シェアしていただけると嬉しいです^ ^

化学メーカーで将来性と安定性のあるトップ3社【就活・転職の企業研究】

スポンサーリンク

三菱化学?

三井化学?

住友化学?

富士フィルム?

残念ながらどこも違います。

ファンダメンタルズの分析は投資家に任せるとして、一般人や投資家にはあまり知られていない情報から判断します。

就活や転職の企業・業界研究の際にご参考になりましたら幸いです。

*2016年7月追記;宇部興産、東洋紡
*2016年7月末追記;個別企業研究データへのリンク
*2016年9月追記・修正;信越化学の部分、日産化学工業、日油、トクヤマの追記

スポンサーリンク

信越化学工業

将来性★★★★★
安定性★★★★★

塩ビとシリコーン・半導体用シリコンウェハーだけの会社だが、どちらも圧倒的に世界No.1。

塩ビ事業

塩ビ樹脂は、コスト面と性能面の両方から他の素材に変えのきかない優秀な材料。今後も建築やインフラに必要な樹脂。

ただし塩ビ樹脂を作るだけなら、設備と技術を買えば誰でもできる。実際、中国には塩ビメーカーが大量に存在し全世界の需要量を中国のキャパシティーだけで補える

ということは余剰設備が大量にあり価格破壊が起きているマーケット。それでも莫大な利益を上げられる、というところが凄い。

利益を生み出すカラクリは以下の通り。

  • 米国にメイン生産拠点がある=原料の安い地域で生産
  • プラントの設計&製造技術に優れる=安定した品質
  • 安く作って安く売る=米国の保護経済に守られて内需安定。余ったキャパで世界中に輸出

信越化学が本気になれば中国メーカーでさえ価格で勝てないと言われる。

圧倒的に安く作って安く大量に売るという、パワーゲームの勝者。日系メーカーらしからぬ戦略ですね。

半導体用シリコンウェハー事業

集積回路やメモリの基盤に使われる材料で、市場は永遠になくならない。

塩ビと違うのは誰でも作れるものではないところ。純度を高めるための精製技術と薄く作るための加工技術が必要。くわえて新たな製品の開発力も必要で、市場では常に薄い製品が求めらている。

この分野でなぜ信越化学が稼いでいるか、まとめると以下の通り。

  • オーストラリア保有の山から良質な原料が安価で無限に採れる
  • 原料〜加工〜レジスト。上流〜下流まで手がける
  • 信越化学とSUMCOで世界市場60%以上。値崩れしにくい
  • 技術面ではSUMCOと変わらないが「やり方」で勝っている

詳しくは添付記事をご参照ください。

ダイセル

将来性★★★★★
安定性★★★★★

私が就職活動をしていたころ、全くチェックをしていなかったのを今でも後悔するほどの、隠れた超優良企業。

売上4200億円、営業利益も売上の10%前後と規模は中堅化学メーカーですが、安定感が抜群です。

セルロース事業

ダイセルが手がけるセルロース事業の用途はメインでは2つ。

たばこのフィルター原料:

ダイセルが最もエンジョイしている事業。日本や先進国ではたばこの需要は減っていく一方ですが、後進国での需要がどんどん伸びている。日本では1社しか製造していない上、世界的にみてもSolvayぐらいしかまともな競合がいない。

中国メーカーに真似されないの?

という質問が当然出ますが、たばこフィルターは口に直接接触する材料であるうえ、たばこの味に直接影響する重要な材料。したがって、顧客は一旦サプライヤーが決まると例え品質の良い安い材料があっても変えられない。消費者の立場から考えてみると分かるのですが、マルボロの味が突然変わったら、ものすごく怒りますよね!?

ということで今後、最低でも30年間は安定して利益を生み続ける事業

保護フィルムの原料(酢酸セルロース):

偏光板=液晶用光学フィルムの一層に使われる保護フィルム(TACフィルム)の原料。保護フィルムの最大手である富士フィルムがメインの顧客。偏光板の技術が変わらない限りは安泰

まともな競合がほとんどいないので値崩れしない安定的なビジネス

有機合成事業、火工品事業、合成樹脂事業、新規事業

ダイセルではセルロース以外の事業はあまり注目されないが、実はどの事業もかなりマニアックに攻めていて、安定した利益をあげているのです。

このどれかの事業が飛躍する可能性を秘めている、ポテンシャルの高い化学メーカー。

日東電工

日本の化学メーカーで生き残っていけるのって、こういう会社なんだろうなぁ…といつも感じる会社。30年後には信越化学工業を抜いて日本を代表するトップ化学メーカーになって当たり前だと思う。

将来性★★★★★
安定性★★★★★

日東電工は原料を自社で持っていないため、いろいろな原料フィルムを買い、切ったり貼ったりするだけの会社。化学メーカーというよりは、加工メーカーといったほうが良いかもしれない。

シンプルに説明するとこんな会社になりますが、この切ったり貼ったりの技術がずば抜けて高いのです。加えて経営判断や現場判断のスピード感がとてつもなく早く、しかも的確。ゆっくりな化学業界においてこんな異質(良い意味で)なメーカーは日東電工を除いて存在しません

世界の巨大企業を寄せ付けない強さがここにありますね。

偏光板=液晶用光学パネル事業

テレビやスマホ、パソコンがある限りは必ず必要な材料。業界自体は浮き沈みが激しいが、世界的に見ると、必ず伸び続ける産業。

これも他の素材と同じで、韓国や中国には同じようなメーカーがたくさんあり、競合の激しい分野。また国内では住友化学や富士フィルムの子会社が競合になっている。

それでも他社を圧倒しているのは、コストだけでなく技術力。

日東電工の技術、研究者は本当に優秀な人が多くこれまで不可能と思われる技術を必ず完成させてきました。残念ながら、青色発光ダイオード発明のように、世間の脚光をあびることはほとんどありません。ですが業界の人々は間違いなく知っています。

韓国メーカーや中国メーカーに技術者をヘッドハントされ、すでに何人もの技術者が流出していますが、トップメーカーの地位は変わらないことでしょう。…

水処理事業

流行りの事業ですし、今後間違いなく需要が伸びる分野なので、どの化学メーカーも手を出しています。しかし、ちゃんとビジネスにできているメーカーは日東電工と東レだけでしょうね。切ったり貼ったりの技術から、他にない海水淡水化用逆浸透膜を生み出したのです。

しかし、水処理事業は材料売りだけでは全く旨みのないビジネス。

そこで日東電工は、化学メーカーでありながら浄水設備のプラント設計まで全て自社で手掛けることにしたのです。

普通、化学メーカーはプラント設計まで徹底的にできないです。なぜなら、それは機械メーカーの仕事であって化学メーカーにはノウハウがほとんどないからです。

そういうことも簡単そうに高いレベルでやってのけてしまう、本当に凄い会社です。

材料からダウンストリームまで全て抑えたら、もはや最強のビジネスモデルが出来上がりますよね?

なんで他の化学メーカーは選ばれないの?

他の化学メーカーはどれも利益を一つの事業に大きく頼り過ぎていたり、ビジネスが汎用的なので競合に勝てるかどうか、疑問に残る部分があるからです。

一応、世間的には有望と思われている会社をざっくりと企業研究しているので、以下をご参考にしてみてください。かなり辛口のコメントになっていますが、実際には30年後にもこれらの企業は生き残っているでしょう。

今後の期待を込めてそれぞれの化学メーカーの課題を中心に抽出しました。

三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングスは何がやりたいのかよく分からないし、医薬・ヘルスケア分野に注力するといっても既に遅すぎて、ダウxデュポンに勝てる気がしない。田辺三菱製薬がグループ傘下にいるので何とかなっている感を受けます。

このままだと国内・海外ともにジリ貧の予感。

ジリ貧になることが分かっているので医療だヘルスケアだと言っていますが、果たして現社長の体制でどこまで出来るでしょうねぇ。

*追記;現社長に交代してからM&A加速。加えて、三菱レーヨンのコアビジネス深化などを進めており、これまでの弱みを解決しつつある。

ただし相変わらず稼げもしない汎用ビジネスを多く抱えすぎている。分社化してごまかすばかりじゃ成長しない。もっと事業をリストラする必要がある。

住友化学

住友化学は信越化学が米国に賭けたのとは逆に、中東(サウジアラビア)に巨額投資したのが今のところ裏目にでていて苦しい状況。今後も上手くいくのか疑問に残る部分があるので、イマイチ。

旧3大財閥の中では最も将来性に期待している会社だが、中東プロジェクトの賭けに勝つかどうかが分かれ目。個人的には応援したい会社のひとつ。

三井化学

三井化学はエチレンなどのコモディティー商品から機能樹脂製品にシフトする戦略。アドマーとタフマー、眼鏡レンズ原料という新たな高機能商品を生み出したが…

リストラを嫌う会社のため、儲からない事業も整理せずダラダラ続けて現在に至る。すばらしい機能樹脂と眼鏡レンズ原料があっても、他の不採算事業でチャラという構図。

収益を確保するためには思い切った構造転換と事業縮小が必要。←すでに国内は動いているが、サラリーマン社長にどこまで徹底的にできるだろうか??

