「ご相談ください」の代わりに使えるビジネス敬語・メール例文

「ご相談ください」は目上の人に失礼?ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに?

とご心配のあなたへ。

「ご相談ください」は目上に失礼とまでは言わないものの、親しい取引先や上司につかえる程度の丁寧レベル。

つかっても失礼ということでは無いのですが…ビジネス文書・メールや初対面の相手など気をつかうべきシーンではより丁寧な敬語に言い換えすると好感度UPします。

そもそもの意味や理由など細かな解説は本文中にて。

それでは、

「ご相談ください」の意味、目上につかえるより丁寧な言い換え敬語、ビジネスシーンでの使い方(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)、メール例文を紹介します。

「ご相談ください」の意味と敬語の解説

「ご相談ください」は「相談してくれ」という意味。

なぜこのような意味になるのか?そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。

ご相談の意味は「相談すること」

ご相談のもとになる単語は「相談」であり、意味は「相談すること」

「相談」に尊敬語「お・ご」を使うと「ご相談」という敬語の完成。

「ご相談ください」だと意味は「相談してくれ」

「ご相談」に「ください」をつなげて「ご相談ください」としたときの意味は…

「相談してくれ」
「相談してほしい」

このように解釈できます。尊敬語をつかっているため自分の行為ではなく、相手に「相談してくれ」「相談してほしい」という意味になります。

使い方は文字どおり、上司や取引先になにかしら相談してもらいたいときのビジネスシーンで使われます。

「ご相談ください」の敬語の種類

「ご相談ください」を敬語としてみていくと…以下のようになりたちます。

  • もとになる単語「相談」に謙譲語「お・ご」で「ご相談」とし、
  • さらに「くれる」の尊敬語「くださる」とし、
  • さらに命令形にして「ください」

このようにして元になる語「相談」を敬語にしています。つまり敬語としては何もおかしいところはありません。間違いではなく正しい敬語です。

【補足】敬語の種類(ざっくり復習)

① 尊敬語とは?
相手をうやまって使う敬語の一種。
相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。

敬語の種類はほかに②謙譲語、③丁寧語がある

② 謙譲語とは?
自分をへりくだって下にすることで、相手への敬意をあらわす敬語。
自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。

③ 丁寧語とは?
いわゆる「です・ます」口調のこと。

なぜビジネスメールで「ご相談ください」はイマイチなの?

ここまでの解説で「ご相談ください」が正しい敬語であることがわかりました。

つづいて、

なぜビジネスメールに敬語「ご相談ください」はイマイチなのか?という点について簡単に解説しておきます。

「ご相談ください」の「ください」という敬語が問題

「ご相談」というフレーズ自体はビジネスシーンで使える日本語です。

ところが問題は「ご相談ください」の「ください」の部分にあり。

なぜなら「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となるから。

ビジネスシーンにおいては社内メールや親しい取引先への社外メール、あるいは会話シーンに使える丁寧レベル。

ただし使っても失礼にはあたりません。もっと丁寧な敬語フレーズがあるよ、ということです。

ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ

ビジネス会話であれば「ご相談ください」としてもよいでしょう。

が、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。

なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。

とくに、

あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。

相手に「相談してほしい」、つまり何かしらのお願い・依頼ビジネスメールに使うフレーズですので、より丁寧な文章を心がけたいものです

ビジネスメールに使える丁寧な言い換え敬語「お申し付けください」

ここまでの解説で「ご相談ください」が敬語として正しいこと、正しいにもかかわらず目上に使うにはちょっとイマイチだということが分かりました。

ここからは、

じゃあどういう風に言い換えすれば丁寧な敬語になるの?という点についてみていきます。

「お申し付けください」意味・使い方

ビジネスメールにもつかえる丁寧な「ご相談ください」の言い換え敬語

  • 例文「お申し付けください」

意味は「言い付けてくれ、言い付けてほしい」であり、完全には「ご相談ください」の言い換えにはなりません。

ただビジネスメールではほとんどのケースで「お申し付けください」に言い換えすることができます。

敬語の解説は以下のとおり。

  • もとになる単語「言い付け」に謙譲語「お・ご~申す」で「お申し付け」とし、
  • さらに「くれる」の尊敬語「くださる」とし、
  • さらに命令形にして「ください」

「ご相談ください」つまり、「なにかあったら相談してくれ!」

というニュアンスではなく、

「お申し付けください」つまり、「何かあったら言いつけてくれ!」

というニュアンスとなります。

さて、どちらがより丁寧でしょうか?

ビジネスにおいては「相談してほしい」シーンよりも取引先や上司・目上のひとから「アドバイスがほしい・何かしらの指示がほしい」ことのほうが多いのです。

そういう意味で、

「お申し付けください=言い付けてほしい」のほうがふさわしい敬語と言えます。

※ただし本当に「相談」がふさわしいビジネスシーンであれば使ってもOK

「お申し付けください」の「ください」はとくに問題ありません。なぜなら謙譲語「お申し付け」をつかって丁寧な敬語にしてあるから。気になるかたは「お申し付けくださいますようお願い申し上げます」としましょう。

「お申し付けください」ビジネスメール例文

  • 例文「ご不明な点がございましたら、何なりとお申し付けください」
  • 例文「書類に不備等がございましたら、お気軽にお申し付けください」
  • 例文「追加で必要な事項がございましたら、お気軽にお申し付けください」
  • 例文「急な予定の変更などでご欠席される際は、幹事(のまど:TELxxx)までお申し付けください」

ビジネスメールに使える「ご相談ください」の丁寧な言い換え敬語

さきに解説したとおり「ご相談」というフレーズを使わずとも「お申し付けください」を使うのがオススメではありますが…

あくまでも「ご相談」を使いたいときには以下の例文もご参考にどうぞ。

ご相談いただければと存じます

ビジネスメールにもつかえる丁寧な「ご相談ください」の言い換え敬語

あくまでも「ご相談」というフレーズを使いたいときは…

  • 例文「ご相談いただければと存じます」

意味は『相談してもらえたらと思います』

「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+仮定の「れば」

「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」

「~いただければと存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。以下の例文もご参考にどうぞ。

▼「~いただければと存じます」の例文

  • 例文『ご連絡(を)いただければと存じます』
  • 例文『ご確認(を)いただければと存じます』
  • 例文『ご相談(を)いただければと存じます』
  • 例文『ご意見(を)いただければと存じます』
  • 例文『ご指示(を)いただければと存じます』
  • 例文『お力添え頂ければと存じます』

※注意)(を)としたのは、日本語としては「回答をもらう=ご回答をいただく」という使い方をしても問題ないから。でもビジネス敬語としては「ご相談いただく」という使い方をするのが一般的です。以降はすべて省略します。

ご相談いただきたく存じます

ビジネスメールにもつかえる丁寧な「ご相談ください」の言い換え敬語

あくまでも「ご相談」というフレーズを使いたいときは…

  • 例文「ご相談いただきたく存じます」
意味は『相談してもらいたいと思います』

「いただきたく」は「もらう」の謙譲語「いただく」+願望の「~たい」

「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」

というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。

「~いただきたく存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。以下の例文もご参考にどうぞ。

▼「~いただきたく存じます」の例文

  • 例文『ご連絡いただきたく存じます』
  • 例文『ご確認いただきたく存じます』
  • 例文『ご相談いただきたく存じます』
  • 例文『ご意見いただきたく存じます』
  • 例文『ご指示いただきたく存じます』
  • 例文『お力添えいただきたく存じます』

ご相談いただければ幸いです

ビジネスメールにもつかえる丁寧な「ご相談ください」の言い換え敬語

あくまでも「ご相談」というフレーズを使いたいときは…

  • 例文「ご相談いただければ幸いです」

意味は『相談してもらえたら嬉しいです、幸せです』

「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+可能形+仮定の「~れば」

「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」

というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。

「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。以下の例文もご参考にどうぞ。

▼「~いただければ幸いです」の例文

  • 例文『ご連絡いただければ幸いです』
  • 例文『ご確認いただければ幸いです』
  • 例文『ご相談いただければ幸いです』
  • 例文『ご意見いただければ幸いです』
  • 例文『ご指示いただければ幸いです』
  • 例文『お力添えいただければ幸いです』

ご相談くださいますようお願い申し上げます

ビジネスメールにもつかえる丁寧な「ご相談ください」の言い換え敬語

あくまでも「ご相談」というフレーズを使いたいときは…

  • 例文「ご相談くださいますようお願い申し上げます」
  • 例文「ご相談くださいますようお願い致します」

意味は「相談してくれるようお願いします」

「ご相談くださいますよう」の「くださいますよう」の敬語はややこしいため、くわしく解説しておきます。

  1. 「くれる」の尊敬語「くださる」の命令形
  2. 丁寧語「ます」
  3. ように

上記のようにして敬語にしています。

「ください」単体としての意味は「〜してくれ」「〜して欲しい」の丁寧な言いまわしと考えることができます。

が、

「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。

そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。

たとえば、

  1. ご査収くださいますようお願い申し上げます
    意味「よく中身を確認して受け取ってくれるようお願い!」
  2. ご相談くださいますようお願い申し上げます
    意味「相談してくれるようお願い!」
  3. ご一考くださいますようお願い申し上げます
    意味「一度考えてくれるようお願い!」
  4. ご検討くださいますようお願い申し上げます
    意味「検討してくれるようお願い!」
  5. ご容赦くださいますようお願い申し上げます
    意味「許してくれるようお願い!」

などのようにして使います。

これらはもともと「●●してください」という命令形なのですが、「●●くださいますようお願い〜」を使うことによって相手に強制しないやんわ〜りとした表現となっています。

ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。

ご相談のほどお願い申し上げます

ビジネスメールにもつかえる丁寧な「ご相談ください」の言い換え敬語

あくまでも「ご相談」というフレーズを使いたいときは…

  • 例文「ご相談のほどお願い申し上げます」
  • 例文「ご相談のほどお願い致します」

意味は「教授してくれるようお願いします」、つまり「相談してくれるようお願いします」となります。

ここで「ご相談のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。

断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。

たとえば、

  1. ご査収のほどお願い申し上げます
    意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」
  2. お取り計らいのほどお願い申し上げます
    意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」
  3. ご検討のほどお願い申し上げます
    意味「検討してくれるよう、お願い」
  4. ご相談のほどお願い申し上げます
    意味「相談してくれるよう、お願い」
  5. ご容赦のほどお願い申し上げます
    意味「許してくれるよう、お願い」

などのようにして使います。

これらはもともと「●●してください」という命令形なのですが、「〜のほど」を使うことによって相手に強制しないやんわ〜りとした表現となっています。

ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。

先ほどとおなじく「お願い申し上げます」は「お願いいたします」「お願い致します」と言い換えできます。

「ご相談いただく vs ご相談ください」違い

ところで「ご相談ください」と似たようなフレーズには「ご相談いただく」があります。これって何が違うのでしょうか?

それぞれの基本となる意味をまとめると、

  • 「●●ください」の意味:●●してくれ
  • 「●●いただく」の意味:●●してもらう

このように相手に「〜してくれ」とお願いするニュアンスになるのが「〜してください」であり、自分が「〜させてもらう、〜させてほしい」とお願いするニュアンスになるのが「〜していただく」という敬語フレーズです。

より丁寧な「ご相談いただく」

どちらがより丁寧な印象になるでしょうか?

言うまでもなく「〜いただく」のほうですね!?

些細な違いではありますがビジネスシーンにおいては重要な点です。

「ご相談ください」だと相手に「相談してくれ!」という強い口調になります。

「ご相談いただく」だと自分が「相談してもらう」という、よりやんわ〜りとした表現になります。

ご留意ください。

誤解のないように…敬語としてはどちらも正しく、どちらを用いても丁寧な敬語であることは確かです。

参考記事

➡︎「〜したい」の敬語とビジネスメールに最適な使い方、例文
➡︎【シーン別】お願い・依頼ビジネスメール文例50選
➡︎【ビジネス】日程調整メールをし、返信でお礼し、日時確定する例文
➡︎ 誤用の多い「させていただく」症候群には「いたします」が効く!