日本年金機構『職員・事務職』は年収低い?

日本年金機構の年収に関する、以下の疑問を解消するための記事。

  1. 日本年金機構の正規職員・事務職が年収低いって本当?
  2. 日本年金機構の平均年収は?
  3. 日本年金機構の理事長/理事/監事/所長/課長の年収は?
  4. 日本年金機構の福利厚生は?

それでは正規職員/事務職の年収について、

初任給(学部卒/院卒)〜20歳代・30歳・35歳・40歳・50歳での目安年収と、各役職ごとの目安年収、残業代こみ年収、福利厚生をまとめていきます。転職・就活のご参考にどうぞ。

日本年金機構の『平均年収・平均年齢』

日本年金機構の平均年収・平均年齢のデータは以下のとおり(総務省のホームページを参照)。

  • 年次『2015年度』
  • 平均年収『597万円』
  • 平均年齢『43.4歳』
  • 対象従業員『9,799人』
  • 過去の平均年収推移
    2014年度『570万円』
    2013年度『520万円』
    2012年度『515万円』
    2011年度『546万円』
    2010年度『594万円』

2015年度は地方公務員なみの『平均年収597万円』となっていますが、一部上場企業の平均年収と比べてみると明らかに劣っています。

したがって日本年金機構の年収は、低いとも高いとも言えません。何と比べるのか?という話かと思います。次項よりくわしく見ていきましょう。

日本年金機構『正規職員・事務の年収まとめ』

日本年金機構・正規職員/事務職の年収について、まずはシンプルにまとめから。地域手当により『(基本給+扶養手当) x 0%~20%』の加算ありますが、ここでは+10%と想定します。

  • 学卒/院卒の初任給『年収280~300万円』
    ・学部卒の初任給『17.67万円/月(地域手当ゼロ)』
    ・学部卒の初任給『21.2万円/月(地域手当マックス)』
    ・都内勤務であれば基本給が+20%となる
    ・残業代、各種手当は別途だが、いずれにせよゴミのような年収である。
  • 学卒5年目27歳『年収360万円』
    ・『基本給22.5万円/月+ボーナス4ヶ月+残業代』が目安
    ・月30Hの残業代こみ年収420万円になる。
  • 学卒8年目30歳『年収400万円』
    ・最速で主任クラスに昇格したときの年収。数年の遅れはあれど、正規職員のほぼ全員が昇格する。
    ・『基本給25万円/月+ボーナス4ヶ月+残業代』が目安
    ・月30Hの残業代こみ年収460万円になる。
  • 学卒15年目37歳『年収480万円』
    ・係長クラスに昇格した場合の年収。
    ・『基本給30万円/月+ボーナス4ヶ月+残業代』が目安
    ・月30Hの残業代こみ年収560万円になる。
  • 学卒18年目40歳『年収750-800万円』
    ・最速出世で「管理職(課長/次長/所長級)」に昇格した場合の年収。残業代はゼロになる。
    ・正規職員であれば数年~10年の遅れはあれど管理職に昇格する。
    ・責任の大きさ、管理するチームの大きさ、業績によって年収は振れる。
    ・係長クラスから昇格できなければどれだけ歳を重ねても年収700万円がマックスである(勤務地手当・残業が多ければMax年収800万円に到達するが…)。
  • 学卒23年目45歳『年収1000~1200万円』
    ・最速出世で「部長クラス」に昇格した場合の年収。
    ・部長とは思えないほど年収は低い。同期入社~5%程度である。
    ・係長クラスから昇格できなければ…以下同文
  • 学部卒28年目50歳『年収1200~1300万円』
    ・役員である「理事」に昇格したときの年収。同期入社~1人くらいが昇格するものと推測。ほとんど天下りポストで満席となるため、プロパーで出世できれば神。同じく役員の「監事」は厚生労働省の天下りポストになることが多い。念のため役員報酬のまとめも作成しておく(後述)。

日本年金機構ホームページにて開示されている2015年度の給与を元に作成。

▼▼▼

まとめると日本年金機構・正規職員/事務職の年収は、管理職に到達しなければ話になりません。管理職になるまでの年収が低すぎて生活に困るレベル。しかも、この程度の年収で全国転勤ありなので、論外で就職先にはえらばない方がよいでしょう。もっと他によい就職先はあります。

『37-47歳・係長クラス・年収500-600万円+残業代+各種手当』は普通にやっていれば誰もが到達するライン。この時点で残業代も含めると年収650万円くらい。

【2016年】独立行政法人の年収ランキング

日本年金機構『正規職員/事務職の年収』をもっと詳しく