「ご支援の程よろしくお願い致します」意味と使い方・メール例文

「ご支援の程よろしくお願い致します」の意味、敬語の種類、ビジネスシーンにふさわしい使い方(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)、注意点について。

ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

※長文になりますので「見出し」より目的部分へどうぞ

この記事の目次

意味・敬語

「ご支援の程よろしくお願い致します」の意味は「①支援してくれるよう、お願いします」「②支援してもらうよう、お願いします」と2通りの解釈ができます。

なぜこのような意味になるのか?

そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。

ご支援の程~意味は「支援してくれるよう」

ご支援の程〜の意味は「支援してもらうよう〜」あるいは「支援してくれるよう〜」

「ご支援」のもととなる単語は「支援」であり、尊敬語なのか謙譲語なのかイマイチはっきりとしない「ご」をつかって敬語にしています。

  • 「相手に支援してもらうよう」と考えるのであれば謙譲語の「ご」
  • 「相手が支援してくれるよう」と考えるのであれば尊敬語の「ご」

となります。これは語りはじめると長くなるためひとまず置いておき、細かくは補足①②をご参照ください。

なお表記は「ご支援の程」というように漢字を用いてもOKですし「ご支援のほど」と平仮名にしてもOK。

ご支援の程~の「のほど」ってどんな意味?

ここで「ご支援の程」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。

断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。

たとえば、

  1. ご査収のほどお願い申し上げます
    意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」
  2. お取り計らいのほどお願い申し上げます
    意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」
  3. ご検討のほどお願い申し上げます
    意味「検討してくれるよう、お願い」
  4. ご了承のほどお願い申し上げます
    意味「了解してくれるよう、お願い」

などのようにして使います。

これらはもともと「●●してください」という命令形なのですが、「〜のほど」を使うことによって相手に強制しないやんわ〜りとした表現となっています。

ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。

よろしくお願い致しますの意味は「お願いする」の丁寧な表現

「よろしくお願い致します」の意味はシンプルに「よろしくお願いします」

もととなる単語は「願う」であり謙譲語「お〜いたす」に丁寧語「ます」を使って敬語にしています。

ここでつかう「よろしく」には深い意味はありません。

何かを頼んだりするときに添える語です。

なお表記は「よろしく」は「宜しく」というように漢字を用いてもOK。

また「お願いいたします」の表記は平仮名でも漢字でもOK。文章のバランスを考えて読みやすいように使いましょう。

あわせると意味は「支援してくれるよう、お願いします」

  1. ご支援 = 支援すること
  2. のほど = 「〜してもらうよう」あるいは「〜してくれるよう」の意味
  3. よろしく = 何かを頼むときに添える丁寧な語
  4. お願い致します = お願いのかしこまった敬語

これらの単語を合体させて意味を考えます。

すると「ご支援の程よろしくお願い致します」の意味は…

「支援してくれるよう、お願いします」

「支援してもらうよう、お願いします」

のように解釈できます。

補足①敬語の種類(ざっくり復習)

① 尊敬語とは?
相手をうやまって使う敬語の一種。
相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。

敬語の種類はほかに②謙譲語、③丁寧語がある

② 謙譲語とは?
自分をへりくだって下にすることで、相手への敬意をあらわす敬語。
自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。

③ 丁寧語とは?
いわゆる「です・ます」口調のこと。

補足②謙譲語の一般形まとめ

謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。

セットで謙譲語として覚えておくと役に立つフレーズを以下にまとめます。

  1. お(ご)〜する
    お(ご)〜します
  2. お(ご)〜いたす
    お(ご)〜いたします
  3. お(ご)〜いただく
    お(ご)〜いただきます
  4. お(ご)〜差し上げる
    お(ご)〜差し上げます
  5. お(ご)〜申し上げる
    お(ご)〜申し上げます
  6. お(ご)〜させていただく
    お(ご)〜させていただきます

※「させていただく」は日本語としておかしい表現になる時もあり何でもかんでも使える訳ではない

「〜」の部分にイロイロな語がきて謙譲語になります。たとえば「了承」「確認」「連絡」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。

