「ご確認させて頂きます」は間違い敬語?正しい使い方・ビジネス例文

「ご確認させていただきます」は間違い敬語?二重敬語?

とご心配のあなたへ。

「ご確認させていただきます」が正しい敬語である理由と、正しいにもかかわらず使われない理由、ビジネスシーン(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)での使い方、例文を紹介します。

「ご確認させていただきます」は間違い敬語・二重敬語ではない

まずは結論から。

「ご確認させていただきます」は二重敬語ではありませんし、間違い敬語でもありません。正しい敬語です。

なぜなら、

もとになる単語「確認」に謙譲語「お・ご」で「ご確認」とし、

さらに「させてもらう」の謙譲語「させていただく」を使い、丁寧語「ます」をくっつけて敬語にしているからです。

ただし元になる形「確認させてもらう」という表現が日本語としておかしいので、あまり好ましい敬語フレーズではありません。

普通に「(ご)確認いたします」という敬語をつかったほうがよいでしょう。

これだけですべてを物語っているのですが説明不足かもしれませんので、

  • なぜ「ご確認させていただきます」を間違い敬語とおもってしまうのか?
  • なぜ正しい敬語なのか?
  • そもそも謙譲語とか尊敬語って何?
  • そもそも二重敬語って何?

という部分についてもくわしく解説していきます。

間違い敬語と感じる理由は「尊敬語」と判断しているから

なぜ「ご確認させていただきます」が間違い敬語のように感じてしまうかというと…

「ご確認」の「ご」の部分にあります。

この「ご確認」は尊敬語「ご」をつかって敬語にしているかのように見えます。

尊敬語は相手の行為につかうため「ご確認」が尊敬語であればたしかに「ご確認させていただきます」は間違い敬語です。

尊敬語とはたとえば、

「お客様、お忘れものはございませんか?」
「部長はお戻りになりましたか?」

などのビジネスシーンでつかう「お・ご」のこと。これらはいずれも尊敬語であり、目上の行為をうやまってつかう敬語。

ところが「ご確認させていただきます」は自分が「確認させてもらう」という意味であるハズ。したがって尊敬語ではおかしいのです。

でも実際には「ご確認させていただきます」は尊敬語ではなく、謙譲語の「お・ご」をつかっています。

【補足】そもそも尊敬語とは?

そもそも尊敬語とは…

敬語の一種であり、相手を立てる・うやまう・高める敬語のこと。

相手の行為につかい、決して自分の行為にたいして尊敬語を使ってはいけません。尊敬語を自分の行為に使うと、自分で自分をうやまうことになってしまいます。

ビジネスシーンで尊敬語をつかうときの注意点として、

社外のひとに社内のひとのことを話すときには尊敬語ではなく、謙譲語を使います。このシーンで尊敬語を使うと「社内のひと > 社外のひと」というようになってしまいますね。

社外の人の前で尊敬語「弊社の部長がおっしゃいました」ではおかしくって謙譲語「弊社の○○が申しておりました」とします。

高めるべき順番は「社外 > 社内」であり、この図式を守って使いましょう。

「確認」「させてもらう」にそれぞれ謙譲語を使っているから正しい

繰り返しにはなりますが「ご確認させていただきます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。

  1. もとになる単語「確認」に向かう先を立てる謙譲語「お・ご」で「ご確認」とし、
  2. さらに「させてもらう」の謙譲語「させていただく」を使い、
  3. 丁寧語「ます」をくっつけた敬語

「確認」「させてもらう」という単語それぞれに謙譲語をつかって敬語にしており、正しい敬語の使い方をしています。

二重敬語でもなく間違い敬語でもありません。

謙譲語にも「お・ご+名詞」という使い方がある

ややこしいので基本的な敬語の使い方についてくわしく解説を。

じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。

謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、

「会議日程のご連絡」
「忘年会開催のお知らせ」
「販売状況のご報告」
「転勤のご挨拶」
「貴社ご訪問のお願い」

こんな感じのフレーズがあります。よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。

ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。

これは先にのべたとおり、

謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。実際にはどれも正しい敬語をつかっています。

いっぽうで尊敬語の「お・ご」は、

さきに示したとおり「●●部長からご連絡がありました」などのようにして、相手の行為をうやまって使う敬語です。

【補足】そもそも謙譲語とは?

そもそも謙譲語とは…

敬語の一種であり、自分を低くすることで対象を立てる・うやまう・高める敬語。

自分の行為につかい、対象の行為にたいして謙譲語を使ってはいけません。

ただし細かくは謙譲語にも2種類あります。

  • 謙譲語Ⅰ = 自分を低めることで行為のおよぶ先を高めて敬意を表す敬語のこと。
    例文「お伝えします」「お土産をいただく」「貴社へ伺う」
  • 謙譲語Ⅱ = 聞き手に敬意を表す敬語のことで「もうす」「おる」「まいる」「いたす」などがある。
    例文「母に申します」「海へ参ります」

ややこしく感じるかもしれませんが「①自分側を低めて相手を高める」か「②話し手に敬意を示すために使う」だと理解しておきましょう。

【出典】文化庁「敬語の指針」

「ご確認させていただきます」は二重敬語ではない

ところで「ご確認させていただきます」は二重敬語だという意見があります。

「ご確認」はすでに謙譲語であり、さらに謙譲語「させていただく」をつかっているから二重敬語だ!という主張かと思われますがこの解説も間違いです。

「ご確認=謙譲語」×「させていただく=謙譲語」

「ご確認させていただく」は「謙譲語 x 謙譲語」だから二重敬語??

このようなロジックで二重敬語だという意見がでてくるのかと。

ただし答えは「二重敬語ではない」です。

二重敬語とは「ひとつの語におなじ敬語を二回つかうこと」であり敬語のマナー違反です。

たとえば「お伺いいたします」「お伺いする」などが二重敬語の例。「行く」の謙譲語「伺う」をつかっているのに、さらに「お〜いたす」「お〜する」という謙譲語をつかっているためです。

ところが、

「ご確認させていただきます」は「確認」+「させてもらう」という2つの単語から成り立ちます。「確認」に謙譲語「お・ご」で「ご確認」とし、「させてもらう」に謙譲語「させていただく」を適用しているため、謙譲語はそれぞれの単語で一回しかつかっていません。

したがって二重敬語ではありません。

よくよく考えてみると…

「ご確認させていただきます」が二重敬語になるのでしたら、ビジネスメールの結びで必ずといっていいほど使う「お願いいたします」も二重敬語になるはずですよね。

ただし「ご確認させていただきます」は日本語としておかしい

これまでの解説から「ご確認させていただきます」は敬語としては正しいということが分かりました。

ところが敬語うんぬんの前に…

日本語としておかしい表現じゃないの、というポイントを見るべき。

その点で「ご確認させていただきます」は日本語としておかしいのです。

日本語としておかしい理由

じゃあなぜ日本語としておかしいのかというと、元の形「確認させてもらう」で考えてみるとすぐに分かります。

「させてもらう」の意味は辞書によると「相手方の許しを求めて行動する意をこめ、相手への敬意を表す」です。

つまり、

許しが必要なときにつかう言葉です。

で、

「確認させてもらう」だと「確認するために相手からの許しを得たい」という感じのニュアンスになります。

相手に確認するときに、はたして相手からの許しが必要なのでしょうか?

わたしはおかしいと思いますね。これは受け手の感情次第であるため、なにが正解とは言えませんが…

「●●させていただきます」の正しい使い方

ついでに「●●させていただきます」の正しい使い方についても少し。

何かしらの許可・許しを相手に期待して「●●させていただきます」として使うのが一般的です。

正しい使い方にはたとえば、

  • 例文「ご一緒させていただきます」
  • 例文「出席させていただきます」
  • 例文「コメントは差し控えさせていただきます」

などがあります。これらはよくビジネスメールに使われる表現。

相手の許しがなければ「ご一緒させてもらう=同行させてもらう、仕事を一緒にさせてもらう」あるいは「出席する」ことはできないため、正しいと言えます。

➡︎ 誤用の多い「させていただく」症候群には「いたします」が効く!

「(ご)確認いたします」で十分に丁寧な敬語

ここまでの解説で「ご確認させていただきます」が正しい敬語にもかかわらず、日本語としておかしいことが分かりました。

じゃあ「確認する」をビジネスシーンにも使える丁寧な敬語にするにはどうしたらいいの、ということですが…

答えは簡単で「(ご)確認いたします」とすればよいだけ。ちなみに「ご報告いたします」「報告いたします」はどちらでも敬語としては正しいです。

敬語の補足

「(ご)確認いたします」はもとになる単語「確認」に謙譲語「お・ご」を使い、さらに「~する」の謙譲語「~いたす」をつかっています。

ここで(お・ご)と( )書きにしたのは、あってもなくても敬語としてOKだから。

謙譲語をつかって敬語にしており、正しい敬語の使い方をしています。二重敬語でもなく間違い敬語でもありません。

謙譲語には「お・ご〜する」「お・ご〜いたす」という使い方があります。

たとえば、

「ご連絡する」「(ご)連絡いたす」
「ご報告する」「(ご)報告いたす」
「ご挨拶する」「(ご)挨拶いたす」
「お願いする」「お願いいたす」

こんな感じでつかう敬語です。ちなみに丁寧語「ます」をくっつけて「お・ご〜します」「お・ご〜いたします」とするのが一般的。

「確認いたします」でも丁寧

(ご)確認いたします」という謙譲語は「ご」を省いて「確認いたします」としても謙譲語として成り立ちます。

なぜなら「確認いたします」は、

もとになる単語「確認」に「する」の謙譲語「いたす」をつかい丁寧語「ます」をくっつけた敬語だから。

ビジネスメールでは「(お・ご)〜いたします」といった謙譲語をほんとうによく使います。さらには尊敬語の「お・ご」もたくさん使います。

でこれの何が問題かというと、

「お・ご」だらけのビジネスメールになって読みにくくなってしまうこと。

気持ち悪いメールになってしまいます。

尊敬語「お・ご」とも混同しやすいため「確認いたします」推奨

そもそも「お・ご〜いたします」という謙譲語は尊敬語の「お・ご」と混同しやすいです。間違い敬語と思われても仕方ないのですね。

で、

ご確認いたします」「確認いたします」どっちを使うべきかの結論としては、文章のバランスを考えて「確認いたします」をメインに使うことをオススメします。

ちなみに私はビジネスメールであろうと電話であろうと「確認いたします」しか使いません。理由は上述したとおり。

➡︎「お伺いいたします」が間違い敬語である理由、正しい使い方

➡︎「お伺い致します/お伺いします/お伺いさせて頂きます」すべて間違い敬語!

使い方「ビジネスシーンで何かしらの確認をする」

「ご確認いたします」は目上や取引先に、あなたがなにかしらの「確認します!」と言いたいきに使います。

ビジネスシーンではとくに返信メールで「承知しました。ご依頼の件、至急確認いたします」などとして使います。

以下の例文もご参考にどうぞ。

「確認いたします」を使った例文

  • ご指摘の件、至急確認いたします(メール冒頭)
  • ご迷惑をお掛けしておりまして誠に申し訳ございません。ご指摘の件につき状況を確認の上、報告いたします(メール文中)
  • 顧客に確認いたします(メール文中)

ご確認いたします を使ったビジネスメール例文(全文)

つづいて「ご確認いたします」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。

文字通り、何かの確認をするビジネスメールにおいて活躍する表現です。目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。

※ さきに解説したとおり「ご確認いたします」「確認いたします」のどちらを用いても丁寧です

「アポイント日程調整の返事を催促する」to社外取引先

【to 社外ビジネス取引先】
日程調整メールで社外ビジネス取引先に「返事を催促する」ときのビジネスメール例文。新たにメールを作る必要はなく、もとのメールを転送して作る。

メール件名:転送Fw: 【再送】貴社訪問のお願い(転職・ノマド)

ビジネス 株式会社
研究部 〇〇 様(社外ビジネス取引先)

いつもお世話になっております。転職・ノマドでございます。

さて、先日メールにて送付しておりました貴社訪問お願いの件、その後いかがでしょうか。お忙しいところ大変失礼とは存じますが、確認のため連絡いたしました。

先日のメールを転送いたしますので、ご確認いただければ幸いです。たびたび申し訳ありませんが、ご検討のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

——————————-
株式会社転職
法人営業部 国内営業課
のまど サラリーマン
〒xxx-xxxx
●●県●●市●●Δ-Δ-Δ
電話:xxxx
FAX:xxxx
E-mail:xxx@xxx
——————————-

補足
・過日 は「過ぎ去った日」つまり過去のこと。「先般」「先日」でも言い換えできる。
・おりました は「いる」の謙譲語「おる」に丁寧語の過去形「ました」を組み合わせて敬語にしている。

参考記事

➡︎「お伺いいたします」が間違い敬語である理由、正しい使い方
➡︎「お伺い致します/お伺いします/お伺いさせて頂きます」すべて間違い敬語!
➡︎ 誤用の多い「させていただく」症候群には「いたします」が効く!
➡︎「ご連絡差し上げます」は間違い敬語?意味と正しい使いかた