「お忙しいところ恐縮ですが」意味と正しい使い方【例文あり】

「お忙しいところ恐縮ですが」について、意味と目上の人への正しい使い方、注意点をビジネスメールの例文つきで誰よりもくわしく解説していく記事。

まずは結論として、

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味は「忙しいのに申し訳ないけども~」であり、ビジネスメールではシーンを問わず活躍する表現です。相手が忙しいとかそうでないとかを関係なく使えます。

使い方としては例えば、

  • 例文①「お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します」
  • 例文②「お忙しいところ恐縮ですが、ご対応のほどお願い申し上げます」
  • 例文③「お忙しいところ恐縮ですが、お取り計らいのほどお願い申し上げます」

※「お忙しいことろ」の部分は「お忙しい中」「お忙しいとは存じますが」で言い換えできます。

などがあり、どの例文も社内メールで目上の人(上司や先輩)に使っても、社外のビジネスメールに使ってもよい、丁寧な敬語表現です。

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、くわしくは本文中にて意味と使い方、注意点を述べていきます。

※長文になりますので、時間の無い方は「パッと読むための見出し」より目的部分へどうぞ。

【意味】「お忙しいところ恐縮ですが」

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味は「忙しいのに申し訳ないけれども~」となります。たとえば「お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願い致します」とすれば、「忙しいのに申し訳ないけども、よろしく」となります。

「お忙しいところ」はそのままの意味でいいものの、「恐れ入ります」の部分がわかりにくいため、念のために解説しておきます。

「恐縮ですが」の意味は「申し訳ないけれど」

「恐れ入る」の意味は辞書によると「①ありがたいと思う」「②申し訳なく思う」とあります。①感謝と②すみません、の2つのまったく逆の意味をもちます。

たとえば、

  • 例文①お取り計らいをいただき、恐縮です。
  • 例文②ご厚情をたまわり、恐縮です。

このような使い方は、どちらかというと「①ありがたいと思う」という意味で使われます(申し訳なく思う、の意味ともとれますが・・・)。

いっぽうでたとえば、

  • 例文③お忙しいところ、恐縮です。
  • 例文④ご多忙のところ、恐縮です。

としたときには「②申し訳なく思う」の意味で使われます。

ということで、「恐縮です」は感謝の気持ちと、申し訳なく思う気持ちの両方を表すことができるため、ビジネスシーンにおいては使いやすい言葉です。

「ありがとう」なのか「申し訳ない」なのか、どっちつかずの感じがいいですよね。

【シーン別】「お忙しいところ恐縮ですが」の使い方

つづいて「お忙しいところ恐縮ですが」を使える

つづいて「お忙しいところ恐縮ですが」の使い方について。使えるシーンはたくさんありますが、代表的なものを箇条書きにしてまとめます。

とくに「お願いメール」「問い合わせメール」のビジネスメール文末に、締めくくりとして使います。ほんの一例ですが・・・。

【使い方】お願いメール・問い合わせメール

「お願いメール」のなかには、アポイントをお願いする、面接日程調整をお願いする、企業に問い合わせをする・・・などがあります。

このようなビジネスメール(就活・転職メールふくむ)では、文末の締めくくりに「お忙しいところ恐れ入りますが、~」としてお願いをすると、相手への配慮が感じられて好感がもてます。

◎「お忙しいところ恐縮ですが」例文:

  • 例文「お忙しいところ恐縮ですが、ご対応のほど何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 例文「お忙しいところ恐縮ですが、ご調整いただければ幸いです」
  • 例文「お忙しいところ恐縮ですが、ご連絡のほど何卒よろしくお願い致します」

※メール文末の結びに使うことを想定しています。

【使い方】商談・電話(ビジネス会話)

ところで「お忙しいところ恐縮ですが、~」は電話対応や商談にも使えます。ビジネスメールならではの表現、「ご査収ください」といった言葉とは違いますね。

使い方は同じように、申し訳なく思う気持ちをしめしたいシーンで使うと丁寧です。

◎「お忙しいところ恐縮ですが」電話対応例:

~前略(問い合わせ電話)~

取引先:

承知いたしました、それではご依頼のサンプルを手配いたします。
お届けには1週間ほどいただいておりますが、あらかじめご了承ください。

あなた:

お忙しいところ恐縮です。失礼致します。

取引先:

失礼致します。

【注意点】「お忙しいところ恐縮ですが」はこう使う

つづいて「お忙しいところ恐縮ですが、~」を使うときの注意点を解説します。

【注意】「お忙しいところ~」はヒマな相手にも使える

「お忙しいところ恐縮ですが、~」は本来の意味とは違い、相手への配慮をしめす言葉として使われます。

したがって実際にはヒマな相手にメールするときに使ってもOK。

この採用担当者はヒマそうだから「お忙しいところ~」はメールに使えないよなぁ…。この取引先は忙しそうだから「お忙しいところ~」をメールで絶対に使うべきだ!。

とか、そういう使い分けは必要ありません。

ビジネスメールでは、相手が誰であろうと「お忙しいところ恐縮ですが」を等しく使えますのでご安心ください。「お忙しいところ~」は相手を気遣うときに使う表現=社交辞令です。

【注意】ビジネスでは何かと「お願い」ばかり。だから「お忙しいところ~」をよく使う

ビジネスは一人では成り立ちません。私たちは、社内の先輩や上司、社外のパートナーなど、まわりの人々にいつも助けてもらいながら仕事をしているのです。

そういう意味で、ビジネスメールでは「お願い」ばかりすることになります。

そんなお願いをするときのちょっとした気遣い、心遣いに「お忙しいところ恐縮ですが、~」とすると好感がもてます。

たとえば、相手にアポイントをとるときには「○月○日に貴社へ伺いたく存じますが、ご都合いかがでしょうか。~中略~ お忙しいところ恐れ入りますが、ご検討のほど何卒よろしくお願い申し上げます」とします。

【注意】「忙」は忌み言葉だけどビジネスメールで使える

ビジネスマナーを教えるサイトで「お忙しいところ」「ご多忙」という表現は、ビジネスメールに使わないように。としている人が結構います。

たしかに「忙」という字には「亡くなる」という文字がふくまれるため、縁起の悪い言葉として考えられます。※これを「忌み言葉」といいます。

でもビジネスシーンでは「忙しい」「ご多忙」を使っても何ら問題はありません。なぜなら、「忙しい」「ご多忙」にはよい意味もあるから。

「忙しい・ご多忙」という言葉のニュアンスには2つあり、相手への配慮の他に「ビジネスが上手くいっているからこそ忙しい = よい意味」もふくみます。

したがってビジネスメールで「忙しい」を使うのは、しごく当たり前のことなのです。

※ただし、お見舞い・結婚・出産のシーンでは「忙」を使ってはいけません。

参考になる記事:

【言い換えOK】「お忙しいところ~」の類語例

つづいて「お忙しいところ恐縮ですが~」の類語を例文でまとめます。ビジネスメールでは、これらの表現に言い換えすることもできますので、お好みの表現を用いてください。

もちろん目上の人(上司・先輩)にも使えます。

  • 言い換え①ご多用中(ご多忙中)、恐縮ですが~
  • 言い換え②ご多用のところ(ご多忙のところ)、恐縮ですが~
  • 言い換え③お忙しいかと存じますが、~
  • 言い換え④ご多忙の折(ご多用の折)、恐縮ですが~
  • 言い換え⑤お忙しい中、恐縮ですが~

※「ご多用」「ご多忙」はほとんど同じ意味で使われる。

※※「恐縮ですが」をより畏まった言い方にするには「大変恐縮ですが」「誠に恐縮ですが」とする。

参考になる記事:

「恐縮ですが」は「恐縮ではございますが」で言い換えもOK

ここでは「お忙しいところ恐縮ですが、~」という表現を使ってきましたが、「恐縮ではございますが」という表現にも言い換えできます。

ここで「ございます」は丁寧語として使われています(尊敬語の使い方が基本ではあるものの、ここでは自分が恐縮するため尊敬語はおかしい)。

「恐縮」という言葉を使う時点でかなり丁寧な表現となっていますので、これ以上にかしこまって言う必要はないですが…。

いちおう、ご参考までにどうぞ。

【例文】「お忙しいところ恐縮ですが」ビジネスメール全文

つづいて「お忙しいところ恐縮ですが」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。どんなメールであれ、文末の締めくくりとして使える、とても便利な表現です。

目上の方(上司・先輩)や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。

【例文】問い合わせメール(就活メール)

Re:2018年卒・新卒採用予定の有無(就活大学・就活一郎)

転職株式会社
転職 様

お世話になります。就活大学・就活です。

お忙しいところ、
丁寧にご返信いただき、誠にありがとうございます。

さて、本年度は新卒採用をご予定されていないとのこと、承知いたしました。

またご縁がありましたら、何卒宜しくお願いいたします。

メール署名

参考となる書き方:

【例文】お願いメール(ビジネス・社外)

メール件名:登録書類送付のお願い

転職株式会社
転職 様

平素よりお世話になっております。
株式会社就活の就活です。

このたびは、弊社の技術コンサルタントをお引き受けいただき、
誠にありがとうございます。

さて早速ではございますが、弊社内にて登録が必要となるため、
添付の様式に必要事項をご記入いただき、4月6日までにご返信くださいますよう、
お願い申し上げます。

お忙しいところ恐縮ですが、
何卒よろしくお願い致します。

メール署名

【例文】価格見積のお願いメール(ビジネス・社外)

メール件名:お見積送付のお願い

転職株式会社
転職 様

平素よりお世話になっております。
株式会社就活の就活です。

先日はお忙しいところお時間をいただき、誠にありがとうございました。

さて、先般ご提案いただいた「iPad Pro」につきまして
さらなる検討を進めることと決定いたしました。

つきまして、以下の条件にてお見積りをいただきたく存じます。

①支払い条件:前払い
②数量条件:1000台

また、勝手を申し上げますが、
4月10日までにご送付くださいますよう、お願い申し上げます。

お忙しいところ大変恐縮ではございますが、
何卒よろしくお願いいたします。

メール署名

まとめ

今回は「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方、注意点について、これでもかというくらい語ってみました。

この表現はとても便利で、ビジネスメールでは万能に活躍します。

ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。ではでは~~。

関連する敬語