「ご了承ください」意味と目上の方への正しい使い方【例文あり】

「ご了承ください」の意味と目上の方への使い方、注意点について例文つきで誰よりも詳しく解説していく記事。

まずは基本として「ご了承ください」の使い方は、

「ご了承のほどお願い申し上げます」

「ご了承くださいますよう、お願い申し上げます」

「ご了承いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」

などのようにして使うと、目上の方やビジネスパートナーへの敬語として、とても素晴らしい表現になります。決して「ご了承ください」を単体では使わないようにしましょう。NGである理由については本文中で解説しています。

目上の方や取引先などへ、許しを得るビジネスシーン(ビジネスメール)で使われる「ご了承ください」ですので、この機会にマスターしておきましょう。

※メールではなく、話し言葉であれば「ご了承ください」でもOKです。
※長文になりますので、時間の無い方は「パッと読むための見出し」より目的部分へどうぞ。

”ご了承ください”の意味

「ご了承ください」の読みは「ごりょうしょうください」。

「ご了承ください」の辞書的な意味は「相手に了解を得るための表現」 。

ここで「ご」は尊敬語であり、「くださる」の命令形「ください」にしています。「ご~ください」を使っているため、表現としてはそれなりに丁寧ですが、パーフェクトとは言えません。

目上の方へは”ご了承ください”を使わないのが無難

目上の方へは極力、命令形を使わないのが理想。メールではなく話し言葉であれば「ご了承ください」でもOKですが、ビジネスメールでは特に気をつけましょう。

それでは「ご了承ください」をどのようにすれば、目上の方へ使うときにふさわしい表現になるのか?みていきましょう。

”ご了承ください”の目上の方への使い方

”ご了承ください”を目上の方へ使うときの表現を、以下にまとめます。使うシーンはいずれも、許しを得る、許可を得る、了解を得るときです。謝罪とか、伺いとかのビジネスメールで、文末の締めくくりに使われます。

※メールではなく、話し言葉であれば「ご了承ください」でもOKです。

使い方①ご了承いただけますよう、お願い申し上げます

まずは、一つめの使い方。意味はどれも同じになりますが「お許しください、許可をください」です。

「ご了承いただけますよう、お願い申し上げます」を細かくみていくと、こんな感じの成り立ちです。

  1. ”了承をもらえる”の謙譲語「了承いただける」+尊敬語「ご」
  2. ”するように”の丁寧な表現「ますよう」
  3. ”お願いする”の謙譲語「お願い申し上げる」+丁寧語「ます」

謙譲語・尊敬語・丁寧語をうまくつかい、この上なく丁寧な敬語表現となっていることがわかります。したがって、目上の方やビジネスパートナーに対して使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。

ちなみに「お願い申し上げます」の部分は、「何卒よろしくお願いいたします」「何卒よろしくお願い申し上げます」などと言い換えもできます。

※謙譲語=自分の行為に対して使う敬語。自分をへりくだる(下げる)ことで、相手を敬っている。

使い方②ご了承のほど、お願い申し上げます

つづいて、二つめの使い方。

「ご了承のほど、お願い申し上げます」を細かくみていくと、こんな感じの成り立ちです。

  1. ”のほど”は大した意味をもたないが、表現をやわらげるために用いる言葉。
    ”了承してほしい”のやわらかい表現「了承のほど」+尊敬語「ご」
  2. ”お願いする”の謙譲語「お願い申し上げる」+丁寧語「ます」

謙譲語・尊敬語・丁寧語をうまくつかい、この上なく丁寧な敬語表現となっていることがわかります。したがって、目上の方やビジネスパートナーに対して使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。

使い方③ご了承くださいますよう、お願い申し上げます

つづいて、三つめの使い方。

「ご了承くださいますよう、お願い申し上げます」を細かくみていくと、こんな感じの成り立ちです。

  1. 命令形”了承ください”は変えず+尊敬語「ご」
  2. ”するように”の丁寧な表現「ますよう」
  3. ”お願いする”の謙譲語「お願い申し上げる」+丁寧語「ます」

”了承ください”に尊敬語「ご」を使っているとはいえ、命令形であるので、何となくしっくりきませんが…。そのあとに「ますよう」+「お願い申し上げます」を使っているので、命令形ではあるもののマイルドな表現にしています。

結論として、最上級の丁寧レベルとはいえませんがOKです。目上の方やビジネスパートナーに対して使っても、問題ないでしょう。

使い方④その他

上に示した例のほかにも、以下の使い方ができます。ご参考までにどうぞ。

  • ご了承くださいませ。
  • ご了承いただければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

”ご了承願います”は目上の方へ使わないほうが無難

「ご了承願います」という表現を使う人もいますが、私はオススメしません。

なぜなら「ご了承願います」というのは「ご了承のほど、お願い申し上げます」が短縮された表現だから。意味としては通じますが、不完全な文章を目上の方へ使うのは、失礼にあたります。全文を丁寧にちゃんと記すのが礼儀、と心得ておきましょう。

他にもたとえば「ご検討願います」「ご教示願います」「ご示唆願います」なども、オススメできない表現。社内のメールであったり、目上 → 目下へのメールであればよいですが、取引先や目上の方へ使うとなんとな~く、ラフな印象を相手に与えてしまうでしょう。

”ご了承ください”を使った例文【全文】

つづいて「ご了承ください」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。目上の方や取引先に使える文章にしていますので、ご参考にどうぞ。「許しを得る、了解を得る」というメールよりは、どちらかというと謝罪メールとか、申し訳ない時に使うケースが多いような気がします。

例文①会社説明会キャンセル(謝罪まじりのメール)

件名:説明会欠席のご連絡

(就活大学・就活)転職株式会社
人事部
◯◯ 様

お世話になっております。
就活大学の就活太郎です。

さて首記の件、○月△日の会社説明会に参加予定でしたが、諸事情により欠席をいたしたく存じます。お取り計らいを頂いたにも関わらず、誠に申し訳ございません。

また、本来であれば電話にてお詫びを申し上げるべきところ、メールでのご連絡となりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。次回、会社説明会の機会がございましたら、改めて参加させて頂きたく存じます。

ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

メール署名

例文②内定辞退(謝罪まじりのメール)

件名:内定辞退のご連絡(就活大学・就活)

転職株式会社
人事部
◯◯ 様

平素よりお世話になります。
就活大学の就活太郎です。

さて、先日貴社より内定のご連絡をいただいておりましたが諸事情により、内定を辞退いたします。貴重なお時間をいただいておきながら、このような返事となり誠に申し訳ございません。

また、本来であれば直接伺いお詫びするべきところ、メールでのご連絡となりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。ご理解とご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

メール署名

この他にも「ご了承ください」が使えそうなシーンには、

  1. 値上げのお願い → ご了承ください
  2. 在庫ぎれの連絡 → ご了承ください
  3. 天災などによる納期の遅延 → ご了承ください
  4. やむを得ない事情による仕事の遅延 → ご了承ください

とかとか、何かネガティブな情報を伝えなければいけない時に使いますね。自分の過失であれば完全な謝罪となりますが、何かやむを得ない事情で迷惑をかけるとき「ご了承ください」を使えます。「ご了承ください」には「申し訳なく思っているけど、どうしょうもないので勘弁してね」というニュアンスが含まれているのです(曲解しているかも)。

”ご了承ください”の類語・言い換え表現

つづいて「ご了承ください」の類語・言い換え表現について。

いろいろと考えを巡らせてはみたものの、しっくりとくる言い換えが思いつきませんでした。「お許しください」ではあまりに謙りすぎているし、「許可をください」でも何だか変…。

”ご承知おきください”・”ご承諾ください”が最も近い類語

「ご承知おきください」「ご承諾ください」が最も近いような気がしますね。それでも、パーフェクトな言い換えとは言えません。なんとな~く、近い表現であるような気がするだけです。あまり使われない表現ですので、簡単にだけ解説をしておきます。

「ご承知おきください」の意味は「知っておいてください」。

「ご承諾ください」の意味は「了解してください」。

いずれも命令形ですので、目上の方へ使うときには「使い方①~④」のように言い換えて使いましょう。

まとめ

これでもかというくらい「ご了承ください」について語ってみました。これはとても便利な表現で、どんな「許可を得る」シーンであれば、目上の方や取引先とわず万能に使える表現です。とくにメールの締めくくりに使うと、グッとメールが引き締まります。

「ご了承ください」に慣れないうちは、使うのがちょっと気持ち悪く感じますが、慣れると便利すぎてどんどん使っちゃいます。ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。ではでは~~。