化粧品メーカーの世界&日本ランキング・市場規模まとめ【2017年版】

化粧品メーカーの世界ランキング2017年版。化粧品メーカー世界トップ20企業について特徴をざっくりとまとめています。就活と転職の業界研究にお役立てください。

※日用品メーカーと化粧品メーカーは区別があいまいですが、ここでは「スキンケア(洗顔・化粧水など)」「ヘアケア(シャンプーなど)」「コスメ(化粧品)」「フレグランス(香水など)」「オーラルケア(歯磨き粉など)」を化粧品業界として扱う。

化粧品メーカーの世界ランキングTOP1-10(2016年)

ランキングの売上データは2016年12月期の決算数字です。ランキングTOP10社のみ、ざっくりと解説します。

10. モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(仏) |売上50億ドル

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は、フランス・パリを本拠地とする企業。ルイ・ヴィトンとモエ・ヘネシーの両社が合併して誕生、現在はフランスやイタリア、スペインなどのヨーロッパを中心に60近くの高級ブランドを持つほか、免税店のDFSグループなどを傘下に収めている。

9. 花王|売上50億ドル

説明不要かと思われますが、日本の化学メーカーで日用品、化粧品、化学品ビジネスを手がける企業。化粧品は旧カネボウから2013年に買収した事業。

8. バイヤスドルフ(独)|売上60億ドル

Beiersdorf(バイヤスドルフ)はドイツの化粧品メーカー。日本では「NIVEA(ニベア)」ブランドが最も有名。

7. 資生堂|売上63億ドル

説明不要かと思われますが、日本の化学メーカーで日用品、化粧品ビジネスを手がける企業。海外売上比率50%超。国内、海外市場ともに苦戦中。

6. Johnson & Johnson(米)|売上71億ドル

Johnson & Johnson(ジョンソン・エンド・ジョンソン)は、アメリカに本社を置く、製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を手がける企業である。化粧品メーカーというよりは医薬メーカーといったほうがいいかもしれない…。ベビーローション、コンタクトレンズ、オーラルケア製品などを広く手がける。

ちなみに、日本法人はジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社でとして活動している。

5. コルゲート(米)|売上107億ドル

ColgatePalmolive(コルゲート・パーモリーブ)はアメリカの企業で、石鹸、洗剤、歯磨剤、ペットフードなどの日用品を製造、販売している。日本ではあまりなじみのないメーカーだが、世界ランキングNo.5。

4. エスティ・ローダー(米)|売上113億ドル

Estée Lauder Companies, Inc.(エスティ・ローダー・カンパニーズ・インク)は、アメリカに本拠を置く化粧品・スキンケア・ヘアケア用品・香水のメーカー。同族経営であり、非上場企業。女性むけのマニュキュア、ファンデーションなどで有名。

ビューティーケア商品には

3. P&G(米)|売上180億ドル

The Procter & Gamble Company(プロクター・アンド・ギャンブル)は、アメリカ世界最大の日用品メーカー。化粧品も手がけており、売上18億ドルはヘルスケア事業での数字。「P&G(ピーアンドジー)」と略称で呼ばれることが多い。日本ではプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパンとして活動している。また、ビジネス誌フォーチュンにて「社員能力・世界ランキング第1位」に選ばれており、人材輩出企業としても評価が高い。ビューティーケア商品では「パンテーン」「SK-Ⅱ」などのブランドを持つ。

2. ユニリーバ(蘭/英)|223億ドル

Unilever(ユニリーバ)は、食品、洗剤、ヘアケア、トイレタリーなどの家庭用品を製造・販売する、世界有数の一般消費財メーカーであり、オランダとイギリスに本社を置く企業。「DOVE(ダヴ)」や「LIPTON(リプトン)」などのブランドで有名。日本では、ユニリーバNVが100%出資する「ユニリーバ・ジャパン株式会社」として活動している。

1. ロレアル(仏)|売上276億ドル

L’Oréal S.A.(ロレアル)はフランスに本拠を置く化粧品メーカー。特に、の分野を中心に発展した。ヘアカラー分野からスタートし、現在では化粧品、ヘアケア、スキンケア、日焼け防止、香水など、あらゆるコスメ分野に進出。画像は2017年現在の保有ブランド。日本でも有名なブランドには「ランコム(香水・コスメ)」「ザ・ボディー・ショップ(ボディケア)」がある。

化粧品メーカーの世界ランキングTOP11-20(2016年)

11. AmorePacific(韓)|売上48億ドル

アモーレパシフィックは韓国最大の化粧品メーカー。

12. Avon(米)|売上46億ドル

エイボン・プロダクツは、アメリカに本拠を置く化粧品メーカー。

13. L Brands(米)|売上44億ドル

リミテッド・ブランズは「ヴィクトリアズ・シークレット」(Victoria’s Secret)を手がけるアメリカのファッションブランド。婦人服、下着、香水、ならびに美容用品などを扱っている。日本国内においては、販売店や利用者であっても、「ビクトリアシークレット」と表記・発音されることが多い。また「ビクシー」と省略して呼ばれることがある

14. Coty Inc.(米)|売上43億ドル

15. Henkel(独)|売上42億ドル

ヘンケルはドイツに本拠を置く化学メーカー。洗剤など日用品のほか、ビューティーケア製品、化学品も手がける。

16. Mary Kay(米)|売上40億ドル

メアリーケイはアメリカの化粧品メーカー。

17. Chanel(仏)|売上29億ドル

シャネルは説明不要かと思われる。グローバル・アパレルブランドであり、コスメ商品も手がける。

18. コーセー|売上22億ドル

日本第3位の化粧品メーカー。「雪肌精(化粧水)」などのブランドを展開。

19. Natura(伯)|売上20億ドル

正式名称ナチュラ・コスメティコスは、ブラジルを代表する化粧品メーカー。

20. Revlon(米)|売上19億ドル

レブロンはアメリカの化粧品メーカーで、スキンケア・メイク・香水などを手がける。

化粧品メーカーの売上ランキング2016年(日本)

化粧品メーカーの2017年時点での売上ランキングをまとめる。資生堂やコーセーのような、化粧品専業のメーカー以外にも、花王、P&G、富士フィルムなどがある。

1. 資生堂|売上7630億円

2. 花王|売上1兆4718億円(うちビューティーケア事業6077億円)

3. コーセー|売上2433億円

4. ポーラ・オルビス|売上2147億円

5. 富士フィルム|売上2兆4916億円(化粧品の内訳不明)

  • 参考)Procter & Gamble (P&G)|日本の売上不明
  • 参考)ユニ・チャーム|売上7387億円(日用品)
  • 参考)ライオン|売上3786億円(日用品)
  • 参考)化粧品の中間体メーカー(把握できない)

化粧品業界の市場規模

世界26兆円(対14年+3.9%)

※2015年度の世界市場規模実績
※出所:ロレアルパリのannual reportより。為替は1USD=120円とした。

世界市場は今後も年率3~5%の成長が期待できる。

日本2兆円(頭打ち)

※日系メーカーの売上+外資系メーカー。完全に筆者の推測。

日本国内市場は頭打ちである。