「読む」の敬語変換|謙譲語と尊敬語、ビジネスメール例文、使い方

「読む」の敬語変換(謙譲語・尊敬語・丁寧語)と、

ビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい使い方、注意点について。ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

まずは要点のまとめから。

読む の謙譲語は…

①拝読する
②拝読いたす

※「拝読いたす」は二重敬語でNGとする考え方もあるため、無難に正しい敬語を使いたい方は「①拝読する」のみを使うとよい。

謙譲語は自分の行為につかうことが基本となるため、

  • (自分が)資料を拝読しました
  • (自分が)メールを拝読いたしました

として使います。もっと丁寧にするため丁寧語「ます」と組み合わせて「拝読します・拝読いたします」とするのが一般的。

読む の尊敬語は…

①お読みになる
②読まれる

過去形は「お読みになった」「読まれた」

いっぽうで尊敬語は相手の行為につかうことが基本となるため、

  • (上司が)資料をお読みになる
  • (上司が)メールを読まれる

として使います。

ただし、

尊敬語の「~れる・られる」は受身や可能の「~れる・られる」と間違われることもおおいため、「~なる」を使うほうが無難。そうすると尊敬語は「お読みになる」を使うのがベター。

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、本文中ではいろいろな例文を紹介しながら使い方、注意点について説明していきます。

読む の謙譲語「拝読する」使い方と例文

まずは「読む」の謙譲語「拝読する・拝読いたす」のビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい例文と使い方を紹介します。

【敬語の補足】
いたす は「する」の謙譲語

そもそも謙譲語とは?

念のため基本となる謙譲語とはなにか?について簡単に復習しておきます。

  • 謙譲語Ⅰ = 自分を低めることで行為のおよぶ先を高めて敬意を表す敬語のこと。
    例文「お伝えします」「お土産をいただく」「貴社へ伺う」
  • 謙譲語Ⅱ = 聞き手に敬意を表す敬語のことで「もうす」「おる」「まいる」「いたす」などがある。
    例文「母に申します」「海へ参ります」

2種類ありややこしく感じるかもしれませんが「①自分側を低めて相手を高める」か「②話し手に敬意を示すために使う」だと理解しておきましょう。

【出典】文化庁「敬語の指針」

使い方

「読む」の謙譲語「拝読する・拝読いたす」の使い方は先にのべたとおり、

「自分が誰か対象となる目上のヒトのなにかを拝読する」のようにして自分の行為・行動に使う謙譲語です。

自分を低くすることで対象を立てる・うやまう・高める敬語が謙譲語であるため、決して相手の行為にたいして謙譲語を使ってはいけません。

そうすると、

  • 正しい例文「資料を拝読しました」
  • 正しい例文「著書を拝読しました」
  • 正しい例文「メールを拝読しました」

のような感じで「自分が何かを読む」ときにつかいます。

一方でNGとなる使い方にはたとえば、

  • NG例文「部長、会議資料は拝読しましたか?」

のような例文はダメ。

目上のひとなり第三者が「〜を読む」としたいときには謙譲語ではなく尊敬語を使い「部長、会議資料はお読みになりましたか?」とします。

拝読いたす は二重敬語だから間違い?

「読む」の謙譲語には「拝読する」「拝読いたす」の2パターンあると解説しましたが…

拝読いたす は二重敬語にあたり間違いでは?という意見もあります。たしかに「拝読する」を謙譲語とすれば「拝読いたす」は謙譲語「拝読」に謙譲語「いたす」を使っていることになり二重敬語です。

ただ、

わたしは「拝読いたす」を使っても間違いではないと考えます。

なぜなら、

「拝読」は謙譲表現ではあるものの謙譲語とまでは言えないから。

「拝読いたす」を二重敬語で間違いだとするのであれば、おなじく謙譲表現をふくむ以下の表現もすべて二重敬語ですね…

  • 承知いたしました
  • 拝聴いたしました
  • 拝読いたしました
  • 拝受いたしました
  • 拝見いたしました

でも、これらの敬語はビジネスシーンではどの表現もフツーに使われます。ビジネスパーソンのつかう敬語って実は、わたしも含めてBroken敬語なのです。

ということで、

「拝読いたします」を使うか使わないかはご自身でお考えください。正しい敬語を無難に使いたいあなたは「拝読する」「拝読します・拝読しました」を使いましょう。

丁寧語「です・ます」を組み合わせると、より丁寧な敬語になる

「読む」の謙譲語「拝読する・拝読いたす」を使うときには、丁寧語「です・ます」を組み合わせるとより素晴らしい敬語になります。

すでに例文にはしていますが…

ビジネスシーンにおいては
「拝読しました・拝読いたしました」として使うとより丁寧です。というより、ほぼ100%こういった使い方をします。

読む の謙譲語はなぜ「お読みする」ではないのか?

