シェアしていただけると嬉しいです^ ^

隠れ優良企業ランキング理系&文系。知らないと損するBtoBの優良企業

スポンサーリンク

現役メーカー営業が作る隠れ優良企業ランキング2017卒&2018卒用。

《2017年から2027年まで有効です》

普通の優良企業ランキングを作ってもあまり意味がないと思われるので、隠れ優良企業にスポットを当ててみました。

「隠れ優良企業 = 9割の人が知らないけど、長く安定的に経営できる企業 + 仕事まったり」

と位置付けしています。優良企業は必ずしも成長する必要はありません。従業員が安心して働けるような基盤を持っていればオッケー。

また、ここに挙げる優良企業は「仕事まったり」であることが必要条件。優良企業でも従業員に厳しい会社は極力、除外しています。

就活や転職のご参考になりましたら嬉しい限りです。

※2016年11月追記:日本化薬

スポンサーリンク

1. 日産化学工業(化学)

  • 売上: 1769億円
  • 営業利益(率): 286億円(16.2%)
  • 自己資本比率: 68.1%、実質無借金
  • 平均年収: 784万円(平均40.6歳)
    • 出所:2016年3月期の有価証券報告書より

明治創業、日本初の化学肥料企業として発足。一時は日産グループに属していたが現在は独立している。

強みは以下の2分野。

  • 液晶ディスプレイの材料(配向膜)
    JSRと世界No.1とNo.2を争う。日産化学工業は電卓の時代から半世紀以上も技術・特許の蓄積があり、真似される可能性は極めて薄い。液晶ディスプレイが無くなるまで安泰。
    Solvayから有機ELの特許・技術を買収。これからどう育てていくかに期待したい。
  • 農薬・医薬
    農薬は食料需要の増加に合わせて世界的に需要が伸び続ける。昔の財産だけでも当面は何も問題ないだろう。
    医薬品はよくわからない…ライバルの巨大企業たちと資金力・開発力で戦えるのか?疑問残る。

《2015年採用実績:学卒文系5人、学卒理系1人、院卒理系28人》

2. ナミックス(化学・非上場)

新潟にあるオーナー企業で売上は年間250億円程度の中小企業。電子材料むけがメイン。

「ニッチ分野トップ」という言葉がこれほどふさわしいメーカーはいない。大企業がやらないニッチ分野での高シェアを狙う戦略を徹底している。具体的にはスマホむけの超特殊接着剤や電子部品で使うペースト材料など、ニッチと思われる分野なら何でもやる姿勢がすごい。

大企業のM&A候補リストの上位に必ずいるが、オーナーは売却を頑なに拒否している。

会社を売れば一気に金持ち番付けの上位にランキングされると思われる(笑)。でも現オーナーであるうちは絶対にしないだろう。

製品もすごいし利益率も高い。隠れ優良企業。

3. 日油(化学)

  • 売上: 1704億円
  • 営業利益(率): 193億円(11.4%)
  • 自己資本比率: 65.2%
  • 平均年収: 723万円(平均42.2歳)
    • 出所:2016年3月期の有価証券報告書より

「バイオから宇宙まで」というスローガンにある通り多角化していて、何かがダメでも何かで補う事業形態。いろいろな分野に入りすぎていて何が圧倒的に強いか?と聞かれても答えられない…

でも基本は油脂・化薬(ダイナマイト)・その他の有機合成から派生した商品で成り立つ。

技術力は申し分ないので、安定的に稼げる化薬・機能化学品事業を中心に、ライフサイエンス事業を拡大して今後も成長を続けるだろう。

《2015年採用実績:学卒文系5人、学卒理系1人、院卒理系17人》

4. 日本曹達(化学)

  • 売上: 1427億円
  • 経常利益(率): 189億円(13.2%)
    • 内、持分法投資利益117億円
  • 自己資本比率: 58.5%
  • 平均年収: 719万円(平均44.7歳)
    • 出所:2016年3月期の有価証券報告書より

「曹達(ソーダ)」と名前がついている通り、東ソーや信越化学と同じく電解法で苛性ソーダやその他の派生品を作っていた。その後、技術を応用して農薬関連へ多角化。成功して今の姿に至る。

日本曹達は海外合弁会社からの利益が大きいため、営業利益よりも経常利益を見た方が実態に近い。事業内容は以下の2つ。

  • 化学品事業
    中身はクロルアルカリ系、苛性ソーダなど派生品。これといって強みはない。けど農薬事業の原料にもなるので簡単には止められない。
  • 農薬事業
    早くから海外展開を進めていたことが功を奏している。今後もマーケットは年率5%前後で伸び続けるため、安定成長するだろう。ただ、どんな技術が強くて売れているのか、肝心な所はまったく分からない…

《2015年採用実績:学卒文系5人、院卒理系16人》

5. 日本農薬(化学)

農薬専業メーカーの高収益企業。

農薬メーカーばかり挙げているのですが…中堅以下クラスで優良企業を探すとどうしても「農薬」「電子材料」「自動車」といった分野で存在感のある企業に限定されてしまいますね。

実は農薬のマーケットは米国が世界一の規模で日本が2番目。だから国内でそれなりにやっているだけでも安定して稼げる。ちなみに日本農薬の海外売り上げ比率は約50%。

ただ、農薬マーケットは今までニッチ市場だったのが、海外大企業ふくめ本格的に展開しだして競争激化…日本農薬の利益は減少傾向にあります。でもしばらくは高収益を維持できるものと考えます。

《2015年採用実績:学卒文系6人、学卒理系5人、院卒理系14人》

6. 東京応化工業(化学)