また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。

ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。

使い方

つづいて「ご支援の程よろしくお願い致します」の使い方について。

【基本の使い方】依頼・お願いビジネスメール結び締め

「ご支援の程よろしくお願い致します」の使い方

オーソドックスな使い方は、おもに何かしらの支援をお願いするビジネスメール結び締めとして使います。

上司や目上など社内あてのメールにかぎらず、取引先など社外あてにも使える丁寧なフレーズです。

具体的にはたとえば、

  • 【例文】ご支援の程よろしくお願い致します
  • 【例文】ご支援のほど何卒よろしくお願い致します

のようにしてお願いすると丁寧です。

まぁ、ようするに「支援してね!よろしく」という意味なのです。

“ご支援の程よろしくお願い申し上げます”としても丁寧

ところでビジネスシーンでは、

「ご支援の程よろしくお願い致します」で十分に丁寧ですがほかにも、

「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、

「ご支援の程何卒よろしくお願い致します」

あるいは「お願い致します」とおなじ意味の「お願い申し上げます」をつかい、

「ご支援の程何卒よろしくお願い申し上げます」としても丁寧です。

頭の片隅にいれておきましょう。

“ご支援ください”でもOKだけど…もう少し丁寧に!

「ご支援ください」とする人も中にはいます。

たしかに敬語としては正しいですし、目上や上司・取引先につかっても失礼にあたるということでは無いのですが…

「ご支援ください」だけでなく「お(ご)~ください」という敬語は、つよい口調に感じられることがあります。

なぜなら「ください」は敬語ではあるものの結局のところ命令形であるから。

極端なたとえですが、よく母親が子供に

「はやく片付けなさい!!」
「静かにしなさい!!」

といっているのを耳にします。

「~なさい」は”する”の尊敬語”なさる”の命令形。

尊敬語”くださる”の命令形「お(ご)~ください」と似たような成り立ちです。

どちらかというと「お(ご)~ください」のほうが丁寧ではありますが…どちらも結局のところ命令形であり、上から目線に感じられることがあります。

もちろん人それぞれ、感じ方はことなります。

私のようにまったく気にしない人もいれば気分を損ねる上司・目上もいます。

だからといって敬語は丁寧であればよいというわけでもなく、バカ丁寧だとそれはそれで問題あり(”慇懃無礼”-“いんぎんぶれい”といいます)。

で、

シンプルな敬語をつかいすぎると失礼だと言われたり…

本当にむずかしいのですよね。

ということで、

これまで紹介したように丁寧な敬語フレーズがあるのですからそちらを使うのが無難。とくに目上のヒトや取引先に何かをお願いするときには相手への気づかいが必要です。

【参考】「取り急ぎお礼まで」を目上の人に使わない理由・丁寧な言い換え

ビジネスメール例文

こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。

ここでは「ご支援の程よろしくお願い致します」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。ご参考にどうぞ。

※「ご支援くださいますよう~」「ご支援いただければ幸いです」もよく使われます。

ビジネスメール例文①赴任・着任後の異動挨拶メール

メール件名:着任のご挨拶

拝啓 春暖の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて私こと、4月1日付でxx支社■■営業部部長を拝命し、過日着任いたしました。zz支社▲▲営業部在任期間中は、多大なご厚情とご指導を賜り、厚くお礼申し上げます。

これまでの経験を活かし、今後は■■営業部において●●事業の発展に力を尽くして参る所存でございます。

今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

甚だ略儀ではございますが、
まずはメールをもちましてご挨拶申し上げます。 敬具

——————————-
メール署名
——————————-

※ただし社内メールには「ご指導」「ご指導ご鞭撻」をつかうのが一般的です

・「拝命する」は「任命されること」の意味。「謹んで命をうける」という謙譲表現である。通常は何かの役職にたいして「(役職への任命を)受ける」ことを意味する。

ビジネスメール例文②昇進お祝いへの「お礼返信」

件名:ご祝辞ありがとうございます

就活株式会社
営業部 就活 様

いつもお世話になっております。
株式会社転職の転職でございます。

さて、私の営業部長就任にあたりましては、
温かいご祝辞と激励のお言葉をいただきまして、
誠にありがとうございます。

新たな立場となり多少の戸惑いもありますが、
これまでの経験を生かし、周囲の協力も得ながら、
尽力して参りたいと考えております。

今後ともご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

甚だ略儀ではございますが、
まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。

**************
メール署名
**************

※ただし社内メールには「ご指導」「ご指導ご鞭撻」をつかうのが一般的です

ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ

あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。

ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご支援のほど~」

ここではビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。

+前置きに添えるフレーズを!

