「ご連絡頂きますようお願い致します」意味と使い方・メール例文

「ご連絡いただきますようお願い致します」の意味、敬語の種類、ビジネスシーンにふさわしい使い方、注意点について。

ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

※長文になりますので「見出し」より目的部分へどうぞ

意味

「ご連絡いただきますようお願い致します」は直訳すると「連絡してもらうようお願いします」という意味。

ようは「連絡してほしい!」「連絡してください!」と言いたいわけなのですが…

なぜこのような意味になるのか?

そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。

“ご連絡いただきますよう”の意味は「連絡してもらうように」

「ご連絡いただきますよう~」の意味は直訳すると「連絡してもらうように

「~してもらう」の敬語(謙譲語)「お(ご)~いただく」をつかい、

さらに丁寧語「ます」+「よう(様)」を組み合わせると「お(ご)~いただきますよう」という敬語になります。

「ますよう」ってどんな意味?

“ご連絡いただきますよう”の「ますよう」は「(〜する)ように」の意味。

なぜこのような意味になるのでしょうか?

先ほども示しましたが「ますよう」は「①ます+②よう(様)」という2つの単語からなります。

まず前半部分の「ます」はシンプルに丁寧語の「ます」

つづいて後半の「よう(様)」の意味はいろいろありますが…

ここでは「婉曲 (えんきょく) な命令・希望の意を表す」言葉として使われます。

希望をあらわす「よう(様)」にはたとえば、

  • 【例文】時間に遅れないよう、ご留意ください
  • 【例文】部長に怒られないように気をつける
  • 【例文】風邪などお召しになりませんように

などあり。

ちなみに「ように」でも「よう」でも正しい日本語ですが、「ご連絡いただきますようにお願い致します」はあまり一般的ではありません。

※ なお表記は漢字「ます様に」でも平仮名「ますように」でも、どちらも正しい日本語です。

お願い致します は「お願いする」よりも丁寧な敬語

「お願い致します」の意味は「お願いする

ただしよりカチッとした敬語「お(ご)~致します」をつかっているため実際にはもっと丁寧なニュアンス。

もととなる単語は「願う」であり、

謙譲語「お(ご)〜致す」を使い「お願い致す」とし、さらに丁寧語「ます」を使って敬語にしています。

「お願い致します」は「よろしくお願い致します」としてもOK。

さらに「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」を使い「何卒よろしくお願い致します」としても丁寧。

あるいは「お願い申し上げます」に言い換えるとなお丁寧です。

※ なお表記は漢字表記「お願い致します」& ひらがな表記「お願いいたします」のどちらでも構いません。

あわせると意味は「連絡してもらうよう、お願いします」

  1. ご連絡いただく =「連絡してもらう」の意味の敬語(謙譲語)
  2. ますよう =「(〜する)ように」の意味の敬語(丁寧語)
  3. お願い致します = 「お願いする」よりもかしこまった敬語

これらの単語を合体させて意味を考えます。

すると「ご連絡いただきますようお願い致します」の意味は…

「連絡してもらうように、お願いします」

のように解釈できます。

ようするに「連絡してほしい!」「連絡してください!」というあなたの希望をあらわしているのですが、このままではあまりにストレート過ぎて目上や上司に使うにはイマイチです。

そこで遠まわりに「~してもらうようにお願い!」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。

そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。

目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。

敬語の解説

「ご連絡いただきますようお願い致します」の敬語の種類についても整理しておきます。

ややこしいので敬語について学ぶ必要のない方はスキップしてください。

  • もとになる単語「連絡」
  • 「〜してもらう」の謙譲語”お(ご)〜いただく”で「ご連絡いただく
  • 丁寧語”ます”をくっつけて「ご連絡いただきます
  • 希望を表す”よう(様)”で「ご連絡いただきますよう
  • 「お願いする」よりもかしこまった敬語「お願い致します

→ あわせると「ご連絡いただきますようお願い致します」という敬語の完成

上記のようにして元になる語「連絡」を敬語にしています。つまり敬語としては何もおかしいところはありません。間違いではなく正しい敬語です。

補足

※ 漢字表記「頂きますよう」vs ひらがな表記「いただきますよう」はどちらも正しい

※ 漢字表記「ます様」vs ひらがな表記「ますよう」はどちらも正しい

※ 漢字表記「お願い致します」& ひらがな表記「お願いいたします」のどちらも正しい

ちなみに敬語「お(ご)」は…

  1. 「自分がご連絡する」「相手にご連絡いただく」のであれば謙譲語としての使い方。
  2. 上司・目上・取引先などの「相手がご連絡くださる」のであれば尊敬語としての使い方。

というように2パターンあります。

“ご連絡頂きますよう vs 頂けますよう”の違い

“ご連絡いただますようお願い致します”と似たような敬語には…

“ご連絡いただますようお願い致します”もあります。

これって何が違うのでしょうか?

念のため「ご連絡いただますよう vs ご連絡いただますよう」の違いについて簡単に説明しておきます。

意味と敬語の違い

どちらも結局のところ「連絡してほしい!」「連絡してください!」という意味になるのですが…こまかくは以下のとおり意味と敬語の違いあり。

  • 「ご連絡いただますよう」だと意味は「連絡してもらうよう」
    → 敬語は”お(ご)~いただく”+丁寧語”ます”+希望”よう”

いっぽうで、

  • 「ご連絡いただますよう」だと意味は「連絡してもらえるよう」
    → 敬語は”お(ご)~いただく”+可能形+丁寧語”ます”+希望”よう”

となります。

謙譲語「いただく」に可能表現をつけくわえると「いただける」。

ということなので可能表現をつかうのか、そうでないかという点において違いますね。

可能の表現をつかうと意味としては「〜してもらえるよう」となります。

おなじような可能の表現にはたとえば、

「泳ぐ → 泳げる」
「書く → 書ける」
「聞く → 聞ける」

などあり。どれも「〜できる」という意味になりますね。

“ご連絡頂けますよう~”のほうが丁寧

「ご連絡いただますよう vs ご連絡いただますよう」の違い

で結局どちらがより丁寧かというと…

「ご連絡いただますよう~」のほうがより丁寧な敬語になります。

可能の表現をつけくわえることによって「もしよかったら連絡してもらえますか?」というようなニュアンスになるからですね。

よりやわらか~いお願い・依頼のフレーズと解釈できます。

本当に些細なことなので誰も気にしないとは思いますが…

ただ結論としては、

とにかくどちらも上司・社内の目上にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語です。

ご安心ください。

【使い方】ビジネスメールの結びetc…

つづいて「ご連絡いただきますようお願い致します」の使い方について。

意味のとおりで何かしら「連絡してほしい!」「連絡してください!」と言いたいビジネスシーンに使います。

ただしビジネス会話や電話対応でつかわれることはほとんどなく、ほとんどの場合ビジネスメールで、とくに結び・締め・文末につかいます。

ビジネスメール結び・締め・文末につかう特有のフレーズとお考えください。

※もちろん結びでなくても使えないことはありませんが…

使い方①例文

「ご連絡いただきますようお願い致します」はたとえば、

  • 【例文】どうかご連絡いただきますようお願い致します
  • 【例文】何卒ご連絡いただきますようお願い致します
  • 【例文】大変恐れ入りますが、どうかご連絡いただきますようお願い致します

のようにして使います。

ほとんどの場合ビジネスメールで、とくに結び・締め・文末としてつかいますね。

まぁようするに「連絡してほしい!」「連絡してください!」という意味なのですが丁寧な敬語にすると、こんな風にややこしい文章になります。

使い方②”ご連絡頂きますようお願い申し上げます”だとなお丁寧

ところでビジネスシーンでは、

「ご連絡いただきますようお願い致します」としても丁寧ではありますが…

「お願い致します」とおなじ意味の「お願い申し上げます」をつかい、

  • 【例文】ご連絡いただきますようお願い申し上げます

としても丁寧です。

「お願い申し上げます vs. お願い致します」の違いはというと・・・

「お願い申し上げます」は「お願い致します」よりも堅苦しい敬語フレーズとなりますので、とくにカチッとした敬語がもとめられるシーンでよく使います。

  1. 上司など社内の相手であれば「お願い致します」で十分。
  2. 社外の相手にはシーンにおうじて「お願い申し上げます」とすると丁寧度UP。

使い方③”どうか・何卒・宜しく”などを添えるとなお丁寧

すでに例文にはしましたが・・・

ビジネスメールを丁寧にするコツとして「どうか・何卒・宜しく」などの語を添えるとより丁寧というか、やわらかい印象のフレーズになります。

どれも深い意味はありませんが、お願い・依頼の際に添える語としてよくつかいますね。

たとえば、

  • +どうか
    「どうかご連絡頂きますようお願い致します」
    「どうかご連絡くださいますようお願い致します」
    「どうかご連絡の程お願い申し上げます」
  • +何卒(なにとぞ)=どうか
    「何卒ご連絡頂きますようお願い致します」
    「何卒ご連絡くださいますようお願い致します」
    「ご連絡のほど何卒お願い申し上げます」
  • +宜しく・よろしく
    「ご連絡頂きますよう宜しくお願い致します」
    「ご連絡くださいますよう宜しくお願い致します」
    「ご連絡のほど宜しくお願い申し上げます」
  • +何卒/どうか & 宜しく・よろしく
    「ご連絡頂きますよう何卒よろしくお願い致します」
    「ご連絡くださいますよう何卒よろしくお願い致します」
    「どうかご連絡のほど宜しくお願い申し上げます」

のようにすると丁寧です。

なお「何卒・どうか・宜しく」は「何卒お願い致します」のようにお願いの部分にかけても、「何卒ご連絡〜」のようにご連絡の部分にかけても、どちらも丁寧です。

また表記は漢字・ひらがなのどちらでも構いませんが、文章のバランスを考えて読みやすいようにしましょう。

“ご連絡くださいますようお願い致します”でも丁寧

「ご連絡いただきますようお願い致します」の他にもビジネスメール結び・締め・文末によく使う敬語には、

  • 【例文】ご連絡くださいますようお願い致します
  • 【例文】ご連絡くださいますよう宜しくお願い致します

※意味はどちらも「連絡してくれるようお願いします」

もあります。

「連絡してください!」とストレートに言うのではなく遠回しに自分の意思や気持ちをつたえる、とても丁寧なフレーズですね。

ニュアンスとしては「連絡してください、お願いします」みたいなイメージ。

意味と違い

「ご連絡いただきますよう」vs「ご連絡くださいますよう」の意味と違い。

どちらも言いたいことは結局のところ「連絡してほしい」なのですが…

意味と敬語の使い方に違いあり。以下のような違いがあります。

  • 「ご連絡いただきますよう」だと意味は「連絡してもらうよう」
    → 敬語は謙譲語”お(ご)~いただく”+丁寧語”ます”+希望”よう”

いっぽうで、

  • 「ご連絡くださいますよう」だと意味は「連絡してくれるよう」
    → 敬語は尊敬語”お(ご)~くださる”+丁寧語”ます”+希望”よう”

※ 尊敬語「お(ご)~くださる」の意味は「~してくれる」

となります。

「ください」単体としての意味は「〜してくれ」「〜して欲しい」の丁寧な言いまわしと考えることができます。

が、

「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。

そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。

どちらも丁寧であり使い分けの必要なし

で、どちらが丁寧かという話。

結論としてはどちらも丁寧であり使い分けする必要はありません。

どちらかというとビジネスメールの結びには「~くださいますよう」をつかうことが多いのですが…

これは年代によって違いますし地域によっても差があるかと。

若い世代は「いただきますよう」を好み、私のようなおっさんは「くださいますよう」を好む傾向にあり。

ということで心底どちらをつかっても差し支えありません。

シンプルに”ご連絡のほどお願い致します”でも丁寧

他にもビジネスメール結び・締め・文末によく使う敬語には「ご連絡のほどお願い致します」もあります。

ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。

そこで活躍するのが「ご連絡のほどお願い致します」です。

使い方にはたとえば

  • 例文「ご連絡のほどお願い致します」
  • 例文「ご連絡のほど宜しくお願い致します」

などあり。

“ご連絡のほど”の「ほど」ってどんな意味?

ここで「ご連絡のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。

断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。

もともと、とくに深い意味はありません。

ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。

ちなみに「ご連絡の程」というように漢字をもちいてもOK。あなたのお好みでお使いください。

ビジネスメール例文(全文)

こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。

ここでは「ご連絡いただきますようお願い致します」の使い方をビジネスメール例文でご紹介。

どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。ご参考にどうぞ。

なおビジネスメールにおいては以下の敬語もオススメです。

それなりに丁寧「ご連絡くださいませ」「ご連絡をお願い致します」

丁寧「ご連絡いただければと存じます」

かなり丁寧「ご連絡いただければ幸いです」

とくにビジネスメール結び/文末につかう

「ご連絡いただきますようお願い致します」

「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」

「ご連絡のほどお願い致します」

ビジネスメール例文①飲み会の出欠を催促する(社内)

【to社内・各位・上司など】
社内の催促メールで「飲み会の出欠確認を催促する」ときのビジネスメール例文。メールで案内をしていなければ新たに催促メールを作り、すでに案内済みのときには「転送Fw」「履歴付き返信Re」を使い、出欠の確認ができていない相手だけを宛先にする。催促するときには「●●はいかがでしょうか?」という敬語フレーズを使う。

メール件名①新規:懇親会・出欠のご確認
メール件名②転送Fw:【再送】懇親会・出欠のご確認

営業部 各位(社内)

お疲れ様です。

さて、先般お願いしておりました3月10日・懇親会の件、皆さまのご都合はいかがでしょうか。

お忙しいところ大変恐れ入りますが、予約等の手配が必要なためあらかじめ人数を把握しておきたく、明日中にご連絡頂きますようお願い致します。

なお、このメールは懇親会へのご出欠連絡がまだの方へ送付しております。行き違いでご連絡をいただいておりましたら申し訳ありません。

何卒宜しくお願い致します。

************
メール署名
************

※「ご返答・ご返信・ご回答」にも言い換えできます

ビジネスメール例文②出欠の催促をする(社外)

【to社外・取引先など】
社外の催促メールで「展示会などイベントへの出欠確認を催促する」ときのビジネスメール例文。メールで案内をしていなければ新たに催促メールを作り、すでに案内済みのときには「転送Fw」「履歴付き返信Re」を使い、出欠の確認ができていない相手だけを宛先にする。催促するときには「●●はいかがでしょうか?」という敬語フレーズを使う。

メール件名①新規:新商品披露イベント・出欠のご確認
メール件名②転送Fw:【再送】新商品披露イベントのお誘い

ビジネス 株式会社
営業部 ●● 部長(社外ビジネス取引先)

たびたび申し訳ありません。転職・ノマドでございます。

さて、先般お誘いしておりました11月10日・新商品披露イベントの件、●● 部長のご都合はいかがでしょうか。大変失礼とは存じますが、念のため仔細につき転送メールにて送付いたします。

また誠に勝手を申し上げますが会場等の準備を進めたく、11月1日までにご出欠につきご連絡いただければと存じます。

なお行き違いでご連絡をいただいておりましたら申し訳ありません。

お忙しいところ大変恐れ入りますが何卒宜しくお願い申し上げます。

************
メール署名
************

※「ご返答・ご返信・ご回答」にも言い換えできます

参考記事

他にもある丁寧な言い換え敬語

『「ご連絡頂きますようお願い致します」意味と使い方・メール例文』へのコメント

  1. 名前:通りすがり 投稿日:2020/10/28(水) 01:15:18 ID:7a57b08bd 返信

    「ご連絡いただきますようお願い致します」という敬語の完成

    上記のようにして元になる語「連絡」を敬語にしています。つまり敬語としては何もおかしいところはありません。間違いではなく正しい敬語です。

    →敬語として間違いですよ。
    「いただく」は「もらう」の謙譲語で、動作の主体は自分自身。
    自分の動作を相手にお願いする(相手に自分の動作を強要している)のは日本語として誤り。

    よって正しくは、
    「ご連絡くださいますようお願い致します」のみです。

  2. 名前:通りすがり 投稿日:2020/10/28(水) 01:18:44 ID:7a57b08bd 返信

    「文化庁 敬語の指針」を読んで学習されたほうが良いかと思います。