半導体業界では有名な高収益企業。無借金経営。

フォトレジスト関連ではJSRと世界No.1, No.2の争奪戦を繰り広げている。

不安材料は半導体市場の先行き。末端製品がパソコンやデジカメ、スマホのメモリであるために需要動向に大きく業績が左右される。

ただし競合と言えるプレイヤーは世界を見ても日系メーカー5社しかいない寡占市場で値崩れしない。東芝など末端製品に近いメーカーは激しい価格上下で苦しみますが、材料メーカーには関係なく単に需要動向に左右されやすいビジネスというだけ。

関係者以外は誰も知らないと思われるけど優良な企業。

《2015年採用実績:学卒理系4人、院卒理系6人》

7. 村田製作所(電子部品)

10年前までは隠れ優良企業の代表的な存在だったのですが…

今ではもう隠れられていません(苦笑)。完全に大手企業ですね…

ご存知の通り、スマホむけ電子部品で圧倒的に世界No.1。超小型MLCCと超小型インダクタを作る技術は今の所、日系メーカー含めて誰にも真似できない。アップル社に対して唯一モノを言えるサプライヤーです(村田製作所の超小型MLCCがないとiPhoneが成り立たないため)。

iPhoneに利益を頼りすぎだ!!という株主からの指摘もありますが、実際の所はスマホに利益を頼りすぎている。iPhoneだけでなく中国製の格安スマホ向けでもちゃんと一定のシェアを持っている。

どう考えてもスマホは無くならないでしょうし、今後もIOT、人工知能、自動運転、自動車の家電化などなど…電子部品の需要が爆発的に伸びそうな予感。開発力のない京セラを抜いて電子部品業界No.1になるのは時間の問題です。

《2015年採用実績:学卒文系49人、学卒理系96人、院卒理系N/A》

8. 日本化薬(化学)

化学業界では有名な高収益のニッチ企業。名前の通り、もともとは化薬(ダイナマイト)の専業メーカーでその後、多角化。現在では以下の事業構成となっている。

  • 売上: 1,629億円
    • 機能化学品688億円、医薬502億円、セイフティシステムズ353億円、その他86億円
  • 営業利益(率): 217億円(13.3%)
    • 機能化学品63億円、医薬78億円、セイフティシステムズ68億円、その他12億円
  • 自己資本比率: 69.3%
  • 平均年収: 751万円(平均40.3歳)
    • 出所:2016年3月期の有価証券報告書より

現時点では事業内容のバランスがとてもよい。何かがダメでも他の事業で補える。

安定した収益を生むセイフティシステムズ(エアバッグの起爆材料、ダイセルと同じ)は何も変える必要がなく、同じものを同じように供給するだけでよい。今後30年は計算できる事業。

機能化学品はニッチ分野中心。紙・印刷用の材料、ディスプレイ材料などで大手がやらない中小規模の市場を攻めていて安定。ただし飛びぬけた世界トップシェア素材は無く、競合が少ないことで何とかなっている。まさに「世界的スキマ発想!?」。

医薬事業は今後、苦しくなるかも…抗がん剤のジェネリック医薬品で稼いでいますが、大手製薬メーカーがジェネリックに本格参入してきている中、どう戦うか?全く見えない。医薬品はギャンブル的な要素が大きく先行き不安。ただ、すぐにシェアを失うという性格の商品ではないため10年くらいは大丈夫。

総括すると、その他事業に入っている何か(農薬など)をそれなりに伸ばして医薬品の穴を埋め、10~20年くらいは安泰かと思われます。

その他

思いついたらその都度、追記していきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません

『隠れ優良企業ランキング理系&文系。知らないと損するBtoBの優良企業』へのコメント

  1. 名前:17卒化学企業マニア 投稿日:2016/11/04(金) 23:06:16 ID:c6438436e 返信

    こんばんは。
    いつも化学メーカーに関するマニアックな話題を楽しみに見ております。
    業績・規模を考えると日本化薬は日油、日産化学と同等の隠れ優良企業だと思うのですがいかがでしょうか。

    • 名前:のまどサラリーマン 投稿日:2016/11/07(月) 20:01:10 ID:5d18b6f8f 返信

      返答が遅くなりまして申し訳ありません。
      さて日本化薬について「隠れ優良企業」と認定してもよかったのですが、以下のように考えました。

      1. 医薬品事業(ジェネリック抗がん剤)の先行きが不透明
      →ジェネリックは大手製薬メーカーが本格参入しているため、ジワジワとシェアを失っていくと予測。
      →一方、新薬開発は日本化薬クラスの中堅企業では資金力もないし、リスク高すぎて上手くいく気がしない。
      先行き不透明。
      極めて低い確率で、とんでもなく成功する可能性もあるのですが…

      2. その他の事業は安定
      →エアバッグ用インフレータ、安定。
      →機能化学品もニッチ分野、安定。
      →農薬事業はこれから伸ばせる??

      3. 結論:10年くらいのスパンだと何も問題ない優良企業。
      医薬品はすぐにシェアを失うという性格の商品ではないため10年くらいは大丈夫。
      その先、農薬がそれなりに伸びれば医薬品の穴を埋めて安泰かと思われます。

      今回、有効期限を2017~2027年としたため「隠れ優良企業」と認定しても大丈夫そうですね!
      追記しておきます。

      追加でご質問等がございましたらお申し付けください。

      管理人

  2. 名前:17卒化学企業マニア 投稿日:2016/11/15(火) 21:16:16 ID:ca4b319a0 返信

    医薬事業が不安要素だったんですね!詳しい追記、勉強になりました。
    ご返答ありがとうございます!