昭和電工:管理職40代前半で年収1,000万円
  • 三菱レイヨン:管理職37歳以降で年収800万円(課長で900-1,000万円→1/3程度の難易度)
  • 三菱樹脂:管理職38歳以降で年収800万円(課長で900万円→1/3程度の難易度)
  • 宇部興産:管理職35歳前後で年収750万円(40歳前後、課長で800-950万円)
  • 太平洋セメント:管理職40歳前半〜年収900万円
  • 《ランキング外》住友大阪セメント:管理職38歳以降で年収700-800万円

【注意①】会社業績により年収は±10%前後の変動あり。
【注意②】ほとんどの会社は独身寮or家賃補助or住宅手当あり(基本給と別カウント)。上記に概ね100万円/年を加算した額が本当の年収。ただし管理職以降は住宅手当がない会社多い。詳細は個別に検証。
【注意③】海外駐在員は別枠で上記年収の1.5〜2.0倍。20代海外駐在だと額面換算年収1,000万円超える(手取り700万円〜、家賃手当ふくまない)。化学メーカーは文系・理系ともに海外駐在の確率高く20代年収1,000万円も夢ではない。ただし理系の赴任先はド田舎。
【注意④】ぺいぺい管理職までは特別な会社を除き誰でもなれる。ただしそこから課長→部長→理事と出世できなければ年収は頭打ち。よく年収サイトで右肩あがりの年収カーブを見るが100%間違っている。
【注意⑤】管理職以上は残業代なしの会社多い(会社によりみなし労働手当ては出る)。
【注意⑥】主任クラスで残業が多いとぺいぺい管理職よりも年収高くなる。管理職は業績により年収が大きく変動するので主任クラスで残業代をもらい続けるのが一番の勝ち組かもしれない

筆者の小言

20代〜30代前半までのしょぼい給料が原因となり転職する若者が多くいます。我慢してれば自動的に年収1,000万円こえるというのに…仕事にやりがいを求めたい年頃なのでしょうね。

また就活生に人気の高い三菱化学住友化学・三井化学・富士フィルム・花王の年収は低くもなく高くもなく、普通

働き方や就職難易度を考えると他へ行く方が断然良く、私ならプレエントリーすらしません。

総合職であれば旭硝子と同じような平均年収になる

先ほど例で示したように給料の高い化学素材メーカーの総合職は、実際どこも旭硝子と同じくらいです。

隠れ高年収業界=トップ化学メーカー総合職

誤った情報により一般的には知られていませんが、化学メーカーは日本の全企業の中で、年収が高い企業ランキングトップ30に入る隠れ高収入企業があるのです。

一般的には知られていないので実は目指しやすいかもしれませんね!?みなさんも、隠れ高年収企業を目指してみては如何でしょうか?

最後に就活・転職者へ…

化学素材メーカー総合職の年収はそれなりに高いので、どうかご安心ください。

追記①他業界の年収についてもっと知りたい!

>>【現役社員のリーク記事】電通マンよりもメーカーのほうが年収高い!?

>>自動車メーカーの年収まとめ【トヨタ・ホンダ・日産・他】

>>石油業界の年収まとめ【INPEX・JX・出光興産・他】

>>鉄鋼商社の売上・年収ランキング【メタルワン・伊藤忠丸紅鉄鋼・阪和興業・岡谷剛機・JFE商事・他】

追記②化学素材メーカー年収についてもっと知りたい!

>>年収ランキングが企業実態よりも低い理由とは?化学メーカー総合職をベースに検証してみた。

>>年収偏差値が高いのはどっち?化学素材メーカー文系vs理系

>>化学メーカーで年収1000万円!管理職からの出世に必要な2つのコト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません

『年収ランキングにだまされるな!隠れ高収入の化学素材メーカー総合職』へのコメント

  1. 名前:たたる丸 投稿日:2016/06/16(木) 01:17:55 ID:7ad4cff87 返信

    理系院生の就活生です。非常に参考になりました。

    ところで、トップの化学メーカーとはどのくらいまででしょうか?
    よくネットで上がっている化学メーカー就職偏差値で答えていただきたいです。
    東洋紡はどうでしょうか?総合職を四季報で見ると780万ほど。ネットだと600万ほど・・・このくらいの違いがある企業に行くのが怖いです

    • 名前:のまどサラリーマン 投稿日:2016/06/16(木) 11:13:13 ID:1b6f982a2 返信

      コメントを頂き誠にありがとうございます!
      さてご指摘の件、トップ化学メーカーの定義を以下の通りに明確化しておきます。
      また、偏差値と給料は全く別物だとお考えください。
      例えば就職偏差値トップの信越化学はトップにふさわしくない給与水準です。

