「ご教示」「ご教授」の意味と違い・使い方【メール例文あり】

「ご教示」「ご教授」の意味と違い、正しい使い方について、ビジネスメールの例文つきで誰よりも詳しく解説していく記事。

まずは「ご教示」「ご教授」の基本となる意味をまとめると、

  • 「ご教示」の意味:(何かを)教え、示すこと
  • 「ご教授」の意味:(学問など専門的なことを)伝え、教えること

となりますので、教えることの内容によって「ご教示」と「ご教授」とを使い分けます。

たとえば、

  • 敬語の使い方を専門的に教えてほしい時には「ご教授ください」
  • 東京駅までの行き方を尋ねたければ「ご教示ください」

を使えばいい、ということになります。

ビジネスメールでよく使われるのは「ご教示」の方ですね。これは、ビジネスシーンで知りたい内容が、芸術や学問ではないためです。

ちなみに「ご教示」はメールで使われることがほとんどで、ビジネス会話ではもっとシンプルな表現を使います。

いっぽうで学生が先生に質問するのであれば「ご教授」を使うのが正しい、ということになります。

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、

もっと詳しく例文つきで、意味、違い、使い分け、敬語の正しい使い方について解説していきます。

※長文になりますので、時間の無い方は「パッと読むための見出し」より目的部分へどうぞ。

「ご教示」の意味と使い方

「ご教示」の読みは「ごきょうじ」。

「ご教示」の意味は「(何かを)教え、示すこと」 。

ここで「ご」は尊敬語。「教える」と「示す」という言葉が合わさって、このような意味になっています。

ということは教えるだけでは不十分で、さらに示すことまで必要ってことなのでしょうかね…。実際には「ご教示ください」は「教えてください」と同じ意味として使われています。

「ご教示」の使い方・例文

主にビジネスメールや手紙の文末で締めくくりとして使われます。尊敬語「ご」を使っていますので「目上の方 ⇄ 目下の人」どちらにも使えます。

使えるビジネスシーンとしては、何かを教えてほしいときに使います。

  • ご教示のほど、何卒よろしくお願い致します(メール文末・締め)
  • ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願い致します(〃同上)
  • ご教示いただき、誠にありがとうございます(メール冒頭)
  • ご教示頂けますでしょうか?(ビジネス会話)
  • ご教示願います(目上の人へは使わない方が無難。社内やり取りであればOK)
  • ご教示ください(〃同上)

※注意「〜願います」「〜ください」という表現は社内で上司に使うくらいの丁寧レベルであり、取引先など社外の人に使うには「?」が残る表現です。この点については、別の記事にて検証しておりますので、ご参考にどうぞ。

参考となる記事:

「ご教授」の意味と使い方

「ご教授」の読みは「ごきょうじゅ」。

「ご教授」の意味は「(学問などの専門的なことを)伝え、教えること」 。

ここで「ご」は尊敬語。「教える」と「授ける(さずける)=与える」という言葉が合わさって、このような意味になっています。

「ご教授」の使い方・例文

ビジネスメールでは(少なくとも私は)目にしたことのない表現です。もし使うとしたら、ビジネスメールや手紙の文末で締めくくりとして使われます。

尊敬語「ご」を使っていますので「目上の方 ⇄ 目下の人」どちらにも使えます。

使えるビジネスシーンとしては、学問や専門的なことを教えてほしいときに使います。

◎例文:

  • ご教授のほど、何卒よろしくお願い致します(メール文末・締め)
  • ご教授くださいますよう、何卒よろしくお願い致します(〃同上)
  • ご教授いただければ幸いです。何卒よろしくお願い致します(〃同上)
  • ご教授いただき、誠にありがとうございます(メール冒頭)
  • ご教授頂けますでしょうか?(ビジネス会話)
  • ご教授願います(目上の人へは使わない方が無難。社内やり取りであればOK)
  • ご教授ください(〃同上)

※注意「〜願います」「〜ください」という表現は社内で上司に使うくらいの丁寧レベルであり、取引先など社外の人に使うには「?」が残る表現です。この点については、別の記事にて検証しておりますので、ご参考にどうぞ。

参考となる記事:

 「ご教示」「ご教授」の違いと使い分け

冒頭でも述べたとおり、教えることの内容が「広い=ご教示」か、「狭い=ご教授」の違いと言えます。

  • 「ご教示」の意味:(何かを)教え、示すこと
  • 「ご教授」の意味:(学問など専門的なことを)伝え、教えること

したがって、教えることの内容によって「ご教示」と「ご教授」とを使い分けます。

「ご教授」は学問などを教える

教える内容が、学問、芸術、何かの特別な技能、スポーツなどであれば「ご教授」を使います。まさに大学の「教授」なんかは、学生に「(学問を)教授する」のです。

「ご教示」は何でもあり

いっぽうで、「ご教示」は教える内容を問いません。

トイレの場所を教えてほしいときに使ってもよいですし、

敬語の使い方を教えてほしいときにも使えますし、

値上げの理由を教えてほしいときにも使えます。シーンと内容を問わずに使える、便利な表現ですね。

目上の人に使うときの丁寧な敬語

「ご教示」「ご教授」を目上の人(上司・先輩)や取引先に使うときの、ふさわしい敬語をまとめます。

ただし敬語が難しいのは、上司にはこれを使え!取引先にはこれを使え!という決まりごとがない点。使う相手が「失礼だ」と感じたらダメだし、そうでなければOKという、わけのわからない世界なのです…。

結局はあなた自身で上司の性格を考え、丁寧レベルを使い分けるしか方法はありません。

それでも丁寧レベルごとに、なんとな〜くですが基準を設けました。ご参考にどうぞ。

丁寧レベルMax|ご教示(教授)いただければ幸いです

丁寧すぎて逆にNGだという人もいるくらいの表現です。

意味は「教えてもらえたら嬉しいなぁ、幸せだなぁ」。

「~をもらえたら嬉しいなぁ」というとても回りくどい表現なので、社内の目上(上司・先輩)に使うには丁寧すぎます。重要な取引先に対する重要なメールや、本当に本当に丁寧にメールをしたいときに使いましょう。

◎例文:

  • ご教示(教授)いただければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます(メール文末・締め)

◎「〜いただければ幸いです」の解説:

命令形の丁寧語「ください」を「いただければ幸いです」に言い換え、「お願い」にすりかえています。ビジネスメールでは命令形の使用を極力さけることから、目上の人にも使える素晴らしい敬語表現と言えます。

丁寧レベル高|ご教示(教授)のほど・くださいますよう・頂きますよう

つづいてこれらの表現は、社外の取引先に使える丁寧レベル。もちろん、上司に使っても構いません。

目上の人へのメールはもちろん、目下の人へのメールでも、取引先に対しては、これらの表現を使うのが無難です。

◎例文:

  • ご教示(教授)のほど、何卒よろしくお願い致します(メール文末・締め)
  • ご教示(教授)くださいますよう、何卒よろしくお願い致します(〃同上)
  • ご教示(教授)いただき、誠にありがとうございます(メール冒頭)
  • ご教示(教授)頂けますでしょうか?(ビジネス会話)

◎「〜のほど」の解説:

命令形の丁寧語「ください」の代わりに「~のほど」を使い、さらに「お願い」として使っています。ビジネスメールでは命令形の使用を極力さけることから、目上の人にも使える素晴らしい敬語表現と言えます。

◎「〜くださいますよう」の解説:

命令形の丁寧語「ください」を「~ますように」でつなげ、「お願い」で結んでいます。命令形ではあるものの「お願い」とすることで、丁寧な表現にしています。こちらも、目上の人にも使える素晴らしい敬語表現と言えます。

◎「〜いただきますよう」の解説:

命令形の丁寧語「ください」を自分が「~してもらう」の意味である謙譲語「いただきますよう」に言い換え、「お願い」にすりかえています。ビジネスメールでは命令形の使用を極力さけることから、目上の人にも使える素晴らしい敬語表現と言えます。

丁寧レベル中〜低|ご教示(教授)ください・願います

社内メールに使えるくらいの丁寧レベル。

社内であれば、目下から目上(先輩・上司)へメールを送るときには、この敬語表現で十分です。ただし役員クラスにメールするときには、もっと丁寧な表現が必要な会社もあります。

これは業界や企業の文化によりますので、何ともいえません。

※必ず、どのくらいの丁寧レベルを使うのか、先輩に確認すること。

◎例文:

  • ご教授願います(メール文末・締め)
  • ご教授ください(メール文末・締め)

△「〜願います」の解説:

「願います」という表現には問題があります。これは「願う」に丁寧語「ます」を使っているのですが、丁寧語は社内で使うくらいの丁寧レベルであって、社外のコミュニケーションでは通常、できるかぎり尊敬語や謙譲語を使います。

△「〜してください」の解説:

命令形「しろ」の丁寧語「してください」を使っています。命令形は丁寧語に直したとしても命令形であって、ビジネスシーンで使うには一般的ではありません(ただし社内メールであればOK)。

「ご教示」「ご教授」のビジネスメール例文【全文】

つづいて「ご教示・ご教授」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。

例文①問い合わせメール(就活メール)

メール件名: 2018年卒・新卒採用予定の有無(就活大学・就活一郎)

転職株式会社
採用担当者 様

突然のメールにて、大変失礼いたします。

私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。

この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。
もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。

お忙しい中、大変恐れ入りますが、
ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。

メール署名

参考となる書き方:

例文②問い合わせメール(ビジネス)

メール件名:貴社製品に関する問い合わせ

株式会社転職
ご担当者 様

お世話になります。

突然のご連絡、大変失礼をいたします。株式会社就活・開発担当の就活と申します。
この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。

さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。

①検討用途:電気自動車のエンジン部材
②求める物性:高耐熱性、高耐久性

貴社ホームページにて製品一覧を確認しましたところ、
商品AとBが目的に合致すると考えておりますが、いかがでしょうか。

お忙しい中恐れ入りますが、
ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願い致します。

メール署名

まとめ

今回はこれでもかというくらい「ご教授・ご教示」について語ってみました。

ビジネスは常に、教えてもらうことばかり。じぶん一人では成り立ちません。誰かのアドバイスを求めるときに使ってみましょう。

ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。ではでは~~。

関連する敬語