「ご尽力」「お力添え」意味と違い、正しい使い方 – メール例文

「ご尽力(読み:ごじんりょく)」「お力添え(読み:おちからぞえ)」の意味と違い、目上の人やビジネスメールで使うときの、正しい使い方について誰よりもくわしく解説していく記事(もちろん例文つきです)。

まずは要点のまとめから。

●意味;

  • 「ご尽力」の意味:ある目的のために力を尽くすこと、努力すること
  • 「お力添え」の意味:力を貸すこと、(他人を)手助けすること

●違い;

  • ご尽力(力を尽くすこと):自分がご尽力する他人にご尽力してもらう
  • お力添え(手を貸すこと):自分がお力添えする、他人にお力添えしてもらう
    → 「ご尽力」「お力添え」はどちらも尊敬語「ご・お」を使っているため、自分の行為や行動には使わない。
    → もともと持っている意味の違いに気をつけて使う。
    → たとえば「予算の達成にむけて(自分が)尽力します!」はNGとなる。この場合は「予算の達成にむけて(自分が)尽力します」とする。

●使い方;

「お礼」のビジネスメールや、ビジネス会話でちょっとした感謝の気持ちを示すときに使われるほか、「お詫び・謝罪」メールにも使われる。以下、例文のような使い方をする。

  • 例文「ご尽力いただき、ありがとうございました」お礼
  • 例文「お力添えいただき、ありがとうございました」お礼
  • 例文「ご尽力いただいたにもかかわらず、誠に申し訳ありません」謝罪
  • 例文「お力添えいただいておきながら、誠に申し訳ありません」謝罪
    → これらの使い方は目上の人やビジネスメールにも使える、丁寧な敬語表現。

●類語;

  • 「力添え」の類語:「手伝い」「手助け」「援助・補助・一助」など
  • 「尽力」の類語:「努力」「取り組み」「骨折り」「努め・勤め・務め」など

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、

本文中では、いろいろな例文を使いながら意味、使い方、注意点について説明していきます。

「ご尽力」の意味と使い方(ご尽力≠お力添え)

ご尽力の意味は「力を尽くすこと」

「ご尽力」の読み方は「ごじんりょく」。

「ご尽力」の意味は「ある目的のために、力を尽くすこと」。もともとの単語「尽力」に尊敬語「ご」を使うことで敬語にしています。

ご尽力の使い方は「お礼」「お詫び」などのシーン

「ご尽力」の使い方は「お礼」をともなうビジネスメール、ビジネス会話でよく使われます。一方でまったく逆の「お詫び・謝罪」のシーンでも使われます。

たとえば、ビジネスメールや商談の冒頭・本文で以下のような使い方をします。

●使い方①お礼:

  • 例文「○○の件、ご尽力いただきありがとうございました」メール冒頭
  • 例文「ご尽力いただき、心からお礼申し上げます」メール冒頭
  • 例文「ご尽力賜り、感謝申し上げます」メール冒頭

●使い方②お詫び・謝罪:

  • 例文「○○の件、ご尽力いただいたにも関わらず、このような結果となり誠に申し訳ありません」メール冒頭or本文
  • 例文「ご尽力いただいておきながら、このような結果となりましたこと、深くお詫び申し上げます」メール本文

●使い方③「尽力」として自分の行為に使う:

  • 例文「ビジネスの拡大に尽力いたします」
  • 例文「アフリカ難民の救出に、尽力する所存でございます」
  • 例文「新しい業務の遂行に尽力して参ります」

「お力添え」の意味と使い方(ご尽力≠お力添え)

お力添えの意味は「(他人を)手助けすること」

「お力添え」の読み方は「おちからぞえ」。

「お力添え」の意味は「ある目的のために、力を尽くすこと」。もともとの単語「尽力」に尊敬語「お」を使うことで敬語にしています。

お力添えの使い方は「お礼」「お詫び」「お願い」などのシーン

「お力添え」の使い方は「ご尽力」とほとんど一緒。

「お礼」をともなうビジネスメール、ビジネス会話でよく使われます。一方でまったく逆の「お詫び・謝罪」のシーンでも使われます。さらには何かを「お願い」するときにも「手助けしてもらいたい」というニュアンスで使います。

たとえば、ビジネスメールや商談の冒頭・本文で以下のような使い方をします。

●使い方①お礼:

  • 例文「○○の件、お力添えをいただきありがとうございました」メール冒頭
  • 例文「お力添えいただき、心からお礼申し上げます」メール冒頭
  • 例文「お力添えを賜り、感謝申し上げます」メール冒頭

●使い方②お詫び・謝罪:

  • 例文「○○の件、お力添えいただいたにも関わらず、このような結果となり誠に申し訳ありません」メール冒頭or本文
  • 例文「お力添えをいただいておきながら、このような結果となりましたこと、深くお詫び申し上げます」メール本文

●使い方③お願い:

  • 例文「お力添えいただければ幸いです」
  • 例文「お力添えいただきたく存じます」

【違いは意味だけ】ご尽力・お力添え

「ご尽力」「お力添え」の違いは意味だけです。

使い方もほとんど同じように使えますので、使い分けする必要はありません。好みの問題で私は「お力添え」のほうをよく使いますかねぇ。なんとな~く「お力添え」のほうがマイルドな感じの印象なのです。

「力を尽くしてもらい(ご尽力いただき)、ありがとうございました」

「手助けをしてもらい(お力添えいただき)、ありがとうございました」

あなたはどちらがお好みでしょうか?

【例文】ご尽力・お力添えのビジネスメール全文

つづいて「ご尽力」「お力添え」を使ったビジネスメールの例文を紹介します。先にも述べたとおり、お礼・お詫び・謝罪のビジネスシーンでよく使われる表現となります。–つづく–