シェアしていただけると嬉しいです^ ^

「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」の意味と違い・使い方【例文あり】

「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」の意味と使い方、違い、注意点について例文つきで誰よりも詳しく解説していく記事。忘年会、新年会、異動の挨拶、退職の挨拶など、あらゆるビジネスシーンで使われる「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」ですので、マスターしておきましょう。

※長文になりますので、時間の無い方は下の見出しより目的部分をクリックしてください。

「ご健勝」の意味と使い方

「ご健勝」の読みは「ごけんしょう」。

「ご健勝」の意味は「健康で元気なこと」 。

一つずつ分解してみると「ご」は丁寧語。「健」は「健やか(すこやか)で健康である」の意味。「勝」は「勝つ、まさる、すぐれている」の意味。したがって、これらを併せると「すこやかに・すぐれている = とってもとっても健康」という意味になります。

「ご健勝」の使い方・例文

主にメールや手紙の文末で締めくくりとして使われます。他にも、年末・年始・忘年会・スピーチの締めくくに挨拶として使われます。社交辞令として相手の健康を気遣いたい場面であれば、たいていは使えます。くわえて「目上の方 ⇄ 目下の人」どちらにも使えます。

  • ご健勝のこととお慶び申し上げます。(前文)
  • 春暖の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。(前文)
  • 皆様のご健勝をお祈りいたします。(文末・締め)
  • 皆様のご健勝と、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。(文末・締め)
  • 皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。(文末・締め)
  • 皆様のご健勝とご活躍を、心よりお祈り申し上げます。(文末・締め)

「ご多幸」の意味と使い方

「ご多幸」の読みは「ごたこう」。

「ご多幸」の意味は「とても幸せであること」。

一つずつ分解してみると「ご」は丁寧語。「多」は「多い」の意味。「幸」は「しあわせ」の意味。したがって、これらを併せると「しあわせが多い=とても幸せである」という意味になります。

「ご多幸」の使い方・例文

「ご多幸」の使い方は先ほどの「ご健勝」と同じく、主にメールや手紙の文末で締めくくりとして使われます。他にも、年末・年始・忘年会・スピーチの締めくくに挨拶として使われます。「ご多幸」は単体ではあまり使われず「ご健勝」との併用が多いことに注意してください。くわえて「目上の方 ⇄ 目下の人」どちらにも使えます。

  • ○○様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。(文末・締め)
  • 皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。(文末・締め)
  • 皆様のご健勝とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。(文末・締め)
  • ○○様とご家族の、ますますのご多幸をお祈り申し上げます。(文末・締め)
    → 健やかで幸せに過ごせることを、祈っています。という意味

「ご活躍」の意味と使い方

「ご活躍(ご活躍)」は「活躍」に「ご」をつけ、丁寧語にしたものです。

「ご活躍」の意味は「相手の活発な行動、それによる成果」のこと。

「ご活躍」は目上の人に使ってよいし、目下にも使える

「ご活躍」は目上 → 目下の人へ使う表現で、目下 → 目上の方へ使わないほうがよい、とい意見があります。おそらく「活躍 ≒ まぁ頑張ってくれよ!」みたいな意味を連想させるからでしょう。

ただ実際のとことは目上 ⇄ 目下、どちらにも使えます。

理由は丁寧語「ご」をつけていからで、敬語として十分に丁寧な表現になっています。また、よく使う例文「ご活躍をお祈りいたします」の意味を考えると「お仕事での成果を祈っています」ということなので、なんら問題のない敬語です。

いっぽうで「ご活躍」は目上 → 目下(上司→部下など)にも使える表現。私自身、異動の際に上司から「ご活躍」を使ったビジネスメールを貰ったことがあります。

「ご活躍」の使い方・例文

「ご活躍」の使い方は先ほどの「ご健勝」「ご多幸」と同じく、主にメールや手紙の文末で締めくくりとして使われます。「ご活躍」は特にお別れの場面で「これからも仕事で成果をだせるように祈ってますよ、頑張って下さい」の意味で使われます。ビジネスシーンでは退職者へのエール、転勤者へのエールなどで使うことができます。

  • ○○様の益々のご活躍をお祈りいたします。(文末・締め)
  • ○○様のご活躍をお祈りいたします。(文末・締め)
  • ○○様のご活躍を祈念しております。(文末・締め)
  • ○○様の今後のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。(文末・締め)
  • 皆様のご健勝とご活躍を、心よりお祈り申し上げます。(文末・締め)
    → どんなときにも使える万能の締めくくり例

ご健勝・ご多幸・ご活躍の使い分け

ビジネスメールや手紙の締めくくりでは、「ご活躍」「ご多幸」「ご健勝」どれを使ったらよいか、迷ってしまいますね…。そこで、一応なんとな~くですが、よくあるビジネスシーンごとに相応しい表現を考えました。

ちなみに相手が不特定多数であれば「皆様」を使い、特定の誰かへ向けたメールやスピーチであれば「○○様」とします。

ご健勝・ご多幸;どんなビジネスシーンでも使える

「ご健勝」「ご多幸」はシーンを選ばずに使える万能の表現です。たとえば以下のようなビジネスシーンで使うとよいでしょう。

  • お礼状(メール、手紙)
  • 年賀状(取引先むけ)
  • スピーチ(結婚、忘年会、新年会)
  • 転勤者・転職者・退職者との別れ

ご活躍;お別れが発生するビジネスシーンで使う

いっぽう「ご活躍」は誰かとの別れが発生するビジネスシーンで使います。お別れでもないのに「ご活躍をお祈り申し上げます=頑張ってください」を使ってしまうと、イマイチですね。たとえば以下のようなビジネスシーンで使うとよいでしょう。

  • 別れのスピーチ(退職者⇔現役、転勤者⇔現役)
  • 別れのメール、手紙(退職者⇔現役、転勤者⇔現役)

目下へ使うときは?目上の方へ使うときは?

「ご活躍」「ご多幸」「ご健勝」は丁寧語ですね。

ということは、目上 → 目下(上司から部下など)に使うのっておかしい?

「ご活躍をお祈り申し上げます」って何か上から目線に感じるけど、目上の人に使っても失礼にならない?

という質問をいただくことがあります。

結論としては、あなたが上司にメールで退職の挨拶をする場合でも、目下の部下に対してスピーチする場合にも「ご活躍」「ご多幸」「ご健勝」は使えます。その理由は、相手の健康を気遣ったり、家族の幸せを気遣ったり、仕事の成功を祈ったりするのに、目上も目下も関係ないからです。上司が部下の健康を気遣う・祝うために「ご健勝」を使ったとしても、なんら問題ないでしょう。

「~を祈念申し上げます」と併用してもよい?

先の例文では「~~お祈り申し上げます」「~~お祈りいたします」との併用で例文を作成いたしました。

いっぽう「ご活躍を祈念申し上げます」「ご健勝を祈念いたします」という表現も目にしたり、耳にします。これって正しい使い方でしょうか?

「祈念する」の意味は辞書によると「目的の達成を念じる」とあります。ということで「祈念する」「祈る」のどちらも近い意味で同じように使えます

ちなみに使い方は「祈念する」を謙譲語にし「祈念申し上げます」「祈念いたします」となります。

ところが「祈念する」を使うのはおかしい、と言う人がいます(苦笑)。祈念って神様にお祈りする意味だから、変だよねってことらしいですが…。それを言うなら「祈る」も同じくおかしな表現になってしまいます。

「来年の優勝を祈念して、乾杯!!」とか、普通にしゃべり言葉として使っても違和感はありません。

混同注意!!ご健勝≠ご清栄

「ご健勝」と同じように使える言葉として「ご清栄」が紹介されています。ですが、これは間違いなので気をつけましょう。ご健勝 ≠ ご清栄です。

違いは「ご健勝」は個人にしか使えませんが、「ご清栄」は個人の他に企業や団体に対しても使えるところ。※ご清栄は個人にも使えますが商売繁盛の意味もあるため、どちらかというと企業・団体を主語に使います。

