シェアしていただけると嬉しいです^ ^

【鉄鋼商社の違い比較】メタルワン・日鉄住金・阪和興業etc…どう違う?

スポンサーリンク

鉄鋼専門商社の違いを解説。「鉄鋼専門商社の志望動機」に役立つかは不明ですが、企業の違いをざっくりと把握しておくことには意味があります。

就活・転職のご参考になりましたら嬉しい限りです。
*鉄鋼商社の売上・年収ランキングの続き。業界研究が進んでいない就活生はまず、こちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

総合商社系列(非上場)

  • メタルワン(三菱商事60%と双日40%の合弁)
  • 伊藤忠丸紅鉄鋼(伊藤忠商事50%と丸紅50%の合弁)

鉄鋼業界再編の際、総合商社の一部門から切り離されて独立した会社。

非上場でそれぞれの総合商社が株を持ち合っているため、独自経営は困難。メタルワンであれば三菱商事の社員が出向してきたりする。

上層部のポジションはプロパーではなく出向者・転籍社で満席。

もともと総合商社の一部門であり、独立してからも給与体系を引き継いでいるようなので年収は高い。そしてもれなく激務。

まとめとして、総合商社系の鉄鋼商社と他系列の違いを以下に記す。

  • 違い①総合商社なみの給与体系、年収高い。
  • 違い②海外取引・輸出に強い
  • 違い③事業投資ビジネス(メーカーとの海外合弁会社設立)も多く手がける
  • 違い④総合商社からの出向者・転籍者で上層部は満席。プロパーは出世しにくい。
  • 【共通】もれなく激務(飲み会・残業・社内付き合い)

メーカー系専門商社

  • 日鉄住金物産(新日鐵住金が筆頭株主、上場企業)
  • JFE商事(JFEが筆頭株主、上場企業)
  • 神鋼商事(神戸製鋼所が主要株主、上場企業)
  • 大同興業(大同特殊鋼)

メーカー系列の専門商社はメーカーの商品をメインで取り扱う。メーカーの完全子会社ではなく筆頭株主というだけなので、本来ならどんな商品でも取り扱える立場にあるのだが…

JFE商事が新日鐵住金の商品を売ったりすることはまずあり得ない。

従って取引の幅がどうしても制限される。

まとめとして、メーカー系の鉄鋼商社と他系列の違いを以下に記す。

  • 違い①バックにいるメーカーの商品をメインに扱う
  • 違い②商売の自由度が少なく基本はメーカーのいいなり
  • 違い③自由度は少ないが安定している(商流から外されるリスク無し)
  • 違い④バックのメーカーが倒れると共倒れ
  • 違い⑤年収はメーカー基準で決められるため同規模の他系列より低い
  • 【共通】もれなく激務(飲み会・残業・社内付き合い)

独立系専門商社

  • 阪和興業(関西色つよい)
  • 岡谷鋼機(東海色つよい)
  • 小野建・佐藤商事・カノークス

独立系専門商社の代表格は阪和興業と岡谷鋼機。他は弱小。

正直、やっていることは他の商社と大して違わない。が、独立系と聞くと何となく営業力が強そうなイメージ。総合商社系やメーカー系が海外投資ビジネスを多く手がける中、ほぼトレーディングだけ(右から左)でやっている。

ただバックに誰もいない分、他の人たちよりも間違いなく頑張らないといけない。阪和興業や岡谷鋼機は年収も高いので、激務でも仕方ないだろう。

まとめとして、独立系の鉄鋼商社と他系列の違いを以下に記す。

  • 違い①トレーディングがメイン。事業投資ほぼ無し
  • 違い②国内顧客メイン。グローバル展開は日系顧客についていくだけ
  • 違い③営業力
  • 【共通】もれなく激務(飲み会・残業・社内付き合い)

【参考】鉄鋼商社の年収・売上ランキング

まとめ

元も子もないないことを言うが、会社ごとの違いなんてない。

みんな鉄を売る専門商社であって仕事内容は変わらない。ただ企業ごとに海外営業が得意だったりするというだけ。

従って志望動機には当たり障りのないことをアピールするしかない。

「OB訪問で会った社員に共感したから」

「独立系だから」

「業界トップだから」

という程度にとどめておくこと。ESに詳しく書きすぎると墓穴を掘る。

面接でツッコミを受けたら「社員の◯◯という姿勢が素晴らしく、一緒に働きたいと思った」の一点張りで押し通すのが正解。実際、それ以上の志望動機など存在しない。

この辺りの事情はどの業界・企業においても同じなので、以下の記事を参照すると良いだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません