シェアしていただけると嬉しいです^ ^

就職活動で失敗する学生の特徴『大手病・自信過剰』を今すぐやめろ!

スポンサーリンク

就職活動に失敗してしまう前に!失敗する就活生の特徴と理由・対策をしっかりと抑えておきましょう。

突然ですがみなさんの考える、就活に失敗する理由は何でしょうか?

私は一般的に言われているような理由とは少し違うなぁ…と思います。

そこで本当の理由と対策に迫るべく解説していきますので、就職活動や転職者のご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

自身のスペック以上の企業ばかり受けている

就職活動で失敗する理由はこれに尽きます。

学力の無い学生が東大・京大を受験しても万に一つも合格しないのと同じように、スペック(学歴・経歴・資格歴)の低い学生が東大・京大クラスの企業を受けても、ほぼ受かりません。就職とは自分のスペックと企業のスペックが合致したときに初めて内定が出ます。

ただし就職活動の悪いところは、万に一つは内定のでる可能性があるということ。大学受験で万に一つは発生しませんが、企業の採用担当者は極めてまれに血迷った採用をすることがあります。

宝くじに当たる確率よりは可能性があるので、学生は自分もいけると勘違いしてしまい、何となく高望みをしてしまうのでしょうね…

高望み(大手病)するな!

あなたが東大生や京大生であればスペック十分ですが、そうでなければ滑り止め的な保険業界・金融業界・業界下位クラスの企業を必ず受けておきましょう。

たとえば、MARCHの大学生が三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・丸紅・住友商事しか受けていなかったら、全落ちするのは当たり前でしょう。

無意味な反省をするな!

就職活動で落ちた理由を反省をしていいのは、自分のスペックと企業のスペックが合致している場合だけです。

MARCHの学生が5大総合商社に落ちてしまう理由など、考えても無意味。たとえば失敗の理由を以下の原因に求めてしまうのは、大きな間違いで時間の無駄です。

  • エントリーシートの内容が悪かった?
  • 自己PRが足りなかった?
  • 志望動機がずれていた?
  • 面接で挨拶するのを忘れた?
  • 企業説明会に行かなかったから?

はっきりと言いますが、落ちる理由は単に自分のスペックが5大総合商社のスペックに合致していないだけ。時間の無駄ですので、さっさと自分に合うスペックの企業を見つけてエントリーしましょう。

自分に合うスペックの企業=自身の大学・学部から採用実績あり

診断の仕方は簡単、OBがその企業にいるかどうかだけです。

下位大学から採用するのは体育会系スポーツ枠の学生だけ、という場合もありますので注意してください。

その理由は間違ってるよ?

一般的に言われていて、根本的な間違いがあると思う「就職活動に失敗する理由」にツッコミを入れていきます。間違った方向性で勉強しても無駄なように、間違った反省は更なる間違いを生みます。注意してくださいね…

①情報収集した気になってる・足りてない

いや、企業分析や業界分析なんてネットと企業パンフレットの情報だけで十分でしょ。それに加えてOB訪問か会社説明会に1回顔を出せば完璧ですね。

私がこう指摘する理由は、人事採用担当のビジネスレベルの低さ。自社のビジネスについて、ネット上の知識ぐらいしかないような人事を相手に就職活動を進めていくのですから、それ以上の知識はまったく必要ありません。

企業説明会は選考に必須(企業によって、その場でESを求められる場合もあり)と書いてある場合を除き、行っても全く無意味だと思います。事実、私は一度も会社説明会に参加しませんでした。

ビジネスの素人である採用担当者が中身のない会社説明をするのですから、ネット上で情報を集めたほうが時間の節約になるでしょう。

②志望動機がイマイチなせい

そんなことないでしょう。事実、3流大学の私でもこんなしょうもない志望動機を並べるだけで、大手化学素材メーカーの総合職に内定しました。

志望動機が悪いというよりは、以下の点を十分に対策しておくことが重要です。

  • 面接での想定質問、想定返答
  • ○○という志望動機を考える理由
  • エピソード、ストーリー

③業界を絞りすぎ

業界を絞りすぎた結果として内定がもらえないなんて、そんなことないでしょう!

ひとつの業界に企業がいくつあると思いますか?

上から下まで含めると何百社とあるのですから「一つの業界だけを徹底的に攻める!」というのも立派な作戦ですよ。自身を持ちましょう。

就職活動に失敗しないために必要な対策3つ

①自身のスペックに合う企業の発掘20社ほど

悪く言えば滑り止め企業…ということになってしまうのでしょうが、滑り止めも立派な作戦の一つです。

②高望みする企業・本当に行きたい企業の発掘10社ほど

無謀な挑戦は止めろとは言いません。なぜなら、万が一内定でる可能性も否定できないから。無情にも書類選考ですら通らない可能性が高いですが、通ったらラッキーと思いましょうね

また、高望み企業はたとえ落ちたとしても一切の反省作業をしません。スペックが足りていなかったという理由だけですからね。

③なぜなぜを繰り返して頑張るだけ

なぜ○○だったのか?どうしたら○○できるのか?

という思考を繰り返すだけで大丈夫です。

まとめ

私のような化学素材メーカー大手の5社しかエントリーしない、というとんでもなくバカな就職活動の失敗をしないようにしてください。

ご検討をお祈りします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません