シェアしていただけると嬉しいです^ ^

【メーカー系商社の強みと弱み】営業マンを見ていて思うことまとめ

スポンサーリンク

メーカー系商社への就職・転職をご検討されているあなたへ。メーカー系商社と仕事をしている私からみた強み・弱みのまとめ。特に営業マン目線からの記事になります。

正直にカミングアウトしているため、メーカー系商社の志望動機には使えそうにないです。ご期待されたかた、すみません…

スポンサーリンク

メーカー系商社の強みとは?

①売る商品があらかじめ用意されている

メーカー系商社のミッションは決まっています。

「バックにいるメーカーの商品を売ること」

メーカー系商社マンは最初から売るモノを与えられていて、あとはお客さんを如何に見つけるかというだけ。そう難しい仕事ではありません。

一方、独立系の商社マンは新たなビジネスを初めるとき「売るモノ・お客さん」の両方を探す必要があり、とても大変。

結果として売るモノを見つけなくてもよいメーカー系商社は独立系の半分の労力で仕事が進むのです。

わかりやすい例(メーカー系vs独立系)

  • メーカー系商社(花王カスタマーマーケティング):
    売るモノはすでにある(花王の洗剤とか)。あとはそれを如何に多くの日用品店に売るかというだけ。
  • 独立系商社(長瀬産業):
    さぁ明日はどこから売るモノを探して誰に売ろうか?困った、困ったという状況。

→極端な例えでしたが実際は独立系もサプライヤー・お客さんとの人脈を持っているので、ゼロからビジネスを初めるという訳ではない。

②新しいことをやる必要がない

メーカー系商社はバックにいるメーカーの便利屋。

仕事はメーカーやお客さんから自動的に降ってきます。従って特に新しいことに手を出す必要がなく、あちこちから降ってくる宿題を終わらせるために仕事している感じ。

わかりやすい例(メーカー系vs独立系)

  • メーカー系商社(花王カスタマーマーケティング):
    花王が新しい洗剤を作ったので「売れ」と命令されている。ターゲット顧客を決めてPRしようか!
  • 独立系商社(長瀬産業):
    用事がなくてもサプライヤー・お客さんに足しげく通い、ビジネスになりそうな案件を拾ってくる。情報収集と称して飲み会も多くなる。

③ビジネスの安定感が抜群

①②のことよりビジネスは安定しています。

業績が赤字になったとしても次の年にメーカーが補填してくれるので大丈夫。

加えてあなたがやる気のない仕事をしていても商売を失いません。独立系よりも年収は低い傾向にありますが、給料・生活はとても安定しています。

わかりやすい例(メーカー系vs独立系)

  • メーカー系商社(花王カスタマーマーケティング):
    【商社】すみません、失態を犯してお客さんから出入り禁止くらいました…
    【花王】仕方ないな、担当者変えて穏便に納めよう。
  • 独立系商社(長瀬産業):
    【商社】すみません、失態を犯してお客さんから出入り禁止になりました…
    【サプライヤー】もうあなたの会社はクビです。顧客と直接取引しますから。

④メーカー営業の機能を持つ商社あり

固定費を削減する目的でメーカー本体には営業を持たない会社・事業があります。

特にメーカーで儲からなくなった事業はこうなる運命。

この場合、メーカー系商社はメーカー営業とほとんど同じような仕事をすることになります。詳しくは以下の記事をご参照ください。

メーカー系商社の弱みとは?

強みの裏返しが弱み。以下のような点が弱みとして挙げられます。

①競合他社の商品を扱えない(例外もある)

たとえば花王のメーカー系商社が「競合するP&G商品のほうが優れているから、そっちを売りたい!」といってもできません(笑)

「売るモノが最初から決まっている=それ以外のモノは売れない」

ということですね。

商社はラーメンからミサイルまで、何でも商売にできることが醍醐味なのですが、メーカー系商社は極めて保守的です。

商売を手広くやるようなことはしません。

実際にはやろうと思えばできます。しかしメーカー系商社のミッションは「バックにいるメーカーの商品を売ること」…

メーカーに利益をもたらさないことをやっても社内ではあまり評価されません。

【中には独立系商社と似たような社風のメーカー系商社もあります】

②営業マンがしょぼい

「新しいことをやる必要がない=新しいビジネスを作る能力が育たない」

ということですね。

新しいビジネスを作る能力がないと商社の営業マンとしてはほぼ失格。でもこれで許されちゃうのがメーカー系商社のすごいところ。

独立系商社の営業マンと比べると、メーカー系営業マンのしょぼさは一目瞭然。

だから私はメーカー系商社を使わないで、あえて独立系商社を起用するのです。

③やりがいが無い

「ビジネスが安定的=つまらない」

ということですね。

メーカー系商社は基本、メーカーの言いなり。頭を使う必要がないのでやりがいもありません。加えて上層部もメーカーからの出向者・転籍者で占められており満席。

プロパー社員で出世するには上司に取り入る能力が高く求められます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません