シェアしていただけると嬉しいです^ ^

3分でわかる商社の仕組み。商社とは何かを身近な2つの例で解説!

スポンサーリンク

商社って何してるの?という準備ゼロの就活生にもわかりやすく「商社とは何か?」を解説していきます。簡単にわかるように身近な例を出しながら説明しますね!

就職活動・転職のご参考になりましたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク

1.モノを右から左に流す(トレーディング)

商社を理解する上で必要なのは、たった2パターンのビジネスモデルだけ。

まずはひとつ目。

どこかのメーカーから買ったものを自分の稼ぎ(中間マージン)を上乗せして違うメーカーに売るというビジネスモデル。もっと分かりやすくするため、身近な例で商社の仕事を解説します。

身近な例①アマゾンで本を買う場合で考える

あなたがアマゾンでマンガ本を買うとき、実際にはアマゾンが書いた本でないはず。集英社などの出版社が作った本をアマゾンが仲介して販売し、あなたの手元に届きます。これを図にすると、以下のようなフローで本を買うことになります。

●漫画家(メーカー1) → 集英社(メーカー2) → アマゾン(商社) → あなた

アマゾンはこの仕事により販売価格の5%程度、手数料を貰うことで商売が成り立っています。漫画本が500円だとしたら、5%(25円)はアマゾンの取り分。残り475円が集英社と漫画家の取り分となります。*アマゾンや楽天は「小売」という業種になっていますが、やっていることは商社と同じ。

ところが商社の場合、あなたのような消費者を相手にモノを売る(C to C)のではなく、会社を相手にモノを売っている(B to B)というだけ。ビジネスの仕組み自体はアマゾンと同じです。

こちらも身近な例を出しますね。

身近な例②iphoneがあなたに届くまでを考える

●化学メーカー → 商社 → 部材メーカー → 商社 → 組み立てメーカー → ・・・ → アップル社 → 電話会社 → あなた

というように、上流から下流まで無数のメーカーが関わっていて、それぞれの間に入って中間マージンを得る仕事です。

まとめとして、商社のトレーディング事業における具体的な仕事例を箇条書きします。

商社の具体的な仕事例(トレーディング);

  • 鉄鉱石をオーストラリアから輸入して国内の鉄鋼メーカーに売る。
  • プラスチックを中国のメーカーから輸入して加工会社に売る。
  • 鮭をフィンランドから輸入して食品会社に売る。
  • 日本製の自動車をアメリカへ輸出する。
  • 日本製の紙をブラジルへ輸出する

つづいて、ふたつ目のパターン。

2.投資してリターンを狙う(事業投資)

お金が豊富にある商社は、より多くのお金を生み出せるように努力しなければなりません。

その一つの手段が投資。たとえば商社は以下のような投資をします。

商社における事業投資の例;

  • 株への投資不動産売買;
    買い値よりも高く売れば商社は儲かる。
  • 石油やガス、鉄、銅などの資源開発に出資;
    出資した会社の儲けから出資分に応じた分け前をもらう。
  • ローソンやファミリーマートを経営する;
    ローソンやファミマが儲かれば経営している商社に儲けがいく。
  • メーカーの海外工場建設に出資;
    出資した会社から利益の分け前をもらう

他にも稼げそうなことなら何でもあり。商社の投資ビジネスは実に多様です。

もちろん、これらの投資は数1000億円単位の莫大なお金が動くため、ハイリスク、ハイリターン。実際、三菱商事や三井物産は、資源ビジネスによる損失で2015年度の決算が赤字になりました。住友商事も2014年度決算で、シェールガス関連の投資失敗により赤字決算に…

こちらもまとめとして、具体的な仕事例をまとめておきます。

商社の仕事例(事業投資);

  • チリの銅山開発に1000億円投資。
  • アメリカのシェールガス開発に1000億円出資。
  • オーストラリアの鉄鉱石開発に1000億円出資。
  • フィンランドの鮭養殖会社を買収。
  • アフリカでの発電所建設プロジェクトにコーディネーターとして参画。
  • 中国の財テク会社へ6000億円出資。

まとめ

商社は何でもやっているので業界研究がややこしく感じる就職活動生が多いです。でも本質的には、先ほどまで見てきた2つのビジネスだけで成り立っています。

理解が進みましたでしょうか?

ここで鋭いあなたはこう考えるはず。

商社の必要性って何?

「アマゾンに中間マージンを取られたら、漫画本の値段が高くなるじゃん?集英社から漫画本を買ったら安くなるんじゃないの?」

この疑問はとても的確です。集英社はあなたに直接本を売るほうが、販売価格も安くできるし、自分の取り分を増やせばアマゾンに売るより儲かるわけですからね。

ただし集英社はあなたに直接販売しません。

アマゾンに販売を代理でやってもらうことは、お互いにとってメリットがあるからですよね?

商社においても同様です。

いつの時代も「商社から買うと手数料が値段に上乗せされて高くなるから、メーカーから直接買うよ」とお客さんから言われるのです。

でも商社が今の時代にも生き残っているのは、何かしらの存在意義があるから。

そこで次回はもう少し深堀りして「商社の存在意義」について考えてみます。

つづく;商社は必要?不要?商社の存在意義とは…就活生必見!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません