ダイハツ工業の年収は高い?低い?ランキングからは見れない事実

ダイハツ工業の大卒総合職(文系&理系)って年収高い?低い?一般的な年収ランキングからは分からない総合職の給料をまとめてみました。

新卒(学部卒/院卒)〜20歳代・30歳・35歳・40歳・50歳での目安年収と、各役職ごとの目安年収となります。

転職・就活のご参考にどうぞ。

ダイハツ工業の平均年収・平均年齢・平均勤続年数

まずは会社全体の年収を見ていきます(数字は2016年の有価証券報告書より)。

  • 平均年収:651万円
  • 平均年齢:38.3歳
  • 平均勤続年数:17.1年
  • 参考|
    2015年の平均年収|664万円
    2014年の平均年収|664万円

この平均年収は全従業員のものなので、工場ワーカーなどの数字も含みます。大卒には当てはまりません。そこで大卒・総合職の目安年収を見ていきましょう。

ダイハツ工業の大卒・総合職の目安年収

①年齢ごとの年収目安

  • 新卒(学卒/院卒)~29歳/担当|~年収480万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼基本給+ボーナスは自動車・自動車部品メーカー大手よりも低い。あとは残業代の多い、少ないで年収が決まる。
  • 30歳/担当|年収480万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼同上
  • 35歳/主任|年収580万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼32歳前後で主任に昇格後、毎年一定の昇給があり35歳でこれくらい。大卒であれば主任にはほぼ自動的に昇格する。
  • 38-40歳/ぺいぺい管理職|年収850万円(残業代なし)
    ▼管理職・下級クラス。同期でも出世に差がでる。最速38歳〜で数年の差はあれど、ほとんどの人が昇格する。管理職になれなければ「40歳代・主任・年収700万円+諸手当」で頭打ち。
  • 40-45歳/課長|年収950万円(残業代なし)
    管理職・中級クラス。ここまで出世できる人は少ない。業績による変動あるが、ほとんどの課長が年収950万円前後に収まるものと推測。
  • 50歳/部長|年収1200万円~
    上司に気に入られていることが出世のポイント。

②役職ごとの目安年収

  • 担当|~年収480万円+諸手当
    ▼20歳代
  • 主任|年収580-700万円+諸手当
    ▼32-40歳。大卒であれば32歳前後にほぼ全員が昇格し、その後も一定の昇給がある。ここから昇格できなければ年収700万円で頭打ち。
  • ぺいぺい管理職|年収850万円(残業代なし)
    ▼最速38歳〜。目安40-45歳。
  • 課長|年収950万円
    ▼最速38歳〜。目安40-45歳。
  • 部長|年収1200万円~
    ▼最速45歳〜。目安50歳前後。昇格は非常に厳しい。

③注意点

【注意①】年収はボーナスの額により変わる(ここではボーナス5ヶ月/年の想定)。業績が悪くなれば平均して年収50万円は普通に下がる。またボーナスは個人の成績によって、同期・同役職でも若干の差がつく。
【注意②】大卒であれば主任までは誰でも昇格できる。その後も普通に仕事をしていれば、38-42歳で管理職になれる。
【注意③】賞与は「(個人)目標の達成度・(部課)目標の達成度・会社業績」によって決まる。このうち影響大きいのが会社業績。組合員であれば年によって、最低3ヶ月/年~最高6ヶ月/年くらいの差がある。トヨタのボーナス月数は絶対に超えない。
【注意④】若手のうちは残業代で稼ぐしかない。
【注意⑤】管理職になると残業代はゼロ。
【注意⑥】昇給は毎年、基本給+7,000円/月が基本。役職の上がるタイミングでそこそこ増える。

▼▼▼▼

まとめると、ダイハツ工業の年収は極めて平均的で、ボーナスも極めて平均的(5ヶ月/年)。結果として、まぁ悪くない年収です。そして管理職に昇格できれば、それなりの年収になります。

トヨタ100%子会社であり、よほどのことが無い限り安定していると思われますが…。メインである国内の自動車販売台数と、スバル・トヨタむけの下請け生産台数がどうなるか、ということで業績が左右されます。

ダイハツ工業の給与制度の特徴と福利厚生

  1. 独身寮|あり。
  2. 社宅|なし。会社都合での転勤は会社から、相当の家賃補助がでる
  3. 世帯手当|あり、調査中
  4. 住宅補助|なし。
  5. 残業代|
    ・主任クラスまでは(部署と上司によるが)全額支給。
    ・管理職から残業代ゼロ。
  6. その他の福利厚生|通勤手当、出張手当、外勤手当など
  7. その他の注意事項|

ダイハツ工業の福利厚生をまとめると、非常に悪い。首都圏で生活した場合、給料の多くが住宅関係の費用で持っていかれます。管理職になるまで耐えるか、残業しまくりましょう。

ダイハツ工業の福利厚生こみ年収(残業月30時間とした)

上述したようにダイハツ工業の給与には、残業および各種手当がつきます。手当込みの年収にしておいたほうが他企業と比較し易いかと思われますので、目安としてまとめておきます。

※既婚・住宅手当てゼロ・残業月30時間としています。

大企業の平均的な残業時間・月30時間にて計算しております。実際には残業代の多い、少ない、勤務地(首都圏は物価が高いため手当て厚い)、世帯の構成(扶養家族持ちは手当てが厚い)で上下しますので、ご留意ください。

  • 新卒~29歳|~年収550万円
  • 30歳/担当|年収550万円
  • 35歳/主任|年収670万円
  • 38-40歳/ぺいぺい管理職|年収850万円(残業代なし)
  • 40-45歳/課長|年収950万円
  • 50歳/部長|年収1200万円

まとめると、管理職までたどり着ければ高年収になります。

ダイハツ工業に転職・就職するあなたへ

ダイハツ工業はトヨタの100%子会社であるため問題なし。

そしてダイハツは輸出が少ないため、為替の影響を受けにくいメーカーだと思われます(ほとんどが国内販売、海外は現地生産メイン)。

ただ、BtoC(消費者むけ)のビジネスをしている限り浮き沈みはどうしても出てきます。

年収の安定度で選ぶなら、自動車部品メーカーへ就職・転職したほうが良いでしょう(あくまで筆者の個人的な意見です)。

自動車・自動車部品メーカーの中でどのくらい?

ダイハツ工業の年収は自動車業界の中では「中くらい」です。

詳しくは以下のランキングにてご確認ください。

ダイハツ工業の社員クチコミ・評判

ダイハツ工業の「①激務度・ブラック度」「②年収事例」「③キャリアパス(出世の難易度)」「④その他」「⑤福利厚生」に関して情報をお持ちの方へ。「コメント欄」にてご教示いただければ幸いです。

転職者・就活生の役に立つようなコメントでしたら何でも構いません。事実に基づく批判もウェルカムです。

またデータには万全を期しておりますが、2017年公開時点での情報ですのでご了承ください。

それでは読者様からのご協力お待ちしておりますm(_ _)m