「ご利用いただく」意味・敬語・ビジネスに最適な使い方のすべて

「ご利用いただく」は正しい敬語であり、ビジネスメールでの使い方にはたとえば、

  • 【例文】ご利用いただきありがとうございます
  • 【例文】ご利用いただけません
  • 【例文】ご利用いただけます
  • 【例文】ご利用いただければと存じます

などがあります。二重敬語でもなく間違い敬語でもありません。完璧に正しい敬語です。

その根拠などくわしくは本文にて。

それでは、

「ご利用いただく」の意味、敬語の種類、ビジネスシーンにふさわしい使い方(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)、注意点について。

ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

「ご利用いただく」の意味・敬語の種類

「ご利用いただく」は「利用してもらう」という意味。

なぜこのような意味になるのか?
そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。

「ご(お)~いただく」の意味は「~してもらう」

「お(ご)~いただく(=頂く)」は何かしらを「してもらう」の謙譲語。

たとえば目上のひとや上司・取引先から何かしらしてもらったとき。

「ご指導いただく=指導してもらう」
「ご了承いただく=納得してもらう」

のように使います。

「ご利用いただく」の意味は「利用してもらう」

「ご利用いただく」の意味は「利用してもらう」

敬語は以下のとおりに使用しています

  1. もとになる語「利用してもらう
  2. 「●●をもらう」の謙譲語「お(ご)●●をいただく」で「ご利用いただく」

謙譲語「いただく」は覚えておくと本当に役立ちます。

注意点として尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。

とくに「お(ご)●●いただく」のセットで謙譲語となるケースが多く、ここでの敬語の使い方とは違います➡︎くわしくは次項の補足①②をご参照ください

補足①敬語の種類(ざっくり復習)

① 尊敬語とは?
相手をうやまって使う敬語の一種。
相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。

敬語の種類はほかに②謙譲語、③丁寧語がある

② 謙譲語とは?
自分をへりくだって下にすることで、相手への敬意をあらわす敬語。
自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。

③ 丁寧語とは?
いわゆる「です・ます」口調のこと。

補足②謙譲語にも「お・ご+名詞」という使い方がある

ややこしいので基本的な敬語の使い方についてくわしく解説を。

じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。

謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、

「会議日程のご連絡
「忘年会開催のお知らせ
「販売状況のご報告
「転勤のご挨拶
「貴社ご訪問のお願い

こんな感じのフレーズがあります。よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。

ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。

これは、

謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。

いっぽうで尊敬語の「お・ご」は、「●●部長が戻りになりました」などのようにして、相手の行為をうやまって使う敬語です。

ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。文章のバランスを考えて使い分けしましょう。

補足③よく使う謙譲語「お・ご」の例

謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。

ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。

また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。

  1. お・ご●●する
    お・ご●●します
  2. (お・ご)●●いたす
    (お・ご)●●いたします
  3. お・ご●●いただく
    お・ご●●いただきます
  4. (お・ご)●●させていただく
    (お・ご)●●させていただきます
    ※ただし「させていただく」は日本語としておかしい表現になる時もあり何でもかんでも使える訳ではない

●●の部分にイロイロな語がきて謙譲語になります。たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。

ここで(お・ご)と(  )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。

この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。バランスを考えて使いましょう。

また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。

「ご利用いただく」は二重敬語ではない

「ご利用いただく」は二重敬語だという意見があります。

「ご利用」はすでに謙譲語であり、さらに「もらう」の謙譲語「いただく」をつかって「ご利用いただく」としているから…

「ご利用=謙譲語」×「いただく=謙譲語」

「ご利用いただく」は「謙譲語 x 謙譲語」だから二重敬語??

このようなロジックで二重敬語だという意見がでてくるのかと。

ただし答えは「二重敬語ではない」です。

二重敬語とは「ひとつの語におなじ敬語を二回つかうこと」であり敬語のマナー違反です。

たとえば「お伺いいたします」「お伺いする」などが二重敬語の例。「行く」の謙譲語「伺う」をつかっているのに、さらに「お〜いたす」「お〜する」という謙譲語をつかっているためです。

「利用」+「してもらう」のそれぞれに謙譲語を使っている

ところが、

「ご利用いただく」は「利用」+「してもらう」という2つの単語から成り立ちます。

「利用」を謙譲語には変換せず「お(ご)〜いただく」という謙譲語を適用しているため、謙譲語は一回しかつかっていません。

したがって二重敬語ではありません。

よくよく考えてみると…

「ご利用いただく」が二重敬語になるのでしたら、ビジネスメールによく使う「ご了承いただく」も二重敬語になるはずですよね。

そもそも二重敬語とは?よくある間違い敬語

よくある二重敬語のたとえとして「お伺いする」「お伺いいたす」があるとしました。

なぜ二重敬語といえるのか?これらのもとになる文章を考えてみましょう。

「伺う」は「行く・聞く・たずねる」の謙譲語ですので、これらが原文となります。

  • 「お伺いする」の元になる文章は「行く・聞く・たずねる」
  • 謙譲語「伺う」
  • さらに謙譲語「お~する」「お~いたす」

もとになる語「行く・聞く・たずねる」に謙譲語を2回つかっていますね。ひとつの語に同じ種類の敬語を2回つかうことが二重敬語であり、敬語のマナー違反になります。

➡︎「お伺いいたします」が間違い敬語である理由、正しい使い方

➡︎「お伺い致します/お伺いします/お伺いさせて頂きます」すべて間違い敬語!

ビジネスメールに使える「ご利用いただく」の敬語例文

ここまでの解説で「ご利用いただく」の意味と使いかた・敬語が分かりました。

ここからは、

もっと実用的に「ご利用いただく」のビジネスメールチックな敬語フレーズ、つまり堅苦しい表現について紹介していきます。

またここでは、

「ご利用いただく」だけではなく「ご利用」すべての使い方についてまとめておきます。

どの例文もビジネスメールに使うのにふさわしいカチッとした敬語にしています。目上・上司はもちろんのこと、社外取引先にも使えますのでご参考にどうぞ。

「利用できません!」と言いたいときに使う「ご利用いただく」

目上・ビジネスメールにふさわしい「ご利用」の使い方と例文

「利用できません!」と言いたいときには…

  • 【例文】ご利用いただけません
    意味は「利用してもらうことができません」

を使います。

たとえば、

「クレジットカードはご利用いただけません」
「当店ではTカードをご利用いただけません」

などとして使いますね。

「ご利用できません」「ご利用いただくことができません」としてもまぁOKではありますが…「ご利用いただけません」にしたほうがシンプルかつ丁寧な印象となります。

「利用できます!」と言いたいときに使う「ご利用いただく」

目上・ビジネスメールにふさわしい「ご利用」の使い方と例文

いっぽうで「利用できます!」と言いたいときには…

  • 【例文】ご利用いただけます
    意味は「利用してもらうことができます」

を使います。

たとえば、

「全てのクレジットカードをご利用いただけます」
「Tカードもご利用いただけます」

などとして使いますね。

「ご利用できます」「ご利用いただくことができます」としてもまぁOKではありますが…「ご利用いただけます」にしたほうがシンプルかつ丁寧な印象となります。

自分が「利用する」ときに使える敬語

目上・ビジネスメールにふさわしい「ご利用」の使い方と例文

自分が「利用します!」と言いたいときには…

  • 【例文】(ご)利用いたします/利用いたしました
    →謙譲語「お(ご)〜いたす」+丁寧語「ます」
  • 【例文】ご利用します/ご利用しました
    →謙譲語「お(ご)〜する」+丁寧語「ます」

などを使います。

(ご)としたのは、あってもなくても敬語としては丁寧だからです。

ちなみに敬語「ご利用いたします」は自分が「利用する」ときにつかいます。

相手に「利用してもらう」としたいときには…

「ご利用いただく・賜る=利用してもらう」
「ご利用くださる=利用してくれる」

という敬語をつかいます。

依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご利用いただきたい」

目上・ビジネスメールにふさわしい「ご利用」の使い方と例文

「利用してほしい!」と言いたいときに使う敬語フレーズ。

おもにお願い・依頼をともなうビジネスメール結び締めとして使います。取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。

たとえば、

  • 例文「ご利用くださいますようお願い申し上げます」
    意味は「利用してくれるようお願いします」
  • 例文「ご利用のほどお願い申し上げます」
    意味は「利用してくれるよう、どうかお願いします」
  • 例文「ご利用いただきますようお願い申し上げます」
    意味は「利用してもらうよう、お願いします」
  • 例文「ご利用賜りますようお願い申し上げます」
    意味は「利用してもらうよう、お願いします」
  • 例文「ご利用いただければ幸いです」
    意味は「利用してもらえたら嬉しいです」
  • 例文「ご利用いただけましたら幸甚に存じます」
    意味は「利用してもらえたら嬉しく思います」
  • 例文「ご利用賜りたく存じます。何卒よろしくお願い致します」
    意味は「利用してもらいたいと思います」
  • 例文「ご利用いただければと存じます。何卒よろしくお願い致します」
    意味は「利用してもらえたらと思います」

のようにすると丁寧です。

「ご利用いただければ幸いです」「ご利用賜りますようお願い申し上げます」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。

まぁ、ようするに「利用してね!よろしく」という意味なのです。

依頼・お願いのビジネスメール結び締めに使うフレーズであり決まりきった使い方のみ。

お礼メールに使う「ご利用ありがとう」

目上・ビジネスメールにふさわしい「ご利用」の使い方と例文

「利用してもらいありがとう!」と言いたいときの敬語フレーズ。

何かしら利用してもらったときの、お礼ビジネスメールにも使えます。

たとえば、

  • 例文「ご利用いただきありがとうございます」
    例文「ご利用いただきましてありがとうございました」
    例文「ご利用賜りましてありがとうございました」
    例文「ご利用くださいましてありがとうございました」

のようにビジネスメール書き出しの挨拶にお礼として使うと丁寧です。

まぁ、ようするに「利用してくれてありがとう!」という意味なのです。

「お願い申し上げます=お願い致します」

ところでビジネスシーンでは、

「ご利用くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが…

「ご利用くださいますようお願いいたします」「ご利用くださいますようお願い致します」と言い換えすることもできます。

また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、

「ご利用くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます」

頭の片隅にいれておきましょう。

ほかにも色々ある「ご利用する」の例文

敬語の種類というのは本当にいろいろあります。

ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

  • 例文「ご利用いただけましたら幸いです」
    ※意味は「利用してもらえたら嬉しいです」
  • 例文「ご利用いただけましたら幸甚に存じます」
    ※意味は「利用してもらえれば嬉しく思います」
  • 例文「ご利用いただければ幸甚に存じます」
    ※意味は「利用してもらえれば嬉しく思います」
  • 例文「ご利用いただけますか?」
    ※意味は「利用してもらえるか?」でとくに会話シーンで使われるフレーズ
  • 例文「ご利用いただけますでしょうか?」
    ※意味は「利用してもらえるだろうか?」でとくに会話シーンで使われるフレーズ
・「存じる」は「思う」の謙譲語
・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+願望「~たい」
・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」

『「ご利用いただく」意味・敬語・ビジネスに最適な使い方のすべて』へのコメント

  1. 名前:gee 投稿日:2018/06/05(火) 17:46:54 ID:cb9153064 返信

    【例文】ご利用いただけます は誤用です。
    正しくは、ご利用になれます。
    堂々と間違いを広めないでください。