就活で有利になる資格って本当は3つしかない【文系・理系共通】

就活・転職で有利になる資格ってなんでしょうか?
世の中にはゴミのような資格があふれています。
ゴミのような資格をすすめるウェブサイトやCMも数多くあります。

そこで今回は就活を本当に有利に進められる資格だけをまとめました。
(文系・理系共通)

就活・転職のご参考になりましたら幸いです。

No.1 TOEIC

TOEICとはあなたの英語力を数値化するペーパーテストのこと。スコアは最低10~最高990点まである。

高いスコアを持っていると就活・転職で有利に働きます。
むしろ最近は採用の必須条件になってきているような…

たとえば武田薬品工業、楽天といったどう考えてもドメスティックな会社ですら新卒採用で足きりラインを設定しています。

↑ ぜったい英語なんて要らないだろ…

【※修正】武田薬品工業などの製薬業界R&Dは英語(とくに読むほう)が必須。理由は、最新の論文や特許がすべて英語だから。

そこで、TOEICにまつわる就活生が知っておきたい注意点を以下にまとめておきます。

注①履歴書・ESに書いてもよい最低スコア:TOEIC 600点

600点未満のあなたは履歴書にTOEICスコアを書くのを辞めましょう。
恥ずかしいだけ。

もしくは「TOEICスコア600点」と嘘を書きましょう。スコア証明書の提出を求められないので、ばれる心配はありません。

◎参考になる記事:

注②有利になるスコア文系:TOEIC 900点以上

文系と理系に分けたのは、文系のほうがより語学に長けている学生が多いから。就活は他学生との競争であることを考えるとライバルが多いか少ないかはとても重要。

文系で就活を他の学生よりも有利に進めようと思ったら900点以上は絶対に必要です。

有利になるスコアはTOEIC850点だ!!

いやいや750点あれば十分でしょ!!

いろいろな説がありますが、TOEICスコアは就活生も対策することが常識になってきているので、中途半端な点数では就活に有利とは言えなくなっています

私がリクルーター面談に借り出されていた頃には、履歴書・ESに600~900点を申告している就活生がほとんどで、900点以上の学生はさすがに見たことなかったですね。

逆にTOEIC600点未満の学生もいませんでした(記憶あいまい)…ということは嘘の申告をしているか、600点未満はエントリーシートで全落ちしたか、どちらかですね。TOEICの点数は目安にしかならないので嘘の申告でも全く気になりませんでしたが…

↑ 実際に内定者をみるとTOEICスコア900点以上の学生もいるし、スコアなしの学生もいます。めぐり合わせの問題だったかと。

そういう意味でTOEICスコア900点以上だと、まず間違いなく本社人事面接までは呼ばれます。人気有名企業であっても有利に働くでしょう。ちなみに人気のない企業、中小企業だと700点くらいのスコアでも有利に働きます。

注③有利になるスコア理系:TOEIC 800点以上

一方で理系の場合、文系のTOEICスコア基準よりだいぶゆるくなります。800点以上のスコアであれば十分に有利に働きます。理由は理系でその他大勢から抜け出す領域のスコアが800点だから。

就活は他学生との競争であることを考えるとライバルが多いか少ないかはとても重要。ちなみに人気のない企業、中小企業だと600点くらいのスコアでも有利に働きます。

注④入社してからも必要なTOEIC

また就活には直接関係しませんが、ほとんどの大企業では管理職に昇格するための最低条件として、TOEICスコアを課しています。たとえば私の勤める企業でもTOEICxxx点以上じゃないと管理職になる権利なし、と決まっています。

周囲の大企業をみてもたとえば、日立製作所の課長昇格条件650点、トヨタ自動車の係長昇格条件600点、などあり。TOEICスコアを持っていたら昇格、というわけではなく最低ラインのTOEICスコアを持っていないと昇格試験を受けさせてもらえないのです。

せちがらい世の中ですねぇ~~…

注⑤転職にも有利になるTOEIC

かなりクドくなりますが、重要なポイントなので書いておきます。

「TOEICスコアが高いと転職にも有利に働きます」

というより、TOEICスコアは転職の必要条件だと言ったほうがよいかもしれませんね…。TOEICスコア700点未満だと、たとえ一流企業に勤めていて輝かしい経歴があったとしても、あなたの転職市場価値は下がります。

一方で、たとえ名もない中小企業に勤めていたとしても、TOEICスコア900点持っていれば転職先はいくらでもあります。結局、なんだかんだいって今でも日本人は英語が苦手なのです。

この点については就活とあまり関係ないので後ろで詳しく解説しますね。

No.2 TOEFL iBT

TOEFL iBTとはあなたの英語力を数値化するペーパー&スピーキングテストのこと。スコアは最低0~最高120点まである。

こちらも高いスコアを持っていると就活・転職に有利に働きます。

TOEIC と TOEFLの違い

TOEFLになじみの無いあなたのためにTOEICとTOEFLの違いを解説しておきます。TOEIC、TOEFLはどちらも英語の能力を試験によってスコア化したもの。

違いを簡単に説明するとスピーキングテストがあるかないか。TOEICにはスピーキングがなく、TOEFLにはスピーキングがある。

ちなみにグローバルではTOEFLスコアを重視するが日本と韓国、他アジア諸国だけはなぜかTOEICが主流。就活で英語能力をアピールしたいのであればTOEICとTOEFL、両方のスコアを持っておいたほうが説得力が増す。理由はTOECIではスピーキングがないため、受験勉強のような学習法で900点をとれてしまうから。

TOEFL iBTにまつわる就活生が知っておきたい注意点を次にまとめておきます。