「ご持参いただく vs くださる」意味と敬語・使い分け

① ご持参いただく

vs.

② ご持参くださる

の敬語、意味と違い、目上・上司・取引先への使い方、注意点についてビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説していく記事。

まずは基本。

「ご持参いただく vs ご持参くださる」の意味はそれぞれ

  1. ご持参いただく → 持ってきてもらう
  2. ご持参くださる → 持ってきてくれる

どちらも正しい敬語であり使い方はたとえば…

  • 【例文】ご持参いただきますようお願い致します
  • 【例文】ご持参いただきありがとうございます
  • 【例文】ご持参くださいますようお願い申し上げます
  • 【例文】ご持参くださいましてありがとうございます

※ 「ますよう」は丁寧語”ます”+「ように」

のようにしてメールに使うと、上司・目上やビジネスパートナーに使えるすばらしい敬語フレーズになります。

使い方はおもにビジネスシーンでなにかしら持ってきてほしいとき。依頼・お願いにつかう敬語フレーズです(ほかにもお礼シーンなどいろいろ使えます)。

どちらをつかっても丁寧な敬語であり使い分けの必要はありません。

その根拠については本文にて。

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、本文中ではメール例文をまじえながらくわしく進めていきます。

※長文になりますので時間の無い方は「見出し」より目的部分へどうぞ。

意味・敬語の違い

まずは「ご持参いただく vs ご持参くださる」の意味と敬語における違いについて簡単に。

ようは「持参してもらう vs 持参してくれる」ということなのですが、あまりに乱暴なのでもう少しくわしく解説します。

ご持参の意味は「持っていく・持ってくること」

ご持参(読み:ごじさん)の意味は…

「持っていくこと・持ってくること」

「持参」に尊敬語or謙譲語の「お(ご)」を使うと「ご持参」という敬語の完成。

「自分がご持参する」のであれば謙譲語の「お(ご)」

上司・目上・社外取引先などの「相手がご持参くださる」のであれば尊敬語の「お(ご)」

というように2パターンあります。

“ご持参いただく”の意味・敬語

「ご持参いただく vs ご持参くださる」の違い

まず

「ご持参いただく」の辞書的な意味は…

「持ってきてもらう」であり、おもにビジネスシーンでなにかしら持ってきてほしいとき。依頼・お願いにつかう敬語フレーズです。もちろんお礼などにも使えます。

「ご持参いただく」の敬語を細かくみていくと、以下のような成り立ちです。

  1. 元になる語は“持参”
  2. “〜してもらう”の謙譲語「お(ご)〜いただく」で「ご持参いただく」

謙譲語をつかい、この上なく丁寧な敬語フレーズとなっていることがわかります。

こうすると「ありがたくも持参してもらう」というようなニュアンスになります。

したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。

ちなみに「ご持参」の「お(ご)」は謙譲語と尊敬語の使い方があります。ここでは「自分が〜してもらう」というように自分を主語にしているため謙譲語としての使い方です。

“ご持参くださる”の意味・敬語

「ご持参いただく vs ご持参くださる」の違い

つづいて

「ご持参くださる」の辞書的な意味は…

「持ってきてくれる」であり、ビジネスシーンでなにかしら持ってきてほしいとき。依頼・お願いにつかう敬語フレーズです。もちろんお礼などにも使えます。

「ご持参くださる」の敬語を細かくみていくと、以下のような成り立ちです。

  1. 元になる語は“持参”
  2. “〜してくれる”の尊敬語「お(ご)〜くださる」で「ご持参くださる」

尊敬語をうまくつかい、この上なく丁寧な敬語表現となっていることがわかります。

こうすると「ありがたくも持参してくれる」というようなニュアンスになります。

ちなみに「ご持参」の「お(ご)」は謙譲語と尊敬語の使い方があります。ここでは「相手が〜してくれる」というように相手を主語にしているため尊敬語としての使い方です。

違いと使い分け

ここまで意味と敬語についてみてきました。

さて「ご持参いただく vs ご持参くださる」の違いにお気づきでしょうか?

どちらも結局のところ言いたいことは同じ。

「持ってきてほしい」

と言いたいわけですが…

  • “ご持参いただく“だと意味は「持ってきてもらう」
    →敬語は謙譲語「お(ご)〜いただく」

vs.

