住友電気工業の年収「大卒総合職 vs 高卒一般職」

住友電気工業(住友電工)の大卒総合職・高卒一般職の年収って高い?低い?
年収ランキングからは見れない真の年収について。

▶︎ この記事では、
住友電気工業(住友電工)の年収に関する以下の疑問を解消していきます。

・大卒総合職って年収高い?低い?
・平均年収は?
・主任/係長/課長…の年収は?
・20代/30歳/35歳/40歳/50歳…の年収は
・高卒の一般職(工場/研究所ワーカー)って年収低い?
・福利厚生は?

それでは大卒総合職・高卒一般職の年収について、

初任給(学部卒/院卒)〜20歳代・30歳・35歳・40歳・50歳での目安年収と、各役職ごとの目安年収、残業代こみ年収、福利厚生をまとめていきます。転職・就活のご参考にどうぞ。

住友電気工業の『平均年収・平均年齢』

住友電気工業(住友電工)の平均年収・平均年齢のデータは以下のとおり(有価証券報告書を参照)。リーマン・ショック直後は業績悪化で年収下落していましたが、近年は持ち直しています。

  • 年次『2015年4/1-2016年3/1』
  • 平均年収『788万円』
  • 平均年齢『41.9歳』
  • 対象従業員『4,984人』
  • 過去の平均年収推移
    2015年『780万円』
    2014年『755万円』
    2013年『754万円』
    2012年『728万円』
    2011年『684万円』
    2010年『756万円』
    2009年『733万円』

住友電気工業『大卒総合職の年収まとめ』

住友電気工業(住友電工)・大卒総合職の年収について、まずはシンプルにまとめから。他企業と比較しやすくするために残業代なしの目安年収をまとめています。実際には残業代と手当て含めると100-150万円ほど高くなります(手当をすべて現金化すると仮定)。

  • 学卒/院卒の初任給『年収327~345万円』
    ・学卒の初任給21.3万円/月、大学院卒の初任給23.4万円/月、博士卒の初任給26.5万円
    ・最初の3年は基本給+1万円ほどの昇給。
    ・残業代と各種手当は別途だが、いずれにせよ年収は低い。
  • 学部卒6年目28歳『年収504万円』
    ・残業代と各種手当は別途あり
    ・基本給26.5万円/月+ボーナス5ヶ月
    ・月30Hの残業代こみ年収580万円になる。
  • 学部卒9年目31歳『年収561万円』
    ・基幹職補に昇格したときの年収。
    ・基本給33万円/月+ボーナス5ヶ月
    ・月30Hの残業代こみ年収650万円になる。
  • 学部卒12年目34歳『年収680万円』
    ・主査クラスに昇格したときの年収。
    ・総合職はよほどのことがない限り昇格する。
    ・基本給40万円/月+ボーナス5ヶ月
    ・月30Hの残業代こみ年収780万円になる。
  • 学部卒18年目40歳『年収900万円前後』
    ・「主席」という名の部下なしぺいぺい管理職に昇格したときの年収。
    ・年棒制に移行し残業代は「なし」になる。
    ・最速38歳から、総合職であれば遅れても数年以内に昇格する。管理職になれない総合職はよほどの問題を抱えている。
    ・部下なし管理職で年収900万円前後からスタートし、年棒制ではあるが昇給する。
    ・責任の大きさ、管理するチームの大きさ、業績によって年収は振れる。
  • 学部卒18-23年目40-45歳『年収1000-1200万円』
    ・ライン課長(部下あり)主幹でこれくらいの年収となる。
    ・総合職であれば同期入社~30%くらいが昇格するものと推測。
    ・責任の大きさ、管理するチームの大きさ、業績によって年収はおおきく振れる。
  • 学部卒23-28年目45-50歳『年収1400万円』
    ・部長クラスに昇格したときの年収。
    ・同期入社~5%人くらいが昇格するものと推測。
    ・以下同文

総合職の年収まとめ

まとめると、
住友電気工業(住友電工)・大卒総合職の年収は同期入社で大きく差がつくことはなく安定しています。上昇志向の強い就活生にはあまり向かず、安定志向の就活生へおすすめする就職先です。

『40歳・管理職・年収900万円前後』はよほどの問題が無ければ誰もが到達するライン。管理職になって数年すると年収1000万円が見えてくる。

また、
この時点でライン課長(部下あり)になっていれば、責任の大きさ・業績におうじて年収1000万円超える。

その上はなかなか出世が厳しいライン。

住友電気工業『高卒一般職の年収』

住友電気工業(住友電工)における、
一般職(工場・研究所などの高卒ワーカー)の年収は以下の通り。

若いうちは年収の絶対額が低いため、総合職とそこまで大きな差は感じられないでしょう。当たり前ですが、年齢を重ねるほどに年収の差は開いていきます。

  • 20歳代『年収260-400万円』
    ・基本給16-24万円+ボーナス5.0ヶ月分
    ・残業代と各種手当は別途だが、いずれにせよ年収は低い。
  • 30歳『年収410万円』
    ・基本給24万円+ボーナス5.0ヶ月分
    ・残業代と各種手当は別途だが、いずれにせよ年収は低い。
    ・一般職は基本給の上がり方が遅いため生涯を通して年収は低いままである。
  • 35歳『年収480万円』
    ・基本給28万円+ボーナス5.0ヶ月
    ・残業代と各種手当は別途
    ・残業時間20H/月とすると年収530万円くらい
    ・一般職は基本給の上がり方が遅いため…以下同文。
  • 40歳『年収600万円』
    ・基本給35万円+ボーナス5.0ヶ月
    ・基幹職補クラスに昇格していると仮定
    ・残業代と各種手当は別途
    ・残業時間20H/月とすると年収660万円くらい。
  • 45歳『年収650万円』
    ・基本給38万円+ボーナス5.0ヶ月、残業代と各種手当は別途。
    ・基幹職補クラス
    ・残業時間20H/月とすると年収710万円くらい。
  • 50歳『年収700万円』
    ・基本給41万円+ボーナス5.0ヶ月、残業代と各種手当は別途。
    ・基幹職補クラス

一般職は「基幹職補」に昇格しなければ年収は永遠に低いままです。そして残業代がないと暮らしに困る年収レベル。でも転勤はないし残業も少ないのでライフプランは立てやすいでしょう。

夜勤のある「交替勤務者」の年収は、
上記にくわえて深夜手当・交代手当を+年間60-100万円ほどもらえます。

若手総合職よりも、
交代勤務おっさんの年収高くなるのがメーカーの既定路線。

高卒一般職の年収まとめ

まとめると、
住友電気工業の工場や研究所の一般職(高卒・高専卒・短大卒)は、40歳・年収700万円が目安(残業代や現場手当など込)。

総合職とは出世のスピードが大きく劣り、
結果として年収も平均して100~200万円くらいはマイナスして見ておきましょう。

また一般職で入社した場合、
出世は基幹職補クラスまで。主査〜主席へ昇進するためには総合職へのコース変更が必須となります。

上司からの推薦と大卒以上の資格をとったうえ、試験突破すれば課長代理以上への昇進も可能です。

住友電気工業『大卒総合職の年収』をもっと詳しく