旭硝子

旭硝子は「米国をむく信越」「中東をむく住友化学」と違って東南アジア途上国を中心に投資を拡大している。

まだ投資段階で成果が出てくるのは2020年以降と思われるが、東南アジアは様々な政治的課題と向き合わなければならず、また海外競合たちの投資も活発で信越化学の米国ように上手くいくとは思えない。

富士フィルム

富士フィルムは「アスタリフト」を始めた時からおかしくなってきた。カメラ・写真に続く事業を化粧品・ヘルスケアで目指しているのでしょうが、打って出るのが遅すぎる。BtoBの医療機器と医薬の原料だけやってればいいのにねぇ。

世間では「カメラ写真からの事業転換」といって、あたかもサクセスストーリーかのようにもてはやされたが、実態はぜんぜん違う。単に買収によってヘルスケア事業を後付けし、そこに無理やり「アスタリフト」という自社商品を持ってきて、消費者・投資家が分かりやすいように売上と利益を水増ししただけ。

事業転換を図った時、大リストラの煽りを受けて優秀な技術者がSamsungを始めとする海外メーカーへ数多く流出したため、いつかしっぺ返しを受けて然るべきの会社。

化粧品を売ることに賭けただけあってか、そのやり方も汚れた本来の顔に化粧をしたかのような取り繕い方。見た目だけは良いが、そのうち化粧が剥がれて報いを受けるでしょう。

昭和電工

昭和電工は総合化学メーカーなので売上規模が大きいだけで、光る事業がない。潰れはしないが、大ブレークする可能性も薄く現状維持が精一杯の会社。

東ソー

東ソーはコモディティーと機能商品のバランス良い会社。経営も堅実でトップ3に入れても良いかなぁと思ったのですが…普通すぎて入れませんでした。←個人的な好みです。

国内VCMプラントの大事故にもめげず、よく頑張っていると思う。メインのクロルアルカリ事業も機能商品も上手くいっている。汎用ビジネスではどこまで収益を維持し続けられるかは疑問だが、待遇も含めて超優良企業。

積水化学工業

積水化学は住宅と化学品の両方の事業があって、分析が難しいが住宅は国内の住宅市場の状況次第。

化学品は高機能プラスチックカンパニーの取り扱いで、ポリビニルブチラール樹脂およびフィルムと高耐熱塩ビ(塩ビの中でも特殊品)がメインの商品。どちらも将来性と安定性は抜群。

特にブチラールフィルムの自動車分野については文句なく世界一で今後も手堅く収益を上げられるが、住宅やその他の事業がイマイチなためにトップ3には入れていない。

東レ

東レはユニクロとタッグを組む戦略で繊維分野が大ブレークしたが、どこまでユニクロで引っ張れるか微妙。炭素繊維は現時点では大した利益を計上していないが将来性はある、また水処理関連も将来有望。

もともと東レはトヨタ自動車やユニクロのような消費者に近い巨大会社にべったりくっついて、粘りつよく開発した商品で大ブレークするという開発・営業戦略。他の化学メーカーとは一線を画している。

炭素繊維分野で韓国や中国メーカーの追随をどこまで跳ね返せるのか?が課題のためトップ3には入れていない。

帝人

帝人は堅実で優良企業だが、今まで稼いできたポリカがコスト競争力で勝てなくなってきて、しんどい状況。昨今は赤字決算が目立つ。

課題は明白、将来有望な事業が育っていないことが問題。これまでと何か違う戦略が必要なのは経営陣も分かっていて、頑張ってはいますが…

  • 子会社の炭素繊維事業(世界No.2)がうまくいく?
  • 新規事業のガラス代替プラスチック(ポリカ・アクリルのアロイ)がうまくいく?

残念ながら、どちらもすぐには想像ができません…

旭化成

旭化成はサランラップみたいな商品を作り続ける限り将来性はほとんどない。潰れることはまず無いが、現状維持が精一杯。30年後に今の実力を維持できているか微妙。

*2016年7月追記;旭化成は過小評価していました…すみません。ここ数年、M&Aや設備投資を積極的に実施。ヘルスケア事業を本気でなんとかしようとする姿勢が見られるため、以下の記事にて修正。

クラレ

クラレはポバールフィル(液晶ディスプレー向けと洗剤向け材料)に収益のほとんどを頼り過ぎていて、潰れはしないが10年後には鳴かず飛ばずの会社になっている。つまり将来性なし。

テレビ、スマホ、タブレット、パソコンはなくならないが技術が変わった時に対応できない。

有機ELへのシフトはあり得ないので問題ではなく、もっと違う根本的な問題を抱える会社。

《最近の決算では毎年のように過去最高利益を更新していますが…10年後には間違いなく落ちる》

日本ゼオン、JSR

クラレと同じく収益を液晶ディスプレーに頼りすぎていることが問題。

カネカ

カネカは堅実で優良。ダイセルと同じようにどの事業でも安定的な利益を上げているが、どれもちょこちょこ稼ぐ感じでダイナミックさに欠ける。

「ちょこちょこ化学メーカー」の領域を脱出するには、豊富にあるキャッシュを使って大規模なM&Aを実施する必要がある。また新規事業へのモチベーションが化学メーカーの中では最も高く、何かがブレークして脱出できる可能性もある。

現時点ではトップ3に入れていないが勢いはあり、今後に期待したい企業のひとつ。

日本ペイント、関西ペイント

日ペはアジア地域に早くから進出していたのが功を奏し業績好調。国内は微妙だがまぁ問題ないだろう。

関ペは特に自動車塗料に強く安定感抜群。

どちらもおすすめでトップ3に入れても良いと思ったのですが、普通すぎてつまらないのでトップ3には入れていません。←こちらも東ソーと同じく個人的な好みです。

東洋紡

クラレのように繊維からの業態転換を目指しているが技術がしょぼく、他社の後追いをしているだけで大したことはない。このような方法で上手くいくのは、技術と体力のあるトップメーカー、もしくは中国メーカーだけ。

中堅クラスの化学メーカーは、他社が驚くような技術で巻き返すしか方法はないが、それをまるで分かっていない。

潰れそうなユニチカよりは全然よいが、クラレよりは全然ダメ。

宇部興産

化学メーカーというよりセメントメーカーという認識の会社ですが、商売自体は国内メインで手堅い。ただし付加価値商品が少ないため化ける可能性は少ない。潰れる心配は無いが、現状維持できれば十分でしょう。

日産化学工業

マニアックな化学メーカーだがここ10数年、営業利益率10%前後を継続している高収益企業の代表各。

農薬・医薬品原料・液晶&有機ELディスプレー材料がメインでどの商売も手堅いの一言。仮に稼ぎ頭の液晶ディスプレー(配向膜メイン)がなくなったとしても他分野でカバーできる。

売上と規模だけで就職・転職先をえらぶ人には見つけようのない、隠れ優良企業のひとつ。

日油

売上・利益ともに小規模。これは添加剤ビジネス主体のためであり、やむを得ない。

キャッシュが豊富にありすぎて遊びのような研究開発ばかりやっているが、技術力自体はすばらしい。大きく伸びることはないが、大きく凹むこともない。

今後30年は安定的に経営できるだろう。

売上と規模だけで就職・転職先をえらぶ人には見つけようのない、隠れ優良企業のひとつ。

《添加剤=色々な材料にほんの少しだけ混ぜる、たとえるなら「味の素」的な化学品》

トクヤマ

10年前まで隠れ優良企業の代表的な存在だったが…

今の経営状況は非常に苦しい、有利子負債が多すぎる。

その理由は太陽光発電バブルのとき多結晶シリコンの工場をマレーシアに建設したから。借金して投資を拡大したのだが、よくある中国勢の投げ売りが始まり価格崩壊して終了。その後は毎期のように減損損失を計上。

そのうち融資元の銀行に見切りをつけられるかもしれない…

そんなことがあっても従業員は「のほほん」としてるから凄いと思う。

偉そうに企業分析してみましたが…

偉そうに語っちゃいましたが本当は、根拠となる数字を示したほうがよいのでしょうね。

というわけで客観的な数字は記事を別で作成しました。ご参考にしてください。

まとめ

この3社が将来潰れるようなことがあれば、日本のものづくりの終わりを意味すると思います。それくらい安定感抜群で、将来性もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません

『化学メーカーで将来性と安定性のあるトップ3社【就活・転職の企業研究】』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2016/04/29(金) 09:03:56 ID:482689e5f 返信

    ダイセルの営業利益率は10%を超えていますよ

    • 名前:のまどサラリーマン 投稿日:2016/05/03(火) 15:24:09 ID:d6d8c3417 返信

      ご指摘を頂き誠にありがとうございます。先ほどダイセルの2015年3月期決算数字を確認しましたところ営業利益率10%を超えていました。
      情報を修正しておりますので、ご確認ください。