  • “ご持参くださる“だと意味は「持ってきてくれる
    →敬語は尊敬語「お(ご)〜くださる」

というように意味と敬語の使い方が違います。

いい加減しつこいのですが、だからといって言いたいことは全く同じなわけです。

したがって、

敬語の使い方には違いはあれど、どちらもひとしく丁寧な敬語であり目上・上司・社外取引先につかえるフレーズです。

ただ少しニュアンスの違いというか敬語の使い方が違うよ、ということですね。

ちなみにビジネスメール結びとして一般的なのは「ご持参くださる」のほうですが、心底どちらでも差し支えありません。

敬語”~いただく vs くださる”の違いをもっと!

せっかくですので「~いただく」「~くださる」の違いをもっと考えてみます。

たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう

すると…

「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」
「ご容赦いただきますようお願い申し上げます」

「ご了承くださいますようお願い申し上げます」
「ご了承いただきますようお願い申し上げます」

「ご持参くださいますようお願い申し上げます」
「ご持参いただきますようお願い申し上げます」

こんな敬語フレーズをよく使います。

実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です…
「いただく」としても丁寧ではありますが…

ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。

「たいそうなお品をくださりありがとうございました」
「たいそうなお品をいただきありがとうございました」

もうひとつ、

「いつもご利用くださりありがとうございます」
「いつもご利用いただきありがとうございます」

上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。

ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

結び・締めに使うフレーズとしては「くださる」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。

ただし何度もしつこいのですが…

本来であればどれも丁寧な敬語であり、使い分けする必要はありません。

【補足】敬語の種類(ざっくり復習)

① 尊敬語とは?
相手をうやまって使う敬語の一種。
相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。

敬語の種類はほかに②謙譲語、③丁寧語がある

② 謙譲語とは?
自分をへりくだって下にすることで、相手への敬意をあらわす敬語。
自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。

③ 丁寧語とは?
いわゆる「です・ます」口調のこと。

“ご持参いただく”は間違い敬語?

少し話はそれますが「いただく」が謙譲語として誤りだという指摘があります。

間違いだという指摘の根拠は、

  1. “いただく”は「もらう」の謙譲語
  2. 謙譲語は自分の動作を低めて相手を敬うため、基本は自分の行為にしか使えない
  3. “ご持参する”のは相手だから…
  4. “ご持参いただく”は相手の行為に謙譲語を使うことになり、おかしい?

ということです。

正しい敬語である根拠

まずは結論だけ述べますが「ご持参いただく」は間違った謙譲語ではありません。

「ご持参いただく」は 「私が相手に持ってきてもらう」という意味。

もっとかみ砕くと

「ありがたくも私が相手に持ってきてもらう」というようなニュアンスになります。

自分が上司・目上・取引先など相手に「〜してもらう」の主語は自分であるハズ。したがって自分を低めて上司・目上・取引先をたてる謙譲語「いただく」をつかいます。

ちなみに尊敬語をつかって相手の行為をたてるのであれば…

「ご持参くださる=相手が持ってきてくださる」をつかえばOK。

謙譲語にも”お(ご)”という使い方がある

ややこしいので基本的な敬語の使い方についてくわしく解説を。

じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お(ご)」の使い方があります。

謙譲語としての「お(ご)」の使い方はたとえば、

  • 会議日程のご連絡
  • 忘年会開催のお知らせ
  • 販売状況のご報告
  • 転勤のご挨拶
  • 貴社ご訪問のお願い

こんな感じのフレーズがあります。よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。

ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お(ご)」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。

これは、

謙譲語「お(ご)」の使い方を知らないためにくる勘違いです。

尊敬語の「お(ご)」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。

いっぽうで尊敬語の「お(ご)」は、「部長が戻りになりました」などのようにして、相手の行為をうやまって使う敬語です。

謙譲語の一般形まとめ

謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。

他にもセットで謙譲語として覚えておくと役に立つフレーズを以下にまとめます。

  1. お(ご)〜する
    お(ご)〜します
  2. お(ご)〜いたす
    お(ご)〜いたします
  3. お(ご)〜いただく
    お(ご)〜いただきます
  4. お(ご)〜差し上げる
    お(ご)〜差し上げます
  5. お(ご)〜申し上げる
    お(ご)〜申し上げます
  6. お(ご)〜させていただく
    お(ご)〜させていただきます

※「させていただく」は日本語としておかしい表現になる時もあり何でもかんでも使える訳ではない

「〜」の部分にイロイロな語がきて謙譲語になります。たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。

また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。

ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。

“ご持参賜る”としても丁寧

「ご持参いただく vs ご持参くださる」と似たような敬語には

「ご持参賜る(たまわる)」もあります。

言いたいことはどれもおなじく「持ってきてもらう・持ってきてくれる」なのですが…

よりかしこまったビジネスシーンでは「賜る」を使います。

賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使いますね。

ただし普段のビジネスメールでは必要のない敬語フレーズ。

使い方にはたとえば、

  • 例文「ご持参賜りますようお願い申し上げます」
  • 例文「ご持参賜りますようお願い致します」

などあり。

「お(ご)~賜る」「お(ご)~いただく」はどちらも「〜してもらう」の謙譲語であり、かしこまり度合いが違うだけです。

ビジネスメールでは”ご持参のほど”もよく使う

他にもビジネスメールでよく使う敬語には「ご持参のほど」もあります。

ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。

そこで活躍するのが「ご持参のほど~」です。

使い方にはたとえば、

  • 例文「ご持参のほどお願い申し上げます」
  • 例文「ご持参のほどお願い致します」

などあり。

“ご持参のほど”の「ほど」ってどんな意味?

ここで「ご持参のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。

断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。

もともと、とくに深い意味はありません。

ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。

ちなみに「ご持参の程」というように漢字をもちいてもOK。あなたのお好みでお使いください。

使い方・ビジネスメール例文【全文】

つづいて「ご持参くださる vs ご持参いただく」の使い方をビジネスメール例文で紹介します。

目上・上司にはもちろんのこと、社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。ご参考にどうぞ。

基本の使い方

例文に行くまえに…

もっとも基本となる「ご持参くださる・ご持参いただく」の使い方をビジネスシーンごとに簡単に解説しておきます。

① 相手に「持ってきてほしい・持ってきてもらいたい」ときは…

  • 【例文】ご持参いただきたく存じます
  • 【例文】ご持参いただきますようお願い申し上げます
  • 【例文】ご持参くださいますようお願い申し上げます
  • 【例文】ご持参のほどお願い申し上げます
  • 【例文】ご持参いただければ幸いです
  • 【例文】ご持参いただけますか/ますでしょうか?

※ 「存じます」は「思います」の意味の謙譲語

※「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」

② 相手に「持参ありがとう!」とお礼するときは…

  • 【例文】ご持参ありがとうございます
  • 【例文】ご持参いただきありがとうございます
  • 【例文】ご持参くださいましてありがとうございます

③ 自分が「持参します!」と言いたいときには…

  • 【現在形】ご持参します/(ご)持参いたします
  • 【過去形】ご持参しました/(ご)持参いたしました
  • 【進行形】ご持ってきております/(ご)持参いたしております
  • 【希望①】ご持参したく思います/(ご)持参いたしたく思います
  • 【希望②】ご持参したく存じます/(ご)持参いたしたく存じます

※「存じます」は「思います」の意味の謙譲語

※(ご)とした例文は省略可

おもにはこんな感じの使い方があります。

それぞれの意味や敬語の使い方など、くわしい解説は本文の一番最後にあります。

すべての使い方を例文で紹介しているとそれだけで日が暮れるため、少しだけにしておきます。

例文①懇親会の案内ビジネスメール

メール件名:懇親会のご案内

営業部の皆さま (社内)

お疲れ様です。

さて首記の件、日頃のご慰労をかねて下記のとおりに懇親会を開催いたします。

ご多忙の折ではございますが、日ごろの業務を離れて楽しいひと時にしたいと考えており、ぜひご参加いただければと存じます。

また当日は正月気分を盛り上げるため、ゲームおよびプレゼント交換を企画いたしております。

金額の過多はとくに設けておりませんが、当日にお品をご持参くださいますようお願い申し上げます。

なお準備の都合により、
今週中にご出欠の返答をいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

①日時:1月20日(木)18:30~
※本社1階に18:00集合 → 移動
②場所:未定
※改めて連絡いたします
③会費:目安5000円/人(当日精算)
④プレゼント交換
※当日にご持参ください
⑤緊急連絡先:
・xxx(幹事・ノマド)
・xxx(副幹事・野間子)

