シェアしていただけると嬉しいです^ ^

住友化学が薄給って本当?年収事例を調査してみた

スポンサーリンク

住友化学の年収事例まとめ。総合職文系&理系の事例を紹介します。就職活動・転職のご参考になりましたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク

住友化学の平均年収(全従業員ベース)

有価証券報告書に公表されている平均年収(全従業員ベース)は以下の通り。

【2015年度の平均年収:844万円】

【平均年齢:40.0歳】

【平均勤続年数:14.2年】

【年収=給与+残業代+賞与+基準外賃金】基準外賃金とは通勤手当、家族手当、住宅手当などのことを指す。

この平均年収というのは圧倒的に母数の多い工場の一般職勤務も含んでいるので、総合職には全く当てはまらない。そこで総合職文系&理系の年収事例を出しておこう。

住友化学(総合職)の年収事例まとめ

標準給与体系(ボーナス額により変動)

【23歳学卒/25歳院卒入社】公表の年収+ボーナス+残業代

【27歳】年収500万円(残業代別)

【30歳】年収580万円(残業代別)

【32歳・主任】年収700万円(残業代別)

【35歳・主任】年収760万円(残業代別)

【38-40歳・管理職ぺいぺい】年収900万円前後(ほぼ全員)

【41-45歳・管理職中〜上級】年収1,000-1,200万円(3人に1人くらい)

【部長】年収1,200-1,500万円(5人に1人くらい)

【役員】年収7,500万円(狭き門)

これはベース+ボーナス額であり実際にはこのような給料にはならない(実際にはもっと高い)。ここからは手当込み年収を考える。

給与制度の特徴と各種手当

  1. 独身寮:あり、家賃1万円未満
  2. 住宅手当:住宅手当廃止
  3. 世帯手当:家族手当あり1万円/月/扶養家族
  4. ボーナスは組合員5-6ヶ月分/年
  5. 残業代は(部署によるが)つけやすい
  6. 本社に保育園併設

これらの手当てや残業代も含めて年収をまとめると以下のとおり。

各種手当て込み年収

【30歳手当込み年収】580万円(月30時間残業で年収650万円)+家族手当

【35歳手当込み年収】760万円(月30時間残業で年収850万円)+家族手当

【38歳管理職ぺいぺい】年収900万円前後。

【40歳管理職・中~上級】年収1,000-1,200万円

▼▼▼▼▼

住友化学で一番つらいのは住宅手当がないこと。独身時代は独身寮を使えばよいが、結婚すると出なければならない。

他の住宅手当ありの会社と比較すると100-120万円、年収が低いことになる。業績がしばらく低迷していたので手当て削減も仕方ないだろう。

この年収テーブルだと結局、管理職までは相当な苦労を強いられる(特に結婚後、独身であればなんら問題ない)。

でも住友化学が薄給ということは断じてあり得ない。

まとめ

住友化学はしばらく業績の低迷期が続いていたため、上述したような年収になっている。

大企業は業績が低迷しだすと以下のような背策をとる。

  • ステップ①:管理職のボーナスカット(最悪ゼロになる)、組合員のボーナスも減らす
  • ステップ②:従業員の手当て・福利厚生をどんどん削減
  • ステップ③:残業の抑制。サービス残業が横行する
  • ステップ④:儲からない事業を分社化して従業員のベース給料を下げる
  • ステップ⑤:年配者の早期退職者募集、リストラ開始
  • ステップ⑥:必要な人材までもリストラしてしまう。残された人材は激務になる
  • ステップ⑦:他大手企業との合併で生き残る

ステップが進むほど深刻な状況を意味するが今のところ住友化学はステップ①、ステップ②の段階で踏みとどまっている。今後も問題ないだろう。

蛇足だが東芝・ソニー・パナソニック・日立製作所・富士通といった電機メーカーは既にステップ⑥までいっており大変である。これ以上悪くなると最終手段の合併しか残されていない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです^ ^

フォローして頂くと更新を見逃しません