ブラック企業ランキングTOP10【2016年版】とブラック予備軍20社

現役営業マンが作る「裏ブラック企業大賞ランキング2016年版」と「ブラック企業予備軍ランキング2017年版」。2chを中心に盛り上がっているブラック企業大賞の選定理由がイマイチだったため、自作しました。

就活、転職のお役に立てましたら幸いです。

ブラック企業大賞2016年

まず本家のブラック企業大賞2016年に選定された企業と、その理由を見ていく。当たり障りのない企業が選ばれていることが分かる。

※出所:ブラック企業大賞

  1. エイジス(長時間労働)
  2. 電通(過労自殺)
  3. ドン・キホーテ(長時間労働)
  4. プリントパック(従業員の死亡事故、長時間労働)
  5. 関西電力(過労自殺)
  6. 佐川急便(パワハラ・セクハラ)
  7. サトレストランシステムズ(長時間労働、残業代未払い)
  8. 宗教法人 仁和寺(長時間労働、賃金未払い)
  9. ディスグランデ介護(賃金未払い)
  10. 日本郵便(パワハラ・セクハラ、自爆営業)

▼理不尽なリストラや長時間労働が問題であれば富士フィルムやリクルートもブラック企業になるし、外資金融(ゴールドマンサックス他)、外資コンサル(マッキンゼー、アクセンチュア他)もすべてブラック企業になるのだけど…色々とおかしい部分がある。とても作為的なランキングだ。

ブラック企業大賞の基準がイマイチすぎるww

従業員の不利益になる問題にしか焦点を当ててないことが問題。

選ばれた企業の選定理由を見てわかるように、選定された会社は①薄給かつ長時間労働(高給かつ長時間労働はブラック企業大賞に選定されない)、②賃金未払い、③パワハラ・セクハラ、④過労死・過労自殺、⑤理不尽なリストラ、事件のあった企業がノミネートされている。だけど私は「ブラック企業の定義」でも示したように、この選定条件だけでは不十分だと考える。

実際には企業のブラック化は従業員にまつわる問題だけでなく、粉飾決算とか著作権侵害とか、会社ぐるみで行われているものがある。こちらもタチの悪いブラック企業の選定条件として加えるべきだ。

※もちろんブラック企業大賞の考える「選定理由」に当てはまる企業は論外でブラック企業とするべきだが、他にもっと見るべき点があるのではないか?ここに加えるべき企業があるのではないか?

こういう疑問から「裏ブラック企業大賞ランキング2016年版」と称して、私の考えた選定条件(後述)を用いてランキングを作ろう。

裏ブラック企業大賞ランキング2016年(管理人の自作)

  1. DeNA(WELQなどパクリ記事メディア、嘘の情報メディアを複数運営)
  2. 東芝(粉飾決算)
  3. 電通(過労自殺)
  4. 関西電力(過労自殺)
  5. ソニー(リストラ常態化)
  6. 日本IBM(リストラ常態化※一部では元従業員が裁判し勝訴)
  7. ヴィ・ド・フランス(飲食チェーン、過労自殺)
  8. 業界ノミネート枠①博報堂、サイバーエージェント、広告業界全般(長時間労働)
  9. 業界ノミネート枠②テレビ、新聞、メディア製作業界全般(長時間労働)
  10. 業界ノミネート枠③その他の離職率の高い業界(激務、薄給 → 後述)
  11. 富士フィルム(リストラ常態化)
  12. スズキ、三菱自動車(燃費データ不正)

ブラック企業予備軍ランキング2017年

現時点ではブラック企業とは呼ばれていないけど、今後可能性のある企業もまとめておく。次項よりどうぞ。

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません