シェアしていただけると嬉しいです^ ^

商社マンの激務な実態と理由。商社業界はとんでもなく激務だった!

スポンサーリンク

総合商社・専門商社どちらとも付き合いのある、化学素材メーカー営業マンからみた商社マンの激務な実態を語っていきます。

実は商社マンは激務な状態が普通になりすぎていて、感覚がマヒしてしまっています。部外者からみたら明らかに常軌を逸した行動をしているのに、自分たちは全然気づいていない・・・

ということで、部外者の私からみた商社マンの激務な実態と激務である理由について迫っていきます。

就職活動生や転職者のご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

サプライヤーと顧客のぱしり役=罰ゲーム

もし私が商社マンだとしたら、3カ月でうつ病になってしまうでしょう。

なぜなら、サプライヤーであるメーカーからはやって欲しいことを言いたい放題言われ、顧客からも言いたい放題言われるから。メーカーと顧客の便利屋として実務的な仕事を山のように押し付けられるので、激務になるのは当たり前です。

たとえば、このような内容の仕事ですね。

飲み会ばかりで帰ったら寝るだけ=罰ゲーム

「平日はほぼ毎日飲みだから、家に帰っても夕食用意されてないんですよ~。」

というのを自慢気に語る商社マンが非常に多いです。家族と夕食も共にできない働き方ってどうなの?って思いますが、本人がそれで満足しているのなら否定はしません。

ちなみに商社マンが飲み会の多い理由は以下の3つです。

①飲みニュケーションで人間関係を構築

▼商社はヒト意外は何も持たないので、当然、全ての商社マンが人間力で勝負することになります。人間関係の手っ取り早い構築の仕方は、飲み会を開くこと。これは日本のビジネスシーンでは常識です。それが嫌だと言う人は商社マン営業になる資格がありません。

②メーカーと顧客のどちらにも接待が必要

▼商社マンはサプライヤーであるメーカーに嫌われても仕事がなくなるし、顧客から嫌われたら当然、もっと仕事がなくなります。従って両方に頭を下げておく必要があります。

③人脈の維持と拡大

▼たとえ現時点で商売の無い相手でも、人付き合いを大事にするのが優秀な商社マン。いろんなヒトを知っているというのが商社マンのノウハウですので、自分の体と予算の許す限り夜の予定は必ず埋めておきます。

突然マージンを減らされたりクビになる=罰ゲーム

「もう○○さんの会社は要らないですよ、直接取引することにしますから。」商社マンにとってこれほど屈辱的なクビ宣告はないでしょう。

ここで言うクビとはあなたがクビになることではなく、商流から外されるということ。その瞬間に○億円の商権が一気にゼロになる可能性があります。

商社マンはクビにならないように、常にいろいろな策を巡らせてファンクションを発揮しておく必要があり、常にハードに仕事をしていないとダメです。当然、その結果として激務になります。

取り扱い商品と顧客数が多い

商社マンは客の数と商品の数がメーカーの比ではありません。

  • メーカー営業マンは1商品 x 顧客数(少)/人
  • 商社営業マンは100商品 x 顧客数(多)/人

どちらがより多くのプレッシャー(ストレス)を受けるか、すぐに分かりますね?

これは営業に限らず管理部門も同じ。客の数と商品の数に比例して仕事が増えます。

激務じゃない商社マンの特徴

でも、もちろんヒトと入る会社によって激務かそうでないかは決まってしまいます。

私が見てきた激務じゃない商社マンには、以下の特徴がありますね。

  • 最低限の仕事しかしない
  • レスポンスが遅い、忘れられていることすらある
  • 出世意欲がない
  • 接待をしない
  • 数名~100名程度。規模の小さい中小専門商社
  • 顧客を頻繁に訪問しない
  • 新しい商品を売り込まない

このようなヒトが商社マンをしている限り遅かれ早かれ顧客やサプライヤーからクビ宣告を受けるでしょうがね…一応まとめておきました。

まとめ

私の付き合いのある某有名専門商社では担当者が突然代わることがあります。

理由を聞いたらうつ病や精神的な病で休養中との事。こういうことが、たまにではなく結構な頻度で起こります。

商社に入社するような人は体育会系で鍛えられていたりタフな方が多いのですが、それでも病欠するって一体どれだけ激務なの?

まぁ商社マンは年収が高いのですから激務であっても仕方がないのでしょうが…

結論:年収ランキングの上位に位置する商社では、人間らしい生活を諦めたほうが良いでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません