「ご容赦いただきたく存じます」意味と使い方・ビジネスメール例文

「ご容赦いただきたく存じます」の意味、ビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい使い方、注意点について。

ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

※長文になりますので「見出し」より目的部分へどうぞ

意味と敬語

「ご容赦いただきたく存じます」は「許してもらいたいと思います」という意味。

なぜこのような意味になるのか?

そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。

ご容赦の意味は”許すこと”

ご容赦(読み:ごようしゃ)のそもそもの意味は…

  1. ゆるすこと、おおめに見ること
    【例文】もう許してやろう
  2. 手加減すること。控え目にすること。

たとえば、

【例文】このくらいで許してやろう →「許す」の意味

【例文】容赦のない攻撃に出る →「手加減する」の意味

のようにして使います。

ちなみに敬語は「容赦」に尊敬語or謙譲語「お(ご)」で「ご容赦」というようになります。

「自分がご容赦する」のであれば謙譲語としての使い方。

上司・目上・取引先などの「相手がご容赦くださる」のであれば尊敬語としての使い方。

というように2パターンあります。

“ご容赦いただきたく”の意味は「許してもらいたい」

まずは前半部分。

“ご容赦いただきたく〜”の意味は、

「許してもらいたい〜」
「許してもらいたく〜」

のように解釈できます。

ご容赦のもとになる単語は”容赦”であり、”〜してもらう”の謙譲語「お(ご)~いただく」をつかって敬語にしています。

“いただきたく”の部分は謙譲語”いただく”に意思・希望「〜したい」をつかっています。

ちなみに”ご容赦”の「お(ご)」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。

余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。

難しく感じるかたは「お(ご)●●いただく」のセットで謙譲語とおぼえておきましょう。

“存じます”の意味は「思います」

つづいて後半部分。

“存じます”の意味は「思います」

“思う”の敬語(謙譲語)「存じる」に丁寧語”ます”をつかって敬語にしています。

あわせると意味は「許してもらいたいと思います」

  1. ご容赦 = 容赦すること
  2. ご・お~いただきたく = 「〜してもらいたい」の意味の敬語(謙譲語)
  3. 存じます = 「思います」の意味の敬語(謙譲語)

※ ご容赦(読み:ごようしゃ)の意味は…「ゆるすこと、おおめに見ること」

これらの単語を合体させて意味を考えます。

すると「ご容赦いただきたく存じます」の意味は…

「許してもらいたいと思います」

であり、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。

「許してください!」とストレートに言うのではなく遠回しに自分の意思や気持ちをつたえる、とても丁寧なフレーズですね。

ニュアンスとしては「許してもらいたいと思うのだけど…」みたいなイメージ。

あまりに堅苦しくて大げさかもしれませんが、とにかく目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズになります。

敬語の解説

ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。

「ご容赦いただきたく存じます」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。

  • もとになる単語「容赦」
  • “〜してもらう”の謙譲語”お(ご)〜いただく”で「ご容赦いただく」
  • 意思・希望”〜したい”で「ご容赦いただきたい」
  • “思う”の謙譲語「存じる」に丁寧語”ます”をくっつけて「存じます」

→ すべてあわせると「ご容赦いただきたく存じます」という敬語の完成

このようにして元になる語「容赦」を敬語にしています。つまり敬語としては何もおかしいところはありません。間違いではなく正しい敬語です。

相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。

なお「ご許していただきたく存じます」は間違い敬語となりますのでご注意を。

この場合、謙譲語「お(ご)」をなくして「許していただきたく存じます」とすれば正しい敬語になります。

理由は長くなるので省きますが、あくまでも「ご容赦いただきたく存じます」をつかうことをオススメします。

それでは次項より使い方についても見ておきましょう。

使い方・ビジネスメール例文

こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。

ここでは「ご容赦いただきたく存じます」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。

どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。ご参考にどうぞ。

【基本の使い方】許してほしい!と伝えるビジネスメール

「ご容赦いただきたく存じます」の使い方

文字どおり何かしら「許してほしい!」と言いたいときのビジネスメールに使います。

取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。

たとえば、

  • 【例文】xxをご容赦いただきたく存じます。

※ ご容赦(読み:ごようしゃ)の意味は…「ゆるすこと、おおめに見ること」

のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールに使われます。

ようするに「許してほしい!」という意味なのですが丁寧な敬語にすると、こんな風にややこしい文章になります。

なお「ご容赦いただきたく存じます」というように「」を入れるケースもあります。どちらを使っても正しい敬語です。

ビジネスメール例文①休業することを許してほしい

【社外ビジネス・テンプレート】
・社外取引先への年末年始 営業日、休業お知らせビジネスメール例文
・テンプレートとして使えるもっともシンプルな例文

メール件名: 年末年始休業のお知らせ

お客様各位

拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら下記のとおり、年末年始を休業とさせて頂きます。期間中、お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、どうかご容赦いただきたく存じます。

来年も、本年同様お客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります。今後とも変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。 敬具

休業期間 :12月31日(日)~1月3日(水)

※1月4日(木)より通常通りに営業を再開いたします。

以上

————————
メール署名
————————

ビジネスメール例文②営業時間変更を許してほしい

メール件名: 営業時間変更のお知らせ

◯◯株式会社
△△ 様

お世話になっております。
転職会社の転職太郎です。

さて首記の件、夏季休業にともない営業時間を以下のとおりに変更させていただきます。

期間中、大変ご迷惑をおかけ致しますが、どうかご容赦いただきたく存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 期  間 8月10日から15日まで
  • 営業時間 9:00-12:00

なお8月16日より通常の営業時間にて対応いたしております。

以上

***********
メール署名
***********

“ご容赦いただければと存じます”だとなお丁寧

“許してほしい!”と言いたいときに使える敬語。

「ご容赦いただきたく存じます」でも十分に丁寧ではありますが…

「ご容赦いただければと存じます」とすると、より丁寧な敬語になります。

たとえば、

  • 【例文】xxをご容赦いただければと存じます。

※ ご容赦(読み:ごようしゃ)の意味は…「ゆるすこと、おおめに見ること」

のようにして使います。

意味と違い・使い方

どちらも言いたいことは結局のところ「許してほしい」なのですが…

敬語の使い方に違いあり。

謙譲語「いただく」に仮定の「たら・れば」をくっつけると「いただければ」という敬語になります。

したがって「ご容赦いただければと存じます」のニュアンスとしては「よかったら許してもらえたらと思うのだけど」というような感じになります。

「ご容赦いただきたく存じます」でも遠回しにあなたの希望を伝える敬語なのですが…

「ご容赦いただければと存じます」だともっと大げさになります。

かな〜り遠回しにお願いをしているわけで、目上・上司・取引先への言葉づかいとしてはこの上なく丁寧ですね。

そんなに丁寧にする必要あるの?って思うくらい。

まぁ、ひとつのオプションとしてお好みでお使いください。

なお「ご容赦いただければと存じます」というように「」を入れるケースもあります。どちらを使っても正しい敬語です。

シンプルに”ご容赦いただきたくお願い致します”でも丁寧

“許してほしい!”と言いたいときに使える敬語。

「ご容赦いただきたく存じます」「ご容赦いただければと存じます」だけでなく、

「ご容赦いただきたく、お願い致します」もあります。

言いたいことは結局のところ「許してほしい」なのですが…

たとえば、

  • 【例文】xxをご容赦いただきたく、お願い致します。
  • 【例文】xxをご容赦いただきたく、お願い申し上げます。

※ ご容赦(読み:ごようしゃ)の意味は…「ゆるすこと、おおめに見ること」

のようにして使います。

“存じます”ばかりのメールは気持ち悪い

ビジネスメールで「存じます」つまり「思います」を多用すると気持ち悪い文章になってしまいます。あなたの意思が伝わらずぼんや〜りとしたメールになって「結局なにが言いたいの?」ということになりかねません。

そんなときに活躍するのが「ご容赦いただきたく、お願い致します」です。

「ご容赦いただきたく存じます」だと「許してもらいたいと思います」という意味であり、

「ご容赦いただきたく、お願い致します」だと「許してもらいたい、お願い!」というような意味になります。

敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。

文章のバランスを考えてお好みでお使いください。

なお「ご容赦いただきたく、お願い致します」というように「」を入れるケースもあります。どちらを使っても正しい敬語です。

敬語の解説

一応「ご容赦いただきたく、お願い致します」の敬語の成り立ちをまとめておきます。

  • もとになる単語「容赦」
  • “〜してもらう”の謙譲語”お(ご)〜いただく”で「ご容赦いただく」
  • 意思・希望”〜したい”で「ご容赦いただきたい」
  • “願う”に謙譲語”お(ご)〜いたす”で「お願いいたす」
  • 丁寧語”ます”をくっつけて「お願いいたします」

→ すべてあわせると「ご容赦いただきたく、お願いいたします」という敬語の完成

※「お願い申し上げます=お願いいたします」言い換えOK

※「お願いいたします」の表記は漢字「お願い致します」としてもOK

謙譲語をうまくつかい、このうえなく丁寧な敬語フレーズとなっていることがわかります。

したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。

もっとシンプルに”ご容赦をお願い致します”でもOK

“許してほしい!”と言いたいときに使える敬語。

「ご容赦いただきたく存じます
「ご容赦いただければと存じます」
「ご容赦いただきたく、お願い致します

だけでなくシンプルに「ご容赦をお願い致します」としてもOKです。

意味としては「容赦をお願いします!」であり、

言いたいことは結局のところ「許してほしい」となります。

たとえば、

  • 【例文】どうかご容赦をお願い致します。
  • 【例文】何卒ご容赦をお願いします。

のようにして使います。

社内メールや懇意にしている取引先につかう

基本の使い方はこれまでとおなじ。

なにかしら「許してほしい!」というときに使います。

とくに懇意にしている社外取引先や社内コミュニケーション(上司・目上)であれば、そこまで堅苦しい敬語をつかう必要はありません。

あまりに丁寧すぎる敬語は相手との間に壁をつくってしまいますからね。

ということで相手をみてシンプルに「ご容赦をお願い致します」としてもなんら問題はありません。

※ ただし上下関係に厳しい上司・目上や初めての相手には丁寧すぎるくらいの敬語がオススメです。

ほかにも使える丁寧な敬語

これまで紹介した例文のほかにも…

  • 【例文】ご容赦いただければ幸いです
    ※意味は「許してもらえたら嬉しいです」
  • 【例文】ご容赦いただけますと幸いです
    ※意味は「許してもらえると嬉しいです」
  • 【例文】ご容赦いただけましたら幸いです
    ※意味は「許してもらえたら嬉しいです」
  • 【例文】ご容赦いただければ幸甚に存じます
    ※意味は「許してもらえたら、とても嬉しく思います」
  • 【例文】ご容赦いただけますと幸甚に存じます
    ※意味は「許してもらえると、とても嬉しく思います」
  • 【例文】ご容赦いただけましたら幸甚に存じます
    ※意味は「許してもらえたら、とても嬉しく思います」

なども似たような意味であり、とても丁寧な敬語です。

※ 幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。大変ありがたいこと。また、そのさま」

※ 「幸い」は「幸せであること、嬉しい気持ち」の意味

※ 「存じる」は「思う」の謙譲語

※ 「いただきたく」は謙譲語「いただく」+希望「~したい」

※ 「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」

※ 「いただけましたら」は謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」+仮定「たら・れば」

結局どれがもっとも丁寧?

あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。

これまで紹介しきれなかった敬語もふくめ丁寧レベルごとにまとめておきます。

※ あくまでも目安としてお考えください。

①会話・電話対応につかえる丁寧レベル

下になればなるほど丁寧な敬語になります。また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。

  1. ご容赦ください
  2. ご容赦くださいませ
  3. ご容赦いただけますか?
  4. ご容赦いただけますでしょうか?

②ビジネスメール対上司・対社内につかえる丁寧レベル

おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。

  1. ご容赦ください
  2. ご容赦くださいませ
  3. ご容赦いただけますか
  4. ご容赦いただけますでしょうか
  5. ご容赦をお願い致します
  6. ご容赦いただきたく、お願い致します
  7. ご容赦いただきたく存じます
  8. ご容赦いただければと存じます
  9. ご容赦のほどお願い申し上げます
  10. ご容赦くださいますようお願い申し上げます
  11. ご容赦いただきますようお願い申し上げます
  12. ご容赦いただけますようお願い申し上げます

注)上下関係に厳しい上司や、社内でも相当のポジションにいる人にたいしては例文⑤以降あるいは次項のフレーズをつかいましょう。

・「存じる」は「思う」の謙譲語

・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+希望”~したい”

・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定”たら・れば”

・「いただけましたら」は謙譲語「いただく」+丁寧語”ます”+仮定”たら”

③ビジネスメール対取引先・対顧客につかえる丁寧レベル

おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。

  1. ご容赦くださいませ
  2. ご容赦をお願い致します
  3. ご容赦いただきたく、お願い致します
  4. ご容赦いただきたく存じます
  5. ご容赦いただければと存じます
  6. ご容赦いただきますようお願い申し上げます
  7. ご容赦いただけますようお願い申し上げます
  8. ご容赦くださいますようお願い申し上げます
  9. ご容赦いただければ幸いです
  10. ご容赦いただければ幸甚に存じます
  11. ご容赦いただけましたら幸いです
  12. ご容赦いただけますと幸いです
  13. ご容赦いただけますと幸甚に存じます
  14. ご容赦いただけましたら幸甚でございます
  15. ご容赦いただけましたら幸甚に存じます

補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK

補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。大変ありがたいこと。また、そのさま」

なお「ご容赦いただけましたら幸いです」というように「」を入れるケースもあります。どちらを使っても正しい敬語です。

・「存じる」は「思う」の謙譲語

・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+希望”~したい”

・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定”たら・れば”

・「いただけましたら」は謙譲語「いただく」+丁寧語”ます”+仮定”たら”

④最上級の丁寧レベル

おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。

  1. ご容赦賜りますようお願い申し上げます
  2. ご容赦いただければ幸いです
  3. ご容赦いただければ幸甚に存じます
  4. ご容赦いただけましたら幸いです
  5. ご容赦いただけましたら幸甚でございます
  6. ご容赦いただけましたら幸甚に存じます
  7. ご容赦賜りますと幸いです
  8. ご容赦賜れますと幸いです
  9. ご容赦賜りましたら幸いです
  10. ご容赦賜れましたら幸いです
  11. ご容赦賜りますと幸甚に存じます
  12. ご容赦賜れますと幸甚に存じます
  13. ご容赦賜りましたら幸甚に存じます
  14. ご容赦賜れましたら幸甚に存じます

なお「ご容赦賜りましたら幸いです」というように「」を入れるケースもあります。どちらを使っても正しい敬語です。

・「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK

・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。大変ありがたいこと。また、そのさま」

・賜る(たまわる)は公式なビジネス文書や手紙によくつかう

“ご容赦いただく vs ご容赦くださる”の使い方

ややこしいので「ご容赦いただく vs ご容赦くださる」の使い方について。

代表的なパターンを表にまとめておきます。

こまかく解説していくとそれだけで記事がおわってしまいますので、目的にあわせてお使いください。

“ご容赦いただく”の使い方まとめ(すべて敬語)

①基本 ②+丁寧語”ます” ③その他
現 在 ご容赦いただく ご容赦いただきます -頂くよう
-頂きますよう
過 去 ご容赦いただいた ご容赦いただきました ×
進行形 ご容赦いただいている ご容赦いただいています -頂いております
過去~現在 ご容赦いただいていた ご容赦いただいていました -頂いておりました
希 望
依 頼
ご容赦いただきたい
ご容赦いただきたく
ご容赦いただくよう
ご容赦いただきたいです
ご容赦いただきますよう
ご容赦いただけますよう
-頂きたく思います
-頂きたく存じます
-頂ければと存じます
可 能 ご容赦いただける ご容赦いただけます -頂けるよう
-頂けますよう
仮 定 ご容赦いただければ ご容赦いただけましたら ×
疑 問 ご容赦いただけるか? ご容赦いただけますか? -頂けますでしょうか
禁 止 ご容赦いただけない ご容赦いただけません ×
命 令 × × ×

※ ②+丁寧語”ます”をつかうとより丁寧な敬語になります。

※ 「頂く」「いただく」は漢字でも平仮名でもOK

※「×」としたのは一般的につかわない

“ご容赦くださる”の使い方まとめ(すべて敬語)

①基本 ②+丁寧語”ます” ③その他
現 在 ご容赦くださる ご容赦くださいます -くださるよう
-くださいますよう
過 去 ご容赦くださった ご容赦くださいました ×
進行形 ご容赦くださっている ご容赦くださっています -くださっております
過去~現在 ご容赦くださっていた ご容赦くださっていました -くださっておりました
希 望
ご容赦くださるよう ご容赦くださいますよう ×
可 能 × × ×
仮 定 × × ×
疑 問 ご容赦くださるか? ご容赦くださいますか? ×
否 定 ご容赦くださらない ご容赦くださいません ×
命 令 ご容赦ください ご容赦くださいませ ×

※ ②+丁寧語”ます”をつかうとより丁寧な敬語になります

※ 「下さる」「くださる」は漢字でも平仮名でもOK

※「×」としたのは一般的につかわない