シェアしていただけると嬉しいです^ ^

年収ランキングは当てにならない!メガバンク生涯賃金vsメーカー比較。真の高年収はどっち?

スポンサーリンク

メガバンク(三菱東京UFJ・三井住友・みずほ銀行)総合職と大手化学メーカー総合職の年収比較。年収ランキングだけでは違いがわからないため生涯賃金を計算。

真の高年収はどちらか?を検証してみました。

就職活動や転職のご参考になりましたら嬉しい限りです。

【注意】新卒・総合職(AP含む)のみの年収データです。

スポンサーリンク

メガバンクの平均年収ランキング

最新2016年3月期の有価証券報告書を参照すると各社の平均年収は以下の通り。

総合職メインで構成されるフィナンシャル・グループ、もしくはホールディングスの数字を使います。

【No.1】三井住友フィナンシャルG:1273万円(39.8歳)
【No.2】三菱UFJフィナンシャルG:1132万円(40.9歳)
【No.3】みずほフィナンシャルG:970万円(40.4歳)
【No.4】りそなHD:922万円(46.6歳)
【参考】三菱ケミカルHD:1100万円(46.6歳)
【参考】富士フィルムHD:1071万円(43.6歳)
【参考】JX日鉱日石HD:1105万円(44.5歳)

銀行業界は出世競争がきびしい割に大手化学素材メーカーとそう変わらない平均年収となっています。またメガバンクは個人の出世速度が違いすぎるため平均年収がとれない業界。

平均年収ではなく、場合わけして生涯年収で比較していきましょう。

  • 生涯賃金比較①メガバンク負け組40% vs. メーカー負け組70%
  • 生涯賃金比較②メガバンク下位30% vs. メーカー負け組70%
  • 生涯賃金比較③メガバンク上位20% vs. メーカー上位20%
  • 生涯賃金比較④メガバンク上位10% vs. メーカー上位10%
  • 生涯賃金比較⑤メガバンク同期トップ vs. メーカー同期トップ

比較①メガバンク負け組40% vs. メーカー負け組70%

くだらないグラフを作ってみました(面積が生涯年収を表します)。

オレンジがメガバンク負け組み、青がメーカー負け組みです。残業代と各種手当ては含みません。メガバンクの前提として50歳で出向・転籍、年収が半額になると過程。

%e4%b8%89%e8%8f%b1%e6%9d%b1%e4%ba%acufj%e9%8a%80%e8%a1%8c%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e9%8a%80%e8%a1%8cvs%e5%a4%a7%e6%89%8b%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e2%80%90

メガバンクの生涯年収2.3億円 vs. メーカー 3.3億円

メガバンクで新卒7年目~の役付きに出世できないと超低年収。一部上場企業の平均年収くらいでしょうか?

実に同期入社の40%が役付きに到達せず銀行マン人生を終えます。こんな年収テーブルを与えられたら会社辞めるのが当たり前。離職率が高いのにも納得ですね。

一方、大手メーカーは70%の負け組みでも遅くて40歳すぎには管理職になり、年収1000万円前後。

《化学メーカー総合職の本当の年収については別記事にしてあります》

《メガバンク総合職の本当の年収体系については別記事にしてあります》

比較②メガバンク下位30% vs. メーカー負け組70%

またまたくだらないグラフを作成、面積が生涯年収を表します。オレンジがメガバンク、青がメーカー。メガバンクの前提として50歳で出向・転籍、年収が半額になると過程。

%e4%b8%89%e8%8f%b1%e6%9d%b1%e4%ba%acufj%e9%8a%80%e8%a1%8c%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e9%8a%80%e8%a1%8cvs%e5%a4%a7%e6%89%8b%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e2%80%90

メガバンクの生涯年収2.8億円 vs. メーカー 3.3億円

メガバンクは新卒7年目で役付きに昇格、そこでストップした30人の生涯年収グラフ。

それでもなおメーカー負け組み70人の生涯年収が高い。

生涯年収で6,000万円くらいの違いがあります。

比較③メガバンク上位20% vs. メーカー上位20%

いよいよ同期でも上位クラスの登場。オレンジがメガバンク、青がメーカー。

%e4%b8%89%e8%8f%b1%e6%9d%b1%e4%ba%acufj%e9%8a%80%e8%a1%8c%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e9%8a%80%e8%a1%8cvs%e5%a4%a7%e6%89%8b%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e2%80%90

メガバンクの生涯年収3.2億円 vs. メーカー 3.4億円

メガバンクは新卒7年目で役付きに昇格、その後さらに管理職となり年収1000万円に昇格。そこでストップした上位20%の生涯年収グラフ。

メーカーは39歳ぺいぺい管理職→42歳で正課長(年収1,100万円前後)に昇進できた上位20%。

メガバンクは50歳からの年収激減が響き、やはりメーカーの生涯年収が2,000万円ほど高いという結果に…

比較④メガバンク上位10% vs. メーカー上位10%

まだまだ続きます。ここで同期トップクラスの登場。オレンジがメガバンク、青がメーカー。

%e4%b8%89%e8%8f%b1%e6%9d%b1%e4%ba%acufj%e9%8a%80%e8%a1%8c%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e9%8a%80%e8%a1%8cvs%e5%a4%a7%e6%89%8b%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e2%80%90

メガバンクの生涯年収3.5億円 vs. メーカー 3.6億円

メガバンクは「役付き→管理職→課長・年収1200万円前後」と順調に昇格。そこでストップした同期トップクラスの生涯年収グラフ。

メーカーは「管理職→正課長→部長・年収1400万円前後」に昇進できた同期トップクラス。

上位層でようやく生涯年収が並びます。

比較⑤メガバンク同期トップ vs. メーカー同期トップ

最後に総合職の同期エース、首席卒業の生涯年収比較です。メガバンクだと1人/数百人、メーカーだと1人/50-100人という倍率イメージ。オレンジがメガバンク、青がメーカー。

%e4%b8%89%e8%8f%b1%e6%9d%b1%e4%ba%acufj%e9%8a%80%e8%a1%8c%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e9%8a%80%e8%a1%8cvs%e5%a4%a7%e6%89%8b%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e2%80%90

メガバンクの生涯年収4.3億円 vs. メーカー 4.4億円

メガバンクは「役付き→管理職→課長→次長→部長クラス年収1800万円以上」と順調に昇格。そこでストップした同期トップの生涯年収グラフ。

メーカーは「管理職→正課長→部長→理事 or ヒラ取締役・年収2000万円以上」に昇進できた同期エース。

やはりメガバンクは転籍のネックがあり、どうしても生涯年収が伸びない。逆にメーカーの場合、理事以上になると役職定年がなくなるので60歳すぎまで高年収のまま。人によっては64歳まで年収が伸び続ける。

メガバンクは部長以上クラスにまで出世できれば、ようやくメーカー同期エースの年収期待値をこえます…でも現実的には同期エースでも部長以上になるのは厳しいと思われます。

結論

  1. メガバンクは上位10%層に入れば、ようやくメーカー負け組みの生涯年収を越える
  2. メガバンクで下位90%の人はメーカー負け組みはおろか、大手企業の中でも下位クラスの生涯年収にしかならない

《残業代・各種手当ては人によって大きく違いがありますのでカウントしていません》

まとめ

「最初低くて中間高く、最後も低い」というのがメガバンクにおける年収の特徴。

メガバンクよりは信金や地銀のほうが就職・転職するには良いかと思われます。お金が最も必要な40代・50代(子供の学費などが重くなる)に、いつ年収が半額になるかにおびえながら働く、というのは考えモノですね。

私は、若いうちはお金よりも時間が大切だと思っています。例え給料が高くても20代の貴重な時間の大半を仕事に費やすというのは本当にもったいない。

恋愛、旅行、趣味、読書とかとか…もっと他にやることがあるでしょう。仕事はおっさんになってからマジメにやればよいのです。

余談ですが私の出身大学(低学歴)ではメガバンクの就職人気は相当低く、

「地銀、信金、大手メーカー落ちてメガバンクしか内定しなかった…はぁ…しょうがないけどメガバンクに行くしかない…」

と悲壮感ただよう同級生が就職する先でした。

おっさん年齢になった今、彼らがどうなっているか怖くて訊けません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません