シェアしていただけると嬉しいです^ ^

御中の書き方と「係・宛・行」の消し方、書き換え方法

「御中」の書き方と「行・係・宛」の消し方、書き換え、注意点について画像つきで誰よりも詳しく解説していく記事。まずは基本として「御中」の使い分けは、個人宛であれば「様」を使い、個人宛でない時には「御中」を使います。その他の注意点は記事中でまとめます。

返信用封筒や手紙、ハガキを出すときに使われる「御中」ですので、この機会にマスターしておきましょう。

※長文になりますので、時間の無い方は「パッと読むための見出し」より目的部分へどうぞ。

御中・様の使い分け「宛名が個人名=様」「宛名が個人名じゃない=御中」

「御中・様」の使い分けは、宛名が個人であれば「様」を使い、宛名が個人でない時には「御中」を使います。「宛名が個人名でない」とはどういうことでしょうか?具体的には企業や団体、部署、課などが代表的な例です。わかりやすくするために、正しい宛名の例とNGの宛名の例を見比べてみましょう。

◎正しい宛名「株式会社転職 御中」(企業宛)
◎正しい宛名「株式会社転職 転職部 御中」(部署宛)
◎正しい宛名「株式会社転職 転職部 転職太郎 様」(個人宛)

×NGの宛名「株式会社転職 御中 転職太郎 様」← 「御中」と「様」は併用しない
×NGの宛名「株式会社転職 転職太郎 御中 様」← 個人を宛名にするときは「様」を使う

御中の正しい書き方「会社名(+部署名)御中」

 

まずは「御中」の基本となる書き方から解説します。御中は「会社名(+部署名)御中」と書きます。横書きの封筒、縦書きの封筒でそれぞれ、画像をご参照ください。会社名だけを宛名とする場合には「会社名 御中」としましょう。

企業あての手紙・ハガキ・メールはどんなときに使う?

「御中」の使い方、書き方を解説しましたが、どんなシーンで「企業名+御中」を使った手紙やメールを出すべきでしょうか?個人に宛てるのではなく団体に宛てる手紙やメールの代表的な例としては、年賀状、暑中見舞い、寒中見舞いなどがあります。◯◯見舞いや年賀状などは取引先の部署全体、社員全体に感謝を示す意味で団体宛てにします。※特別お世話になっている人には個人名で別途、送る。

注意!相手の個人名がわかるなら「個人名+様」で書く

個人ではない誰かに手紙、メールを送るときに「御中」を使うと解説しました。ただ「御中」は誰に出すべきかわからない場合や、全体にアピールしたいときにだけ使います。取引相手の個人名がわかるときには「企業名+御中」ではなく「個人名+様」を使いましょう。

返信封筒の「団体名+行・係」は「御中」に書き換える

企業から送られてくる返信用封筒やハガキに「団体名+行」または「団体名+係」と記されている場合があります。自分の会社のことを「御中」とはしないため、返信用封筒では「行」「係」とするのですが、これをそのままにして返信するのはNG。ビジネスマナーに違反しています。そこで「行・係」を消して「御中」に書き換える必要があります。ここからは「行・係」の消し方と書き換え方を解説します。

縦書き:「行・係」を縦2重線で消し「御中」を左か下に加える

  

縦書きの返信用封筒・ハガキの宛名「行・係」を「御中」へ書き換えましょう。まずは画像で示した通り「行・係」の消し方は縦の2重線を入れます。そして「行・係」の横か下に「御中」を書き加えます。ちなみに「行」「係」の宛名の使い分けは厳密な決まりがあるわけではありません。なんとな〜くですが、宛名が部署名や企業名だったときに「行」が使われていて、「係」は小規模団体の宛名、たとえば「採用担当チーム」に使われます。

横書き:「行・係」を横2重線で消し「御中」を右に加える

横書きの返信用封筒・ハガキの宛名「行・係」を「御中」へ書き換えましょう。まずは画像で示した通り「行・係」の消し方は横の2重線を入れます。そして「行・係」の右に「御中」を書き加えます。

返信封筒の「個人名+宛・行」は「様」に書き換える

企業から送られてくる返信用封筒やハガキに「個人名+宛」または「個人名+行」と記されている場合があります。これは個人宛名で返信が欲しいときに自分ことを「様」とはしないためです。返信用封筒・ハガキでは「宛」とするのですが、これをそのままにして返信するのはNG。ビジネスマナーに違反しています。そこで「宛」を消して「様」に書き換える必要があります。ここからは「宛」の消し方と書き換え方を解説します。

たて書き:「宛・行」を縦二重線で消し「様」を左か下に加える

縦書きの返信用封筒・ハガキの宛名「宛」を「様」へ書き換えましょう。まずは画像で示した通り「宛」の消し方は縦の2重線を入れます。そして「宛」の左か下に「様」を書き加えます。手順は先ほどの「御中」と同じです。

よこ書き:「宛」を横二重線で消し「様」を右に加える

横書きの返信用封筒・ハガキの宛名「宛」を「様」へ書き換えましょう。まずは画像で示した通り「宛」の消し方は横の2重線を入れます。そして「宛」の右に「様」を書き加えます。手順は先ほどの「御中」と同じです。

「行・係・宛」の消し方まとめ

先ほどまでの解説で「行・係・宛」の書き換えは完璧にできます。念のため、「行・係・宛」の消し方についてもまとめておきます。たて書きの返信用封筒・ハガキは縦二重線で消し、よこ書きの場合には横二重線で消します。「封筒の書式に逆らわずに消す」と覚えておきましょう。

たて書き封筒の消し方は「縦二重線」

 

先ほど解説した通り、縦書きの返信用封筒・ハガキの「行・係・宛」は縦二重線で消します。

よこ書き封筒の消し方は「横二重線」

先ほど解説した通り、横書きの返信用封筒・ハガキの「行・係・宛」は横二重線で消します。

ビジネスメールに「御中」は使える?

はい、使えます。ただし具体的なビジネスシーンが思いつきません(苦笑)。

「御中」の意味は「宛名が個人名ではないときに、その下に添える言葉」ですから、メールを送りたい相手が会社全体、あるいは部署全体、課全体になるときであれば使えるでしょう。あくまで私の経験則ですが、個人宛ではないメールのときには「各位」「◯◯部の皆様」「皆様」という表現が多く「御中」は見たことがありませんね。社内にも上下関係は当然ありますが、気を遣いすぎないのが普通です。

社内の手紙・ハガキでも「御中」を使う

大企業であれば「社内便」というのがあります。これは国内に多くの拠点を持つ大企業だけの文化かもしれませんが、「社内便 = 社内資料をやりとりする社内専用の郵便配達システム」のことです。社内便での「行・係・宛」の「御中・様」への書き換えマナーも社外と同じで、上述したマナーをそのまま実行してください。社内便であっても「人事部 御中」「開発部 御中」「開発部 ◯◯様」とします。

この「御中の書き方」と「書き換えマナー」は社内外関係なく「手紙を出すときのマナー」になります。ぜひマスターしておきましょう。

「行・係・宛」の書き換えが間違っていても気にしない!

「行・係・宛」の書き換えを忘れていた!誰しもがこんな経験、あると思います。忙しいと、ついつい疎かになりがちな手紙マナー。でもご安心ください。マナー違反したからといってビジネスを失ったり、就活で選考に不利になったりしません。

そのような些細なことを気にするような採用担当がもしいたとしたら、そんな会社には就職・転職するべきではありません。こちらから願い下げです。また、そんな些細なことでビジネスチャンスを失うようなら、最初から取引する価値のない会社です。

手紙マナーはあくまでマナー、単なる心遣いです。絶対にしなければならない!というものではありません。

重要なのは中身!

重要なのは手紙の中身、ビジネスの中身、メールの中身、あなた自身の人となりです。小手先の技術を磨いても、長い目で見ると何も役には立ちません。マナーや言葉遣いは年齢を重ねると自然に身につくことなので、もっとビジネスの本質的なことに時間を使いましょうね!

まとめ

これでもかというくらい「御中」について語ってみました。

この「御中」は必ず使う表現で、手紙やハガキを送るときに活躍します。

ということで、ぜひマスターしておきましょう。ではでは〜〜。

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません

『御中の書き方と「係・宛・行」の消し方、書き換え方法』へのコメント

  1. 名前:亜蘭鷲見子 投稿日:2016/12/29(木) 23:41:16 ID:5715c1e87 返信

    ・「また、そんな些細なことでビジネスチャンスを失うようなら、最初から取引する価値のない会社です。」

    ・「手紙マナーはあくまでマナー、単なる心遣いです。絶対にしなければならない!というものではありません。」

    マナーとは、心遣いです。
    心遣いが「単なる」形だけのものであって良いはずが無い事は、
    皆さんご承知の事と思います。

    そのマナーは形だけだ という風に受け取られないようにする為には、
    マナーとは「尊敬(respect)」を伝えるための手段である という真意を押さえる
    ことで、結果として、間違った振舞いを自然と慎むようにすれば良い訳です。

    さて、自分の忙しさに感けて軽くあしらわれた「尊敬」に、絆される人は
    果たして存在するでしょうか。
    その後に認められた文章に、果してほんとうの情熱を感じる事は出来るでしょうか。

    マナーとは本の表紙であり、あなたの顔であり、心根の表れです。
    決して、些細な事ではありません。
    汚れたポリ袋や段ボールに入った心を信じるのは、「尊敬」で結び合った後の
    気心の知れた仲間だけなのです。

    ものごとには、順序がございます。
    皆様が心の無い、小手先の技術に惑わされませんよう、切に祈っております。

    • 名前:のまどサラリーマン 投稿日:2016/12/30(金) 03:02:56 ID:3e688a457 返信

      ご指摘をいただき、誠にありがとうございます。

      興味深いご意見でした。

      ただ、ビジネスシーンにおいてマナーは形だけのものです、これは間違いないでしょう。
      お言葉をお借りするのでしたら、本当の「尊敬(リスペクト)」はマナーという形式だけのものには表れません。

      ▼マナーが合っていたら、リスペクトの意を表していると言えるでしょうか?答えは「ノー」です。

      ▼マナーが間違っていたら、リスペクトの意を表していないのか?答えは「ノー」です。

      ▼マナーが間違っていても、リスペクトの意を表している人はたくさんいます。
      (たとえば私の知る一流の商社マンに当てはまります)

      ▼マナーが合っていても、簡単に裏切る人もいます。
      (私の知る一部の使えない商社マンに当てはまります)

      「マナーさえ合っていれば、万事OK」みたいな旧石器時代の考え方はそろそろ止めにしませんか?

      マナーは付属品、人の本質はマナーではわかりません。

      なぜマナーができていなくても、信頼される人がいるのでしょうか?
      なぜマナーができていても、信頼できない人がいるのでしょうか?

      その答えは、マナーが単なる形であって誰にでもできてしまうから、ということでしょう。
      誰にでもできるようなことに、答えを求めることは本質を見失います。

      人の尊敬というのは本来、マナーで語れるほど軽いものではありませんよ。

      もう少し社会勉強しましょうね。

      管理人