      《トップ化学メーカーに含まれる会社》
      信越化学、富士フィルム、積水化学、三菱化学、住友化学、
      旭化成、東レ、日東電工、旭硝子

      《トップと同じか少し劣る程度。給料が高い中堅~大手化学メーカー;2016年時点》
      日立化成、昭和電工、東ソー、花王、三菱ガス化学、三菱レイヨン、クラレ、JSR、
      日本ゼオン、三菱樹脂…他にもあるかもしれませんが調査不足です。

      さて話は戻りましてご質問の「東洋紡」についてです。
      東洋紡は目立った利益は計上していないものの、安定していますので総合職の平均年収が600万円であることはあり得ないです。
      一方で就職四季報の「総合職平均年収780万円」は実態に近いと考えます。
      *東洋紡ではないですが私の場合は20代後半で年収600万円くらいになりました。
      (学卒で留年・浪人なし)
      *私は給料の比較的高い化学メーカーに勤めていると思われますが、
      会社が保守的なため業界の平均給与水準をかなり意識した給与体系です。
      つまり私の給料は業界の平均より少し(10-15%%程度?)高いだけです。
      *従って規模と利益が中堅の東洋紡は業界の平均値(総合職平均800万円くらい)に近い給与水準と考えます。

      長文、失礼致しました。

      ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

      管理人

  2. 名前:たたる丸 投稿日:2016/06/16(木) 15:12:44 ID:d43ed502f 返信

    詳しくありがとうございます。
    実際に働いておられる社員の方に給料について伺う機会が少ないため、大変貴重な情報でした。
    誠にありがとうございます。

  3. 名前:文系男子 投稿日:2016/07/04(月) 22:07:56 ID:0119c18fd 返信

    コメント失礼致します。

    こうした化学素材メーカーにおける総合職年収の良い意味でのギャップは、大手電子部品メーカー(村田製作所、京セラなど)でも同様に当てはまると考えて良いのでしょうか?
    就職にあたり参考にさせていただきたいのでご教授ください

    • 名前:のまどサラリーマン 投稿日:2016/07/05(火) 02:20:19 ID:2c58871ed 返信

      お問い合わせありがとうございます。
      さて大手電子部品メーカーの年収ですが、現時点では情報を持ち合わせておらず、調査する必要がございます。電子部品大手で心当たりの人がいますので、確認して再度返答致します。

      管理人

  4. 名前:とおりすがりの侍 投稿日:2016/07/31(日) 22:51:31 ID:ee5036e55 返信

    うーん、数値がデタラメであるとするが書いておらず、こんな数値はデタラメであると言われても、読んでる方からするとわけわかりません。
    たまたまお知り合いがデキるエリート社員が多いだけでは?

    • 名前:のまどサラリーマン 投稿日:2016/08/01(月) 11:35:20 ID:6402a4abf 返信

      ご指摘をいただきありがとうございます。
      確かに根拠となる部分が単に自身の経験に基づいており、論理だっていなかったこと、反省しております。

      今後、精査を進めてまいります。

      管理人

  5. 名前:文系君 投稿日:2016/09/18(日) 09:16:28 ID:766618fb5 返信

    文系学生です。日産産業に興味がありますが、どうでしょうか?
    興味のある点としては、「農業」分野で強みがあるてんです。

  6. 名前:土石の人 投稿日:2016/09/25(日) 17:31:05 ID:d46c79b58 返信

    いつも参考にさせていただいております。貴殿は土石(三マテ、太セメ、住セメ、宇部等)も化学素材メーカーの一部とお考えのようですが、上記の年収と同じような感じなのでしょうか。総合職平均値等のデータが普通にしていても手に入らないので、ご存知であれば教えていただきたく存じます。

    • 名前:のまどサラリーマン 投稿日:2016/09/28(水) 01:39:03 ID:1131b870f 返信

      コメントをいただきありがとうございます!
      さてご依頼の件、太平洋セメント、宇部興産、住友大阪セメントを(わかる範囲で)追記しました。
      三菱マテリアルは非鉄金属として考えているのですが、管理職40歳前後で800-1000万円のイメージ。
      幅を持たせたのは会社の業績によって変わるためです。

      管理人

  7. 名前:土石の人 投稿日:2016/09/28(水) 15:16:55 ID:5e999f22b 返信

    管理人様
    ありがとうございます。やはり1ランク落ちる感じっぽいですね。参考になりました。