「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」の意味と違い・使い方【例文あり】

「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」の意味と使い方、違い、注意点について例文つきで誰よりも詳しく解説していく記事。

忘年会、新年会、異動の挨拶、退職の挨拶など、あらゆるビジネスシーンで使われる「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」ですので、マスターしておきましょう。

※記事が想定外に長くなってしまったので、まず簡単に要点をまとめます。

◎「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」の意味:
●ご健勝(読み:ごけんしょう):健康で元気なこと
●ご多幸(読み:ごたこう):とても幸せであること
●ご活躍:活発な行動と、それによる成果

◎「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」の使い方:
ビジネスメール、とくに公式な挨拶メールの文末に締めくくりとして使われます(くわしくは本文中にて)。たとえば退職の挨拶・転勤の挨拶・忘年会の挨拶など、しばらく会わないであろう相手に使うケースが多いです。
●例文「皆様のご健勝をお祈り申し上げます」
●例文「皆様とご家族のご多幸をお祈り申し上げます」
●例文「皆様の今後のご活躍をお祈り申しあげます」

◎「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」の違い、使い分け:
意味が少しずつ違うため、私は以下のように使い分けします。
●ご健勝、ご多幸 = どんな時でも使える万能な挨拶表現
●ご活躍 = 相手にエールを送りたいときに使う(例:お別れのシーンなど)
※「ご活躍を期待しております」は目上の人にとても失礼なので、「ご活躍をお祈り申し上げます」とします。

ざっくりとした解説はこれにて完了ですが、

本文中ではとくに「なぜ?」という部分をくわしく見ていきましょう。

「ご健勝」の意味と使い方

「ご健勝」の読みは「ごけんしょう」。

「ご健勝」の意味は「健康で元気なこと」 。

一つずつ分解してみると「ご」は尊敬語。「健」は「健やか(すこやか)で健康である」の意味。「勝」は「勝つ、まさる、すぐれている」の意味。したがって、これらを併せると「すこやかに・すぐれている = とってもとっても健康」という意味になります。

「ご健勝」の使い方・例文

主にメールや手紙の文末で締めくくりとして使われます。他にも、年末・年始・忘年会・スピーチの締めくくに挨拶として使われます。社交辞令として相手の健康を気遣いたい場面であれば、たいていは使えます。くわえて「目上の方 ⇄ 目下の人」どちらにも使えます。

  • 例文「ご健勝のこととお慶び申し上げます」ビジネスメール挨拶
  • 例文「春暖の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」ビジネスメール季節の挨拶
  • 例文「皆様のご健勝をお祈りいたします」メール締め・結び
  • 例文「皆様のご健勝と、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」メール締め・結び
  • 例文「皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」メール締め・結び
  • 例文「皆様のご健勝とご活躍を、心よりお祈り申し上げます」メール締め・結び

「ご多幸」の意味と使い方

「ご多幸」の読みは「ごたこう」。

「ご多幸」の意味は「とても幸せであること」。

一つずつ分解してみると「ご」は尊敬語。「多」は「多い」の意味。「幸」は「しあわせ」の意味。したがって、これらを併せると「しあわせが多い=とても幸せである」という意味になります。

「ご多幸」の使い方・例文

「ご多幸」の使い方は先ほどの「ご健勝」と同じく、主にメールや手紙の文末で締めくくりとして使われます。他にも、年末・年始・忘年会・スピーチの締めくくに挨拶として使われます。「ご多幸」は単体ではあまり使われず「ご健勝」との併用が多いことに注意してください。くわえて「目上の方 ⇄ 目下の人」どちらにも使えます。

  • 例文「○○様のご健勝とご多幸をお祈りいたします」ビジネスメール締め・結び
  • 例文「皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」締め・結び
  • 例文「皆様のご健勝とご多幸を、心よりお祈り申し上げます」締め・結び
  • 例文「○○様とご家族の、ますますのご多幸をお祈り申し上げます」締め・結び
    → 健やかで幸せに過ごせることを、祈っています。という意味

「ご活躍」の意味と使い方

「ご活躍(ごかつやく)」は「活躍」に尊敬語「ご」をつけ、敬語にしたものです。

「ご活躍」の意味は「相手の活発な行動、それによる成果」のこと。

「ご活躍」は目上の人に使ってよいし、目下にも使える

「ご活躍」は目上 → 目下の人へ使う表現で、目下 → 目上の方へ使わないほうがよい、とい意見があります。おそらく「活躍 ≒ まぁ頑張ってくれよ!」みたいな意味を連想させるからでしょう。

ただ実際のとことは目上 ⇄ 目下、どちらにも使えます。

理由は尊敬語「ご」をつけていからで、敬語として十分に丁寧な表現になっています。また、よく使う例文「ご活躍をお祈りいたします」の意味を考えると「お仕事での成果を祈っています」ということなので、なんら問題のない敬語です。

いっぽうで「ご活躍」は目上 → 目下(上司→部下など)にも使える表現。私自身、異動の際に上司から「ご活躍」を使ったビジネスメールを貰ったことがあります。

「ご活躍」の使い方・例文

「ご活躍」の使い方は先ほどの「ご健勝」「ご多幸」と同じく、主にメールや手紙の文末で締めくくりとして使われます。「ご活躍」は特にお別れの場面で「これからも仕事で成果をだせるように祈ってますよ、頑張って下さい」の意味で使われます。ビジネスシーンでは退職者へのエール、転勤者へのエールなどで使うことができます。

  • 例文「○○様の益々のご活躍をお祈りいたします」ビジネスメール締め・結び
  • 例文「○○様のご活躍をお祈りいたします」締め・結び
  • 例文「○○様のご活躍を祈念しております」締め・結び
  • 例文「○○様の今後のご活躍を、心よりお祈り申し上げます」締め・結び
  • 例文「皆様のご健勝とご活躍を、心よりお祈り申し上げます」締め・結び
    → どんなときにも使える万能の締めくくり例

ご健勝・ご多幸・ご活躍の使い分け

ビジネスメールや手紙の締めくくりでは、「ご活躍」「ご多幸」「ご健勝」どれを使ったらよいか、迷ってしまいますね…。そこで、一応なんとな~くですが、よくあるビジネスシーンごとに相応しい表現を考えました。

ちなみに相手が不特定多数であれば「皆様」を使い、特定の誰かへ向けたメールやスピーチであれば「○○様」とします。

どんなビジネスシーンでも使える「ご健勝・ご多幸」

「ご健勝」「ご多幸」はシーンを選ばずに使える万能の表現です。たとえば以下のようなビジネスシーンで使うとよいでしょう。

  • お礼状(メール、手紙)
  • 年賀状(取引先むけ)
  • スピーチ(結婚、忘年会、新年会)
  • 転勤者・転職者・退職者との別れ

お別れが発生するビジネスシーンで使う「ご活躍」

いっぽう「ご活躍」は誰かとの別れが発生するビジネスシーンで使います。お別れでもないのに「ご活躍をお祈り申し上げます=頑張ってください」を使ってしまうと、イマイチですね。たとえば以下のようなビジネスシーンで使うとよいでしょう。

  • 別れのスピーチ(退職者⇔現役、転勤者⇔現役)
  • 別れのメール、手紙(退職者⇔現役、転勤者⇔現役)

目下へ使うときは?目上の方へ使うときは?

「ご活躍」「ご多幸」「ご健勝」は尊敬語ですね。

ということは、目上 → 目下(上司から部下など)に使うのっておかしい?

という質問をいただくことがあります。

結論としては、あなたが上司にメールで退職の挨拶をする場合でも、目下の部下に対してスピーチする場合にも「ご活躍」「ご多幸」「ご健勝」は使えます。

その理由は、相手の健康を気遣ったり、家族の幸せを気遣ったり、仕事の成功を祈ったりするのに、目上も目下も関係ないからです。

上司が部下の健康を気遣う・祝うために「ご健勝」を使ったとしても、なんら問題ないでしょう。ただし使い方によっては失礼にあたることもありますので、十分にご注意ください(次項より解説)。

「ご活躍を期待しております」は目上の人に失礼!

「ご活躍」を使った例文で目上の人に失礼となってしまう表現があります。–つづく–