「ご尽力」「お力添え」意味と違い、ビジネスでの使い方、メール例文

「ご尽力(読み:ごじんりょく)」「お力添え(読み:おちからぞえ)」の意味と違い、
ビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上)で使うときの正しい使い方について、
例文つきで誰よりもくわしく解説していく記事。

まずは要点のまとめから。

ご尽力 の意味は

力を尽くすこと、
力を出し尽くすこと

「ご尽力いただき、ありがとうございました」とした場合、
力を尽くしてもらい、ありがとう の意味となる。

お力添え の意味は

手を貸すこと、
他人を手助けすること

「お力添えをいただきたく存じます」とした場合、
相手に手を貸してもらいたいと思う=手を貸してほしい の意味となる。

それぞれの意味はこんな感じであるため、
使い方が違ってきます。

違いをざっくりとまとめると以下のとおり。

ご尽力 と お力添え の違い

1.意味の違い

・ご尽力 =力を尽くすこと

・お力添え=手を貸すこと、手伝うこと

2.使い方の違い

・ご尽力 =①お礼、②お詫び、③自分が尽力する
例文①「ご尽力を頂きありがとうございました」
例文②「ご尽力を頂いたにも関わらず申し訳ありません」
例文③「尽力いたします」

・お力添え=①お礼、②お詫び、③自分が力添えする
+ ④お願い、要望
例文①「お力添えを頂きありがとうございました」
例文②「お力添えを頂いたにも関わらず申し訳ありません」
例文③「力添えいたしましょうか?」
例文④「お力添えを頂きたく存じます」

※くわしい解説は本文にて

ここで2つ、重大な注意点を。

【注意①】
ご尽力は お願い・要望のビジネスシーンでは使わないこと。

たとえばこんな例文はNG。
NG例文「ご尽力いただきますようお願い申し上げます」

このシーンでは「お力添え」が正しい敬語となります。

【注意②】
自分の行為につかうときは「尽力」「力添え」とする

「ご尽力・お力添え」はどちらも尊敬語「お・ご」をつかって敬語にしています。

尊敬語は相手をうやまうために使う敬語で、
相手の行為につかうのが基本。

「尽力する」「力添えする」のが自分であれば、
尊敬語ではなく謙譲語にして以下のような例文でつかいます。

  • 例文(私が)尽力して参ります
    ・参る は「行く・来る」の謙譲語
  • 例文(私が)尽力いたします
    ・いたす は「する」の謙譲語
    ・丁寧語「ます」
  • 例文(私が)力添えいたしましょうか?

① 尊敬語とは?
相手をうやまって使う敬語の一種。
相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。

敬語の種類はほかに②謙譲語、③丁寧語がある

② 謙譲語とは?
自分をへりくだって下にすることで、相手への敬意をあらわす敬語。
自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。

③ 丁寧語とは?
いわゆる「です・ます」口調のこと。

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、

本文中では、いろいろな例文を使いながら意味、使い方、注意点について説明していきます。

ご尽力 の意味・使い方・例文

冒頭で解説したことの繰り返しにはなりますが…

お力添え の意味と使い方・ビジネスシーン(メール・手紙・目上・上司)で使える例文をまとめます。

ご尽力 の意味は

力を尽くすこと、
力を出し尽くすこと

「ご尽力いただき、ありがとうございました」とした場合、
力を尽くしてもらい、ありがとう の意味となる。

ご尽力 の使い方は

① お礼のビジネスメール

例文「ご尽力をいただきありがとうございました」

例文「ご尽力をいただき厚くお礼申し上げます」

※ビジネスメールの冒頭・あいさつ文

② お詫び・謝罪のビジネスメール

例文「ご尽力を頂いたにも関わらずこのような結果となり、誠に申し訳ございません」

例文「ご尽力いただいておきながら、このような結果となりましたこと、深くお詫び申し上げます」

※ビジネスメールの冒頭・あいさつ文

③ 自分が尽力する

例文「尽力いたします」

例文「尽力して参ります」

※ いただき・いただく は「賜り・賜る」で言い換えできる

ご尽力 は例文のようにして
ビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上)に使うと、素晴らしい敬語になります。

また補足として、
ここで登場した敬語の種類を復習しておきましょう。

【補足:敬語の種類】

  • 尽力 に尊敬語「お・ご」
  • いただく は「もらう」の謙譲語
  • 賜る も「もらう」の謙譲語、よりかしこまった表現
  • ~のほど は「~していただくよう」の意味
  • いただければ は「もらう」の謙譲語「いただく」
    +仮定の「れば」
  • 申し上げます は「言う」の謙譲語「申す」
    +丁寧な表現の「あげる」
    +丁寧語「ます」
  • 丁寧語「です・ます」

