双日の年収まとめ|総合商社の中では低いけど実際どう?

双日の大卒総合職(文系&理系)って年収高い?低い?一般的な年収ランキングからは分からない総合職の給料をまとめてみました。

新卒(学部卒/院卒)〜20歳代・30歳・35歳・40歳・50歳での目安年収と、各役職ごとの目安年収、残業代こみ年収、福利厚生のまとめとなります。

※追記)一般職の年収も追加しました。

転職・就活のご参考にどうぞ。

双日の平均年収・平均年齢・平均勤続年数

まずは会社全体の年収を見ていきます(数字は2016年の有価証券報告書より。よく言えば安定、悪く言えばメリハリのない平均年収となっています。

  • 平均年収:1095万円
  • 平均年齢:42.4歳
  • 平均勤続年数:15.4年
  • 参考|
    2015年の平均年収|1068万円
    2014年の平均年収|1052万円
    2013年の平均年収|1062万円

※平均年収は一つ前の年度の有価証券報告書を参照。たとえば「2016年=2015年度実績」となります。

「双日」という会社をご存じない就活生のために、ひとこと解説。

双日は総合商社であり、5大総合商社(三菱・物産・住商・伊藤忠・丸紅)には含まれていない。他総合商社と違い、非資源分野からの収益がメイン。資源バブルのときにも資源ビジネスには注力せず、非資源分野を成長の軸にすえて投資を続けてきた。ただし、5大総合商社とくらべて資金力・規模ともに劣る。そして収益性も決してよくない。

  • 本社:東京都千代田区内幸町二丁目1番1号飯野ビル
  • 設立:2004年(旧ニチメンが日商岩井を合併して誕生)
  • 2015年度決算:
    売上 1.6兆円
    純利益 365億円

商社業界の平均年収ランキング2016年

  1. 三菱商事|年収1446万円
  2. 伊藤忠商事|1383万円
  3. 三井物産|1363万円
  4. 住友商事|1256万円
  5. 丸紅|1226万円
  6. 双日|1095万円
  7. 豊田通商|953万円
  8. 伊藤忠エネクス|896万円
  9. ミツウロコグループホールディングス|895万円
  10. 三洋貿易|892万円
  11. 長瀬産業|882万円

商社業界の平均年収ランキングを見ると双日はNo.6となっており、順当な結果となっています。実際のところはどうでしょうか?

それでは概要を解説したところで、大卒・総合職の目安年収を見ていきましょう。

双日の大卒・総合職の目安年収

①年齢ごとの年収目安(残業代・各種手当て別)

年 齢 役 職 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
~30歳 主任 720万円 40 6.0
(※2)
33歳 上級主任 900万円 50 6.0
35歳 上級主任 1008万円 56 6.0
40歳 上級主任 1008万円 56 6.0
課長1 1180万円
(※1)
66 6.0
45歳 上級主任 1008万円 56 6.0
課長1 1180万円 66 6.0
50歳 上級主任 1008万円 56 6.0
課長2 1368万円 76 6.0
55歳 上級主任 1008万円 56 6.0
課長2 1368万円 76 6.0
60歳 上級主任 1008万円 56 6.0

(※1)部下なし課長1から残業代ゼロ、同期でも差が出る昇進に差が出る。総合職であれば上級主任まではほぼ自動的に昇格(もちろん毎昇格試験はある)。
(※2)年収はボーナス額で変動する。最低4ヶ月~最高12ヶ月/年となる。業績が良いときは気前よく還元する(総合商社に共通)が、双日は業績がず~~っと低調なため、実際には5~6ヶ月/年で変化なし。管理職以下は差がつかず、課長以上では個人差・部門差が大きくなる。

②役職ごとの目安年収(残業代・各種手当て別)

役 職 年 齢 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
主任 ~30歳 ~720万円 ~40 6.0
上級主任 33~40歳 900~1008万円 50~56 6.0
課長1
部下なし
38~40歳 1180万円 66 6.0
課長2
部下あり
35歳~ 1368万円 76 6.0
副部長 40歳~ 1548万円 86 6.0
部長 50歳~ 1800万円 100 6.0

※課長以上は残業代ゼロ

  • 新卒~30歳|毎年の昇給が早い。3万円くらいずつ基本給が上がる。
  • 38-45歳|部下なし課長1になれるかどうかで年収が大きく変わる。総合職であっても昇格しない人もいる。
  • 40-45歳|部下あり課長2になれるかどうかで年収が大きく変わる。
  • 45歳|副部長になれるかどうかで年収が大きく変わる。
  • 50歳|部長になれるかどうかで年収が大きく変わる。
  • 50-60歳|理事、役員へ昇格できる人は少ないため無視している。

③残業代込みの目安年収(月45h残業と仮定)

商社の場合、営業職と間接部門(経理など)で残業時間が大きく異なりますが…。総合商社は総じて海外とのやり取りが多く、早朝・夜間の会議などが多くなりがち。月45時間くらいの残業時間が平均的かと思われます。そこで、残業を月45時間として残業代込み年収を出しておきます。

年 齢 役 職 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
~30歳 主任 873万円 40 6.0
(※2)
33歳 上級主任 1113万円 50 6.0
35歳 上級主任 1223万円 56 6.0
40歳 上級主任 1223万円 56 6.0
課長1 1180万円
(※1)
66 6.0
45歳 上級主任 1223万円 56 6.0
課長1 1180万円 66 6.0
50歳 上級主任 1223万円 56 6.0
課長2 1368万円 76 6.0
55歳 上級主任 1223万円 56 6.0
課長2 1368万円 76 6.0
60歳 上級主任 1008万円 56 6.0

④注意点

【注意①】年収はボーナスの額により変わる(ここではボーナス6.0ヶ月/年の想定)。業績が悪くなれば平均して年収100万円は普通に下がる。

【注意②】賞与は「個人の査定・(部課)目標の達成度・会社業績」によって決まる。このうち影響大きいのが会社業績、次に個人の査定。会社の業績が伸びなければボーナスも伸びない。最低4ヶ月~最高12か月分である。が、双日は業績がず~~っと低調なため、実際には5~6ヶ月/年で変化なし。管理職以下は差がつかず、課長以上では個人差・部門差が大きくなる。

【注意③】同期入社であれば30代後半までは年収に差がつかない。差がつくのはそれ以降。

【注意④】管理職になると残業代はゼロ。

【注意⑤】年功序列。

▼▼▼▼

まとめると双日の年収は40歳までの年収伸びが大きい。その後はゆるやかな昇給カーブとなります。これは商社業界で共通しています。若手の離職率を下げることが狙いかと。

35歳・上級主任・年収1000万円は普通にやっていれば誰でも到達します。

また残業代も含めて考えると、30歳すぎで普通に年収1000万円越えするでしょう。

さらに総合商社は海外赴任のチャンスも多し。そうなると年収は上記の表の1.5倍~2倍くらいになります。

一般職の年収

一般職の年収は総合職の7割くらいにしたイメージです。

若いうちは年収の絶対額が低いため、そこまで大きな差は感じられないでしょう。当たり前ですが、年齢を重ねるほどに年収の差は開いていきます。

双日の福利厚生

  1. 独身寮|あり
  2. 社宅|なし
  3. 世帯手当|調査中
  4. 住宅補助|
    ・なし
    ・転勤者のみ借り上げ社宅となり、然るべき補助がでる(金額は確認中)
    ・独身で寮を出ると悲惨
  5. 残業代|
    ・管理職以降は残業代ゼロ。
  6. その他の福利厚生|通勤手当、出張手当、外勤手当など
  7. その他の注意事項|

まとめると双日の福利厚生は悪い、住宅手当が薄い。結婚したり独身寮をでると自腹で家を借りる必要があります。メーカーと年収を比較する際には、100万円程度をひいて考えるのが妥当です。

商社業界の中でどのくらい?

双日の年収は商社業界の中では「トップクラス」ですが、5大総合商社(三菱・物産・住商・伊藤忠・丸紅)と比較するとボーナスで大きく劣り、結果として年収も低いです(ただし5大総合商社も資源バブルに頼っていたため今後は同じくらいになるかも)。

また、他業界と比べてみても「トップクラス」です。

でも結局はボーナスの月数次第。したがって双日の年収って高いの?低いの?と聞かれても「その年の業績による」としか答えようがありません。申し訳ありません。

ある程度まとまったら年収ランキングを作りますね(準備中)。

双日に転職・就職するあなたへ

商社業界の今後の動向

まず商社業界の流れと、今後の動向をざっくりと解説します。

と思いましたが商社業界は、ビジネスの分野が広すぎて一般的な解説が難しいですね…。個別企業ごとに分析する必要があります。

双日の将来性。今後どうなる?

双日は非資源分野のビジネスが中心であるため、資源価格には左右されない体質。ただ、非資源分野といっても、大きく稼げるようなビジネスではない。

今後の動向と将来性ですが双日は手広くやりすぎていて、よくわかりません。赤字の事業もあれば、事業投資もあれば、手堅い伝統的なトレーディングもあり。商社不況のときに合併して生き残るしかなかった商社なので、資金力としては他総合商社に劣ります。

ということで(どういうことだ?)世界の経済情勢に大きく左右されるのは、ある程度は仕方ないでしょう。

双日の激務度・ブラック度

双日を初めとする総合商社は(部署や上司によりますが)激務です。高年収にはそれなりの事情があると、覚悟しておきましょう。

商社業界の関連記事

双日の社員クチコミ・評判

双日の「①激務度・ブラック度」「②年収事例」「③キャリアパス(出世の難易度)」「④その他」「⑤福利厚生」に関して情報をお持ちの方へ。「コメント欄」にてご教示いただければ幸いです。

転職者・就活生の役に立つようなコメントでしたら何でも構いません。事実に基づく批判もウェルカムです。

またデータには万全を期しておりますが、2017年公開時点での情報ですのでご了承ください。

それでは読者様からのご協力お待ちしておりますm(_ _)m