ここでひとつ注意点を。

読む の謙譲語って「お読みする」あるいは「お読みいたす」であってもいいはず。謙譲語の基本が「お~する」「お~いたす」であるからです。

ただ、

このようなフレーズはビジネスシーンで使うことはありません。正直なところ理由は不明。せっかく「拝読」という素晴らしい謙譲語があるのですから、そちらを使いましょう。

例文

「読む」の謙譲語「拝読する・拝読いたす」のビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい例文まとめ。

  1. 例文「先般ご紹介いただいた書籍を拝読しました。新規ビジネスの進め方について改めて考えるきっかけとなり、大変勉強になりました。厚く御礼を申し上げます」
    ・使い方は「何かを読む」と言いたいときのビジネスメールや会話
    ・謙譲語を使うことで自分の行為を低くしメールの受け手を高めている
  2. 例文「お送りいただいた契約書を拝読しました。その中で以下の点につき確認事項がございます」
    ・使い方は「何かを読む」と言いたいときのビジネスメールや会話
    ・謙譲語を使うことで自分の行為を低くしメールの受け手を高めている
    ・いただく は「もらう」の謙譲語

読む の尊敬語「お読みになる・読まれる」使い方と例文

つづいて「読む」の尊敬語「お読みになる・読まれる」のビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい例文と使い方を紹介します。

使い方

「読む」の尊敬語「お読みになる・読まれる」の使い方は先にのべたとおり、

「目上の相手が何かをお読みになる」のようにして相手の行為・行動に使う尊敬語です。

相手を立てる・うやまう・高める敬語が尊敬語であるため、決して自分の行為にたいして尊敬語を使ってはいけません。尊敬語を自分の行為に使うと、自分で自分をうやまうことになってしまいます。

そうすると、

  • 正しい例文「部長、資料はお読みになりましたか?
  • 正しい例文「部長、今朝の新聞はお読みになりましたか?」

のような感じで「相手が読む」ときにつかいます。

一方でNGとなる使い方にはたとえば、

  • NG例文「部長、資料は拝読しましたか?」

のような例文はダメ。

目上のヒトが「読む」としたいときには謙譲語ではなく、相手の行為をうやまって高める敬語(尊敬語)を使います。

【補足】
新聞は「読む」なのか「見る」なのか難しいところ。「見る」と考えるのであれば「ご覧になる」を使い、「読む」と考えるのであれば「お読みになる」を使う。新聞は文字ばっかりだから「読む」の方が適切かとは思いますが…

お読みになる・読まれる どっち使う?

ここでひとつ注意点というか、まぎらわしいので少し解説を。

「読む」の尊敬語には、

①お読みになる
②読まれる

と2パターンあります。どちらとも正しい敬語なのですが「読まれる」は受け身や可能の「れる・られる」との混同をまねいてしまうため「①お読みになる」をつかうのが無難。

たとえば

「部長が私に手紙を送られました」

だと敬語なのかなんなのか、難しい表現になってしまいます。

そこで

「部長が私に手紙をお送りになりました」

のように「お・ご〜なる」という尊敬語を使うことをオススメします。

丁寧語「です・ます」を組み合わせると、より丁寧な敬語になる

繰り返しにはなりますが、

「読む」の尊敬語「お読みになる・読まれる」、丁寧語「です・ます」を組み合わせるとより素晴らしい敬語になります。

すでに例文にはしていますが…

ビジネスシーンにおいては
「お読みになります」「お読みになりました」として使うとより丁寧です。

例文

「読む」の尊敬語「お読みになる・読まれる」のビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい例文。

  1. 例文「部長が昇進試験の論文をお読みになりました」
    ・意味は「部長が論文を読んだ」
    ・使い方はビジネス会話やメールで「目上のヒトが何かを読む」というようにして使えるフレーズ。
  2. 例文「まずはお手元の資料をご一読ください」
    ・意味は「手元の資料を読んでください」
    ・「読む」の尊敬語ではないものの、よく使う敬語フレーズ
  3. 例文「メールはお読みになりましたか?」
    ・意味は「メールは読んだか?」
    ・ビジネスシーンではメール返信の催促に使えるフレーズ
    ・ただしカドがたつ恐れあり。
    ・「メールはご覧になりましたか?」「メールはお手元に届きましたか?」などと言い換えできる
【補足】
メールは「読む」なのか「見る」あるいは「受け取る」なのか難しいところ。「見る」と考えるのであれば「ご覧になる」を使い、「受け取る」と考えるのであれば「お受け取りになる」を使う。どれも間違いではない。

他にもよく使う敬語のまとめ表

「読む」の敬語変換(謙譲語・尊敬語・丁寧語)のほかにもビジネスシーンでよく使う敬語をまとめておきます。これを機にマスターしておきましょう。

謙譲語 尊敬語 丁寧語
受け取る  拝受する
拝受いたす
 お受け取りになる  受け取ります
見る  拝見する  ご覧になる
見られる
見ます
言う  申す
申し上げる
 おっしゃる
言われる
 言います
会う  お会いする
お目にかかる
 お会いになる
会われる
 会います
する  致す
(いたす)
 なさる  します
伝える  お伝えする
申し伝える
 お伝えになる
伝えられる
 伝えます
思う  存じる  お思いになる
思われる
 思います
行く  伺う
参る
参上する
 お行きになる
行かれる
 行きます
もらう  いただく  くださる  もらいます
いる  おる  いらっしゃる  います
読む  拝読する  お読みになる
読まれる
 読みます
考える  該当なし  お考えになる
考えられる
 考えます
送る  お送りする
お送りいたす
送付いたす
 お送りになる
送られる
 送ります
「~れる」という尊敬語は受身や可能の「れる・られる」と混同しやすいため「お~なる」を使うほうがベター。

読む の謙譲語・尊敬語はこう使う!

つづいて「読む」の敬語変換(謙譲語・尊敬語・丁寧語)を使うときの注意点を解説します。

敬語を正しく使うことはもちろん、
ふさわしいビジネスシーンを考えて使いましょう。

×部長、メール拝読しましたか?

「読む」の敬語変換(謙譲語・尊敬語・丁寧語)を使うときの注意点。

きわめて初歩的ではありますが…

謙譲語を使うべき対象がおかしいのはダメ。「拝読する」は謙譲語であるため、自分の行為にたいして使います。

したがって、

  • NG例文「部長、メール拝読しましたか?」

は間違い敬語です。

上司や目上のヒトが何かを読んだであれば、

  • 正しい例文「部長、メールはお読みになりましたか?」
  • 正しい例文「部長、メールはお受け取りになりましたか?」
  • 正しい例文「部長、メールはご覧になりましたか?」
  • 正しい例文「部長、メールはお手元に届きましたか?」

とするのが正解。ビジネスメールは「読む・見る・受け取る・届く」のどれを使ってもよい。

×(私が)資料をお読みになりました

「読む」の敬語変換(謙譲語・尊敬語・丁寧語)を使うときの注意点。

こちらもきわめて初歩的ではありますが…

尊敬語を使うべき対象がおかしいのはダメ。「お読みになる」は尊敬語であるため、相手の行為にたいして使います。

したがって、

  • NG例文(私が)資料をお読みになりました

は間違い敬語です。

こうすると、あなたが自分で自分のことを高めてしまっています。あなたが「考える」であれば、

  • 正しい例文(私が)資料を拝読しました

とするのが正解。

×社外のヒトにたいして「いただいた資料は上司もお読みになりました」

「読む」の敬語変換(謙譲語・尊敬語・丁寧語)を使うときの注意点。

こちらもきわめて初歩的ではありますが…

ウチ・ソトが逆転している敬語はダメ。社内のヒトのことを社外に伝えるときには、たとえ上司であっても高めてはいけません。ウチを低める謙譲語を使います。
  • NG例文(社外に対して)いただいた資料は上司もお読みになりました

だと、社外のヒトに対して上司を高めてしまっています。この敬語の使い方だと「上司 > 社外のヒト」となってしまうのですよね。

ということで、

上司を低めて社外の相手を高める謙譲語をつかい「社外のヒト > 上司」という本来あるべきポジションにします。

  • 正しい例文(社外に対して)いただいた資料は上司も拝読しました

丁寧語「です・ます」を組み合わせると、より丁寧な敬語になる

「読む」の敬語変換(謙譲語・尊敬語・丁寧語)を使うときの注意点。

何度もしつこいですが…

丁寧語「です・ます」を謙譲語や尊敬語と組み合わせると、より丁寧な敬語フレーズになります。むしろビジネスシーンでは必ずといっていいほど組み合わせて使いますね。

たとえば、

  • 読む の謙譲語「拝読する」は「拝読します」
  • 読む の尊敬語「お読みになる」は「お読みになります・お読みになりました」

のようにするとより丁寧な敬語となります。

読む の謙譲語・尊敬語を使ったビジネスメール全文