JT(日本たばこ産業)の年収は高い?低い?ランキングからは見れない事実

JT(日本たばこ産業)の大卒総合職(文系&理系)って年収高い?低い?一般的な年収ランキングからは分からない総合職の給料をまとめてみました。

新卒(学部卒/院卒)〜20歳代・30歳・35歳・40歳・50歳での目安年収と、各役職ごとの目安年収、福利厚生込み年収のまとめとなります。

転職・就活のご参考にどうぞ。

JT(日本たばこ産業)の平均年収・平均年齢・平均勤続年数

まずは会社全体の年収を見ていきます(数字は2016年の有価証券報告書より)。

  • 平均年収:891万円
  • 平均年齢:42.5歳
  • 平均勤続年数:19.1年
  • 参考|
    2015年の平均年収|875万円
    2014年の平均年収|894万円
    2013年の平均年収|868万円

この平均年収は全従業員のものなので、工場ワーカーなどの数字も含みます。

その割には年収高いですねぇ〜、総合職は一体どれだけ高給なのだろうか?

と思ったらJTって家賃補助が「借り上げ社宅」じゃなくて、現金で支給されるからですね。税金ばかり増えるパターンです…。

※補足)借り上げ社宅は会社名義で契約するマンションであり、会社に家賃の請求がいく。これは給料には含まれないため、年収の計算に入らない。

※補足)一方で「家賃補助」を現金により会社が支給する場合、年収の計算対象に入る。こういった企業の平均年収は他と比べて50-70万円ほど上がる。←専門家ではないため、違ったらごめんなさい

JT(日本たばこ産業)の大卒・総合職の目安年収

①年齢ごとの年収目安(地域手当て+6.5%こみ)

  • 新卒(学卒/院卒)~29歳|~年収580万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼基本給+ボーナスは他メーカー大手くらい。あとは残業代の多い、少ないで年収が決まる。
  • 30歳/主任|年収580万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼総合職であれば20代後半で全員が主任クラスへ昇格する。その後、昇給してこのくらいの年収となる。
  • 35歳/課長代理|年収700万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼35歳前後でさらに昇格し、このくらいの年収となる。
  • 38-40歳/ぺいぺい管理職|年収1065万円±5%
    ▼同期でも出世に差が出る。最速38歳〜で数年の差はあれど、ほぼ全員が昇格する。
  • 40-45歳/課長|年収1065-1265万円
    管理職・中級クラス。部下のいる課長職。ここまで出世できる人は同期入社1/3人くらいのイメージ。評価によってボーナス額が異なるため、幅をもたせている。
  • 50歳/部長|NA、調査中
    神レベル

②役職ごとの目安年収(地域手当て+6.5%こみ)

  • 担当|~年収580万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼新卒~20代中盤。
  • 主任|年収580-700万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼目安年齢、20代後半〜30歳。年収600万円からスタート。
  • 課長代理|年収700-800万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼目安年齢35歳前後。年収700万円からスタート。管理職に上がらなくとも40歳で年収800万円くらいになる。
  • ぺいぺい管理職|年収1065万円±5%
    ▼最速38歳~。通常は40歳~45歳くらい。同期でも出世に差が出るが、普通にやっていれば問題なく昇格できる。昇格後も一定の昇給あり。
  • 課長|年収1065-1265万円
    最速40歳~。通常は45歳前後。ただし昇格は難しい。
  • 部長|NA、調査中
    最速45歳。通常は50歳前後。ただし昇格は難しい。

③注意点

【注意①】年収はボーナスの額により変わる(ここではボーナス6.0ヶ月/年の想定)。業績が悪くなれば平均して年収50万円は普通に下がる。ただし食品業界は景気動向に左右されにくく、上下の幅は小さい。基本は安定。

【注意②】賞与は「個人の査定・(部課)目標の達成度・会社業績」によって決まる。このうち影響大きいのが会社業績、次に個人の査定。会社の業績が伸びなければボーナスも伸びない。組合員であれば年によって、最低5ヶ月/年~最高7ヶ月/年くらいの差がある。管理職以降のボーナスは別の方法で計算、より個人や部課の成果が反映されやすい年収となる。

【注意③】同期入社であれば30代後半までは年収に差がつかない。差がつくのはそれ以降。

【注意④】残業代はちゃんと支給されサービス残業は(部署によるが)少ない。

【注意⑤】管理職になると残業代はゼロ。

【注意⑥】年功序列。

【注意⑦】JTは地域手当ての金額が年収に大きく影響する(0~13%)。したがって平均的な勤務地手当である+6.5%を基本給およびボーナス計算に加算している。

【注意⑧】住宅手当は現金で支給されるが、ここには含めていない。

【注意⑨】希望退職者を募集した結果、従業員数が1336名減った(2014年度末→2015年度末)。特に工場の余剰人材をリストラした形。

▼▼▼▼

まとめるとJT(日本たばこ産業)の年収は、基本給は他大手メーカーと変わらないものの、福利厚生が恵まれすぎ(次の項目で解説)。結果として年収が高くなります。

JT(日本たばこ産業)の福利厚生

  1. 独身寮|家賃補助が中心。
  2. 社宅|家賃補助が中心。
  3. 地域手当|
    ・地方〜首都圏で基本給に対して0〜13%の地域手当あり。東京勤務であれば基本給+13%の手当が加算される。基本給に加算されるためボーナス計算にも適用。つまり、30歳・東京勤務と田舎勤務で年収に70万円ほどの開きが出る。
  4. 世帯手当|不明
  5. 住宅補助|
    ・独身:上限家賃の70%を住宅手当てとして支給。東京であればmax 7万円/月
    ・既婚者:上限家賃の70%を住宅手当てとして支給。東京であればmax 12.6万円/月
    ※ただしこれは20代、30代のみであり、40歳には自己負担比率80%となる。たいていの人が40歳くらいで家を購入することを考えると「40歳・手当て打ち切り」と考えるのが妥当。←JTだけでなく、ほとんどの大企業が同じ考えです。
  6. 残業代|
    ・主任クラスまでは残業代がでる。
    ・管理職以降は残業代ゼロ。
  7. その他の福利厚生|通勤手当、出張手当、外勤手当、カフェテリアプランなど
  8. その他の注意事項|

まとめるとJT(日本たばこ産業)の福利厚生は恵まれている。食品・飲料業界は総じて福利厚生の手厚い企業が多いですが、特にJTは素晴らしい。

年収はそれなりですが住宅手当てと地域手当が良いため、若くてもまとまった貯金を作ることができるでしょう。

JTの福利厚生こみ年収(残業月30時間とした)

上述したようにJT(日本たばこ産業)の給与には、残業および各種手当がつきます。手当込みの年収にしておいたほうが他企業と比較し易いかと思われますので、目安としてまとめておきます。

※既婚(子なし)・住宅手当て10万円/月と仮定・残業月30時間としています。

大企業の平均的な残業時間・月30時間にて計算しております。実際には残業代の多い、少ない、勤務地(首都圏は物価が高いため手当て厚い)、世帯の構成(扶養家族持ちは手当てが厚い)で上下しますので、ご留意ください。

  • 新卒(学卒/院卒)~29歳|~年収780万円
  • 30歳/主任|年収780万円
  • 35歳/課長代理|年収920万円
  • 38-40歳/ぺいぺい管理職|年収1065万円±5%(手当て打ち切り想定)
  • 40-45歳/課長|年収1065-1265万円
  • 50歳/部長|NA、調査中

まとめ

「仕事まったり」であることを考えると、時給でのパフォーマンスが素晴らしい。

食品・飲料メーカーの中でどのくらい?

JT(日本たばこ産業)の年収は食品・飲料メーカーの中では「トップクラス」です。

他トップクラスのキリンビール、アサヒビール、サントリー、日本ハム、江崎グリコ、明治と同じくらいか、若干ではあるものの年収高い。

ただし2017年現在は「味の素」に劣るレベル。

また、メーカー業界全体に広げても「上の下〜トップクラス」の年収

ある程度まとまったら年収ランキングを作ります(準備中)。

JT(日本たばこ産業)に転職・就職するあなたへ

食品メーカー業界の今後(特に国内)

まず食品メーカー業界の流れと、今後の動向をざっくりと解説します(日本国内限定)。

  1. 人口増加時代
  2. 何もしなくてもビジネス拡大
  3. 人口頭打ち~減少時代
  4. ビジネスも頭打ち~減少
  5. 国内にとどまっていてはダメだ!!!
  6. グローバル展開を強化(今ココ!)
  7. 具体的な施策は!?

今後の課題は国内の人口が減っていく中で、どうビジネスを拡大していくか、という点につきます。まぁ誰にでも思いつくアイディアとしては「グローバル展開」になります。

ということで、グローバル展開に成功した企業が生き残っていくでしょう。

ただし特に何もしなくても会社の規模をダウンサイジングすれば、国内だけの経営でも問題ないです。株主が許さないでしょうけどね…。

JT(日本たばこ産業)の将来性

JT(日本たばこ産業)は解説するまでもなく、タバコの分野においては国内オンリーワン、グローバルはM&A拡大路線の成功で、それなりの地位にいます。

タバコの市場は国内では縮小するものの、グローバルで見たときには必ず伸び続ける。

あとは海外のライバルに勝てるかどうか、ということだけですが…どうでしょうね?(自信なし)。海外事業がイマイチだとしても、40年後に存続している企業です。

一時期は食品・飲料事業に多角化し「どうだかなぁ・・・」と思ってたのですが、最近は再びタバコ事業に焦点を絞っており、不安要素は少なくなりました。

激務度

食品業界は基本、仕事まったりな業界です。

JT(日本たばこ産業)においても例外ではなく、激務になりようがありません。

食品・飲料業界の業界研究記事

>参考|ビール業界の世界ランキング2016年。トップ10企業の特徴まとめ

>参考|飲料メーカーの市場シェアランキング。課題と今後の動向は? 

>参考|3分でわかる食品業界。課題と今後の動向まとめ①世界トレンド2017年

>参考|【2016年】食品&飲料メーカー世界ランキング売上TOP100

>参考|飲料&食品メーカーの世界ランキング2016年。トップ10企業の特徴まとめ

JT(日本たばこ産業)の社員クチコミ・評判

JT(日本たばこ産業)の「①激務度・ブラック度」「②年収事例」「③キャリアパス(出世の難易度)」「④その他」「⑤福利厚生」に関して情報をお持ちの方へ。「コメント欄」にてご教示いただければ幸いです。

転職者・就活生の役に立つようなコメントでしたら何でも構いません。事実に基づく批判もウェルカムです。

またデータには万全を期しておりますが、2017年公開時点での情報ですのでご了承ください。

それでは読者様からのご協力お待ちしておりますm(_ _)m