以上

営業部 ノマド

公式なメールで箇条書きを使うときには「記~箇条書き~以上」のようにする。「記」は中央ぞろえ、「以上」は右寄せだが、ビジネスメールでは相手のメール環境によってレイアウトが崩れるのでどちらも左寄せでよい

例文②研修案内ビジネスメール

メール件名:【4月28日】スキルアップ研修のご招待

株式会社ビジネス
人事部 ●●様 (社外ビジネス)

いつもお世話になっております。
転職・ノマドでございます。

さて、このたび弊社ではお取引様をご招待し、社員の皆さまのスキルアップに関する無料セミナーを開催いたします。

とくに管理職クラスの皆さまを対象としたセミナーとなっており、具体的には下記のプログラムを予定しております。

これを機にぜひご出席いただければと存じます。

なお、お申し込みは当日、会場にて賜っております。

添付「申込書」にご記入の上、当日ご持参くださいますようお願い申し上げます。

(省略)

以上

どうぞよろしくお願いいたします。

*********
メール署名
*********

ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ

あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。

ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご持参いただく vs ご持参くださる

ここでは、

ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。

+前置きに添えるフレーズを!

ビジネスメールの文末・結び・締めをより丁寧にするためのコツ。

「ご持参」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。

たとえば以下のようなフレーズがあります。

  • どうか
    例文「どうかご持参くださいますようお願い申し上げます」
    例文「どうかご持参くださいますようお願い致します」
    例文「どうかご持参いただければ幸いです」
    例文「どうかご持参いただければと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 何卒=どうか
    例文「何卒ご持参くださいますようお願い申し上げます」
    例文「何卒ご持参くださいますようお願い致します」
    例文「何卒ご持参いただければ幸いです」
    例文「何卒ご持参いただければと存じます。よろしくお願い申し上げます」

+気づかいの敬語フレーズもGood

ビジネスメールの文末・結び・締めをより丁寧にするためのコツ。

「ご持参」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。

たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。

  • 恐縮=申し訳なく思うこと
    「お忙しいところ恐縮ではございますがご持参〜」
    「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご持参〜」
    「たびたび恐縮ではございますがご持参〜」
  • 恐れ入る=申し訳なく思う
    「お忙しいところ恐れ入りますがご持参〜」
    「お忙しいところ大変恐れ入りますがご持参〜」
    「たびたび恐れ入りますがご持参〜」
  • お手数=お手間
    「お忙しいところお手数お掛けしますがご持参〜」
    「お忙しいところ大変お手数ではございますがご持参〜」
  • 勝手を申し上げる=自分勝手を言う
    「誠に勝手を申し上げますがご持参〜」
  • ご無理申し上げる = 無理を言う
    「ご無理申し上げますが、何卒ご持参のほどお願い申し上げます」
  • ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど
    「ご多忙とは存じますがご持参〜」

ビジネス会話・電話では”お持ちいただけますか?”

ビジネスメールではなく会話や電話シーンであれば…

「ご持参くださいますようお願い申し上げます」などは絶対につかいません。

長いうえに丁寧すぎて気持ち悪いですからね。

また「ご持参」というフレーズも会話シーンではすこし堅苦しい気がします。

そこでビジネス会話・電話では…

  • 【例文】お持ちいただけますか?
  • 【例文】お持ちいただけますでしょうか?
  • 【例文】お持ち願えますでしょうか?

※もちろん「お持ちください」「ご持参ください」としてもOK

といった質問フレーズをつかいましょう。

意味としては「持ってきてもらえますか?」であり、敬語をつかって丁寧な表現にしています。

「〜いただけますか?」サラッと言えるためビジネスシーンで重宝するフレーズです。

敬語の解説

お持ちいただけますか?」「お持ちいただけますでしょうか?

の敬語の成り立ちとしては…

  • “持つ”に「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」で「お持ちいただく」
  • 可能形にして「お持ちいただける」
  • さらに丁寧語”ます”で「お持ちいただけます」
  • 疑問形にして「お持ちいただけますか?」

“〜だろうか”の丁寧語「〜でしょうか」を使うと「お持ちいただけますでしょうか?」

どちらの表現も謙譲語をうまくつかい、このうえなく丁寧な敬語フレーズとなっていることがわかります。

したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。

どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。

参考記事

ビジネスシーン別”ご持参”の使い方・例文