「おっしゃる通り」の類語・言い換えまとめ【正しいビジネスマナー】

あなたが「おっしゃる(仰る)通り」の類語を知りたい理由は「おっしゃる通りです」を目上の方へ使うと失礼!!という“デマ情報”を見てしまったからでしょう。※違ったらごめんなさい…。

でもご安心ください。「おっしゃる通りです」は類語や言い換えする必要もなく、目上の人に使える正しい敬語です。

そこでまずはゴミサイトによるデマ情報を修正し、「おっしゃる通りです」の類語・言い換え表現をまとめます。

目上の人に「おっしゃる通りです」は失礼?

意味は「言われたことに同意する、指摘されたとおりです」ということ。

結論として「おっしゃる通りです」は目上の人に使っても敬語としてOKです。

その根拠を論理だてて解説します。

  • 「おっしゃる(仰る)」は「言う」の尊敬語
  • 「通り」は、同調するとき、何かに倣う(ならう)ときに使う。
    たとえば「その通りです」「下記の通り」などで使われる。
  • 「通り」に丁寧語「です」をつけて「通りです」としている。
  • 「おっしゃる通りです」は尊敬語「おっしゃる」と丁寧語「通りです」の組み合わせ
  • 敬語として十分に丁寧な表現となっている!

敬語としてすばらしく丁寧な表現なのに、どこのバカが「おっしゃる通りです」はNGだと言い始めたのでしょうか?

ということで結論づけましたので、この議論は終わりにします。

前置きが長くなりましたが「おっしゃる通り」の類語・言い換え表現を見ていきましょう。

「おっしゃる通りです」の類語・言い換え表現

  • おっしゃる通りでございます。
    ▼おっしゃる = 「言う」の尊敬語。ございます = 「です」の丁寧語
  • はい、そうです。
    シンプルだが、どんな場面でも使える言い換え。
  • ごもっともです。
    ▼ごもっとも = 「もっとも(道理にかなっていること)」に尊敬語・謙譲語「ご」をつけた敬語。です = 丁寧語。これらを併せて「その通り!」の意味となる。シンプルだがシーンを選ばない万能な表現。
  • ご指摘の通りです。
    ▼ご指摘 = 「指摘」に尊敬語・謙譲語「ご」をつけた敬語。
  • ご明察の通りです。
    ▼ご明察 = 「明察(はっきりと真相や自体を見抜くこと)」に尊敬語・謙譲語「ご」をつけた敬語。これらを併せて「あなたの思っている通り!」の意味となる
  • ご推察の通りです。
    ▼ご推察 = 「推察(推測すること)」に尊敬語・謙譲語「ご」をつけた敬語。これらを併せて「あなたの思っている通り!」の意味となる
  • お察しの通りです。
    ▼お察し= 「察する(推測すること)」に尊敬語・謙譲語「お」をつけた敬語。これらを併せて「あなたの思っている通り!」の意味となる

※「まったくもって」をつけると、より大げさな表現になります。

これらの類語はすべて、ビジネスシーンで使える表現です。

なぜなら、尊敬語または謙譲語の「ご」を使い、丁寧語「です・ます」としているから。敬語としては、すばらしく丁寧な表現です。

目上の人に使うとNG!類語・言い換え表現

「おっしゃる通りです」は他にも多くの類語・言い換え表現があります。ただし、すべて目下か同僚の間で使われる言葉で、ビジネスシーンでは使えません。

  • しかり(然り)
  • その通り!
  • 全くだ!
  • まったくもってその通り!
  • いかにも(如何にも)!
  • 正解!
  • おっしゃる通り!
  • 確かに!
  • 言えてる!
  • それな!
  • あーね!
  • それはある!

これらの類語はすべて、ビジネスシーンではNGとなる表現です。

なぜかというと、動詞が省略されていて、文章として不完全だからです。そのような不完全な言葉を好まない目上の人もいます。※たとえば「よいお年を」などもNGです。

「その通り」は「その通りです」とすべきですし、「いかにも!」は「いかにもおっしゃる通りです」などと、完全な文章にしましょう。

参考 → 「おっしゃる通りです」はNGじゃない!正しい敬語の使い方まとめ

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません