日本年金機構『職員・事務職』は年収低い?

日本年金機構『正規職員/事務職』の年収を、みやすいようにテーブルにてまとめておきます。①残業代なし年収、②残業代込み年収、③役員報酬、④福利厚生についてそれぞれ見ていきましょう。

①年齢ごとの年収目安(残業代・各種手当て別)

日本年金機構『正規職員/事務職』における最速出世組の年収をまとめます。地域調整は+10%を想定。

年 齢 役 職 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
初任給
学部卒
地域調整
ゼロ
280万円 17.67 3
初任給
学部卒
都内 307万円 21.2 3
学卒5年目
27歳
なし 432万円 22.5 4
(※2)
学卒8年目
30歳
主任 380万円 25 4
学卒15年目
37歳
調査役
係長クラス
480万円
(※1)
30 4
学卒18年目
40歳
管理職
課長
752万
(※3)
47 4
学卒23年目
45歳
管理職
所長
 880万円 55 4
学卒28年目
50歳
部長級 1024万円 64 4
学卒33年目
55歳
取締役
理事
1200~1300万
理事長 1555万円
55歳 出向
は少ない
年収カット
約2~3割減
人による
60歳 出向
は少ない
300万円 人による

(※1) 管理職から残業代ゼロになる。
(※2) 年収はボーナス額で変動するが、その差は微々たるものであり現実的には年3~5ヶ月分くらい。管理職以降はボーナスの振れ幅が大きくなる。
(※3) 公開資料によると『課長・所長級の年収587万円~1027万円』となっている。年収750万円以下の管理職は55歳以上の年収カット社員と推測。

②役職ごとの目安年収(残業代・各種手当て別)

つづいて日本年金機構『正規職員/事務職』の役職ごとにおける年収目安。ホームページで公開されている2015年度の年収をもとに作成しています。基本給は、昇格後すぐ~Max昇給の幅を持たせています。

年 齢 役 職 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
初任給
学部卒
地域調整
ゼロ
280万円 17.67 3
初任給
学部卒
都内 307万円 21.2 3
学卒5年目
27歳
なし 360万円 22.5 4
(※2)
学卒8年目
最速30歳~
主任 380~480万円 25~30 4
学卒15年目
最速37歳~
調査役
係長クラス
480~640万円
(※1)
30~40 4
学卒18年目
最速40歳~
管理職
課長
752~880万
(※3)
47~55 4
学卒23年目
最速45歳~
管理職
所長
 880~1024万 55~64 4
学卒28年目
最速50歳
部長級 1024~1200万 64~75 4
学卒28年目
50歳
取締役
理事
1200~1300万
理事長 1555万円
55歳 出向
は少ない
年収カット
約2~3割減
人による
60歳 出向
は少ない
300万円 人による

※日本年金機構における「理事」「理事長」の役職は独立行政法人、官僚(厚生労働省)の天下りが多い。理事長は2017年時点でプロパー。

③残業代込みの目安年収(月30h残業と仮定)

大企業の平均的な残業時間30H/月と仮定し、残業代込の年収をまとめます。管理職以上は残業代ゼロになります。基本給は、昇格後すぐ~Max昇給の幅を持たせています。

年 齢 役 職 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
~30歳 なし ~450万円 ~24 4
(※2)
学卒8年目
最速30歳~
主任 460~560万円 25~30 4
学卒15年目
最速37歳~
調査役
係長クラス
560~740万円
(※1)
30~40 4

※管理職以降は残業代ゼロのため省略

④注意点

【注意①】年収はボーナスの額により変わる(ここではボーナス4.0ヶ月/年の想定)。会社の業績と個人の成績にある程度は連動しているが、実際のところは、組合員であれば3.8~4.4ヶ月で安定。管理職以降は個人差が出てくるものの、それでも3.0~5.5くらいの幅でしか動かない。

【注意②】同期入社であれば30歳:主任までは年収に差がつかない。差がつくのはそれ以降。

【注意③】管理職になると残業代はゼロ。

【注意④】ピラミッド型の役職であり、どこかで出世につまづくと年収は伸びない。出世には「学歴」「減点の過多」「上司へのごますり」など全ての要素が必要である。

日本年金機構の福利厚生

日本年金機構『正規職員/事務職』の福利厚生まとめ。

  1. 独身寮|あり、家賃は数千円/月
  2. 社宅|あり、家賃は1万円/月程度
  3. 世帯手当|あり、金額は不明
  4. 住宅補助
    ・社宅のない勤務地では住宅補助がある
  5. 残業代
    ・管理職以降は年棒制であり残業代ゼロ
  6. その他の福利厚生|通勤手当、出張手当、外勤手当など
    ・昼食代が月3000-5000円くらいの負担で済む
  7. その他の注意事項
    ・地域手当あり。東京の都心がMaxで基本給に対して+20%。勤務地が田舎になるにつれて減っていくシステム。

まとめると日本年金機構の福利厚生は普通の大企業よりもよい。

福利厚生込みの年収を知りたい方は残業代込み年収に、福利厚生の金額(おおむね50-100万円/年くらい)を加算しましょう。

元政府系機関の中でどのくらい?

日本年金機構『正規職員/事務職』の年収は政府系機関の中では中の下」です。昇給ペースが遅すぎるしボーナスも少ないため、管理職までは残業代で稼ぐしかない状況。

また元政府系機関でみたときのランキングは「日本銀行 > 国際協力銀行 > 日本政策金融公庫 >>> 日本年金機構」となります。

よく日本年金機構は年収低いと言われますが、確かに年収は低い。地方公務員よりも低い可能性があります。

他業界と比べてみると…

大企業の総合職にはまったく及ばず、大企業の一般職と同じくらいの年収ではないかと想定します(どこまで出世するかによりますが…)。

→ 年収ランキングは当てにならない!メガバンク生涯賃金vsメーカー比較。真の高年収はどっち?

→ 銀行員(メガバンク)の年収ランキング。30歳・40歳・50歳の年収は?

日本年金機構の社員クチコミ・評判

日本年金機構『正規職員/事務職』の「①激務度・ブラック度」「②年収事例」「③キャリアパス(出世の難易度)」「④その他」「⑤福利厚生」に関して情報をお持ちの方へ。「コメント欄」にてご教示いただければ幸いです。

転職者・就活生の役に立つようなコメントでしたら何でも構いません。事実に基づく批判もウェルカムです。またデータには万全を期しておりますが、2017年公開時点での情報ですのでご了承ください。お力添えのほど、宜しくお願いいたしますm(_ _)m

【2016年】独立行政法人の年収ランキング