お力添え の意味・使い方・例文

冒頭で解説したことの繰り返しにはなりますが…

お力添え の意味と使い方・ビジネスシーン(メール・手紙・目上・上司)で使える例文をまとめます。。

お力添え の意味は

手を貸すこと、
他人を手助けすること

「お力添えをいただきたく存じます」とした場合、
相手に手を貸してもらいたいと思う=手を貸してほしい の意味となる。

お力添え の使い方は

① お願い、要望、要求のビジネスメール

例文「お力添えをいただきたく存じます」

例文「お力添えのほど何卒よろしくお願いいたします」

例文「お力添えをいただければ幸いです」

※ビジネスメールの結び・締めくくり

② お礼のビジネスメール

例文「お力添えをいただきありがとうございました」

例文「お力添えをいただき厚くお礼申し上げます」

※ビジネスメールの冒頭・あいさつ文

③ お詫び・謝罪のビジネスメール

例文「お力添えを頂いたにも関わらずこのような結果となり、誠に申し訳ございません」

※ビジネスメールの冒頭・あいさつ文

④ 自分が力添えする

例文「力添えいたしましょうか?」

※ いただき・いただく は「賜り・賜る」で言い換えできる

お力添え は例文のようにして
ビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上)に使うと、素晴らしい敬語になります。

また補足として、
ここで登場した敬語の種類を復習しておきましょう。

【補足:敬語の種類】

  • 力添え に尊敬語「お・ご」
  • いただく は「もらう」の謙譲語
  • 賜る も「もらう」の謙譲語、よりかしこまった表現
  • ~のほど は「~していただくよう」の意味
  • いただければ は「もらう」の謙譲語「いただく」
    +仮定の「れば」
  • 申し上げます は「言う」の謙譲語「申す」
    +丁寧な表現の「あげる」
    +丁寧語「ます」
  • 丁寧語「です・ます」

ご尽力・お力添え の違い

お力添え と ご尽力 はそもそもの意味が違うために、使い方も違います。

繰り返しにはなりますが詳しく解説します。

「お力添え」の意味は

手を貸すこと、
他人を手助けすること

「お力添えをいただきたく存じます」とした場合、
相手に手を貸してもらいたいと思う=手を貸してほしい の意味となる。

「ご尽力」の意味は

力を尽くすこと、
力を出し尽くすこと

「ご尽力いただき、ありがとうございました」とした場合、
力を尽くしてもらい、ありがとう の意味となる。

もともとの意味が違うため、使い方も若干ですが違います。

ポイントとなる使い方の違いをまとめておきます。

【違い①】ご尽力は お願い・要望には使わない

NG例文「ご尽力いただきますようお願い申し上げます」

→ このシーンでは「お力添え」が正しい

【違い②】ご尽力は お礼・お詫びのみ

正しい例文「ご尽力いただき、ありがとうございます」
正しい例文「ご尽力いただいたにも関わらず申し訳ありません」

ご尽力 を「お願い・要望」のビジネスシーン(手紙・メール・上司・目上)に使わない理由について。

たとえば
NG例文「ご尽力いただきますようお願い申し上げます」とつかった場合、

「力を尽くしてもらうよう、お願い!」

の意味となります。

もっというと
「力を尽くしてくれ!」

というニュアンス。

ところがビジネスシーンで「力を尽くしてくれ!」っておかしくない?

もし相手が目上のひとだったら、
「なんでオレがお前のために力を尽くさなきゃいけない?」

と思われることでしょう。

ということで、
お願いするときのふさわしいフレーズは「お力添え=力を貸すこと」が正しいと言えます。

【注意点】ご尽力・お力添え はこう使う!

つづいて「ご尽力」「お力添え」を使うときの注意点を解説します。

なんでもかんでも使うのではなく、
ふさわしいビジネスシーンを考えて使いましょう。

お力添え の前に気の利いたひと言を入れるとベター

お力添え を使うビジネスシーンは「お願い・要望・お礼・お詫び」と解説しました。

お礼・お詫びであればそのままでも使えますが、

お願い・要望・要求をするシーンでは、
「お力添えをいただきますようお願い申し上げます」だけだと相手への配慮が足りていません。

なぜなら、
完全にこちらの視点でものごとを見ているから。

  • (私があなたに)力を貸してもらいたい!

というニュアンスなので実は結構あつかましいフレーズ。これだけでは、相手の事情などおかまいなしになってしまいます。

敬語にしたからといって「あつかましさ」においては何も変わりません。

そこで、
何か気の利いたひとこと・申し訳なく思うひとことを添えるとよいでしょう。

たとえばこんな感じ。

▼ 気の利いたひと言を添えた例文

  • お手数おかけし申し訳ありませんが、
    お力添えをいただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます
  • 大変お手数おかけいたしますが、
    お力添えを賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます
  • 大変恐れ入りますが、
    お力添えのほど何卒よろしくお願いいたします
【補足】
・お手数おかけいたしますが の意味は「手間をかけるのですが…」
・恐れ入りますが の意味は「申し訳なく思うのですが…」

お力添え の類語・例文

お力添え を言い換えできる類語を例文で紹介しておきます。

  • ご支援をいただき、誠にありがとうございました。(お礼)
  • この度は選挙活動にご協力いただき、心よりお礼申し上げます。(お礼)
  • この度はお手伝いいただき、誠にありがとうございました。(お礼)

ほかには「手助け・援助・補助・一助」なども類語。

う~~ん、どれも微妙な表現です…。

「ご支援」「ご協力」くらいは使えるかもしれませんが「お力添え」に勝る言い回しはないですね。

ご尽力 の類語・例文

ご尽力 を言い換えできる類語を例文で紹介しておきます。

  • 努めてまいります(自分の意思)
  • 勤めてまいります(自分の意思)
  • 務めてまいります(自分の意思)

う~~ん、どれも微妙な表現です…。

【例文】ご尽力・お力添え のビジネスメール全文