「お答えいただきたく存じます」意味・敬語・使い方・メール例文

「お答えいただきたく存じます」の意味、敬語の種類、ビジネスシーンにふさわしい使い方(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)、注意点について。

ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

「お答えいただきたく存じます」の意味・敬語

「お答えいただきたく存じます」は「答えてもらいたいと思います」という意味。

なぜこのような意味になるのか?
そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。

~いただきたく存じます の意味は「~してもらいたいと思います」

「〜いただきたく存じます」の意味は「〜してもらいたいと思います」

「〜してもらいたいと思う」というやんわ〜りとしたフレーズにしているため、上司・目上への社内メールはもちろんのこと、社外取引先にも使えるとても丁寧な敬語です。

敬語は以下のとおりに使用しています

  • 「もらう」の謙譲語「いただく(頂く)
  • 願望の「~したい
  • 「思う」の謙譲語+丁寧語「ます」で「存じます

これらをあわせると意味は「~してもらいたいと思う」と解釈できます。

お答えいただきたく存じます の意味は「答えてもらいたいと思います」

これまでの解説から「お答えいただきたく存じます」の意味は…

「答えてもらいたいと思います」

というように解釈できます。

ここで使う謙譲語「お(ご)~いただく」は「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのように、ビジネスシーンでよく使われます。

覚えておくと本当に役立ちます。

余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがちですのでご注意を。

難しく感じるかたは「お(ご)●●いただく」のセットで謙譲語とおぼえておきましょう。

ようは「答えてほしい!」と覚えておけばよい

「お答え」「いただきたく」「存じます」などという堅苦しい敬語をつかっていますが…

ようは「答えてほしい!!」という意味です。

「答えてほしい!」をすご~く丁寧にした敬語が「お答え頂きたく存じます」なのですね。

「お答えいただきたく存じます」敬語の種類

この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。

「お答えいただきたく存じます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。

▼敬語の解釈 ①

  1. もとになる語「答えてもらう」
  2. 「●●してもらう」の謙譲語「お(ご)●●いただく」で「お答えいただく」
  3. さらに願望の「~したい」で「お答えいただきたい」
  4. さらに「思う」の謙譲語「存じる」でお答えいただきたく存じる
  5. +丁寧語「ます」でお答えいただきたく存じます

あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。

▼敬語の解釈 ②

  1. もとになる単語「答え」に謙譲語「お・ご」で「お答え」
  2. さらに「もらう」の謙譲語「いただく」をくっつけて「お答えいただく」
  3. さらに願望の「~したい」で「お答えいただきたい」
  4. さらに「思う」の謙譲語「存じる」で「お答えいただきたく存じる」
  5. +丁寧語「ます」で「お答えいただきたく存じます」

本来あるべきなのは解釈②なのですが…

ややこしくなるため「お(ご)〜いたす」のセットで謙譲語とし解釈①で考えたほうがシンプルでわかりやすくなります。

とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。

補足①敬語の種類(ざっくり復習)

① 尊敬語とは?
相手をうやまって使う敬語の一種。
相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。

敬語の種類はほかに②謙譲語、③丁寧語がある

② 謙譲語とは?
自分をへりくだって下にすることで、相手への敬意をあらわす敬語。
自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。

③ 丁寧語とは?
いわゆる「です・ます」口調のこと。

補足②謙譲語にも「お・ご+名詞」という使い方がある

ややこしいので基本的な敬語の使い方についてくわしく解説を。

じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。

謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、

「会議日程のご連絡
「忘年会開催のお知らせ
「販売状況のご報告
「転勤のご挨拶
「貴社ご訪問のお願い

こんな感じのフレーズがあります。よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。

ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。

これは、

謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。

いっぽうで尊敬語の「お・ご」は、「●●部長がお戻りになりました」などのようにして、相手の行為をうやまって使う敬語です。

ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。文章のバランスを考えて使い分けしましょう。

それでは次項より使い方についても見ておきましょう。

「お答えいただきたく存じます」使い方・ビジネスメール例文

つづいて「お答えいただきたく存じます」の使い方をビジネスメール例文でご紹介します。

文字どおり目上や上司・社外取引先に「答えてほしい」と言いたいときに使えますが、さきに解説したとおり言い換え敬語をつかいましょう。

取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズにしていますのでご参考にどうぞ。

使い方・例文①飲み会出欠確認ビジネスメール

▼「お答えいただきたく存じます」ビジネスメール

具体的にはたとえば、上司などに飲み会の出欠確認をするビジネスメールのとき。

-ビジネスメール例文-

メール件名:10/1 懇親会開催のご案内

営業部 各位

お疲れ様です。

さて首記の件、日ごろの慰労をかねまして下記のとおり販売部内の懇親会を開催いたします。

日時:10月1日18時~
場所:未定

なお会場の手配等がございますので、大まかな人数を把握いたしたく、今週末までに出欠につきお答えいただきたく存じます。

お忙しいところ大変お手数ではございますが、
ご返答のほどお願い申し上げます。

営業部 のまど

こんな感じでビジネスメールに使うと丁寧ですね。

まぁようするに「答えてほしい!」というシーンであればたいていは使えます。

このようなビジネスシーンでは「ご返答」「ご回答」を使うのが一般的です。

使い方・例文②返答の催促ビジネスメール

▼「お答えいただきたく存じます」ビジネスメール

あるいはたとえば、上司や目上・社外取引先に返答を催促するビジネスメールのとき。

-ビジネスメール例文-

メール件名:転送Fw:【再送】懇親会・出欠のご確認

営業部 各位(社内)

お疲れ様です。

さて、先般お願いしておりました3月10日・懇親会の件、皆さまのご都合はいかがでしょうか。

お忙しいところ大変恐れ入りますが、予約等の手配が必要なためあらかじめ人数を把握しておきたく、明日中にお答えいただきたく存じます。

なお、このメールは懇親会へのご出欠連絡がまだの方へ送付しております。行き違いでご連絡いただいておりましたら申し訳ありません。

何卒宜しくお願い致します。

営業部 ノマド

こんな感じで言い換え敬語をつかうと丁寧です。

このようなビジネスシーンでは「ご返答」「ご回答」を使うのが一般的です。

前置きに気づかいのフレーズを!

ビジネスメールの結び締めを丁寧にするためのコツ。

前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。

たとえば以下のようなフレーズがあります。

  • 恐縮=申し訳なく思うこと
    「お忙しいところ恐縮ではございますが、お答え~」
    「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、お答え~」
    「たびたび恐縮ではございますが、お答え〜」
  • 恐れ入る=申し訳なく思う
    「お忙しいところ恐れ入りますが、お答え〜」
    「お忙しいところ大変恐れ入りますが、お答え〜」
    「たびたび恐れ入りますが、お答え〜」
  • お手数=お手間
    「お忙しいところお手数お掛けしますが、お答え〜」
    「お忙しいところ大変お手数ではございますが、お答え〜」
  • 勝手を申し上げる=自分勝手を言う
    「誠に勝手を申し上げますが、お答え〜」

「お答え vs お応え」違い

ここで少し横道にそれます。

お答えいただきたく存じます」と似たような表現には

お応え」があります。

これって何が違うのでしょうか?

意味の違いは「答える=返答」「応える=添う」

もとになる語「答える」vs「応える」の違いをみていけばよく、以下の点が違います。

  • 答える」の意味
    ①返事をする。返答する。回答する
    【例】元気よく「はい」と答える
    ②質問や問題に対して解答を出す
    【例】以下の設問に答えなさい
  • 応える」の意味
    ①働きかけに対して、それに添うような反応を示す。応じる。報いる。
    【例】要望に応える
    【例】要求に応える
    ②(省略)

ということで、

単に返事や返答をするときには「答える」を使い、相手の要望などに添うという意味で使うのが「応える」です。

質問にはお答えいたしかねます・要望にはお応えいたしかねます

長々と解説してもややこしくなるだけなので例文で考えましょう。

たとえば「お答えいたしかねます」vs「お応えいたしかねます」の違いを見てみると…

正しい「お答え」「お応え」の使い方はそれぞれ以下のとおり。

  • ◎【正しい例文】ご質問にはお答えいたしかねます
    →意味は「質問には返答できない」
  • ◎【正しい例文】ご要望にはお応えいたしかねます
    →意味は「要望には添うことができない」

これを逆にすると完全におかしくなりますのでご注意を。

  • ×【NG例文】ご質問にはお応えいたしかねます
    →意味は「質問には添うことができない??」
  • ×【NG例文】ご要望にはお答えいたしかねます
    →意味は「要望には返答することができない??」

「質問にはお応えいたしかねます」だと意味は「質問に添うことができない」となります。完全におかしいですね。ということで返答するの意味である「答える」を使います。

また、

「要望にお答えいたしかねます」だと意味は「要望に返答することができない」となります。これもオカシイですね。ということで添うの意味である「応える」を使います。

「お答え」のいろいろな使い方・例文

あとは「お答えいただきたく存じます」だけでなく、いろいろ使える「お答え」の例文を紹介しておきます。

どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。ご参考にどうぞ。

すでに登場した例文もありますが、いちおう全てをまとめておきます。

依頼・お願いビジネスメール結びに使う「お答え」

ビジネスシーンにふさわしい「お答え」の使い方

何かしら目上や上司・取引先に「答えてほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。

たとえば、

  • 例文「お答えくださいますようお願い申し上げます」
    意味は「答えてくれるようお願いします」
  • 例文「お答えいただきますようお願い申し上げます」
    意味は「答えてもらうようお願いします」
  • 例文「お答え賜りますようお願い申し上げます」
    意味は「答えてもらうようお願いします」
  • 例文「お答えの程お願い申し上げます」
    意味は「答えてくれるよう、お願いします」
  • 例文「お答えいただければ幸いです」
    意味は「答えてもらえたら嬉しいです」
  • 例文「お答えいただきたく存じます。何卒よろしくお願い致します」
    意味は「答えてもらいたいと思います」
  • 例文「お答えいただければと存じます。何卒よろしくお願い致します」
    意味は「答えてもらえたらと思います」

のようにお願いすると丁寧です。

「お答えいただければ幸いです」「お答え賜りますようお願い申し上げます」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。

まぁ、ようするに「答えてね!よろしく」という意味なのです。

お礼メールに使う「お答え」

ビジネスシーンにふさわしい「お答え」の使い方

あとは何かしらに答えてもらったときの、お礼ビジネスメールにも使えます。

たとえば、

  • 例文「お答えありがとうございます」
    例文「お答えいただきましてありがとうございました」
    例文「お答え賜りましてありがとうございました」
    例文「お答えくださいましてありがとうございました」

のようにビジネスメール書き出しの挨拶にお礼として使うと丁寧です。

まぁ、ようするに「答えてくれてありがとう!」という意味なのです。

「お願い申し上げます=お願い致します」

ところでビジネスシーンでは、

「お答えくださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが…

「お答えくださいますようお願いいたします」「お答えくださいますようお願い致します」と言い換えすることもできます。

また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、

「お答えくださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます」

頭の片隅にいれておきましょう。

ほかにも色々ある「お答え」の例文

敬語の種類というのは本当にいろいろあります。

ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

  • 例文「お答えいただけましたら幸いです」
    ※意味は「答えてもらえたら嬉しいです」
  • 例文「お答えいただけましたら幸甚に存じます」
    ※意味は「答えてもらえれば嬉しく思います」
  • 例文「お答えいただければ幸甚に存じます」
    ※意味は「答えてもらえれば嬉しく思います」
・「存じる」は「思う」の謙譲語
・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+願望「~たい」
・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」