基本に戻って意味を考えると、ご健勝は「健康に過ごす」、ご清栄は「健康に過ごし、商売も上手くいく」という意味です。したがって同じ意味では使えません。

まとめると「ご清栄」という言葉の中に「ご健勝」も含まれるイメージですので、ご留意ください。また他にも「ご健勝」と似たような挨拶の使い分けを以下にまとめておきます。

ご健勝/ご清栄/ご盛栄/ご清祥/ご発展/ご隆昌の使い分け

  1. 個人に対してのみ使う:ご健勝・ご清祥
    → 健勝・清祥は「健康で健やかに過ごす」という意味なので人に対して使う
  2. 企業や団体に対して使う:ご盛栄・ご発展・ご隆昌・ご清栄
    → 盛栄・発展・隆昌は「商売が繁盛する」という意味なので企業や団体に使う場合が多い
  3. どちらにも使える:ご清栄
    → 清栄は「相手の無事と繁栄を喜ぶ挨拶」とありますので、個人に使っても団体に使っても大丈夫です。が、どちらかというとビジネスよりですね…。

ご健勝・ご多幸・ご活躍を用いたメールの例(全文)

最後に「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」を用いたメールや手紙の全文を紹介しましょう。

全文①転職による退職メール

拝啓 ○○○○(季語) 皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて 私こと
○月○日付にて、○○株式会社を退職することになりました。
本来であれば、直接伺いご挨拶すべきところ、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。○年短い期間ではございましたが、皆様方のご厚情に支えられながら大過なく勤めさせていただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
また、退職に際しましては、温かい惜別やお励ましのお言葉を頂きまして、本当にありがとうございました。○○株式会社での経験を糧として次の人生へ生かしていきたいと思います。
改めましてこれまでのご厚情に深謝するとともに、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。     敬具

全文②定年退職

謹啓 ○○○○(季語) 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて 私こと
○月○日付をもちまして、○○課を最後に○役所を定年退職いたしました。
○○年間の在職中、皆様から公私にわたる温かいご指導とご厚情を賜り職務を全うすることが出来ました。心から感謝と御礼を申し上げます。
これからは私なりに健康に留意し、第二の人生をより楽しく歩んで参りたいと存じますので、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げお礼旁々退職の挨拶といたします。  敬具

全文③退職メール

謹啓 ○○○○(季語) 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて 私こと
○月○日付にて、○○株式会社を退職することになりました。
本来であれば、直接伺いご挨拶すべきところ、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。○年短い期間ではございましたが、皆様方のご厚情に支えられながら大過なく勤めさせていただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
また、退職に際しましては、温かい惜別やお励ましのお言葉を頂きまして、本当にありがとうございました。○○株式会社での経験を糧として次の人生へ生かしていきたいと思います。
末筆ながら皆様のご健勝とご活躍を心からお祈り申し上げ、お礼かたがたご挨拶と致します。  敬具

▼▼▼▼▼

「拝啓(謹啓)~時候の挨拶~本文~敬具」という形式ばった文章を使いましたが、ビジネスメールで社内へ発信する場合にはもう少しカジュアルで大丈夫です。具体的には「拝啓(謹啓)~時候の挨拶~本文~敬具」の部分を「お疲れ様です。~本文~日付・名前」という形式にしてみたり、いろいろとカスタマイズできます。

※形式は変えてもよいですが、敬語の使い方は変更しないでください。

まとめ

これでもかというくらい「ご健勝」「ご活躍」「ご多幸」について、語ってみました。挨拶で使える言葉というのは、めったに使わないので、使い分けが難しいですね…。

これはもう、ありとあらゆる場面を経験し、分からなかったら都度確認して慣れていくしかないです。一番悪いのは、調べないで適当に挨拶を使ってしまうことです。

頭でどうこうなるものではないので是非、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。ではでは~~。

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません