シェアしていただけると嬉しいです^ ^

「ご尽力」「お力添え」の意味とメールでの正しい使い方【例文あり】

「ご尽力」「お力添え」を正しく使えていますか?

「ご尽力(お力添えを)いただき誠にありがとうございます」って目上の人に使えるのでしょうか?そもそも「ご尽力・お力添え」の正しい意味って何?

また、もっとよい類語や目上の人に使える表現はないのでしょうか?そこで今回は「ご尽力」「お力添え」について誰よりも詳しく、かつ分かりやすく解説していきます。

※長文になりますので、時間の無い方は下の見出しより目的部分へお願いします。

ご尽力・お力添えの意味(ご尽力≠お力添え)

ご尽力の意味・使い方

「ご尽力(ごじんりょく)」の意味を辞書で調べると「ある目的のために、力を尽くすこと」の意味と書かれています。例文には「ご尽力いただき、お礼申し上げます」などがあります。

~尽力(ご尽力)~

ある目的の実現のために、力をつくすこと。努力すること。仕事などで力を出し尽くすこと。
※ご尽力は尽力に丁寧語「ご」をつけたもの。

お力添えの意味・使い方

いっぽう「お力添え(おちからぞえ)」の意味を辞書で調べると「力を貸すこと」の意味と書かれています。例文には「お力添えをいただき、ありがとうございました」などがあります。

~力添え(お力添え)~

他人の仕事を手助けすること。力を貸すこと。
※お力添えは力添えに丁寧語「お」をつけたもの。

ご尽力・お力添えの違い

使い方が似ているために、同じ意味だと勘違いされてしまう「ご尽力」「お力添え」。でもこの2つ、使い方は似ていても意味がまったく違います。

「尽力(力を尽くすこと)」は主語が自分もしくは他人、どちらも使えます。私が何かに尽力する、他人が何かに尽力する、という表現。

「力添え(手を貸すこと)」の主語は他人にしかなりません。他人が何か力添えする(手を貸す)とはなっても、私が力添えする(手を貸す)とは使わないわけで…。

そのあたりのことを間違えて「ご尽力」「お力添え」はどちらも「助ける」の敬語表現だ!!というトンデモ発言をしてしまっている人すらいます(苦笑)。おもしろいことに、これが一人や二人ではなく、たくさんいるのです。DeNA運営のWELQで「肩こりの原因が幽霊だ」というのと同じくらいのトンデモ発言なのですが…。

さて話は逸れましたが「ご尽力」「お力添え」の意味の違いを簡潔にまとめると、以下の通りになります。

ご尽力・お力添えの違い

●ご尽力(力を尽くすこと):自分が尽力する、他人に尽力してもらう

●お力添え(手を貸すこと):自分が力添えする、他人に力添えしてもらう

ご尽力・お力添えの使い方【メール例文】

ここまで「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と違いを見てきました。でも、この2つはどうやって使い分ければいいのでしょうか?「ご尽力」「お力添え」を使った例文で解説していきましょう。

ご尽力の使い方【メール例文】

ビジネスシーン①お礼:

「ご尽力」はビジネスメールや商談などで感謝の気持ちを述べるときに使います。主にビジネスメールの文頭の挨拶に使います。

  • ご尽力をいただき、誠にありがとうございます。(お礼)
  • ご尽力をいただき、心からお礼申し上げます。(お礼)
  • ご尽力賜り、感謝申し上げます。(お礼)

ビジネスシーン②決意表明:

「ご尽力」は自分が力を尽くすときに使います。

  • ビジネスの拡大に尽力いたします。(自分が力を尽くす)
  • 誠心誠意、尽力して参ります。(自分が力を尽くす)
  • アフリカ難民の救出に、尽力する所存でございます。(自分が力を尽くす)
  • 新しい業務の遂行に尽力して参ります。(自分が力を尽くす)

お力添えの使い方【メール例文】

ビジネスシーン①お礼:

「お力添え」はビジネスメールや商談などで感謝の気持ちを述べるときに使います。主にビジネスメールの文頭の挨拶、締めくくり(文末・結び)に使います。

  • お力添えをいただき、誠にありがとうございます。(お礼)
  • お力添えをいただき、心からお礼申し上げます。(お礼)
  • これもひとえに、皆様のお力添えのお蔭でございます。(お礼)
  • お力添えを賜り、誠にありがとうございました。(お礼)

ビジネスシーン②お願い:

「お力添え」はビジネスメールや商談などでお願いをしたいときに使います。主にビジネスメールの締めくくり(文末・結び)に使います。

  • お力添えいただきますよう、何卒宜しくお願いいたします。 (メール締め)
  • 皆様のお力添えをいただきながら、より一層の努力を重ねて参ります。 (メール締め)
  • 今後とも変わらぬお力添のほど、何卒よろしくお願いいたします。(メール締め)
  • △△の件につき、○○様のお力添えをいただきたく存じます。(お願い)

「ご尽力いただきたく存じます」は使えない?

「お願いをする」場面で「ご尽力」を使うのはイマイチだと思うので、上の例文には入れていません。ただし「○○様のご尽力をいただきたく存じます」という使い方も実際のビジネスメールでは見たことがあります。

「○○様のご尽力をいただきたく存じます」の意味を考えてみると「○○様に力を尽くしてもらいたい」を敬語にした表現となり、確かに通じます。でも、何かがおかしい。

ご尽力いただきたく存じます…NGに近い

「お力添えをいただきたく存じます」はしっくりくるけど、「ご尽力をいただきたく存じます」はしっくりと来ないですね。※これは単なる個人的な見解です。使っている人もいます。

そもそも、目上の人に「力を尽くして欲しい!!」「手を貸して欲しい!!」というのが間違いなのか?ということで次項で考察します。

ご尽力・お力添えは目上の人に使える?

まずは結論ですが、「ご尽力」「お力添え」ともに敬語であり、目上の人にも使えます。ただし、前項で示したとおり「ご尽力」はお礼の場面ではよくても、お願いの場面ではイマイチ。理由は、なんとなくしっくりと来ないからです。※現時点では論理で説明することができません、単なる営業マンキャリアでの経験則です。

ご尽力・お力添えの使い分け

導入部で述べた通り「ご尽力」「お力添え」の意味は異なります。が、使われ方は似ています。この記事で述べたことのまとめとして「ご尽力」「お力添え」の使い分けについて整理しておきましょう。例文は割愛します。

  • ビジネスシーン①感謝・お礼をする:「ご尽力」「お力添え」のどちらも使える
  • ビジネスシーン②お願いをする:「お力添え」のみ使う

ご尽力・お力添えの類語

最後に「ご尽力」「お力添え」の類語について整理しておきましょう。「ご尽力」「お力添え」は違う意味なので、それぞれ分けて考えます。

ご尽力の類語と例文

  • 二度と同様のことが起きないよう再発防止に誠心誠意、努めて参ります。(力を尽くす)

お力添えの類語と例文

  • ご支援をいただき、誠にありがとうございました。(お礼)
  • この度は選挙活動にご協力いただき、心よりお礼申し上げます。(お礼)
  • この度はお手伝いいただき、誠にありがとうございました。(お礼)

▼▼▼▼▼▼

う~~ん、どれも微妙な表現です…。「ご支援」「ご協力」くらいは使えるかもしれませんが「お力添え」に勝る言い回しはないですね。

まとめ

今回は「ご尽力」「お力添え」の使い方と違い・注意点について、これでもかというくらい語ってみました。

この2つの敬語はとても便利で、ビジネスメールの文頭や締めくくり(文末・結び)で活躍します。まぁ、別に敢えて使わなくても「何卒よろしくお願いいたします」ですべて完結できるのですけどね…。

ということで、ビジネスシーンでちょっと普通の言い回しに飽きてきたなぁ~~と思ったら、お礼やお願いする際に使ってみてください。ではでは〜〜。

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません