シェアしていただけると嬉しいです^ ^

お伺い致します/お伺いします/お伺いさせて頂きます…正しい敬語は?

さて、あなたへ問題です。「お伺いいたします」「お伺いします」「お伺いさせていただきます」どれが敬語の正しい用法でしょうか?

どれも敬語としては合っていそうだけど、実は間違っている表現があります。そこで、この3つの正しい用法と理屈を復習しておきましょう。

誤りだけど慣例でOK:お伺いします
誤:お伺いいたします・お伺いさせていただきます

まずは結論

 まずは結論から、

「お伺いします」は二重敬語になっているため本当は間違いだけど、ビジネスでは慣例として定着しているから使ってもよい。

「お伺いいたします」「お伺いさせていただきます」の2つはこれも完全に「二重敬語」であり間違い。※二重敬語とは、一つの単語で同じ種類の敬語を2回使うことであり、ビジネスマナー違反になる。

結果、敬語の用法だけで考えると「お伺いいたします」「お伺いします」「お伺いさせていただきます」は、すべて間違った用法ということになってしまいました。

ところが冒頭に述べたとおり、たとえ使い方が間違っていても「お伺いします」はビジネスシーンで使ってもよい事になっています(文部科学省より)。

なぜでしょうか??それでは理由を解明していきましょう。

《記事が長いため、時間の無い方は見出しのみをご覧ください》

「伺う」は「行く・訪問する・聞く」の謙譲語

敬語を考えるときはまず、原型に戻して細かく考えていくのが基本。原型に戻すと「伺う」は「訪問する・聞く」となり、これの謙譲語が「伺う」となる訳です。

ちなみに謙譲語は、“自分の立場を下げることで、相手が自動的に持ち上がる”という敬語。敬語の種類には他に、丁寧語と尊敬語がありますが、長くなりますのでここでは省略しましょう。

それでは次に「お伺いします」の原型を考えましょう。

「お伺いします」を分解すると「伺う+お~する」←謙譲語を2回使う二重敬語!

「お伺いします」を細かく分解すると「伺う+お~~する」となりますよね?

でもでもでも…「伺う」はすでに「訪問する・聞く」の謙譲語なのに「お伺いします」だと…「お~~~ます」も謙譲語だから、謙譲語を2回使ってない?

これって二重敬語じゃないの?という質問が出てきます。※二重敬語とは、一つの単語で同じ種類の敬語を2回使うことであり、ビジネスマナー違反になる

そう、「お伺いします」は二重敬語なのでビジネスマナーを本当に突き詰めていくと、おすすめできる表現ではありません。

「伺います」が正しい用法。「お伺いします」は間違いだけど定着してるから使ってもOK

まとめと、結論の繰り返しになります。

これまでの理由により「訪問する・聞く」は、謙譲語「伺う」に丁寧語「~ます」を加えて「伺います」が最適。「お伺いします」は二重敬語だけど、ビジネスマナーの慣例として頻繁に使われるので、使っても間違いではない、というのが結論です。

「お伺いします」の正しい用法を図式化

覚え易いように、これまでの「伺います」「お伺いします」の関係を図式化しておきましょう。敬語って、意外とややこしいのです…。

訪問する・聞く(原型)
 ↓
伺う(謙譲語◎)
 ↓
伺います(謙譲語+丁寧語◎)

 ↓
お伺いします(二重謙譲語だけど○)

「お伺いいたします」がNGである理由

かなりくどいですが…まだ続きます。ここからは、なぜ「お伺いいたします」「お伺いさせていただきます」が間違えているかの理由を解説していきましょう。時間の無いあなたは、細部にはこだわらず、大文字の見出しだけ追ってみてくださいね。

「お伺いいたします」が敬語の用法としておかしい理由も、細かく分解して考えてみればすぐに分かりますね。

「お伺いいたします」を分解すると「伺う+お~いたします」←二重敬語!

「お伺いいたします」を細かく分解すると「伺う+お~~いたします」となります。

先ほどまでみてきたように「伺う」は謙譲語です。そして初登場の「お~~いたします」も謙譲語。用法は「~~、お願いいたします」が代表的で、メールの締めなどのビジネスシーンでよく使用する謙譲語ですね。

ということで、「お伺いいたします」は謙譲語+謙譲語の組み合わせとなってしまい、二重敬語になっています。※二重敬語とは、一つの単語で同じ種類の敬語を2回使うことであり、ビジネスマナー違反になる。

「お伺いいたします」が間違いである理由を図式化

覚え易いように、これまでの「お伺いいたします」が間違えである理由を図式化しておきましょう。

訪問する・聞く(原型)
 ↓
伺う(謙譲語◎)
 ↓
◎伺います(謙譲語+丁寧語◎)

 ↓
×お伺いいたします=「伺う+お~いたします」(二重敬語だからNG)

「お伺いさせていただきます」がNGである理由

最後に、なぜ「お伺いさせていただきます」という用法が間違えているかの理由を解説していきましょう。何度もしつこいのですが、敬語をちゃんと理解するためには、細かく分解して考えてみることが重要です。

「お伺いさせていただきます」を分解すると「伺う+お~させていただきます」←二重敬語!

「お伺いさせていただきます」を分解すると「伺う+お~させていただきます」。初登場の「お~させていただきます」は自分を下げているため謙譲語に該当します。結果、またまた二重敬語となってしまいました…

「お伺いさせていただきます」が間違いである理由を図式化

覚え易いように、これまでの「お伺いさせていただきます」が間違えである理由を図式化しておきましょう。

訪問する・聞く(原型)
 ↓
伺う(謙譲語◎)
 ↓
◎伺います(謙譲語+丁寧語◎)

×お伺いさせていただきます=「伺う+お~させていただきます」
(二重敬語だからNG)

「させていただきます」「させて頂きたく存じます」は使わない方が無難

あまり関係のない話ですが「~~させて頂きます」「〜〜させて頂きたく存じます」は、謙譲語として用法は合っています。ただ、これを声に出して読んでみてください。ささささ〜、としか聞こえなくなるでしょう。そうです、これを連発されると、何か聞き苦しくてみっともないのです。

※謙譲語「伺う」との組み合わせで使うと二重敬語でNGです。

※実際に会社の上司が「~~させていただきます」の連発クンで、相当に苦情が出てました。「なんかあの人、丁寧すぎて気持ち悪いよね~」と言われないよう、適度に使うべきです。

「お伺いします」は安易に使わない!

一貫して述べていることですが、訪問したり、聞いたりするときの謙譲語は用法的に正しい「伺います」を使ったほうがベター。私のような昔の人からすると「お伺いします」って絶対に変だからです。

まぁ、20年も経てば日本のビジネスマンはみんな「お伺いします!!」って言ってるんだろうなぁ…。ノリ的には「お願いします!!」と同じで、しっくりとくる人もいらっしゃるでしょうから…。

敬語の復習(尊敬語、謙譲語、丁寧語)

最後に簡単に、敬語の復習をしておきましょう!

敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語と3通りあり、それぞれ以下の用法を使います。

  1. 尊敬語
    目上の人に対して、相手を立てたいときに使用する
    →「行く」の丁寧語:いらっしゃる
  2. 謙譲語
    目上の人の動作に関係なく、自分がへりくだることで相手を立てるときに使用する
    →「行く」の謙譲語:伺う
  3. 丁寧語
    聞き手の人に対して、丁寧にしゃべる言葉。万能
    →「行く」の丁寧語:参ります

同じ「行く」というのでも、敬語の種類を変えれば言い方も変わるのですよ。めんどくさいですね~。

まとめ

私がブログで使用しているのは丁寧語ですね。これは、上なのかも下なのかも分からない、不特定多数のあなたへ向けて情報発信をしているからです。

敬語が難しいと思われるのは、相手の立場や自分の立場に応じて、使う表現を変えなければいけないところですね…。

「行く」ときは絶対に「伺います」だ!!

と決まっているものではなく、相手の立場と自分の立場、状況に応じて、この3つの敬語を使い分けするのです。あるときは「参ります」を使い、あるときは「伺います」を使うといった感じ。

これはもう、ありとあらゆる場面を経験し、分からなかったら都度確認して慣れていくしかないです。一番悪いのは、調べないで適当に敬語を使ってしまうことです。私の上司みたいに「~~させて頂きます」の人になってしまうので要注意。

頭でどうこうなるものではないので是非、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。ではでは~~。

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません