シェアしていただけると嬉しいです^ ^

就職活動で学歴フィルターの大学をすり抜ける2つの戦略

スポンサーリンク

sky-clouds-garden-school-large

学歴フィルターのボーダーラインに位置する大学だった私が、大手化学素材メーカー総合職事務系の内定を得るために構築した2つの戦略を解説していきます。

私と同じように、学歴は低いけど大手化学メーカーを志望したい!!

という就職活動生や転職者のご参考になりましたら、嬉しい限りです。

ちなみに私の基本スペックはこちらの記事に詳しく解説しています。まだの方はどうぞ。

スポンサーリンク

チャレンジ採用枠に入ることを目指す

突然ですが化学メーカーに限らず企業にはチャレンジ採用枠があるって、ご存知でしたか?

聞いた事がないという就職活動生のために解説しておきます。

チャレンジ採用枠とは?

企業が人材の多様性を重視するために取る採用戦略で、下位の大学から採用する枠のこと。ポテンシャル採用枠とも言われています。

高学歴のハイスペック学生だけを採用しても、ビジネスは上手くいきません。企業の採用する人材には多様性が必要。そこで、低学歴だけど少しだけ冒険して採用しちゃいました、という人材をあえて入れることで企業はバランスを取っているのです。

たとえば、私のように学歴フィルターのぎりぎりに位置する学生の採用枠のことを言います。

▼▼▼▼▼▼▼▼

話は戻って、学歴フィルターのぎりぎりに位置する大学の就職活動生は、このチャレンジ採用枠を目指すしか方法がありません。

では、チャレンジ採用枠に入るためにはどのような志望動機を作ればよいかを解説します。

志望動機や自己PRで抑えるポイント

「東大・京大・阪大・一橋・早慶」以外の大学出身者で構成されるチャレンジ採用枠の人はは、いくらエリートぶっても無意味です。その理由は、我々がどんなに華々しい経歴をアピールして背伸びをしても本当のエリートには適わないからです。

加えて、チャレンジ採用枠にはエリートであることが全く求められていません

たとえば、同じ海外留学経験者という肩書きをもっているとしても、「東大+海外留学」と「三流大学+海外留学」では確実に前者が内定し、後者は落ちます。

その辺りのことを十分に理解し、高学歴のエリートが持っていない部分をアピールして勝負します。具体的には、以下の項目をアピールします。(志望動機であれ自己PRであれ面接であれ、自分をアピールできるチャンスは必ずあります。)

  • 体育会系○○部でハードに鍛えられた経歴をアピール
  • 資格など何も無いが、とりあえず気合と根性はある
  • 人と違う考え方をする、とりあえず頭がおかしい
  • 負けず嫌い
  • 勢いだけは人に負けない
  • 積極性やチャレンジ精神だけは人に負けない
  • 根拠のない自信がある
  • 顔がハンサムで笑顔が素敵(自意識過剰ぎみです)
  • アルコールの強さには相当の自信がある
  • どんなハードな環境でも生きていける

実は…上記の項目は実際に私が就職活動をしていたころに、面接官に猛烈にアピールしたことなのです(苦笑)。もちろん、全ての項目に関して語れるエピソードを事前に準備します。

でも、こんなふざけた根性学生でも、私がエントリーした大手化学メーカー5社中2社で最終面接まで進んだので、あながち間違った方向性ではないと思います。

選考書類には突っ込みどころを残し、面接で勝負する

選考書類とは履歴書、エントリーシート(ES)などのことです。ESは通過することが目的なので、余計な情報は一切入れずに自分の言いたいことだけを記述します。

そうすると必ず突っ込みどころが満載のESになります。でも、それでいいのです。完璧なESはエリート枠の学生に任せてチャレンジ採用枠の私たちは、自分の魅力だけをアピールしたいところです。

ポイントは採用担当がパッと履歴書やESを見たときに「こいつには会ってみたいな」と思ってもらえるような内容と構成、すっきりとした見た目が重要。

そして、面接に進んでしまえばもう勝利は目前です。頑張りましょう。

ちなみに、大手化学メーカー総合職のESや志望動機に必須だと思われる項目についてはこちらの記事にまとめています。

まとめ

私は入社後、TOEIC300点を記録したときや、ことあるごとに人事や同僚から「おまえはチャレンジ採用だからなぁ…」と言われていました。

でも内定してしまえばチャレンジ枠であろうがエリート枠であろうが、給料と待遇は同じです。

ぜひトライしてみてくださいね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません