シェアしていただけると嬉しいです^ ^

離職率の低い企業ランキングにだまされるな!ホワイト企業じゃない50社

スポンサーリンク

「離職率の低い企業=ホワイト企業」は間違い。就活生・転職者の間では常識かもしれませんが…

3年後離職率の低い企業ランキング2017卒用TOP500社から、私なら就職・転職しない企業をまとめました。

これから挙げる企業は離職率が低いけどホワイト企業じゃない50社です。でもブラック企業かどうかはあなたの考え方次第。

※採用人数が30名未満/年で離職率の低い企業は除外しています。
※出所:東洋経済社2016年CSR企業総覧より。情報を開示している1325社の集計。

スポンサーリンク

金融業界(銀行・保険・その他)

1. 第一生命保険: 3年後の新卒定着率90.3%
2. 朝日生命保険: 90.6%
3. りそなHD: 91.2%
4. みずほFG: 91.6%
5. 三菱UFJ FG: 91.9%
6. 三井住友FG: 92.5%
7. 三菱UFJニコス: 93.8%
8. 住友生命保険: 96.2%
9. T&D HD(旧:大同生命&朝日生命): 97.1%

大手生命保険、メガバンクの3年後離職率が10%未満だというのは…ちょっと疑いたくなるような数字。本当はもっと高くてもおかしくないのですが…

離職率が低い理由は「激務・薄給」を承知の上で就職している学生が多いからと推測。入社時点でそれなりの覚悟を持っているのでしょうね。

メガバンク、保険業界は大量採用・使い捨てが目立つ業界であるため、3年後離職率が低いからといって必ずしもホワイト企業ではありません。むしろ私はブラック企業だと考えています(個人の考え方次第)。

一方、同じく金融業界で離職率の低いランキングTOP500に入る佐賀銀行93.9%、千葉銀行92.9%は問題なし。ワークライフバランス、年収期待値ともにメガバンクよりも良いでしょう。

加えて東京海上日動、損保ジャパンなど損保業界も高給・それなりの仕事量なので何も問題ないです。

【参考】メガバンクの生涯年収は意外と低い!?

【参考】営業職で離職率の高い業界ランキング。5割が3年以内に辞めるってどうよ…

小売業界(アパレル・デパート)

10. 丸井グループ: 3年後の新卒定着率89.4%
11. ダイユーエイト: 90.6%
12. アクシアル リテイリング94.0%
13. エイチ ツーオー リテイリング: 95.8%

小売業界は金融業界よりも薄給・激務。ただし激務度は金融の方が高い。

だから必然的に小売業界の離職率は高くなります。それでも上に記した企業は3年後離職率の低い企業TOP500社にランクイン。

離職率が低くても、年収も低いので私は就職したくない企業です。

医薬業界(MR)

14. 中外製薬: 3年後の新卒定着率93.4%
15. 塩野義製薬: 93.7%
16. サノフィ: 94.4%
17. 沢井製薬: 94.5%
18. 日本新薬: 94.5%
19. 大塚HD: 94.6%
20. 小野薬品工業: 95.0%
21. アステラス製薬: 96.8%
22. 第一三共: 97.1%

もっと離職率が高くてもおかしくないのですが、どの企業も3年後離職率5%前後です。離職率が低い理由は「激務・薄給」を承知の上で就職している学生が多いからと推測。入社時点でそれなりの覚悟を持っているのでしょうね。

また医薬業界はMR(営業)と研究開発職で天と地ほどの差があります。MRは土日に開かれる医者の研究会に出席したりする必要があり激務・薄給、研究開発職は激務・高給。

私は文系出身なので医薬業界はMRのみの選択肢です。だけど絶対に無理。医者というブルーワーカーの下僕になって働くという時点で精神的に磨り減りそうだし、プライドが許さない…

一方、研究開発職は何も問題ありません。

建設・建築業界

23. 大成建設: 3年後の新卒定着率96.0%
24. 鹿島: 96.0%
25. ミライトHD: 96.3%
26. 協和エクシオ: 97.0%
27. 大林組: 97.1%
28. 西松建設: 94.0%
29. 朝日工業社: 93.9%
30. 清水建設: 93.8%

こちらも激務・離職率の高い業界の一つ。でも大手は離職率低くて驚きの結果。

建設・建築業界はオリンピック需要で好景気なのですが…その先どうなるか分かりません。建築需要がなくなることは永久にない。ただし弱小はオリンピック後、苦しくなると推測。

運輸・倉庫業界

31. 近鉄エクスプレス: 96.2%
32. セイノーHD: 92.9%

三井倉庫や三菱倉庫、住友倉庫といった強い基盤を持つ企業は高給・それなりの仕事量(激務ではない)。でも基盤の弱い企業は激務・薄給のためツライ…

電機メーカー・情報・通信(SIer、SE限定)

33. 日本ユニシス: 93.7%
34. 東芝: 94.5%
35. ソニー: 94.5%
36. 三菱電機: 95.7%
37. NEC: 96.2%
38. NTTデータ: 96.4%

SIerを大量採用する電機メーカー、IT関連企業。激務ですが大企業であれば残業代は100%支給されるため、残業代込み年収は高くなります。変に年収が高くなり、同じ条件の転職先が見つからないことが離職率の低い要因。

SIerにワーク・ライフバランスという言葉は存在しない。

《SIer, SE以外の職種は許容範囲です》

その他いろいろ

39. 博報堂: 3年後の新卒定着率95.1% (基本給低く残業多し)
40. 野村総合研究所: 95.5% (基本給低く残業多し)
41. 富士フィルムHD: 97.5% (裁量労働制に移行する年齢が早すぎる。サービス残業横行)
42. 大日本印刷: 91.4% (将来性に疑問+薄給・激務)
43. 京セラ: 88.5% (激務・薄給)
44. 共同印刷: 88.5% (将来性に疑問+薄給・激務)
45. 凸版印刷 (将来性に疑問+薄給・激務)
46. セイコーエプソン: 94.1% (将来性に疑問)
47. リコー: 93.5% (それなりに高給・仕事まったりだけど将来性に疑問)
48. ADEKA: 93.3% (総合職は裁量労働制であり、サービス残業が横行する可能性大)
49. コーセー: 93.9% (激務・薄給)
50. 資生堂: 93.8% (激務・薄給)

労働時間に対して年収が見合っていない企業たち、もしくは将来性に疑問が残る企業です。

まとめ

離職率の低いランキングを業界ごとにまとめると、トップ3はこんな感じ。

  • TOP1. 電機機器メーカー:上位500社に96社ランクイン
  • TOP2. 卸売業(商社):上位500社に91社ランクイン
  • TOP3. 化学素材メーカー:上位500社に85社ランクイン

企業の母数が多い業界から順番に並ぶので、ほとんど参考にならないかと…

ということで、離職率の低い企業ランキングってあまり参考にならないのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません

『離職率の低い企業ランキングにだまされるな!ホワイト企業じゃない50社』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2016/10/26(水) 13:15:58 ID:225e48321 返信

    あなたのように、お金の事だけ考えてする仕事って心が虚しくなりませんか?

    やりがいのある仕事が一番だと思います
    例えば医者とか

    • 名前:のまどサラリーマン 投稿日:2016/10/27(木) 00:57:14 ID:29cbbcef0 返信

      貴重なご意見ありがとうございます。

      医者の仕事がやりがいあるとは驚きですね…
      具体的にどういったところにやりがいがあるのか、ぜひご教示をお願いしたいです。

      蛇足ですが私の医者に対する仕事の認識は、
      単に医療機器メーカー、医薬品メーカーが持ってきた薬や装置を使いこなすだけの仕事に映りますが。

      それのどこに「やりがい」を感じられるのでしょうか?

      また私が「お金のことだけを考えて仕事をする」とはどの発言からくるのでしょうか?
      お金のことだけを考えて仕事をするのであれば、年収1000万円しか貰えないサラリーマンなど、とっくに辞めています…笑

      ご質問をされるのは自由ですが、程度の低い質問をするのは止めてください。
      時間の無駄です。

      管理人