ビジネスメールの文末・結び・締めをより丁寧にするためのコツ。

「ご支援」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。

たとえば以下のようなフレーズがあります。

  • どうか
    例文「どうかご支援の程よろしくお願い致します」
    例文「どうかご支援くださいますようお願い申し上げます」
    例文「どうかご支援くださいますようお願い致します」
    例文「どうかご支援いただければ幸いです」
    例文「どうかご支援いただければと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 何卒=どうか
    例文「何卒ご支援の程よろしくお願い致します」
    例文「何卒ご支援くださいますようお願い申し上げます」
    例文「何卒ご支援くださいますようお願い致します」
    例文「何卒ご支援いただければ幸いです」
    例文「何卒ご支援いただければと存じます。よろしくお願い申し上げます」

+気づかいの敬語フレーズもGood

ビジネスメールの文末・結び・締めをより丁寧にするためのコツ。

「ご支援」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。

たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。

  • 恐縮=申し訳なく思うこと
    「お忙しいところ恐縮ではございますがご支援〜」
    「大変恐縮ではございますがご支援〜」
    「たびたび恐縮ではございますがご支援〜」
  • 恐れ入る=申し訳なく思う
    「お忙しいところ恐れ入りますがご支援〜」
    「大変恐れ入りますがご支援〜」
    「たびたび恐れ入りますがご支援〜」
  • お手数=お手間
    「お忙しいところお手数お掛けしますがご支援〜」
    「大変お手数ではございますがご支援〜」
  • 勝手を申し上げる=自分勝手を言う
    「誠に勝手を申し上げますがご支援〜」
  • ご無理申し上げる = 無理を言う
    「ご無理申し上げますが、何卒ご支援のほどお願い申し上げます」
  • ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど
    「ご多忙とは存じますがご支援〜」

ご支援の程・くださいますよう・いただきますよう・賜りますよう・ご支援いただければ幸いです の違い

ところで「ご支援」の使い方というか続くフレーズには、

「ご支援くださいますようお願い致します」

「ご支援のほどお願い致します」

「ご支援いただきますようお願い致します」

「ご支援賜りますようお願い致します」

「ご支援いただければ幸いです

というように主に5つあります。これって何が違うのでしょうか?

「ご支援くださいますようお願い致します」

の意味は「支援してくれるようお願い」

※「くれる」の尊敬語が「くださる」

「ご支援のほどお願い致します」

の意味は「支援してくれるようお願い」「支援してもらうようお願い」

のどちらの意味にも取れる。

「ご支援いただきますようお願い」「ご支援賜りますようお願い」

の意味は「支援してもらうようお願い」

※「〜してもらう」の謙譲語が「(お・ご)〜賜る」「お(ご)〜いただく」

「ご支援いただければ幸いです

の意味は「支援してもらえたら嬉しいなぁ・幸せだなぁ

となり「ご支援くださる」なのか「ご支援いただく」なのか「ご支援の程」なのか「ご支援いただければ〜」なのかでニュアンスが違います。

どれを使っても丁寧ではありますが使い分けについても考えてみます。

もっとも丁寧なのは”ご支援いただければ幸いです”

いろいろと考えてはみましたがこれまで示した例文はどれも丁寧であり、使い分けする必要性はありません。

強いて言うのであれば「ご支援いただければ幸いです」がもっとも丁寧なお願い・依頼のフレーズ。

ほかにも似たような敬語フレーズには、

  • 【例文】ご支援いただければ幸いです
  • 【例文】ご支援いただけますと幸いです
  • 【例文】ご支援いただけましたら幸いです
  • 【例文】ご支援いただければ幸甚に存じます
  • 【例文】ご支援いただけますと幸甚に存じます
  • 【例文】ご支援いただけましたら幸甚に存じます
  • 【例文】ご支援賜れますと幸いです
  • 【例文】ご支援賜れましたら幸甚に存じます

※意味はどれも「支援してもらえたら、とても嬉しく思います」

※下の例文ほど丁寧な(丁重な)敬語になります。

※幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。大変ありがたいこと。また、そのさま」

などもあり。どれをつかっても丁寧な敬語です。

なお「ご支援いただけましたら幸いです」というように「」を入れるケースもあります。どちらを使っても正しい敬語です。

・「存じる」は「思う」の謙譲語
・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+希望「~したい」
・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」
・「いただけましたら」は謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」+仮定「たら・れば」

かしこまった文章には「ご支援賜りますよう~」

かしこまった文章、カチッとしたビジネスメールに好まれる敬語は「賜る」をつかったフレーズですね。

「いただく」も同じく「もらう」の謙譲語ではありますが、「賜る」のほうが堅苦しい表現になります。

  • 例文「ご支援賜りますようお願い申し上げます」
  • 例文「ご支援賜りますようお願い致します」

のようにしてビジネスメールの結びに使うと丁寧ですね。

ビジネスメールによく使うのは「ご支援の程」

「ご支援いただければ幸いです」「ご支援賜りますよう~」が丁寧なフレーズではありますが…

ビジネスメールでもっともよく使われるのは「ご支援の程お願い申し上げます」「ご支援の程お願い致します」です。

ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。

そこで活躍するのが「ご支援のほど~」です。

シンプルかつ丁寧なフレーズであり、すばらしい敬語ですね。

親しい取引先や上司・社内の目上などに対する普段のビジネスメールで、無駄にかしこまった敬語フレーズを使う必要はありません。

“いただく vs くださる”はどちらも丁寧だけど…

せっかくですので「ご支援いただきますようお願い」「ご支援くださいますようお願い」の違いを考えてみます。

たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう

すると…

「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」
「ご容赦いただきますようお願い申し上げます」
「ご了承くださいますようお願い申し上げます」
「ご了承いただきますようお願い申し上げます」
「ご検討くださいますようお願い申し上げます」
「ご検討いただきますようお願い申し上げます」

こんな敬語フレーズをよく使います。

実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です…
「いただく」としても丁寧ではありますが…

ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。

「たいそうなお品をくださりありがとうございました」
「たいそうなお品をいただきありがとうございました」

もうひとつ、

「いつもご利用くださりありがとうございます」
「いつもご利用いただきありがとうございます」

上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。
ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

で結論としては使う語によって「くださる」がよいのか「いただく」がよいのか、相性がありなんとも言えません。

結び・締めに使うフレーズとしては「くださいますよう」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。

ただし本来であればどれも丁寧な敬語であり、使い分けする必要はありません。

“ご支援”のいろいろな使い方・例文

あとは「ご支援の程よろしくお願い致します」だけでなく、いろいろ使える「ご支援」の例文を紹介しておきます。

どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。ご参考にどうぞ。

すでに登場した例文もありますが、いちおう全てをまとめておきます。

依頼・お願いビジネスメールに使う「ご支援」

ビジネスシーンにふさわしい「ご支援」の使い方

何かしら目上や上司・取引先に「支援してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。

たとえば、

  • 例文「ご支援くださいませ
  • 例文「ご支援をお願い致します
  • 例文「ご支援いただきたく、お願い致します
    意味は「支援してもらいたい、お願いします」
  • 例文「ご支援いただきたく存じます。何卒よろしくお願い致します」
    意味は「支援してもらいたいと思います」
  • 例文「ご支援いただければと存じます。何卒よろしくお願い致します」
    意味は「支援してもらえたらと思います」
  • 例文「ご支援の程お願い申し上げます
    意味は「支援してくれるよう、お願いします」
  • 例文「ご支援くださいますようお願い申し上げます
    意味は「支援してくれるようお願いします」
  • 例文「ご支援いただきますようお願い申し上げます
    意味は「支援してもらうようお願いします」
  • 例文「ご支援いただければ幸いです」「ご支援いただけましたら幸いです
    意味は「支援してもらえたら嬉しいです」
  • 例文「ご支援いただければ幸甚に存じます」「ご支援いただけましたら幸甚に存じます
    意味は「支援してもらえたら、とても嬉しいです」
  • 例文「ご支援賜りますようお願い申し上げます
    意味は「支援してもらうようお願いします」
  • 例文「ご支援賜れますと幸甚に存じます
    意味は「支援してもらえたら、とても嬉しいです」

のようにお願いすると丁寧です。

下の例文ほど丁寧な(丁重な)敬語になります。

ざっくりとは「ご支援いただければ幸いです・幸甚に存じます」「ご支援(を)賜りますようお願い申し上げます」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。

まぁ、ようするにどれも「支援してね!よろしく」という意味なのですが…

・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。大変ありがたいこと。また、そのさま」

・「存じる」は「思う」の謙譲語

・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+希望「~したい」

・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」

・「いただけましたら」は謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」+仮定「たら」

お礼メールに使う「ご支援」

ビジネスシーンにふさわしい「ご支援」の使い方

あとは何かしらに支援してもらったときの、お礼ビジネスメールにも使えます。

たとえば、

  • 【例文】ご支援ありがとうございます
  • 【例文】ご支援いただけるとのこと、ありがとうございます
  • 【例文】ご支援くださいましてありがとうございました
  • 【例文】ご支援いただきましてありがとうございました
  • 【例文】ご支援賜りましてありがとうございました

のようにビジネスメール書き出しの挨拶にお礼として使うと丁寧です。

まぁ、ようするに「支援してくれてありがとう!」という意味なのです。

お願い申し上げます = お願い致します

ところでビジネスシーンでは、

「ご支援くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが…

「ご支援くださいますようお願いいたします」「ご支援くださいますようお願い致します」と言い換えすることもできます。

また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、

「ご支援くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます」

頭の片隅にいれておきましょう。

【まとめ】結局どれがもっとも丁寧?