シェアしていただけると嬉しいです^ ^

リクルートが激務・ブラック企業といわれる3つの理由

激務・ブラック企業とのウワサがある「リクルート・ホールディングス」。今回は、なぜリクルートが2chなどの掲示板で「激務・ブラック企業」と書かれるのか、理由を解説していきます。

就活・転職のご参考になりましたら幸いです。

リクルートHDの平均勤続年数・年収

まずは客観的な従業員データから、激務・ブラック企業度を判断。数字はリクルート・ホールディングスの有価証券報告書(2016年3月期)より抜粋している。

  • 平均年齢35.1歳
  • 平均年収904万円
  • 平均勤続年数6.8年

まず平均年齢35.1歳で、平均年収904万円あるので「リクルートHDの年収は高い」といえる。

次に平均勤続年数、つまり従業員がどれくらい長く働いているか、をみると6.8年となっている。平均勤続年数6.8年は異様に短いとみているが、これは主観なので、他大企業と比較してみる。

※傾向が正しいことを示すため、過去の平均勤続年数もまとめておく。

  • 平均勤続年数6.6年(2015年3月期)
  • それ以前はデータなし

平均勤続年数6.8年という数字は短すぎ!!

比較として、リクルート・ホールディングスに近い平均勤続年数の有名企業を挙げてみた。

  • ヤフー:6.0年
  • SBI証券:6.1年
  • セブン銀行:6.4年
  • 住友不動産:6.8年
  • 東京個別指導学院:7.0年
  • HIS:7.3年

一般的に、ヤフーなどIT企業の勤続年数は短い。これには主に4つの理由がある。一つは給料が安いこと。二つめは、もともと転職を繰り返したい人が就職する業界であること。三つめは激務であること。最後に、成果を出せない人は永遠に出世できない業界であること。

そして激務・ブラック業界で有名な証券会社、不動産販売会社、旅行代理店、学習塾関連は、言うまでもなく平均勤続年数が短くなる(年収が仕事量に見合わないか、激務すぎる)。

これらのブラック業界と肩を並べているリクルートは、間違いなく勤続年数が短すぎる。

念のため一般的な大企業との比較もしておく。

  • 信越化学工業:20.5年
  • ホンダ:20.5年
  • 日産:20.6年
  • メーカー大手:15~20年
  • 電力業界:20年前後
  • 石油業界:20年前後
  • 鉄道業界:20年以上

一般的にメーカーやインフラ系の大企業は、離職率が低く、平均勤続年数も長い。これには主に三つの理由がある。一つは、年収が(仕事量に対して)高いこと。二つめは、激務じゃないこと。最後に、仕事をしてなくても年功序列で出世できること。

なぜ年収は高いのに勤続年数が短い?それは激務だから

実は先ほどまでの数字をみるだけで、リクルート・ホールディングスが激務・ブラック企業だと言われる理由が判明している。

リクルートは年収が高いのにも関わらず、平均勤続年数は短い。年収が低ければ平均勤続年数が短いのも納得できる。

なぜだろうか?

年収が高くても、

  1. 激務でワーク・ライフバランスが悪ければ、よりよい環境を求め転職する。
  2. 働く環境が悪ければ、よりよいワーク環境を求め転職する。
  3. 上司が嫌いであれば、よりよい人を求め転職する。

これらの理由により勤続年数が短くなっている。

「リクルート=激務・ブラック説」の理由まとめ

ここまでの説明で「リクルートが激務・ブラック企業である理由」については完結しているが…。実際に働いている(働いていた)人から情報を仕入れているので、まとめていく。

①高すぎる「ノルマ設定」

リクルートの社員は期ごとに目標(ノルマ)を課せられる。これ自体は普通のことで、私の勤めるメーカーでも、必ず期ごと、年ごとにノルマを設定する。

ただしリクルートの問題点はノルマ設定が高すぎること。

たとえば営業だとすると、

  • 前期比+30%の売上
  • 前年比+30%の売上

といったノルマが平気で設定される(実際にあった話)。普通の企業に勤めている人ならお分かりになるでしょうが、この目標がどれだけ無茶苦茶なことか…。

達成するのですら大変なノルマだが、これを達成したら年収が増える。でも、次の期には更に高いノルマを課される。

  • ノルマ達成
    ↓年収増える
  • さらに高いノルマ
    ↓年収増える
  • さらに高いノルマ

つまり「常に自己ベストを更新し続けろ!!」ということ。

こんな仕組みでは、3年以内にノルマ未達になるのが当たり前である。

※ただし入社して1~2年は勉強期間のためノルマなし。証券会社と同じ仕組み。
※営業だけでなく管理部門にもノルマはある。

②ノルマ未達だと…

ノルマ未達だと、上司から「詰め(つめ)」られる!!

と言いたいところだが、リクルートがブラック企業になりきれていないのは「詰め文化」の甘いところ。某証券会社のようなことはありません(上司によってはあるのかな?)。

リクルートではノルマ未達になったら、年収が上がらないだけ(十分にイタイけど)。

再度、高いノルマに挑む。また達成できない、また年収が上がらない。激務なのに永遠に給料が上がらない。はぁ、疲れた、会社辞めよ。終わり。

③高いノルマ設定=激務

高いノルマを設定される企業は激務になる。

これはあたり前で、マジで死に物狂いで働かないと「ノルマ達成」できないから。リクルートって見てくれだけはいい企業だけど、そこで働いている人は決して楽じゃない。

①②を繰り返すだけの仕事に嫌気が差して、辞める人が多い。だから、平均勤続年数は低い。リクルートは決して人材輩出企業なんかじゃない。

ノルマ達成できる「スーパーマン」は20代1000万円

この点だけは、リクルートに就職するメリットとして述べておかなければいけない。若くても「高いノルマ」をきちっとクリアし続ければ、20代でも年収1000万円越えする。

逆にノルマをクリアできない社員は、どんどん下に抜かれ居場所がなくなる。その結果が「平均勤続年数6.8年」という数字。

そして、ノルマを達成する秘訣は長時間労働するしかない。どれだけ効率よく仕事を進めても、長時間労働しないと実績はでない。これがリクルートなど、サービス業をする人の現実である。※メーカーはアイディアだけで何とかなる

なので「仕事が好きで仕方ない、仕事の虫になりたい!!」という人にだけ就職・転職をおすすめする企業。決して「楽な仕事でそれなりの高給を得たい」という私のような人には向かない。

まとめ

なぜメーカー勤務の私がリクルートの内情を知っているかというと…。

リクルートに就職しだけどイメージとのギャップで退職した人が、少なからず周りにいるからです。

そして、ベンチャー企業の会合に行くと必ず「元リクルートで~す」という人がいます。

リクルートが嫌だけど大企業には転職したくない。だから中小のベンチャーに転職した、というパターンですね。ちなみに、元リクルートで起業家として成功している人は稀です。

激務・ブラック企業の関連記事

参考 → ブラック企業ランキングTOP10【2016年版】とブラック予備軍20社

参考 → なぜ外資就活サイトは激務・ブラック企業ばかり推奨するのか?

参考 → 離職率の高い業界ランキングと理由。最もブラックな業界8選!!

参考 → 激務な業界ランキング|社会人が選ぶ転職したくない業界40選

参考 → 証券会社・営業マンの仕事内容と“仕事がきつい”といわれる7つの理由 

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません