シェアしていただけると嬉しいです^ ^

就活で有利になる資格って本当は3つしかない【文系・理系共通】

スポンサーリンク

就活・転職で有利になる資格ってなんでしょうか?世の中にはゴミのような資格があふれています。ゴミのような資格をすすめるウェブサイトやCMも数多くあります。

そこで今回は就活を本当に有利に進められる資格だけをまとめました(文系・理系共通)。

就活・転職のご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

No.1 TOEIC

TOEICとはあなたの英語力を数値化するペーパーテストのこと。スコアは最低10~最高990点まである。

高いスコアを持っていると就活・転職で有利に働きます。むしろ最近は採用の必須条件になってきているような…たとえば武田薬品工業、楽天といったどう考えてもドメスティックな会社ですら新卒採用で足きりラインを設定しています。←ぜったい英語なんて要らないだろ…

そこで、TOEICにまつわる就活生が知っておきたい注意点を以下にまとめておきます。

注①履歴書・ESに書いてもよい最低スコア:TOEIC 600点

600点未満のあなたは履歴書にTOEICスコアを書くのを辞めましょう。恥ずかしいだけ。もしくは「TOEICスコア600点」と嘘を書きましょう。スコア証明書の提出を求められないので、ばれる心配はありません。

注②有利になるスコア文系:TOEIC 900点以上

文系と理系に分けたのは、文系のほうがより語学に長けている学生が多いから。就活は他学生との競争であることを考えるとライバルが多いか少ないかはとても重要。

文系で就活を他の学生よりも有利に進めようと思ったら900点以上は絶対に必要です。

有利になるスコアはTOEIC850点だ!!

いやいや750点あれば十分でしょ!!

いろいろな説がありますが、TOEICスコアは就活生も対策することが常識になってきているので、中途半端な点数では就活に有利とは言えなくなっています。私がリクルーター面談に借り出されていた頃には、履歴書・ESに600~900点を申告している就活生がほとんどで、900点以上の学生はさすがに見たことなかったですね。

逆にTOEIC600点未満の学生もいませんでした(記憶あいまい)…ということは嘘の申告をしているか、600点未満はエントリーシートで全落ちしたか、どちらかですね。TOEICの点数は目安にしかならないので嘘の申告でも全く気になりませんでしたが…

実際に内定者をみるとTOEICスコア900点以上の学生もいるし、スコアなしの学生もいます。めぐり合わせの問題だったかと。

そういう意味でTOEICスコア900点以上だと、まず間違いなく本社人事面接までは呼ばれます。人気有名企業であっても有利に働くでしょう。ちなみに人気のない企業、中小企業だと700点くらいのスコアでも有利に働きます。

注③有利になるスコア理系:TOEIC 800点以上

一方で理系の場合、文系のTOEICスコア基準よりだいぶゆるくなります。800点以上のスコアであれば十分に有利に働きます。理由は理系でその他大勢から抜け出す領域のスコアが800点だから。就活は他学生との競争であることを考えるとライバルが多いか少ないかはとても重要。

ちなみに人気のない企業、中小企業だと600点くらいのスコアでも有利に働きます。

注④入社してからも必要なTOEIC

また就活には直接関係しませんが、ほとんどの大企業では管理職に昇格するための最低条件として、TOEICスコアを課しています。たとえば私の勤める企業でもTOEICxxx点以上じゃないと管理職になる権利なし、と決まっています。

周囲の大企業をみてもたとえば、日立製作所の課長昇格条件650点、トヨタ自動車の係長昇格条件600点、などあり。TOEICスコアを持っていたら昇格、というわけではなく最低ラインのTOEICスコアを持っていないと昇格試験を受けさせてもらえないのです。

せちがらい世の中ですねぇ~~…

No.2 TOEFL iBT

TOEFL iBTとはあなたの英語力を数値化するペーパー&スピーキングテストのこと。スコアは最低0~最高120点まである。

こちらも高いスコアを持っていると就活・転職に有利に働きます。

TOEFLになじみの無いあなたのためにTOEICとTOEFLの違いを解説しておく。TOEIC、TOEFLはどちらも英語の能力を試験によってスコア化したもの。違いを簡単に説明するとスピーキングテストがあるかないか。TOEICにはスピーキングがなく、TOEFLにはスピーキングがある。

ちなみにグローバルではTOEFLスコアを重視するが日本と韓国、他アジア諸国だけはなぜかTOEICが主流。就活で英語能力をアピールしたいのであればTOEICとTOEFL、両方のスコアを持っておいたほうが説得力が増す。

《TOECIはスピーキングがないため、受験勉強のような学習法で900点をとれてしまうから》

TOEICにまつわる就活生が知っておきたい注意点を以下にまとめておきます。

注①履歴書・ESに書いてもよい最低スコア:TOEFL iBT 70点

注②有利になるスコア:TOEFL iBT 100点~

TOEICとTOEFLのスコア換算表でだいたい同じになるように設定しました。

No.3 難関国家・難関民間資格

「難関資格」といわれるものには価値があります。難関資格保持者がその道にいかずに一般の民間企業に就職するとは思えませんが…念のため書いておきます。

  1. 司法試験
  2. 海外有名大学のMBAコース
  3. 公認会計士
  4. 司法試験予備
  5. 弁理士(特許関連)
  6. 司法書士
  7. ITストラテジスト
  8. 法科大学院
  9. アクチュアリー(金融)
  10. 税理士
  11. 一級建築士
  12. 不動産鑑定士
  13. 中小企業診断士
  14. 薬剤師(理系)
  15. 医師(理系)
  16. 他、同等クラスの難関国家・民間資格

あとは就活に使えないゴミのような資格しかない

英検、簿記、フィナンシャル・プランナー、行政書士、医療事務、秘書検定などなど。世の中には資格があふれていますが、これらの資格は4年制大卒の就活生にとってはゴミ資格で使えません。※TOEIC、TOEFLのほうが汎用性が高く、これらの資格をとるくらいならTOECIの点数を5点でもあげるために学習したほうがよい。

※世の中、何でもかんでも資格になってるけどこれって完全にユ○キャンの作戦。資格を持ってないとやばいよね~、という恐怖を植えつけて教材を売る。霊感商法となんら変わらない。だから女性がはまりやすいのか!?

※あくまで4年制大卒の就活生にとっての話なので資格保持者は気を悪くなさらないでね。

>>就活に資格は必要なし!ゴミ資格ランキング6選

就活で資格よりも重要なこと

企業の採用担当にとって資格って「おまけ」みたいなものです。普通に考えたらわかることですが、採用活動は学生のポテンシャルを見ることが重要であって資格そのものに意味はありません。語学以外の資格なんて大卒・総合職の仕事には必要ないですからね。業務に使うのであれば入社後に資格をとらせます。

資格よりも採用担当者は「なぜあなたがその資格を持っているのか?」に興味があります。

たとえば留学してなくてもTOEIC 900点を保持していたら「どこで英語を習得したの?なぜ留学しなかったの?」などの質問が想定されます。そういう質問を投げかけることで、あなたという人間を査定するのです。

また、いうまでも無いことですが就活ではTOEICのスコアより、もっと重視されることがありますので以下にまとめておきます。

重要①最終学歴(高学歴)

あたり前すぎてすみません…就活で最も有利に働く資格は最終学歴です。青山学院よりも早稲田大学、早稲田大学よりも東京大学。企業は学歴フィルターを使って、ふさわしくない学歴の就活生をふるい落とします。

>>どこから低学歴?どこまで高学歴?知らないと就職内定ゼロになるよ… 

>>学歴フィルター?そんなの有名企業の就職では常識でしょ!?

重要②体育会系部活に所属

体育会系部活に所属していれば「本来の学歴+2~3ランクアップ」の効果が期待できます。

実際、大企業の大学別採用実績を見ていると学歴の低い大学(旧帝大下位/MARCH/関関同立/東京理科/四工大、他)から、難関企業に就職する学生がいます。これを見た就活生は低学歴にもチャンスがあると勘違いしてしまいます。でも実際はノーマルスペックの低学歴が難関企業に採用されることはありません。

じゃあ誰が採用されているのか?

というと低学歴の「体育会系採用枠」「帰国子女採用枠」「トップクラス研究室採用枠」のいずれか。低学歴→難関企業採用のほとんどはこの3つの枠で満席になります。その中でも母数の少ない体育会系は最も有効(留学生枠は母数が多すぎて倍率高い)。

>>体育会系が大企業の就職に有利な10の理由

重要③大学のトップクラス研究室

それぞれの大学でトップクラス研究室に所属していると就活でのランクアップを期待できます。資格よりよほど重要な要素ですね。

>>どの大学までOK?理系の学歴フィルターまとめ

まとめ

どんな就活生にも役に立つおすすめの資格って実はTOEICだけです。先ほども述べましたが重要なので繰り返します。

ゴミのような資格を取る暇があるなら、TOEICの点数を5点でも上げる努力をしたほうがよい。

でもTOEICのスコアが600~900点の範囲であれば就活にとって大して有利に働かないので、900点以上を目指す必要あり。ただ、帰国子女ならまだしも一般人が900点を超えるのは至難の業ですね…就活開始まで半年もない状況であれば、就活どころではなくなります(失笑)。

ということで私が最もおすすめしたいのは、①カンニングして700点とるか、②嘘の申告で700点とESに記載するか、どちらかです。

TOEIC 700点の数字の意味は前回解説したとおり、英語ができる訳じゃないけど、できない訳でもない、という程よい点数なのです。700点くらいのスコアであれば嘘の申告であったとしても何も疑いません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません