「恐れ入りますが」意味とビジネスにふさわしい使い方、例文

恐れ入ります・恐れ入りますが(読み:おそれいりますが)の意味、

ビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい使い方、注意点について。ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

まずは要点のまとめから。

恐れ入る の意味は…

① おそれて身がすくむこと
② 相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと

「恐れ入る」に丁寧語「ます」で「恐れ入ります」という敬語になる。

「恐れ入ります・恐れ入りますが」の使い方はホントにいろいろあり、「申し訳なく思う気持ち」「恐縮する気持ち」をあらわしたいビジネスシーンであれば、たいてい使えます。

例文でみたほうが分かりやすいため、
代表的な使い方を少し(意味などくわしくは本文にて)

  • 例文①たいそうなお品をいただき大変恐れ入ります
  • 例文②恐れ入ります。ありがとうございます(申し訳ありません)。
  • 例文③私事にて大変恐れ入ります(恐れ入りますが~)
  • 例文④お忙しいところ恐れ入ります(恐れ入りますが~)
  • 例文⑤差し出がましいお願いにて大変恐れ入りますが、~
  • 例文⑥ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが、~

例文①②でつかわれる「恐れ入りますが」の意味は…

いずれもおなじく「恐れて身がすくむ思いです」であり、お礼をあらわすビジネスシーンで使います。「ありがとう」とシンプルにお礼するよりも「こんな私に~してくれてホント恐れ入りますわ~」というような謙遜の気持ちが表れていて好感がもてますね。

例文③④⑤⑥でつかわれる「恐れ入りますが」の意味は…

いずれも「申し訳ないと思う」であり、お願いごと・お詫び・申し訳なく思う気持ちを示したいときに使います。

上記の例文はどれも丁寧な敬語であり、

ビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)で使うのにふさわしい敬語フレーズです。

ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、本文中ではいろいろな例文を使いながら意味、使い方、注意点について説明していきます。

恐れ入ります・恐れ入りますが の意味と使い方

意味

恐れ入る の意味は冒頭でも解説したとおり、

①おそれて身がすくむこと
②相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと

これに丁寧語「ます」をつかい「恐れ入ります」として敬語にしています。あとに何か文章を続けたいときには接続詞の「が」を使い「恐れ入りますが~」となります。

たとえば、

「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご返信のほどお願い申し上げます」とすると、

  • 忙しいところホントに申し訳なく思うのだけど…メール返信してほしい

の意味となり、

「身に余るお言葉をいただき大変恐れ入ります」とすると、

「褒めてもらって、ホントに恐れて身がすくむ思いです」という意味の丁寧な敬語フレーズになります。

使い方

「恐れ入ります・恐れ入りますが」にどんな語を組み合わせるかでイロイロな敬語フレーズを作ることができます。

たとえば、

  1. 丁寧語「ます」を組み合わせると「恐れ入ります」
  2. あとに文章をつづけるときは接続詞「が」を使い「恐れ入りますが~」
  3. 大げさに言いたいときには「大変恐れ入ります」「誠に恐れ入ります」

こんな感じで敬語フレーズを作ることができます。

ビジネスシーンでの使い方は、

①お願い・依頼、②お礼・感謝、③お詫び・謝罪 などで使います。「申し訳なく思う気持ち」「恐縮する気持ち」を表したいときに使うとよいでしょう。

ここからは、

「恐れ入ります・恐れ入りますが」のビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい例文と使い方を紹介します。

例文①~をいただき恐れ入ります

恐れ入ります・恐れ入りますが のビジネスシーン(メール/手紙/文書/社内上司/社外取引先/目上/就活/転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

  • 例文「~をいただき大変恐れ入ります」

「~」の部分にはイロイロな言葉が使えます。

たとえば、

  • 例文「お心遣いをいただき大変恐れ入ります」
  • 例文「たいそうなお品をいただき恐れ入ります」
  • 例文「本日はお足元の悪いなかご足労いただき、大変恐れ入ります」
  • 例文「このたびはたいそうなお品をいただき誠に恐れ入ります」
  • 例文「身に余るお言葉をいただき大変恐れ入ります」
意味は
「~をしてもらって申し訳ない」
「~をもらって申し訳ない」

「恐れ入ります」のもっともオーソドックスな使い方となります。

「もらう・~してもらう」の謙譲語「いただく」を使い敬語にしています。

使い方

~をいただき大変恐れ入ります の使い方は…

お土産をもらったり、何かしらの気づかいをしてもらった相手に伝えるお礼のフレーズとして使われます。

「ありがとう」とシンプルにお礼をするのもいいのですが、「恐縮」を使うことによって「こんな私のために~してくれて申し訳ない」という謙った(へりくだった)ニュアンスにしています。

ビジネスではつねに低姿勢であることが好まれます。

相手に負担をかける何かをさせたのであれば、「恐縮です・恐れ入ります」といったフレーズを使うとよいでしょう。

以下の例文もあわせてご参照ください。

ビジネスメール例文

  • 例文(お礼メール)
    ~前中略~
    このたびは、結構なお品をいただき厚くお礼申し上げます。
    いつもながらお心遣いをいただき大変恐れ入ります。
ご足労=(相手がコチラへ)訪問する
結構な品=すばらしい品

例文②恐れ入ります。ありがとうございます・すみません・申し訳ありません

恐れ入ります・恐れ入りますが のビジネスシーン(メール/手紙/文書/社内上司/社外取引先/目上/就活/転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

  • 例文「恐れ入ります。ありがとうございます・すみません・申し訳ありません」

あるいは、

  • 例文「恐れ入ります。お気遣い頂きありがとうございます」
    例文「恐れ入ります。お気遣い頂きすみません」
    例文「恐れ入ります。お気遣い頂き申し訳ありません」

※「お気遣い頂き」の部分はいろいろと言い換えできます。たとえば「お忙しいところ」「お心遣い」などなど。

意味は
「恐れて身がすくむ思いです」
「恐れ入る」には冒頭でものべたように、「申し訳なく思う気持ち」「ありがたく思う気持ち」も含まれています。

したがって、

わざわざ「恐れ入ります、ありがとう(すみません)」などと重複させる必要は無いといえば無いのですが…

ビジネスメールなどの文章ではなく、
ビジネス会話でよく耳にするフレーズです。

使い方

恐れ入ります。ありがとうございます(すみません・申し訳ありません) の使い方は…

例文①とおなじく、お土産をもらったり、何かしらの気づかいをしてもらった相手に伝えるお礼のフレーズとして使われます。

「ありがとう」とシンプルにお礼をするのもいいのですが、「恐れ入ります」を使うことによって「こんな私のために~してくれて申し訳ない」という謙った(へりくだった)ニュアンスにしています。

例文①~をいただき恐れ入ります との違いは、例文①はビジネスメール・文章などの丁寧な表現がもとめられるシーンで使い、

例文②はビジネス会話でサラッと使える表現となります。

とくに相手からお土産をもらったときにとっさに言えるフレーズとして、とても使いやすいですね。

相手に負担をかける何かをさせたのであれば、「恐れ入ります、すみません」「恐れ入ります。ありがとうございます」といったフレーズを使うとよいでしょう。

ただし繰り返しにはなりますが、

ビジネスメールなどの文章ではもっとキッチリとした表現が好まれます。

例文①~をいただき恐れ入ります のほか例文③以降もご参照ください。

例文③私事にて大変恐れ入ります

恐れ入ります・恐れ入りますが のビジネスシーン(メール/手紙/文書/社内上司/社外取引先/目上/就活/転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

  • 例文「私事にて大変恐れ入ります」

あるいは、

  • 例文「私事にて恐れ入ります、~」

※ 私事の読みは「わたくしごと」

意味は
「自分や家族の事で申し訳ない」

ここで、私事(わたくしごと)は自分のことだけでなく身内にぞくする全ての都合のことを指します。

つまり家族のことであっても「私事」になります。敬語を使うときには相手からみたときに「ウチ」なのか「ソト」なのかを考える必要あり。

使い方

私事にて大変恐れ入ります の使い方は…

ビジネスに関係ない自分の話をするときのクッション言葉として、「いや~自分のことで申し訳ないんだけどさ…」のようなニュアンスで使います。

たとえば、

【例文】
空き巣被害にあいまして…
私事にて恐れ入りますが、事後処理のため本日休みをいただきます。

のように使うとよいでしょう。すると「いや~自分の都合で申し訳ないんだけど休みますわ~」の丁寧な敬語フレーズになります。

その他にもイロイロな使い方ができます。

以下例文もあわせてご参照ください。

ビジネスメール例文

  • 例文(上司への結婚報告メール)
    ~前中略~
    私事にて大変恐れ入ります。
    昨日10月10日に入籍いたしましたので、ご報告申し上げます。
    結婚を機にますます仕事に精進して参りますので、
    今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。
  • 例文(商談)
    昨日実家が津波の被害にあいまして…
    私事にて恐れ入りますが、事後処理のため本日休みをいただきます。
  • 例文(子供の風邪で休むメール)
    本日、息子の急病のため休みをいただきます。
    私事にて大変恐れ入りますが、ご了承のほどお願い申し上げます。
  • 例文(家族の都合で休むメール)
    本日、母の介護のため休みをいただきます。
    私事にて大変恐れ入りますが、ご了承のほどお願い申し上げます。
恐れ入ります・恐れ入りますが は「恐縮です・恐縮ではございますが」と言い換えできる。

例文④お忙しいところ恐れ入りますが、

恐れ入ります・恐れ入りますが のビジネスシーン(メール/手紙/文書/社内上司/社外取引先/目上/就活/転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

  • 例文「お忙しいところ(大変)恐れ入りますが、~」

「~」の部分にはいろいろなフレーズがきます。

たとえば、

  • 例文「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご返信いただければ幸いです」
  • 例文「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご対応いただければ幸いです」
  • 例文「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご連絡くださいますようお願い申し上げます」
意味は
「忙しいのに申し訳ないのですが…」

使い方

お忙しいところ(大変)恐れ入りますが~ の使い方は…

とくにビジネスメールに使われる、相手を気づかうクッションフレーズです。あとに続けて、何かしらの「お願い・依頼」がつづきますね。

その他にもイロイロな使い方ができます。

以下例文もあわせてご参照ください。

ビジネス例文

  • 例文(ビジネスメール結び)
    ~前中略~
    お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご返信いただければ幸いです。
    何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 例文(ビジネスメール結び)
    ~前中略~
    お忙しいところ大変恐れ入りますが、
    ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
  • 例文(ビジネスメール結び)
    ~前中略~
    お忙しいところ大変恐れ入りますが、
    弊社オフィスまでお越しいただければと存じます。
    何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 例文(ビジネスメール結び)
    ~前中略~
    お忙しいところ大変恐れ入りますが、
    ご検討のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
恐れ入ります・恐れ入りますが は「恐縮です・恐縮ではございますが」と言い換えできる。

例文⑤差し出がましいお願いにて恐れ入りますが、

恐れ入ります・恐れ入りますが のビジネスシーン(メール/手紙/文書/社内上司/社外取引先/目上/就活/転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

  • 例文「差し出がましいお願いにて大変恐れ入りますが、~」

「~」の部分にはいろいろなフレーズがきます。

たとえば、

  • 「差し出がましいお願いにて恐れ入りますが、ご対応いただければ幸いです」
  • 「差し出がましいお願いにて恐れ入りますが、ご了承のほどお願い申し上げます」
  • 「差し出がましいお願いにて恐れ入りますが、お取り計らいのほどお願い申し上げます」
意味は
「でしゃばったお願いで申し訳ありませんが

ここで「差し出がましい」は「余計なこと・でしゃばり・出すぎたマネ」の意味。自分のした行為にたいして「余計なんだけど…」と謙って(へりくだって)使う言葉です。

使い方

差し出がましいお願いにて大変恐れ入りますが~ の使い方は…

例文④と同じく、とくにビジネスメールに使われる相手を気づかうクッションフレーズです。あとに続けて何かしらの「お願い・依頼」がつづき、メールを締めくくりますね。

その他にもイロイロな使い方ができます。

以下例文もあわせてご参照ください。

ビジネスメール例文

  • 例文(お願いメール結び)
    ~前中略~
    差し出がましいお願いにて大変恐れ入りますが、ご了承をいただければ幸いです。
    何卒よろしくお願い申し上げます。
ご了承=了解

例文⑥ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが、

恐れ入ります・恐れ入りますが のビジネスシーン(メール/手紙/文書/社内上司/社外取引先/目上/就活/転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文。

  • 例文「ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが、~」

「~」の部分にはいろいろなフレーズがきます。

たとえば、

  • 「ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが、ご対応いただければ幸いです」
  • 「ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが、ご了承のほどお願い申し上げます」
  • 「ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが、お取り計らいのほどお願い申し上げます」
意味は
「無礼なお願いをして申し訳ないのですが、」

ここで「ぶしつけ」は「しつけができていないこと、無作法」の意味。自分のお願いした行為にたいして「無作法で申し訳ないのだけど」と謙って(へりくだって)使う言葉です。

使い方

ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが~ の使い方は…

例文④⑤と同じく、とくにビジネスメールに使われる相手を気づかうクッションフレーズです。あとに続けて何かしらの「お願い・依頼」がつづきますね。

ぶしつけなお願い=無作法なお願い

ということですから、何かしら無作法なお願いをするときだけ使います。たとえば、初対面の相手にいきなりお願い事をするとき。面識のない相手に突然、お願いメールするとき。問い合わせメールなど。

その他にもイロイロな使い方ができます。

以下例文もあわせてご参照ください。

ビジネスメール例文

  • 例文(お願いメール結び)
    ~前中略~
    ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが、ご了承をいただければ幸いです。
    何卒よろしくお願い申し上げます。
ご了承=了解

恐れ入ります・恐れ入りますが の類語と言い換え

恐れ入ります・恐れ入りますが の類語と言い換えについて。

ビジネスシーンでも使える言い換え表現をざっくりまとめておきます。

恐縮です・恐縮ですが~・恐縮ではございますが~

恐れ入ります・恐れ入りますが の言い換え or 類語としてもっともオーソドックスなのが「恐縮です・恐縮ですが~・恐縮ではございますが~」です。

意味と使い方はまったく同じですが、「恐縮」はもう少し表現の幅がひろがります。いちおう、重複していない例文のみ以下まとめます。

  1. 恐縮に存じます・恐縮に存じますが
    例文「お忙しいところ大変恐縮に存じますが、」
    例文「ぶしつけなお願いにて恐縮に存じますが、」
    例文「たいそうなお品をいただき恐縮に存じます」
  2. 恐縮の至りでございます
  3. 恐縮の限りでございます
  4. 恐縮の極みでございます
存じます=「思う」の謙譲語
「至り」「限り」「極み」の意味は…どれも似たような意味で「これ以上はない」、つまり「とんでもなく」「とてつもなく」という意味にとれます。

申し訳ありませんが~

ここまで「恐れ入ります」についてみてきましたが、無理してこの表現を使う必要はありません。

もっとシンプルに「申し訳ありません」で言い換えできます。

たとえば以下の例文に示すとおり、すべての「恐れ入ります・恐れ入りますが」は言い換えできますので、慣れない方はこちらを使いましょう。

  • 例文「お忙しいところ申し訳ありませんが、ご対応のほどお願い申し上げます」
  • 例文「お忙しいところご連絡いただき、誠にありがとうございます」
  • 例文「たいそうなお品をいただき、誠にありがとうございます」

【注意点】恐れ入ります・恐れ入りますが はこう使う!