「ご高察くださいますようお願い申し上げます」意味と使い方・例文

「ご高察くださいますようお願い申し上げます」の意味、ビジネスシーンにふさわしい使い方(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)、注意点について。

ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

意味

「ご高察くださいますようお願い申し上げます」の意味は「察してくれるようお願いします」となります。

なぜこのような意味になるのか?

それぞれ順をおって敬語の解説をしていきます。

ご高察の意味は”事情や心中を察すること”

ご高察(読み:ごこうさつ)のそもそもの意味は…「相手の事情や心中を察することを敬ってつかう語」

「高察」に尊敬語or謙譲語の「お(ご)」を使うと「ご高察」という敬語の完成。

「自分がご高察する」のであれば謙譲語の「お(ご)」※ただし自分の行為にはつかいません。

上司・目上・社外取引先などの「相手がご高察くださる」のであれば尊敬語の「お(ご)」

というように2パターンあります。

“~くださいますよう”意味は「~してくれるよう」

“~くださいますよう”の意味は「~してくれるよう」であり、敬語を使ってすばらしく丁寧なフレーズにしています。

したがって「ご高察くださいますよう〜」だと意味は…

「察してくれるよう〜」となります。

お願い申し上げます は「お願いする」の丁寧な表現

「お願い申し上げます」の意味は「お願いします」

もととなる単語は「願う+言う」であり、

「●●を言う」の謙譲語「お〜申し上げる」を使い「お願い申し上げる」とし、

さらに丁寧語「ます」を使って敬語にしています。

「お願い申し上げます」は「よろしくお願い申し上げます」としてもOKですし、「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」を使い「何卒よろしくお願い申し上げます」としても丁寧。

あるいは「お願い致します」「お願いいたします」とも言い換えできます。

あわせると意味は「察してくれるよう、お願いします」

  1. ご高察 = 事情や心中を察すること
  2. くださいますよう = 「〜してくれるように」の意味の敬語
  3. お願い申し上げます = お願いのかしこまった敬語

これらの単語を合体させて意味を考えます。

すると「ご高察くださいますようお願い申し上げます」の意味は…

「察してくれるよう、お願いします」

「察してほしい」

のように解釈できます。

目上・上司・取引先にもつかえる丁寧な敬語ですね。

敬語

つづいて「ご高察くださいますようお願い申し上げます」の敬語の成り立ちについて。

ここですこし横道にそれて敬語の復習をします。

この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。

「ご高察くださいますよう」の敬語

繰り返しにはなりますが「ご高察くださいますようお願いいたします」は細かく分解していくと、以下のように敬語をつかっています。

  1. もとになる言葉「察してくれるようお願いする」
  2. “~してくれる”の尊敬語「ご(お)~くださる」で「ご高察くださる」
  3. さらに丁寧語”ます”をくっつけて「ご高察くださいます」
  4. さらに助動詞”~のように”で「ご高察くださいますよう」

「〜ください」単体としての意味は「〜してくれ」を尊敬語「くださる」にし、さらに命令形にしています。したがって「〜して欲しい」の丁寧な言いまわしと考えることができます。

が、

「〜ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。

そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。

じつはこんなにもややこしい敬語の使い方をしています。知っておいて損はないでしょう。

「●●くださいますよう」をつかった例文

「●●くださいますよう」はお願い・依頼のビジネスメール結び締めとして使います。覚えておくと必ず役に立つため、よく使う例文をまとめておきます。

  1. ご査収くださいますようお願いいたします
    意味「よく中身を確認して受け取ってくれるようお願い!」
  2. ご確認くださいますようお願いいたします
    意味「確認してくれるようお願い!」
  3. ご連絡くださいますようお願いいたします
    意味「連絡してくれるようお願い!」
  4. ご検討くださいますようお願いいたします
    意味「検討してくれるようお願い!」
  5. ご容赦くださいますようお願いいたします
    意味「許してくれるようお願い!」

などのようにして使います。

これらはもともと「●●してください」という命令形なのですが、「●●くださいますようお願い〜」を使うことによって相手に強制しないやんわ〜りとした表現となっています。

ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。

お願い申し上げます は「お願いする」の丁寧な表現

「お願い申し上げます」の意味は「お願いします」

もととなる単語は「願う+言う」であり、

「●●を言う」の謙譲語「お〜申し上げる」を使い「お願い申し上げる」とし、

さらに丁寧語「ます」を使って敬語にしています。

「お願い申し上げます」は「よろしくお願い申し上げます」としてもOKですし、「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」を使い「何卒よろしくお願い申し上げます」としても丁寧。

あるいは「お願い致します」「お願いいたします」とも言い換えできます。

補足:敬語の種類(ざっくり復習)

① 尊敬語とは?
相手をうやまって使う敬語の一種。
相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。

敬語の種類はほかに②謙譲語、③丁寧語がある

② 謙譲語とは?
自分をへりくだって下にすることで、相手への敬意をあらわす敬語。
自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。

③ 丁寧語とは?
いわゆる「です・ます」口調のこと。

使い方・ビジネスメール例文

つづいて「ご高察くださいますようお願い申し上げます」の使い方をビジネスメールの例文で紹介します。

文字どおり上司・目上・取引先に何かしら「察してほしい」ときのビジネスメールにつかえます。

目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしていますのでご参考にどうぞ。

※「ご高察のほど~」「ご高察いただければ幸いです」もよく使われます。

※ 実際には言い換え「ご了承」「ご容赦」を使うケースが多いです

使い方・例文①営業時間変更のお知らせメール

メール件名: 営業時間変更のお知らせ

◯◯株式会社
△△ 様

お世話になっております。
転職会社の転職太郎です。

さて首記の件、夏季休業にともない営業時間を以下のとおりに変更させていただきます。

期間中は大変ご不便おかけ致しますが、
どうかご高察の上、ご容赦くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 期  間 8月10日から15日まで
  • 営業時間 9:00-12:00

なお8月16日より通常の営業時間にて対応いたしております。
上記期間中、大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承いただければ幸いです。

以上

メール署名

使い方・例文②お知らせメール

メール件名: システムメンテナンスのお知らせ(8/10 AM1:00-6:00)

◯◯株式会社 御中

貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

さて首記の件、
以下日程においてシステムメンテナンスを実施いたします。

  1. 日程
    2017年8月10日(金)AM1:00~6:00
  2. メンテナンスの影響
    人事、配送、販売システムはご利用できません

上記時間帯におきまして
一部システムの利用が制限されます。

お客さまにおかれましては大変ご不便おかけ致しますが、
どうかご高察の上、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

メール署名

「ご高察くださいますようお願い致します」でも丁寧

「ご高察くださいますようお願い申し上げます」の使い方

「お願い申し上げます」は「お願い致します」で言い換えできます。

すると以下のような例文にしても丁寧な敬語となります。

  • 例文「ご高察くださいますようお願い致します」
  • 例文「ご高察くださいますよう何卒よろしくお願い致します」

意味は「察してくれるようお願いします」

「お願いいたします」の敬語は以下のとおり

  • もとになる単語「願う+する」
  • 「●●する」の謙譲語「お(ご)●●いたす」を使い「お願いいたす」
  • さらに丁寧語「ます」で「お願いいたします」

「お願い致します」「お願い申し上げます」はどちらも同じように使ってOK。わたしは文章のバランスを考えてどちらにするかを決めます。

「いたします」というフレーズを何回も使ったのであれば「申し上げます」とし、「申し上げます」を何回も使ったのであれば「いたします」とします。あくまでもおっさん営業マンの方法ですので悪しからず。

ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ

あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。

ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご高察くださいますようお願い申し上げます」

ここでは、

ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。

+前置きに添えるフレーズを!

ビジネスメールの文末・結び・締めをより丁寧にするためのコツ。

「ご高察」の前置きに添えるフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。

たとえば以下のようなフレーズがあります。

ご高察には「ぜひ・どうか・何卒」などのフレーズを組み合わせると、より丁寧なメールになります。

以下例文のようにすると好感がもてますね。

  • どうか
    例文「どうかご高察くださいますようお願い申し上げます」
    例文「どうかご高察くださいますようお願い致します」
    例文「どうかご高察いただければ幸いです」
    例文「どうかご高察いただければと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 何卒=どうか
    例文「何卒ご高察くださいますようお願い申し上げます」
    例文「何卒ご高察くださいますようお願い致します」
    例文「何卒ご高察いただければ幸いです」
    例文「何卒ご高察いただければと存じます。よろしくお願い申し上げます」

+あるいは気づかいのフレーズを!

ビジネスメールの文末・結び・締めをより丁寧にするためのコツ。

「ご高察」に気づかいのフレーズを組み合わせるとより丁寧な印象のメールとなります。

たとえば以下のようなフレーズがあります。

  • 恐縮=申し訳なく思うこと
    「恐縮ではございますがご高察〜」
    「大変恐縮ではございますがご高察〜」
    「たびたび恐縮ではございますがご高察〜」
  • 恐れ入る=申し訳なく思う
    「恐れ入りますがご高察〜」
    「大変恐れ入りますがご高察〜」
    「たびたび恐れ入りますがご高察〜」
  • 勝手を申し上げる=自分勝手を言う
    「誠に勝手を申し上げますがご高察〜」

“ご高察の上ご了承・ご容赦~”としても丁寧

あとはよく使われる「ご高察くださいますよう・いただきますよう」の使い方は…

前置きに

「どうか事情をご高察の上、ご了承・ご容赦~」
「どうか事情をご賢察の上、ご了承~」

などを使うと丁寧です。

意味としては「事情を察してもらい、ご了承・ご容赦お願い!!」

ご高察とご賢察はどちらも「察すること」のかしこまった敬語フレーズです。

すると以下のような例文もビジネスメールでは使いますね。

  • 例文「お客様におかれましては大変ご迷惑をお掛けいたしますが、どうか事情をご高察の上、ご容赦くださいますようお願いいたします」
  • 例文「お客様におかれましては大変ご不便をお掛けいたしますが、どうか事情をご賢察の上、ご了承くださいますようお願いいたします」

ただし「了承」の意味は「事情をくんで納得すること」なのですでに「ご高察・ご賢察」というニュアンスを含んではいるのですが…

あまり深く考えることではないと思います。

“ご高察賜りますよう”としても丁寧

ところで「ご高察くださいますようお願い申し上げます」と似たような敬語には、

  • 【例文】ご高察賜りますよう(たまわりますよう)お願い申し上げます
  • 【例文】ご高察いただきますようお願い申し上げます

もあります。

言いたいことはどれもおなじく「察してほしい」なのですが…

“ご高察賜りますよう vs 頂きますよう”の違い

「ご高察賜りますよう vs ご高察いただきますよう」の違いについて簡単に。

結論としては、

よりかしこまったビジネスシーンで「~賜りますよう」を使います。

賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使いますね。

ただし普段のビジネスメールでは必要のない敬語フレーズ。

使い方にはたとえば

  • 例文「ご高察賜りますようお願い申し上げます」
  • 例文「ご高察賜りますようお願い致します」

などあり。

「お(ご)~賜りますよう」「お(ご)~いただきますよう」はどちらも「〜してもらう」の謙譲語+丁寧語「ますよう」かしこまり度合いが違うだけです。

“ご高察を賜りますよう・ご高察賜りますよう”はどちらもOK

かなり細かい部分ではありますが…

「ご高察賜りますようお願い申し上げます」

「ご高察賜りますようお願い申し上げます」

はどちらを使ってもOKです。

が、前にどんな文章を使うかによって読みやすい・読みにくいがあります。

私としては、

「ご高察」としたほうが全てのシーンでつかえるため応用が効いてGoodと思います。

“ご高察いただきたく存じます”としても丁寧

さらに「ご高察くださいますようお願い申し上げます」と似たような敬語には、

「ご高察いただきたく存じます」もあります。

言いたいことは結局のところ「察してほしい」なのですが…

「ご高察いただきたく存じます = 察してほしいと思います

とすることで「待ってほしいなぁ」というあなたの希望・願望を伝える敬語にしています。

やんわ〜りとしたお願いフレーズにしており、とても丁寧な敬語といえます。

敬語の解説

「ご高察いただきたく存じます」の敬語の成り立ちとしては…

  • “高察”に「〜してもらう」の謙譲語「ご(お)〜いただく」で「ご高察いただく」
  • 願望「〜したい」で「ご高察いただきたい」
  • さらに”思う”の謙譲語「存じる」で「ご高察いただきたく存じる」
  • さらに丁寧語「ます」で「ご高察いただきたく存じます」

謙譲語をうまくつかい、このうえなく丁寧な敬語フレーズとなっていることがわかります。

したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。

ほかにも使える敬語

他にも…

  • 【例文】ご高察いただければと存じます
  • 【例文】ご高察いただければ幸いです
  • 【例文】ご高察いただけましたら幸いです

なども似たような意味であり、とても丁寧な敬語です。

・「存じる」は「思う」の謙譲語
・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+希望「~したい」
・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」
・「いただけましたら」は謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」+仮定「たら・れば」

ビジネスメールでは”ご高察のほど”もよく使う

他にもビジネスメールでよく使う敬語には「ご高察のほど」もあります。

ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。

そこで活躍するのが「ご高察のほど~」です。

使い方にはたとえば

  • 例文「ご高察のほどお願い申し上げます」
  • 例文「ご高察のほどお願い致します」

などあり。

“ご高察のほど”の「ほど」ってどんな意味?

ここで「ご高察のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。

断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。

もともと、とくに深い意味はありません。

ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。

ちなみに「ご高察の程」というように漢字をもちいてもOK。あなたのお好みでお使いください。

【まとめ】”ご高察”のいろいろな使い方・例文