「お心遣い」意味と目上・ビジネスメールにふさわしい使い方、例文

お心遣い(読み:おこころづかい)の意味、
ビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上)にふさわしい使い方、注意点について。

ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

まずは要点のまとめから。

お心遣い の意味は

① 気を配ること、心配り、配慮

② 祝儀(お金)

  • 「心=こころ」
  • 「遣う=気を遣う、神経を遣う」

との組み合わせで成り立つフレーズ。

「お心遣いありがとう」とすると

  • 気を配ってくれてありがとう!

あるいは、

  • 祝儀(お金)をありがとう!

の意味となります。

※どちらの意味で使うかはビジネスシーン次第。

お心遣い の使い方は「お礼」のビジネスシーン

「①配慮」「②祝儀(お金)」という意味で使われるため、お礼をするビジネスシーンで使われます。

「お心遣い」の使い方にはたとえば…

  1. 金品をもらったときのお礼
    ・暑中、寒中、残暑などのお見舞い
    ・お土産をもらった
    ・引越し、葬儀など見舞金
  2. ご祝儀(お金)をもらったときのお礼
    ・結婚祝い、出産祝い他
  3. ふつうのお礼
    仕事に対するお礼など

のようなビジネスシーンで使えます。

また
使い方の例としては以下のようなものがあります。

  • 例文「お心遣いありがとうございます」
  • 例文「お心遣いを頂きありがとうございます」
  • 例文「お心遣いを賜りありがとうございます」
  • 例文「お心遣い痛み入ります」
  • 例文「お心遣いに感謝申し上げます」
  • 例文「お心遣いに感謝いたします」
  • 例文「お心遣いに感謝しております」
  • 例文「お心遣いを頂き恐縮です」
  • 例文「お心遣いを頂きまして~」

いずれも意味は似たようなもの。

どれも丁寧な敬語であり、
ビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上)で使うのにふさわしいフレーズ。

ただちょっとずつ、ニュアンスと敬語の丁寧レベルが違います。
(くわしくは本文にて)

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、

本文中ではいろいろな例文を使いながら意味、使い方、注意点について説明していきます。

お心遣い の意味

お心遣い の意味は冒頭でも解説したとおり

  1. 気を配ること、心配り、配慮
  2. 祝儀(お金)

「心=こころ」
「遣う=気を遣う、神経を遣う」

との組み合わせで成り立つフレーズ。

使い方は、
とくに金品をもらったときのお礼として使われるフレーズ。

たとえば上司や取引先から「結婚祝い金」をもらった、お土産をもらった、暑中見舞いの品をもらった、などなど。

ビジネスシーンでは何かと「もらいモノ」があります(私だけかも?)。

お土産をもらうときもあります。

お金をもらうときもあります。

そんなときに
「お心遣い」をつかってお礼のビジネスメールをすると、あなたの好感度もおおはばにUPするでしょう。

それではここからは、
「お心遣い」のビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上・就活・転職)にふさわしい例文と使い方を紹介します。

【例文①】お心遣いありがとうございます

お心遣い のビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上・就活)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

「お心遣いありがとうございます」

意味は
「配慮してもらってありがとう」
「気配りありがとう」

尊敬語「お・ご」をつかい「お心遣い」として敬語にしています。

「お心遣い」のもっともオーソドックスな使い方となります。

とくにビジネス会話で使われるフレーズで、サラッと言えるすばらしいフレーズ。ただしビジネスメールなど文章ではもう少しかしこまった敬語が好まれます。

「お心遣いありがとうございます」

をメールに使うには、ややカジュアルな印象となってしまいます。

ビジネスメールにふさわしい使い方は例文②以降をご参照ください。

ビジネス例文

  • 例文(お土産のお礼)
    取引先:つまらないものですがお土産をお持ちしました、どうぞ。
    あなた:とんでもございません。お心遣いありがとうございます。
  • 例文(ご祝儀・お金のお礼)
    取引先:たいそうなものではありませんが…、何かの足しにどうぞ。
    あなた:とんでもございません。お心遣いありがとうございます。
  • 例文(お礼)
    暖かいお心遣いありがとうございます。

【例文②】お心遣いを頂きありがとうございます

お心遣い のビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上・就活)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

「お心遣いを頂きありがとうございます」

あるいは

「お心遣いをいただきありがとうございます」

意味は
「配慮してもらってありがとう」
「気配りくださってありがとう」

ここで「いただく」は「もらう」の謙譲語。
相手の心遣いをあなたが「もらう」として、お礼を述べています。

例文①お心遣いありがとうございます と比べると…

より正式な使い方は「お心遣いを頂き~」のほう。

丁寧な敬語が好まれるビジネスメールでは「お心遣いを頂き~」としたほうが無難。ビジネス会話シーンであれば「お心遣いありがとうございます」で十分です。

また注意点として
とくにお金をもらった際に「ありがとう」とするのは少し幼稚な感じがします。

あとで登場する「恐縮」「痛み入ります」をつかったほうが、より低姿勢であり好感のもてるフレーズ。ビジネスシーンではとくに低姿勢であることが好まれます。

ビジネスメール例文

  • 例文(メール冒頭にお礼を述べる)
    お世話になっております。
    先日はご丁寧なお心遣いを頂きありがとうございました。
  • 例文(金品のお礼をメール冒頭で)
    先日は小職の就任に際し、あたたかいお心遣いを頂きありがとうございました。
  • 例文(お礼をメール冒頭で)
    先般は大変お世話になりました。
    無事にプロジェクトを終え、安心しております。
    スタッフの体調までお心遣いを頂き誠にありがとうございます。

【例文③】お心遣いを賜りありがとうございます

お心遣い のビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上・就活)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

「お心遣いを賜りありがとうございます」

意味は例文②とおなじく
「配慮してもらってありがとう」

ここで「賜る(たまわる)」は「もらう」の謙譲語。

おなじく「もらう」の謙譲語である「いただく」よりもかしこまった敬語です。

かしこまった敬語フレーズを使っていますので、会話ではなくビジネスメールで使われることが多いですね。

ということで
例文①お心遣いを頂き~ との違いは敬語の「かしこまり度合い」にあり。どちらも丁寧な敬語ではありますが「賜る」を使う方がよりかしこまった敬語になります。

また注意点として
とくにお金をもらった際に「ありがとう」とするのは少し幼稚な感じがします。

あとで登場する「恐縮」「痛み入る」をつかったほうが、より低姿勢であり好感のもてるフレーズ。ビジネスシーンではとくに低姿勢であることが好まれます。

ビジネスメール例文

  • 例文(メール冒頭にお礼を述べる)
    お世話になっております。
    先日はご丁寧なお心遣いを賜りありがとうございました。
  • 例文(金品のお礼をメール冒頭で)
    先日は小職の就任に際し、あたたかいお心遣いを賜りありがとうございました。
【敬語の補足】
・尊敬語「お・ご」を使い「お心遣い」
・賜る は「もらう」の謙譲語

【例文④】お心遣い痛み入ります

お心遣い のビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上・就活)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

「お心遣い痛み入ります」

あるいは

「お心遣い誠に痛み入ります」
「お心遣い大変痛み入ります」

意味は
「配慮してもらって恐れ入ります」
「気を配ってもらい申し訳ない」

ここで「痛み入る」は「恐れ入る・ありがたく思う・申し訳なく思う」の意味。「恐縮です」の類語として使われるかしこまったフレーズです。

ニュアンスとしては
(私なんかのために)気を配ってもらい申し訳ない…に近く、かなり低姿勢にでています。

とくにお金をもらったときや、
高価な品物をもらったときに使うと好感度UP。

かしこまった敬語フレーズを使っていますので、会話ではなくビジネスメールで使われることが多いですね。

また
例文①~③お心遣いありがとう との違いは敬語の「かしこまり度合い」と意味にあり。

どれも丁寧な敬語ではありますが「痛み入る」を使う方が、より低姿勢でかしこまった敬語になります。

ビジネスメール例文

  • 例文(金品のお礼をメール冒頭で)
    先日は小職の就任に際し、お心遣いを頂き大変痛み入ります。
  • 例文(贈答品お礼メール冒頭)
    お世話になっております。
    この度はたいそうなお品を頂き、お心遣い痛み入ります
  • 例文(お土産お礼メール冒頭)
    先般はご面談ありがとうございました。
    また、たいそうなお品まで頂きお心遣い誠に痛み入ります
  • 例文(メール冒頭)
    ◯◯様のお心遣いの数々、誠に痛み入ります
【敬語の補足】
・尊敬語「お、ご」を使い「お心遣い」
・痛み入る は「恐れ入る・申し訳なく思う・ありがたく思う」の意味
・丁寧語「です、ます」
・もらう の謙譲語「いただく」

【例文⑤】お心遣いに感謝申し上げます(いたします・しております)

お心遣い のビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上・就活)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

「お心遣いに感謝申し上げます」

あるいは

「お心遣いに感謝いたします」
「お心遣いに感謝しております」

意味は例文①~③とおなじく
「気を配ってもらいありがとう」

ここで「申し上げます」は
「言う」の謙譲語「申す」+丁寧表現の「あげる」+丁寧語「ます」。

感謝申し上げます とすると「感謝を言います=感謝します」という意味になります。

例文①~③お心遣いありがとう
との違いは「会話表現か、文書表現か」

ありがとう はどちらかというと会話シーンで多く使われ、
感謝申し上げます や お礼申し上げます はメールなど文書で多く使われます。

  • 「ありがとう」はややカジュアル
  • 「感謝申し上げます・お礼申し上げます」は形式ばった使い方

みたいな違いですね。

どれも丁寧な敬語ではありますが…

ということで
公式なメール、あとに文書が残るあいさつ文では「お礼申し上げます・感謝申し上げます」といったフレーズが好まれます。

ビジネスメール例文

  • 例文(金品のお礼をメール冒頭で)
    先日は小職の就任に際し、たいそうなお品をいただき大変恐れ入ります。
    ○○様のお心遣いに感謝申し上げます。
  • 例文(贈答品お礼メール冒頭)
    お世話になっております。
    この度はたいそうなお品を頂きありがとうございました。
    ○○様のお心遣いに感謝いたします。
  • 例文(お土産お礼メール冒頭)
    先般はご面談ありがとうございました。
    また、たいそうなお品まで頂き大変恐れ入ります。
    お心遣いに感謝いたします
  • 例文(メール冒頭)
    ◯◯様のお心遣いの数々に感謝申し上げます
  • 例文(メール冒頭)
    お世話になっております。
    先日はご丁寧なお心遣いを頂き感謝申し上げます。

※ 安価なお土産をもらった場合、「たいそうなお品」ではなく「お土産」という表現で十分です。

【敬語の補足】
・尊敬語「お、ご」を使い「お心遣い」
・言う の謙譲語「申す」
・する の謙譲語「いたす」
・いる の謙譲語「おる」
・丁寧語「です、ます」
・もらう の謙譲語「いただく」

【例文⑥】お心遣いを頂き恐縮です

お心遣い のビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

「お心遣いを頂き恐縮です」

あるいは

「お心遣いを頂き大変恐縮です」

意味は
「配慮してもらって恐れ入ります」
「気を配ってもらい申し訳ない」

ここで「恐縮」は「恐れ入る・ありがたく思う・申し訳なく思う」の意味。「痛み入る」の類語として使われるかしこまったフレーズです。

ニュアンスとしては
(私なんかのために)気を配ってもらい申し訳ない…に近く、かなり低姿勢にでています。

とくにお金をもらったときや、
高価な品物をもらったときに使うと好感度UP。

かしこまった敬語フレーズを使っていますので、会話ではなくビジネスメールで使われることが多いですね。

また
例文①~③お心遣いありがとう との違いは敬語の「かしこまり度合い」と意味にあり。

どれも丁寧な敬語ではありますが「恐縮」「痛み入る」を使う方が、より低姿勢でかしこまった敬語になります。

ビジネスメール例文

  • 例文(金品のお礼をメール冒頭で)
    先日は小職の就任に際し、たいそうなお品を頂きお礼申し上げます。
    お心遣いを頂き大変恐縮です。
  • 例文(お土産お礼をメール冒頭で)
    お世話になっております。
    この度はたいそうなお品を頂きありがとうございます。
    いつもお心遣いを頂き大変恐縮です。
  • 例文(贈答品お礼メール冒頭)
    先般はご面談ありがとうございました。
    また、たいそうなお品までお心遣いを頂き大変恐縮です。
  • 例文(メール冒頭)
    ◯◯様のお心遣いの数々、誠に恐れ入ります。

※ 安価なお土産をもらった場合、「たいそうなお品」ではなく「お土産」という表現で十分です。

【敬語の補足】
・尊敬語「お、ご」を使い「お心遣い」
・恐縮 は「恐れ入る・申し訳なく思う・ありがたく思う」の意味
・丁寧語「です、ます」
・もらう の謙譲語「いただく」

【例文⑦】お心遣いを頂きまして~

お心遣い のビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

「お心遣いを頂きまして~」

意味は
「配慮してもらって~」
「気を配ってもらい~」

~の部分には
「恐れ入ります」
「お礼申し上げます」
「感謝申し上げます」などのフレーズが続きます。

例文の最後にもってきましたが、
「お心遣い」のオーソドックスな使い方のひとつです。

使い方はこれまで同様、金品をもらったときのお礼に使います。

これまでの例文との違いは、
「~まして」とすることで、うしろに続けるフレーズに幅を持たせています。

文章のバランスを考えてお使いください。

ビジネスメール例文

  • 例文(金品のお礼をメール冒頭で)
    先日は小職の就任に際し、お心遣いを頂きまして大変恐れ入ります。
  • 例文(贈答品お礼メール冒頭)
    お世話になっております。
    この度はたいそうなお品を頂きまして、厚くお礼申し上げます。
  • 例文(お土産お礼メール冒頭)
    先般はご面談ありがとうございました。
    また、たいそうなお品までお心遣いを頂きまして深謝いたします。
  • 例文(メール冒頭)
    お心遣いをいただきまして誠に痛み入ります。

※ 安価なお土産をもらった場合、「たいそうなお品」ではなく「お土産」という表現で十分です。

【敬語の補足】
・尊敬語「お、ご」を使い「お心遣い」
・痛み入る=恐れ入る=恐縮、いずれも「ありがたく思う・申し訳なく思う」の意味
・丁寧語「です、ます」
・もらう の謙譲語「いただく」
・する の謙譲語「いたす」
・深謝 の意味は「深く感謝すること」

【シーン別】違いと使い分け

お心遣い のビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文をみてきましたが…

こんなときにはどれを使う?

というビジネスシーンごとの使い分けを整理しておきます。

ビジネス会話なら…

  • 例文「お心遣いありがとうございます」
  • 例文「お心遣い申し訳ありません・すみません」

ややカジュアルではあるものの、サラッと言えるフレーズを使います。

ここで「申し訳ありません」を入れたのは、
相手に気を使わせてしまったこと に対するお詫びの気持ちを述べるため。

腰を低くするためには、ありがとう よりも 申し訳ありません を使います。

ビジネスメールなら…

  • 例文「お心遣いを頂きありがとうございます」
  • 例文「お心遣いを賜りありがとうございます」
  • 例文「お心遣い痛み入ります」
  • 例文「お心遣いに感謝申し上げます」
  • 例文「お心遣いに感謝いたします」
  • 例文「お心遣いに感謝しております」
  • 例文「お心遣いを頂き恐縮です」
  • 例文「お心遣いを頂きまして~」

使えるフレーズが多いのですが…

ビジネスメールなど文書の場合、
シンプルなフレーズではなくよりかしこまった表現を使うため例文のような表現を使います。

ホントに「かしこまる」のであれば…

  • 例文「お心遣い痛み入ります」
  • 例文「お心遣いを頂き恐縮です」
  • 例文「お心遣いを頂きまして恐れ入ります、痛み入ります、申し訳ありません」

こういったフレーズを使います。

ニュアンスとしては
(私なんかのために)気を配ってもらい申し訳ない…に近く、かなり低姿勢にでています。

とくにお金をもらったときや、
高価な品物をもらったときに使うと好感度UP。

かしこまった敬語フレーズを使っていますので、会話ではなくビジネスメールで使われることが多いですね。

これまで紹介した例文はどれも丁寧な敬語ではありますが、「恐縮」「痛み入る」を使う方が低姿勢でかしこまった敬語になります。

【注意点】お心遣い はこう使う!

つづいて「お心遣い」を使うときの注意点を解説します。

敬語を正しく使うことはもちろん、
ふさわしいビジネスシーンを考えて使いましょう。

お心遣いしてください はNG!

きわめて初歩的な敬語の使い方なのですが…

お心遣い するのはあくまでも相手の厚意であるため、相手に「心遣いしてください=気配りしてください」と要求するのは間違い。

どんなお心遣いに対して「ありがとう」なのか?

お心遣い の意味は「①気配り」「②祝儀」

したがって、

どんな気配りにたいしてのお礼なのか?
を明確にしてあると、よりよい文章になります。

「お心遣いを頂きありがとうございます」を単体で使うと、いったい何に対するお礼なのか、あいまいなのですよね。

そこでたとえば

「たいそうなお品を頂きありがとうございました。お心遣い痛み入ります」
「就任に際し、お心遣いを頂きまして厚くお礼申し上げます」

などのようにすると良いでしょう。

お心遣い・お気遣い の違い

お心遣い の類語としてよくつかわれる他のフレーズとの違い。

「お気遣い」との違いについて少し。

お心遣い の意味は「配慮、気配り」

お気遣い の意味は「気をつかうこと、心遣い」

意味における違いは…
ほとんど無視できるレベルであり、どちらを使っても

「配慮、気配り」

という意味の言葉になります。

ただしニュアンスとしてはちょっと違っているため、使い方も違います。

  • お気遣い だと「意識して気をつかう」
  • お心遣い だと「意識せず心から気を配る」

といった感じでニュアンスの違いあり。

したがって、

  • ◎どうぞお気遣いなく=気配りは必要ないよ

とは言っても

  • ×どうぞお心遣いなく=心配りは必要ないよ

とは使いません。

なぜなら、

気遣い は厚意でなく意図的であるいっぽう、
心遣い は相手の純粋な厚意であるため。

相手の厚意をさえぎるような発言をしてはいけないのですよね。

(たとえホントは違っても・・・)

【参考】「取り急ぎお礼まで」を目上の人に使わない理由・丁寧な言い換え

【例文】お心遣い のビジネスメール全文