シェアしていただけると嬉しいです^ ^

化学メーカー上位ランキング企業に就職できる大学

スポンサーリンク

日本は学歴社会。これは代えがたい事実で就職活動を進めると出身大学で足切りをされてしまうケースが必ずあります。

大学など関係ないという人事担当者は、世間体を気にして社交辞令で言っているだけであって鵜呑みにするのは間違いです。

そこで今回は化学業界における出身大学でのふるい分けを解説していきます。

スポンサーリンク

学歴フィルターが存在する化学業界

何度も言いますが、出身大学による学歴差別は必ず存在します。

どの企業も採用前にどの大学から何人採用するかを大まかに決定

本当に優秀な人だけを集めたいのであれば、東大から全員採用すればいいのですが実際はそうではありませんのでご安心を。大学のバランスを重視する理由は社内に学閥ができにくいようにするため。

あなたの大学が狙っている化学メーカーに就職採用枠を持っていればチャンスはあります。

逆に枠がない場合にはノーチャンス。受けるだけ時間の無駄です。さっさと違う業界や会社を攻めましょう。

就職偏差値60〜の化学メーカーに内定する大学

私が独断と偏見でまとめた就職偏差値60〜の化学素材メーカー。

ここに就職できる大学の大まかな傾向を紹介。文系と理系で採用枠が異なっているので別々に見ていきます。

文系総合職の大学別採用枠:

下の表を見てわかるように各有名大学から多くて3名の採用になります。応募人数を考えたら競争倍率は1000倍を軽く超えるという…

化学メーカーへの内定は不可能と思われる業界ですね。

スキルや志望動機のできばえなど関係なく内定をもらえるかどうかは単なる運。落ちても凹まないこと!

大学 採用枠
東大 1〜2
京大 1〜2
阪大 1〜2
一橋 1〜2
早稲田 1〜3
慶応 1〜3
旧帝大(北海道、東北、名古屋、九州) 1〜3
地方上位国公立・上智・関関同立・マーチ・他同じクラス 0〜3
合計 7〜20

理系総合職の大学別採用枠:

総合職理系は会社によって採用する大学の顔ぶれがガラッとかわります。

ですが基本はすでに採用実績のある高学歴の大学。もしくは低学歴でも上位研究室の成績優秀者、共同研究している研究室からしか採用しません。

まとめるとこんな感じ。

  • 理系は旧帝大以上の大学=とりあえず学歴フィルターはクリア
  • ボーダーは地方国公立と中堅私大の上位研究室&成績優秀者

ボーダー付近と思われる地方国公立大学や中堅私大のあなたはこちらをご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません